Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2019/02/10
Update

映画『マイ・ブックショップ』感想と解説。原作者が結末で描いた“本当に大切なもの”|銀幕の月光遊戯20

  • Writer :
  • 西川ちょり

連載コラム「銀幕の月光遊戯」第20回

スペインの女流映画監督イサベル・コイシェが、ブッカー賞作家ペネロピ・フィッツジェラルドの小説を映画化! 

1950年代後半のイギリスを舞台に、書店が一軒もない町に書店を開業した女性とその波紋を描く人間ドラマ『マイ・ブックショップ』が3月09日(土)よりシネスイッチ銀座、YEBISU GARDEN CINEMA他にて全国順次公開されます。

【連載コラム】『銀幕の月光遊戯』一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『マイ・ブックショップ』のあらすじ


(C)2017 Green Films AIE, Diagonal Televisio SLU, A Contracorriente Films SL, Zephyr Films The Bookshop Ltd.

1959年、イギリスの小さな海辺の町。

夫を戦争で亡くして以来、悲しみに暮れてきたフローレンスは、ある時、自分のなすべきことを悟ります。

本を愛し、読後の余韻に浸りながら散歩をするのも好きな彼女は、本屋が一軒もない町に本屋を作ることに決めたのです。それは夫とともに夢見ていたことでした。

長い間空き家になっていた「OLD HOUSE」というお屋敷を買い、準備を始めたフローレンスは、ある日、町の有力者であるガマート婦人のパーティーに招かれます。

ガマート婦人は「OLD HOUSE」を文化センターにしたいと考えていました。彼女は暗にフローレンスに本屋を開くのをやめて、「OLD HOUSE」を自分に譲るようにほのめかしますが、何ヶ月も迷って決断したことをフローレンスは諦める気はありませんでした。

ついに「THE OLD HOUSE BOOKSHOP」がオープンしました。最初のお客様は、40年以上も自宅に引きこもっている読書家、ブランディッシュです。

彼は町に本屋が出来たことを喜び、おすすめの小説を届けてほしいと手紙で伝えてきました。

本屋は繁盛し、商売はすぐ軌道に乗りました。ギッピング家の三女、クリスティーンが店を手伝ってくれ、少年ウオーリーが配達を引き受けてくれました。

その様子を苦々しく見つめている人物がいました。ガマート婦人です。彼女はOLD HOUSEを文化センターにすることを諦めていませんでした。

ガマート婦人はさまざまな方法で妨害を行い、次第に店の経営は苦しくなっていきます。

本を通じてフローレンスと心を通わせたブランディッシュは、ガマート婦人と話をしてみると言い、出かけていきますが・・・。

映画『マイ・ブックショップ』の感想と評価

原作者ペネロピ・フィッツジェラルドとは


(C)2017 Green Films AIE, Diagonal Televisio SLU, A Contracorriente Films SL, Zephyr Films The Bookshop Ltd.

ペネロピ・フィッツジェラルド(Penelope Fitzgerald)は、1916年生まれの英国を代表する作家、詩人です。

映画の原作『The Book Shop』など3作品が英国の権威ある文学賞、ブッカー賞にノミネートされ、1979年に『テムズ河の人々』で受賞を果たしました。

『テムズ河の人々』はロンドン・テムズ河に停泊するハウスボートで暮らす人々の日常を綴った作品で、日本では晶文社から出版されていますが、残念ながら現在は絶版となっています。

1997年には『The Blue Flower』(1995)で全米批評家協会賞を受賞しています。

ペネロピ・フィッツジェラルドはオックスフォードのサマーヴィル・カレッジを卒業。戦時中はBBCに勤務し、書店経営をしていたこともあるそうです。

映画『マイ・ブックショップ』にはBBC勤務の男性が登場しますし、作品にはそうした作家の実体験が色濃く反映されているものと推測されます。

尚、3月には映画の原作の翻訳書『マイ・ブックショップ』(ハーパーコリンズ・ジャパン/山本やよい訳)が刊行される予定です。

誰もが魅了される「OLD HOUSE BOOKSHOP」


(C)2017 Green Films AIE, Diagonal Televisio SLU, A Contracorriente Films SL, Zephyr Films The Bookshop Ltd.

