Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2018/09/12
Update

『ゴースト・ストーリーズ 英国幽霊奇談』感想と解説。人間の内面にある後悔とは|SF恐怖映画という名の観覧車14

  • Writer :
  • 糸魚川悟

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile014

以前のコラムで紹介させていただいた『サマータイムマシン・ブルース』(2005)のように、評判の良い舞台を原作に使い、演出効果に自由のある実写映画として制作するケースは多くあります。

今回のコラムで注目したいのは、イギリスで制作された同名舞台を原作としたホラー映画『ゴースト・ストーリーズ 英国幽霊奇談』(2018)。

「舞台」+「ホラー」という少し珍しい組み合わせの今作は、「舞台」ならではの脚本の工夫を組み合わせた意欲的作品となっていました。

【連載コラム】『SF恐怖映画という名の観覧車』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『ゴースト・ストーリーズ 英国幽霊奇談』のあらすじ


© GHOST STORY LIMITED 2017 All Rights Reserved.

宗教家だった父親への反発心から、霊能力者として人気を集めている人間のトリックを暴き出す番組を制作するグッドマン教授(アンディ・ナイマン)は、超常現象を科学的に解明することで有名だった研究家のキャメロンに呼び出される。

失踪したとされていたキャメロンは人が変わったかのようにやつれ、ある種同業であるグッドマンに自身が解明することの出来なかった3つのケースについての調査を押し付ける……。

恐怖体験の中に浮かび上がる思念の形


© GHOST STORY LIMITED 2017 All Rights Reserved.

ホラー映画の中でもスラッシャーやモンスターパニックと違い、心霊現象にスポットを当てた作品では「後悔」や「怨念」と言った人の内面に迫る心理描写が重要視されます。

概念は様々ですが、個人的には、「幽霊」とは人の思念が「死」などの強烈なエネルギーが発せられる際に定着するものだと考えています。

そのため、現世に強い「思い残し」を持つ人間こそ「幽霊」となりやすく、心霊現象を描いた作品ではその「幽霊」となってしまった人間の生前の「後悔」や「恨み」を紐解いていく事になるのが定番の流れと言えます。

今を生きる人間の「後悔」の物語


© GHOST STORY LIMITED 2017 All Rights Reserved.

しかし、今作では「幽霊」には特に内面的スポットが当たらず、逆に心霊現象を経験した「生きた人間」の内面が深く描かれています。

夜間警備員のマシューズのケースでは、数十年前に妻を亡くし、ただ1人の家族である娘が「閉じ込め症候群」を患ってしまい、意識があるかも定かではなく、そんな娘に会いに病院に行く事すらしなくなったマシューズが夜間警備の仕事中に恐るべき現象に巻き込まれる様子が描かれています。

かつての経験で精神を痛めた男の妄言と断定するグッドマンですが、壮絶な経験のあとマシューズにはある変化が訪れ、心霊体験の真偽はともかく、1人の人間の人生を変えたことを知ります。

このように、3つのケースでそれぞれの心霊体験が1人の人間の「道」を大きく変えたことを聞くグッドマン。

その調査の「道」の果てに、グッドマンの人生最大の「後悔」が浮き彫りになる終盤は、この作品が単なる「ホラー」の一言では片づけられない衝撃のラストを迎えることになり、「人間の内面」を深く描いた作品だと驚愕するほどでした。

スポンサーリンク

舞台ならではの巧みな脚本


© GHOST STORY LIMITED 2017 All Rights Reserved.

近年では舞台でも様々な特殊効果が用いられ、表現の幅は大きく拡大してきましたが、自由にアングルを動かせる撮影と違い、やはり視覚的な表現に限界があるのも事実です。

ですが、逆にそのデメリットを活かした巧みな脚本や、小細工抜きの俳優の演技に驚嘆できる作品が多く、映画やドラマとは違った楽しみ方が味わえることが舞台の大きな魅力であると言えます。

今作は、原作が同名の舞台劇であり、主演・監督・脚本のアンディ・ナイマンが原作の舞台で脚本を務めていただけあり、「舞台」としての面白さが映画でも表現されています。

散りばめられた不可解なキーワードの数々


© GHOST STORY LIMITED 2017 All Rights Reserved.

