Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2021/01/18
Update

映画『私たちの青春、台湾』感想評価レビューとドキュメンタリー解説。傅楡監督が台湾民主化の道のりを描く|銀幕の月光遊戯 70

  • Writer :
  • 西川ちょり

連載コラム「銀幕の月光遊戯」第70回

2014年に台湾で起きた学生たちによる社会運動「ひまわり運動」のリーダーと、中国人留学生の人気ブロガーの活動を追ったドキュメンタリー映画『私たちの青春、台湾』が全国順次公開されています。

2021年1月23日(土)からは大阪のシネ・ヌーヴォ、1月29日(金)より京都みなみ会館、2月6日(土)より元町映画館にて関西地区での公開が始まります。

監督を務めたのは、リーダーやブロガーと同世代の傅楡(フー・ユー)です。台湾・香港・中国が抱える問題、民主主義の難しさにも言及しながら、台湾民主化の道のりを記録しています。

【連載コラム】『銀幕の月光遊戯』一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『私たちの青春、台湾』の作品情報


(C)7th Day Film All rights reserved

【公開】
2020年公開(台湾映画)

【原題】
我們的青春,在台灣 Our Youth in Taiwan

【監督】
傅楡(フー・ユー)

【キャスト】
陳為廷(チェン・ウェイティン)、蔡博芸(ツァイ・ボーイー)

【作品概要】
2014年3月17日、サービス貿易協定を国民党がわずか30秒で強行採決したことに抗議し、学生たちが立法院(国会)に突入。23日間にわたって占拠した運動は「ひまわり運動」と呼ばれ、台湾世論の支持を集め、政治を大きく動かしました。

そのリーダーと、中国人留学生ながら台湾の民主運動に加わる人気ブロガーに未来をみた傅楡(フー・ユー)監督によって撮られたドキュメンタリー作品。

2018年・第55回金馬奨では最優秀ドキュメンタリー賞を受賞しました。

映画『私たちの青春、台湾』のあらすじ


(C)7th Day Film All rights reserved

2011年、監督の「私」は魅力的な二人の大学生と出会いました。ひとりは台湾学生運動の中心人物・陳為廷(チェン・ウェイティン)。もうひとりは台湾の社会運動に参加する人気ブロガーの中国人留学生・蔡博芸(ツァイ・ボーイー)です。

当時、「私」は社会運動が世界を変えると信じ始めていました。そして2人の影響で社会運動への支持が広がることを期待するようになりました。世界が変わるのなら、「私」の手ですべて記録したいと思いフィルムを回し始めます。

2014年、為廷は林飛帆(リン・フェイファン)と共に立法院に突入し、ひまわり運動のリーダーとして一躍社会運動の寵児となりました。

“民主”が台湾でどのように行われているのか伝えたいと博芸が書いたブログは、書籍化され大陸でも刊行される人気ぶりを見せました。

しかし彼らの運命はひまわり運動後、失速していきます。

ひまわり運動を経て、立法院補欠選挙に出馬し国会進出をめざした為廷は過去のスキャンダルで撤退を余儀なくされ、大学自治会選に出馬した博芸は、彼女がトップになることを望まない人たちから国籍を理由に不当な扱いを受け敗北します。

それと同時に「わたし」の手も止まってしまいます。「わたし」が撮りたかったものは撮れなかったという現実が「わたし」を苦しめます。その失意は私自身が自己と向き合うきっかけとなっていきます……。

スポンサーリンク

映画『私たちの青春、台湾』の解説と感想


(C)7th Day Film All rights reserved

「ひまわり運動」を記録する

2014年の「ひまわり運動」は、若者による社会運動の貴重な成功例として評価されていますが、本作は運動の渦中で起こった複雑な事柄も赤裸々に映し出しています。

監督の傅楡(フー・ユー)は台湾学生運動の中心人物、陳為廷(チェン・ウェイティン)と、中国からの留学生ながら、「民主」に興味を持ち台湾の社会運動にも参加する蔡博芸(ツァイ・ボーイー)という2人の若者に魅了され、彼らなら自身が追い求める世界を見させてくれるのではないかと期待して2人を撮り始めました。

チェン・ウェイティンは台湾人、ツァイ・ボーイーは中国人、そしてフー・ユーは華僑の両親から生まれた非本省人二世です。

3人にとってその違いはとりたてて問題になるものではありませんでした。フー・ユーは、「台湾」、「中国」、「香港」がゆるやかにつながることを求めていましたし、彼女たちは中国、台湾、香港を軽々と横断してもいます。

しかし運動が高まるに従ってナショナリズムが広がり、「台湾人」としての誇りが生まれると同時に、反中的な言葉が飛ぶようになります。それらの言葉に中国籍のツァイ・ボーイーは傷つきます。

個人と個人であれば理解しあえて友情を築けても、国と国の関係になると問題は根深く複雑になっていきます。

また、運動の中で、彼らは民主主義の難しさに直面します。立法院を占拠したリーダー的なグループは密室の中の会議で方針を決めてしまいます。

彼ら自身もその矛盾に気づきますが、「すべての人に話を聞けば絶対に反対意見が出てくるから」と言った言葉まで飛び出してきます。

しかしそうした矛盾や難しさに直面するという過程があったからこそ若者たちはさらに成長し、「ひまわり運動」は台湾の人々に大きな影響を与え、今の民主的で進歩的な台湾社会の礎を築くものとなったのです。