映画のタイトルが出たあと、画面には一人の少女がスキップしながら楽しそうに町を行く姿が映し出されます。

何気ないけれど厳かで品のある町並が目をひきます。イギリス、イーストアングリアあたりのとある町という設定ですが、実際は北アイルランドで撮影されたそうです。1950年代の雰囲気を再現するのに最適だったのでしょう。

古めかしくて大き過ぎるように見える「OLD HOUSE」がどんな書店になるのだろう?と注目していると、ボーイスカウトの少年たちが本棚を組み立ててくれる愛らしい展開に。

フローレンスが部屋の中央に本を平積みにするためのテーブルを用意している場面で、これはいい本屋になるに違いないと確信しました。

さらに「OLD HOUSE BOOKSHOP」という看板がかかった店構えには、誰もが「素敵!」と心の中で叫びたくなるに違いありません。

本好きは、映画の中に登場する本にも敏感なものですが、ここでは次々に本のタイトルが出てくるので、必死で目を凝らすことになります。

とりわけ重要な作品として登場するのが、レイ・ブラッドベリが1953年に発表した『華氏451度』(Fahrenheit 451)とウラジーミル・ナバコフが1955年に発表した『ロリータ』(Lolita)です。

最初におすすめ本として『華氏451度』を届けられた引きこもりの老人ブランディッシュは、すっかりブラッドベリに夢中になり、もっと彼の作品を送って欲しいとフローレンスに手紙を送ります。

そこでフローレンスはブラッドベリの『火星年代記』(The Martian Chronicles)を送ります。

さらに『たんぽぽのお酒』(Dandelion Wine)の表紙をフローレンスが見つめるシーンもでてきます。また、最後まで観終えると『華氏451度』の存在の意味が見えてきます。

こうした書物は、全て初版本と思われ、1950年代の書物が店頭に並んでいる光景に惚れ惚れしてしまいます。麗しい本の装幀を堪能できるのもこの映画の魅力の一つといっていいでしょう。

中にはハウツー本のようなものもあるのですが、それもこのお店にぴったりの洒落たデザインで、フローレンスの趣味の良さが現れています。

冒頭スキップをしていた少女、クリスティーンが、お店を手伝うことになり、フローレンスと息もぴったりの仲になっていく展開にも温かな気持ちにさせられます。

本屋っていいなぁと改めて実感するのです。

滅ぼす者と滅ばされる者


(C)2017 Green Films AIE, Diagonal Televisio SLU, A Contracorriente Films SL, Zephyr Films The Bookshop Ltd.

こんな調子で、本屋営業の機微を描くほのぼのした物語が続くのだろうと思っていたのですが、中盤くらいから、様相が変わってきます。

「世の中には滅ぼす者と滅ばされる者がいる」というナレーションが入るように、人の成功を認められない人、常に勝たないと気がすまないという人が存在するのです。

町の有力者のガマート婦人は、OLD HOUSEを本気でアートセンターにしたいわけではなくて、自分の物にしたいだけなのです。

もし、フローレンスが購入していなかったら彼女はOLD HOUSEをあれほど欲しがったでしょうか?

ブランディッシュも「ガマート婦人のような人のせいで私はこうなってしまった」と告白しています。

ナバコフの『ロリータ』が出てきたときには、ガマート婦人は、不道徳だという偏見を振りかざして、邪魔だてするだろうと予測したのですが、違っていました。

本に人が群がって通行に支障をきたすだなんて理由をあげるのです。自分が教養人であるという対面は保ちたいのでしょう。こういうしたたかさがジワリとヒロインを追い詰めていきます。

人のものを奪いたくなる人、自分が欲しいと思ったものはどんな手段を使ってでも手に入れなければ気の済まない人、プライドを傷つけられたらやり返さずにはいられない人、そのために権力を振りかざすガマート婦人のような人はどの時代にもいます。

また、美しい田舎町の人間が皆、親切で善良とは限らないのです。銀行員や弁護士は情の一欠片もないような俗物に描かれています。人々は保身に走り、出る杭は打たれてしまいます。

映画は、人生の無情、理不尽さを静かに淡々と語っていきます。

しかしこの作品には一つの大胆な仕掛けがあります。それが明らかになるとき、人生の本当に大切なものは何か、人を揺り動かすものはなんなのかということが明かされます。

まっとうに生きることにはどういう意味があるのか、そんな深淵なテーマが本作には流れているのです。

スポンサーリンク

まとめ


(C)2017 Green Films AIE, Diagonal Televisio SLU, A Contracorriente Films SL, Zephyr Films The Bookshop Ltd.