例えばすべてのケースに共通する「3時45分」と言う心霊現象の発生時間など、挙げるとキリの無いほどの量のワードが作品中盤までに登場するのですが、ラストに全てが1つに繋がります。

後味こそ良いとは言えないラストなのですが、あまりにも巧みな伏線の回収に不思議と気持ちは後ろ暗くなく、どこかすっきりとした感覚さえも覚えます。

あくまでも「ホラー」として「人間の内面」に焦点を当てた巧みな「脚本」の今作を、ぜひ皆さんもご覧になってください。

次回の「SF恐怖映画という名の観覧車」は…

いかがでしたか。

次回のprofile015では、格差社会の闇と特異な世界観とビジュアルが人気を集める『パージ』シリーズを「SF」と言う概念から紐解いていこうと思います。

9月19日(水)の掲載をお楽しみに!

【連載コラム】『SF恐怖映画という名の観覧車』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

関連記事

連載コラム

アート・オン・スクリーン『私は、クロード・モネ』印象派の巨匠に迫る体験|映画と美流百科1

連載コラム「映画と美流百科」第1回 はじめまして。この度「映画と美流百科」というコラムを担当することになりました、篠原愛と申します。 このコラムでは、ファッションやアートなどを切り口に、映画を紹介して …

連載コラム

細野辰興の連載小説 第1章「舞台『スタニスラフスキー探偵団~日本侠客伝・外伝~』は失敗作だったのか」

CONTENTS【細野辰興の連載小説:2018年12月下旬掲載号】 戯作評伝『スタニスラフスキー探偵団~日本侠客伝・外伝~』第一章 【舞台『スタニスラフスキー探偵団~日本侠客伝・外伝~』は失敗作だった …

連載コラム

『イット・カムズ・アット・ナイト』感想と評価。「何か」によって極限の状況に追い込まれた映画的サスペンス手法の考察|サスペンスの神様の 鼓動3

こんにちは、映画ライターの金田まこちゃです。 このコラムでは、毎回サスペンス映画を1本取り上げて、作品の面白さや手法について考察していきます。 今回ピックアップする作品は、極限の状況下で、一緒に暮らす …

連載コラム

ゴジラ映画の感想と考察。シリーズ初代の由来と1984年版とシンゴジの共通点を徹底解説|邦画特撮大全21

連載コラム「邦画特撮大全」第21章 昨年2017年東宝は11月3日を“ゴジラの日”に制定し、日本記念日協会から認定を受けました。 これは東宝が製作した特撮映画『ゴジラ』(1954)の公開日、昭和29年 …

連載コラム

『ジオウ』キャストと平成仮面ライダーを演じた歴代イケメン俳優の出自|邦画特撮大全12

連載コラム「邦画特撮大全」第12章 先日2018年9月2日(日)から放送が開始した平成仮面ライダー20作記念作品『仮面ライダージオウ』。 いまや“仮面ライダー”というと若手イケメン俳優の登竜門です。オ …

【Cinemarche独占】『洗骨(せんこつ)』公開記念・水崎綾女インタビュー|映画『洗骨』のキャストとしての思いを語る。自身の経験と向き合い深めた演技と死生観
【Cinemarche独占】『LOVEHOTELに於ける情事とPLANの涯て』公開記念・三上博史インタビュー|役者魂と自身の人生観を語る。
【Cinemarche独占】映画『ウスケボーイズ』公開記念・橋爪功インタビュー|役作りと2018年の今を語る
【Cinemarche独占】映画『薄墨桜 -GARO-』公開記念・朴璐美インタビュー|役作りと2018年の今を語る
映画『斬、』塚本晋也監督インタビュー|時代劇で現代を描いた真意とは
映画『MAKI』サンドバーグ直美インタビュー|映画『MAKI マキ』女性の美しさを表現する思いを語る
日本映画大学
ニューシネマワークショップ
国内ドラマ情報サイトDRAMAP