ところでフー・ユーは、チェン・ウェイティンらの運動方針に疑問を持ち、一時期距離を置いていたために、立法院を占拠する瞬間を撮り損ねています。

そのことを後悔するモノローグも入っていますし、運動の記録としては、肝心な部分が他者のフィルムを借りたものという弱さがあるかもしれません。しかし、それもまたリアルな記録のひとつの形であり、本作のユニークな部分と言ってもよいでしょう。

三人三様の青春


(C)7th Day Film All rights reserved

フー・ユーがウェイティンとボーイーを撮り始めたのは2011年です。その数年後にウェンティンが立法院を占拠し、「ひまわり運動」という運動を成功させた若者たちのリーダーになっているとは、当のウェンティンですら、希望は抱いていたとしても、確信はなかったでしょう。

長い間、彼らの活動を観てきたという点で、本作は、「ひまわり運動」という1つの社会運動の記録というだけでなく、チェン・ウェイティンとツァイ・ボーイーという2人の若者の生き様を真摯に描いた作品として記憶に残ります。

フー・ユーが彼らに魅了され、彼らなら成し遂げてくれると期待したように、映画を観るものも、2人に魅了されていきます。純真な心で一途に突き進む姿はキラキラと輝いており、眩しいくらいです。

しかし、人生はままならぬもの。大きな挫折を味わう2人の姿もカメラは捉え続けます。深い信頼関係を築いていたからこそ、この撮影は可能だったのでしょう。

単にドキュメンタリーを作りたいだけなら、社会運動に関わった若者の栄光と挫折として、それはそれで見応えのある作品になっていたと思われますが、2人の挫折によってフー・ユーの制作もストップしてしまいます。

観る者は、この映画がチェン・ウェイティンとツァイ・ボーイーと共に、監督フー・ユー自身の思いが記録され、描かれていたことに気付かされるでしょう。だからこそ本作は観る者に何か特別な魅力と感慨を持たらし、まさに「青春」という言葉がふさわしい作品に仕上がったといえます。

2人に自身の理想を投影していたフー・ユー。2人の挫折は彼女自身の挫折でもあり、2人の苦しみは彼女自身の苦しみでもありました。

その後、彼女がどのようにして映画を完成させたのか、そして自身の経験から何を導き出したのか。それがこの映画の核たる部分です。そこから私たちは多くを学ぶことができるでしょう。

まとめ


(C)7th Day Film All rights reserved

映画には、香港の民主活動家の黄之鋒(ジョシュア・ウォン)、周庭(アグネス・チョウ)らと交流する姿が映し出されています。香港と台湾の若者は、皆、楽しそうににこやかに笑っています。

黄之鋒(ジョシュア・ウォン)、周庭(アグネス・チョウ)が無許可集会扇動の罪で実刑判決を受け投獄されている今、彼らが見せる屈託のない笑顔に胸が痛みます。

民主主義とは当たり前に存在するものではありません。昨今の日本の様子を見ていると、そのプロセスを蔑ろにしたり、軽んじる風潮があるように思えます。

この映画はそんな状況に直面している私たちに多くの大切な示唆を与えてくれます。

【連載コラム】『銀幕の月光遊戯』一覧はこちら

関連記事

連載コラム

映画『ドント・ゴー・ダウン』ネタバレ感想と結末までのあらすじ。SFタイムスリップに遭遇した特殊部隊の運命|未体験ゾーンの映画たち2020見破録40

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2020見破録」第40回 「未体験ゾーンの映画たち2020見破録」の第40回で紹介するのは、戦場から抜け出せなくなった特殊部隊を描くアクションホラー映画『ドント・ゴー …

連載コラム

中国映画『THE CROSSING 香港と大陸をまたぐ少女』あらすじと感想評価レビュー。「過ぎた春」のバイ・シュエ(白雪)監督のトーク登壇の報告|OAFF大阪アジアン映画祭2019見聞録12

連載コラム『大阪アジアン映画祭2019見聞録』第12回 毎年3月に開催される大阪アジアン映画祭も今年で第14回目となります。2019年3月08日(金)から3月17日(日)までの10日間に渡ってアジア全 …

連載コラム

元気が出る2020年映画ランキングベスト5|人生を考える・変えるきっかけに切なくも深い“愛”の姿を《シネマダイバー:菅浪瑛子選》

2020年の映画おすすめランキングベスト5 選者:シネマダイバー菅浪瑛子 新型コロナウイルスの影響で公開が延期になった映画も多かった2020年。話題となった大作もありましたが、2020年はミニシアター …

連載コラム

映画『RUN! 3films』感想レビューと評価。俳優・津田寛治の役作りが3つの異なるドラマを紡ぐ|銀幕の月光遊戯 48

連載コラム「銀幕の月光遊戯」第48回 オムニバス映画『RUN!-3films-』が2019年11月2日(土)より、東京・池袋シネマロサ他にて全国順次公開されます。 ゆうばり国際ファンタスティック映画祭 …

連載コラム

【イット・カムズ・アット・ナイト】最近の怖い洋画とホラー映画の観点から比較解説|SF恐怖映画という名の観覧車23

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile023 「人間」は平和的な状況においては、言葉や行動によって社会生活を共にし、お互いを支えあって生きていく事が出来ます。 しかし、その逆にpro …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学