主人公のフローレンスを演じるのは『メリー・ポピンズ リターンズ』(2018/ロブ・マーシャル)、『ベロニカとの記憶』(2017/リテーシュ・バトラ)のエミリー・モーティマーです。

ブランディッシュにはイギリスの名優ビル・ナイが扮しています。フローレンスとブランディッシュが書物を通じて互いをリスペクトする関係性が美しい余韻を残します。

ガマート婦人には、本作の監督、イザベル・コイシェの2014年の作品『しあわせへのまわり道』(2014)で主演しているパトリシア・クラークソンが扮しています。

上品な顔をしてじわじわと人を追い詰めていく様は思わず身震いしてしまうほどの名演です。

監督のイザベル・コイシェは『しあわせへのまわり道』の他にも『死ぬまでにしたい10のこと』(2002)、『あなたになら言える秘密のこと』(2005)などで知られる実力派女性監督。2015年には権威あるフランス芸術文化勲章「シュヴァリエ」を受賞しています。

本作は、2018年ゴヤ賞12部門ノミネート3部門(作品賞・監督賞・脚色賞)受賞、2018年ガウディ賞12部門ノミネート2部門(美術賞・作曲賞)受賞、2018年Cinema Writers Circle Awards,Spain作品賞・監督賞・脚色賞・撮影賞・助演男優賞受賞、2018年ベルリン国政映画祭ベルリナーレ・スペシャル部門出品など、数々の映画祭で高い評価を得ています。

『マイ・ブックショップ』は、3月09日(土)よりシネスイッチ銀座、YEBISU GARDEN CINEMA他にて全国順次公開されます。

次回の銀幕の月光遊戯は…


(C)2018 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.

次回の銀幕の月光遊戯は、2019年3月08日(金)公開のポール・フェイグ監督『シンプル・フィーバー』を取り上げる予定です。

お楽しみに!

【連載コラム】『銀幕の月光遊戯』一覧はこちら

関連記事

連載コラム

『記憶屋』原作ネタバレと結末までのあらすじ。映画で「遼一と杏子」の関係はどのように描かれるのか⁈|永遠の未完成これ完成である3

連載コラム「永遠の未完成これ完成である」第3回 映画と原作の違いを徹底解説していく、連載コラム「永遠の未完成これ完成である」。 今回紹介する作品は、2020年1月17日公開の『記憶屋 あなたを忘れない …

連載コラム

SF恋愛映画『メカニカル・テレパシー』感想と考察評価。男女3人のラブストーリーと「心を可視化する機械」とは?|映画という星空を知るひとよ26

連載コラム『映画という星空を知るひとよ』第26回 「心を可視化する機械」に揺れる男女3人の物語を映し出す、映画『メカニカル・テレパシー』。 2004年から大阪を拠点に、映像制作者の人材発掘を行っている …

連載コラム

映画『キュクロプス』あらすじと感想。画家ルドンの描いた単眼の巨人が復讐鬼と化す理由|シニンは映画に生かされて5

連載コラム『シニンは映画に生かされて』第5回 はじめましての方は、はじめまして。河合のびです。 今日も今日とて、映画に生かされているシニンです。 第5回でご紹介する作品は、妻とその愛人を殺した罪で投獄 …

連載コラム

映画『ゾンビランド2ダブルタップ』ルーベン・フライシャー監督インタビュー【続編ダブルタップに夢中】FILMINK-vol.26

FILMINK-vol.26「Ruben Fleischer Nuts Up For Zombieland: Double Tap」 オーストラリアの映画サイト「FILMINK」が配信したコンテンツか …

連載コラム

連載コラム「映画と美流百科」はじまります。映画とアート/ファッションの読本【編集なかじきり】

連載コラム「映画と美流百科」書き手:篠原愛 2018年6月より、Cinemarcheのヘビーユーザー向けにスタートした「連載コラム」シリーズ。 盛夏を迎えた7月より、 Cinemarcheライターの篠 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP