Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2020/11/30
Update

大人の恋愛映画『パリのどこかで、あなたと』感想評価と解説レビュー。出会いと進展、そして距離感をフランソワ・シヴィルとアナ・ジラルドで魅せる|映画という星空を知るひとよ38

  • Writer :
  • 星野しげみ

連載コラム『映画という星空を知るひとよ』第38回

リアルなパリの街並みを背景に、仕事や恋愛、人間関係にストレスを抱える男女の姿を描く『パリのどこかで、あなたと』が、2020年12月11日(金)よりYEBISU GARDEN CINEMA、新宿シネマカリテ ほか全国順次公開されます。

『おかえり、ブルゴーニュへ』を手掛けたセドリック・クラピッシュ監督が、同作で共演したアナ・ジラルドとフランソワ・シビルと再びタッグを組み、パリで暮らす不器用な男女の出会いを描いたフレンチ・ラブストーリーです。

心に痛みを抱える男女の孤独や不安は、いつか運命の出会いに繋がるのでしょうか。その成り行きが、切ないながらもどこかユーモラスに丁寧に描かれている作品です。

【連載コラム】『映画という星空を知るひとよ』一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『パリのどこかで、あなたと』の作品情報

(C) 2019 / CE QUI ME MEUT MOTION PICTURE – STUDIOCANAL – FRANCE 2 CINEMA

【日本公開】
2020年(フランス映画)

【原題】
Deux Moi

【英題】
Someone, Somewhere

【脚本】
セドリック・クラピッシュ、サンティアゴ・アミゴレーナ

【監督】
セドリック・クラピッシュ

【キャスト】
アナ・ジラルド、フランソワ・シヴィル、カミーユ・コッタン、フランソワ・ベルレアン、シモン・アブカリアン、アイ・アイダラ、レベッカ・マルデール、ピエール・ニネ、ジネディーヌ・スアレム、ヴィルジニー・ホック、ポール・アミ、マリー・ビュネル、パトリック・ダスンサオ、ギャランス・クラベル、ブリューヌ・ルノー、ルネ・ル・カルム

【作品情報】
『スパニッシュ・アパートメント』(2002)のセドリック・クラピッシュ監督が、パリを舞台に不器用な男女の出会いを描いたラブストーリー。隣り合うアパートメントで暮らしているのに互いに面識のない男女の姿を通して、仕事の不安やSNSの繋がりでは埋められない寂しさを描いています。

主演の2人は、セドリック・クラピッシュ監督の前作『おかえり、ブルゴーニュへ』(2017)でも共演したアナ・ジラルドとフランソワ・シビル。

映画『パリのどこかで、あなたと』のあらすじ

(C) 2019 / CE QUI ME MEUT MOTION PICTURE – STUDIOCANAL – FRANCE 2 CINEMA

パリの街に住むメラニーは、がんの免疫治療の研究者として働いています。元恋人との恋愛を引きずりながらも仕事に追われる日々を過ごしていました。

一方、倉庫で働く内向的な性格のレミーは、同僚が解雇されるも自分だけ昇進することへの罪悪感とストレスを抱えています。

2人は隣り合うアパートメントでひとり暮らしをしているのですが、お互いの存在に気がついていません。

忙しい仕事のストレスからか、メラニーはいくら寝ても寝足りない過眠症に、レミーは眠れない不眠症に苦しむ日々が続き、2人はそれぞれセラピーに通い始めることにします。

そんな中で友人からマッチングアプリを勧められたメラニーは、出会った男性たちと一夜限りの関係を繰り返していましたが、過去の失恋で空いた心の穴を埋められずに思い悩んでいました。

かたや、元同僚への罪悪感を抱えながら孤独な日々を送るレミーは、職場で出会った女性をデートに誘いますが、うまく距離を縮めることができません。

都会の喧騒の中、同じように孤独を埋められない2人ですが、同じ時間帯に出勤し、同じ電車に乗り、同じ店で買い物をしているのに、道ですれ違うことはあっても、知り合うことはなく時だけが流れていきます。

スポンサーリンク

映画『パリのどこかで、あなたと』の感想と評価

(C) 2019 / CE QUI ME MEUT MOTION PICTURE – STUDIOCANAL – FRANCE 2 CINEMA

同じ町で、しかも隣同士のアパートに住む同年代のレミーとメラニーが主人公です。2人は何度もすれ違っているのに、お互いの存在に気がつきません。

仕事のストレス、恋愛の悩みなど、30歳という年齢が抱えるであろう大人の悩みに翻弄される2人の姿を、セドリック・クラピッシュ監督が温かく、ユーモラスに描き出しました。

SNSで知り合った男性と一夜を共にしても、心の空洞が埋められないメラニー。

リストラされた職場の仲間に対して罪悪感を持ちながら鬱屈した孤独な日々を過ごすレミー。

隣り合ったアパートのベランダから見える列車と町並み。日用品を買うマーケット。駅までのおしゃれな路。すべてが絵画のように美しいパリの街で、2人は面白いほどすれ違います。

すぐ隣にいるよく似た境遇の2人なのに、どうしてその存在に気がつかないの? とやきもきしますが、そこが監督の狙い処なのでしょう。

このようなことは誰もが経験することかもしれません。自分が気が付かないだけで、お隣にはとても気の合う良い人がいたりして……。人生がもたらす気まぐれないたずらもあるかも知れません。

特に大きな事件や出来事が起こるでもなく、淡々と進む時の流れのなかで、いつか出会う運命の人を待ちわびている孤独な2人を、いつしか応援したくなります。

メラニ―がSNSを利用して一夜のフレンドを求めているのを見て、インターネットやSNSを利用して、人と人との社会的な関係は生み出せるのか、という疑問もわいてきます。

寂しさに耐えかねてSNSに出会いを求めても、空虚な気持ちを埋められないメラニーからは、“都会の中の孤独”がひしひしと伝わってきました。

同じように、職場の仲間のことで悩みながらも誰にも打ち解けて話せないレミーもまた“都会の中の孤独”を味わっていると言えるでしょう。

それは、どう克服すればよいのでしょう。誰もが体験する身近な問題とも言えますが、本作においては、カウンセラーなどで心の成長を遂げたメラニ―とレミーが、“都会の中の孤独”を上手く乗り越えようとします。

現在社会はSNSの存在に慣れきってしまっています。便利なツールはなくてはならないものになっていますが、本当の意味の出会いは、すぐ身近にあるものなのかもしれません。

まとめ

(C) 2019 / CE QUI ME MEUT MOTION PICTURE – STUDIOCANAL – FRANCE 2 CINEMA

映画『パリのどこかで、あなたと』は、現代フランス映画界を代表するセドリック・クラピッシュ監督が、パリを舞台に不器用に生きる2人の男女の成長と出会いを描いた作品です。

“都会に暮らす大人”たちが抱える悩みや寂しさを、30歳という人生の節目を迎えた男女を通して丁寧に描いています。

メラニーを演じるアナ・ジラルドとレミーに扮するフランソワ・シヴィルは、二度目の共演ということもあり、交わりそうで交わらない2人の距離感を上手く醸し出す息のあった演技を披露しています。

いつかきっと現れるであろう赤い糸で結ばれた運命の人を待つ気持ちは、大人になっても変わらないものなのでしょう。

ストレスからカウンセラーを受けるなど精神を病んでいる2人ですが、お互いの存在に気が付いて、恋人になって欲しいと願わずにいられません。

どこかユーモラスで、大人の童話ともいえる一面をもった本作のクライマックスをお楽しみに。

映画『パリのどこかで、あなたと』は、12月11日(金)よりYEBISU GARDEN CINEMA、新宿シネマカリテ ほか全国順次公開!

次回の連載コラム『映画という星空を知るひとよ』もお楽しみに。

【連載コラム】『映画という星空を知るひとよ』一覧はこちら




関連記事

連載コラム

映画『ジュラシック・ブリーダー』ネタバレ感想と結末解説のあらすじ。恐竜たちがマッドサイエンティストによって繁殖された⁈|B級映画 ザ・虎の穴ロードショー18

連載コラム「B級映画 ザ・虎の穴ロードショー」第18回 深夜テレビの放送や、レンタルビデオ店で目にする機会があったB級映画たち。現在では、新作・旧作含めたB級映画の数々を、動画配信サービス【U-NEX …

連載コラム

『アントマン』一般人のスコットはアベンジャーズシリーズを変えた⁈映画『アントマン&ワスプ』はどうなるか|最強アメコミ番付評2

連載コラム「最強アメコミ番付評」第2回戦 こんにちは!野洲川亮です。 毎年のように新作が製作され、2018年もこれまで『ブラックパンサー』、『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』が公開、いずれも大 …

連載コラム

鬼滅の刃|遊郭編アニメ放送日はいつ/堕姫の声優決定!無限列車編テレビ新作の考察も【鬼滅の刃全集中の考察27】

連載コラム『鬼滅の刃全集中の考察』第27回 大人気コミック『鬼滅の刃』の今後のアニメ化/映像化について様々な視点から考察・解説していく連載コラム「鬼滅の刃全集中の考察」。 (C)吾峠呼世晴/集英社・ア …

連載コラム

映画『女たち』あらすじ感想と評価解説。倉科カナと篠原ゆき子がアラフォーの行き詰まり人生を演じる|映画という星空を知るひとよ63

連載コラム『映画という星空を知るひとよ』第63回 自然豊かな山間の町で織りなすアラフォー女子たちの生き様を描いた映画『女たち』が、2021年6月1日(火)よりTOHOシネマズシャンテ他、全国公開です。 …

連載コラム

映画『RBG最強の85才』感想と内容解説。ドキュメンタリーで見つめる全米で最も尊敬される女性の半生|だからドキュメンタリー映画は面白い15

連載コラム『だからドキュメンタリー映画は面白い』第15回 アメリカの女性や若者たちから絶大な尊敬を集める、「RBG」とは何者? 『だからドキュメンタリー映画は面白い』第15回は、2019年5月10日か …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学