Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2022/04/07
Update

韓国映画『仮面殺人会』ネタバレあらすじ感想と結末の評価解説。どんでん返しと残酷描写の連続!予測不可能な裏切りの殺人劇|B級映画 ザ・虎の穴ロードショー74

  • Writer :
  • 糸魚川悟

連載コラム「B級映画 ザ・虎の穴ロードショー」第74回

深夜テレビの放送や、レンタルビデオ店で目にする機会があったB級映画たち。現在では、新作・旧作含めたB級映画の数々を、動画配信U-NEXTで鑑賞することも可能です。

そんな気になるB級映画のお宝掘り出し物を、Cinemarcheのシネマダイバーがご紹介する「B級映画 ザ・虎の穴ロードショー」第74回は、『仮面殺人会』(2017)です。

山荘に逃げ込んだ強盗犯たちが対峙することになるのは、仮面を被った猟奇的な殺人鬼。血で血を洗う壮絶な殺し合いの果てに、いったい誰が生き残るのか。

手に汗握る韓国産スラッシャー映画をネタバレあらすじを含めご紹介させていただきます。

【連載コラム】「B級映画ザ・虎の穴ロードショー」記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『仮面殺人会』の作品情報


(C)Dreamfact Entertainment

【公開】
2017年(韓国映画)

【原題】
콜리션

【監督】
チャ・ミョンウク、ホ・ソヒョン

【脚本】
イ・ユノ

【キャスト】
イ・スンジュン、イ・イクチュン、キム・ボムテ、チャ・ミョンウク

【作品概要】
チャ・ミョンウクとホ・ソヒョンが監督を務めた韓国映画。

主演は『ビースティ・ボーイズ』(2009)や『工作 黒金星と呼ばれた男』(2019)に出演したイ・スンジュン。また『7人の追撃者』(2018)に出演したイ・イクチュンが共演として参加しました。

映画『仮面殺人会』のあらすじとネタバレ


(C)Dreamfact Entertainment

山奥にある「チサングループ」の豪華な山荘で性行為中の男女が、仮面を被った2人の侵入者にナイフで殺害されます。仮面の男は殺した男の手首を切り落とすと、金品を奪いました。

山道でテファは、弟分のジョンスとソンギンとともに現金を運ぶ車を強盗し大金を奪います。

その後、テファは2人を連れて「チサングループ」のヤン会長の指示通り山荘へと落ち延びますが、先に到着しているはずの「チサングループ」の人間が見つからず怪訝に思います。

山荘内に漂う肉の腐った匂いのもとを探ったジョンスは、クローゼットの中のトランクから殺害された男女の遺体を発見。その頃、仮面の男たちはヤンによる殺人依頼を終えると、次なるターゲットの殺害のため山荘を目指していました。

クローゼットに遺体を戻したテファたちの前に、ハ室長の許可を得たと言うドングン率いる4人組の男女が山荘に現れます。

テファは怪しまれないためにドングンたちの宿泊をやむを得ず了承。夜、7人は親交を深めるために全員で食事をしますが、酒に弱いソンギンは泥酔。ドングンの仲間であるソンヒョンに部屋へと連れていかれます。

深夜になり、ジョンスはソンギンの部屋へと向かうと、ソンギンは首を切られ惨殺されていました。

テファとジョンスは、部屋へと連れていったソンヒョンを犯人と決めつけ問い詰めますが、自室から出てきたドングンの連れであるソニョンが何者かに刺され死亡し、山荘の電源が落とされます。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『仮面殺人会』のネタバレ・結末の記載がございます。『仮面殺人会』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

直後に山荘の外から仮面の男2人が山荘へと押し入るとサンヒョンを殺害。

テファ、ジョンス、ドングンの連れてきた女性の3人は地下室へ逃れた後に、部屋にある工具を持ちリビングへと戻りますが、そこにはサンヒョンの死体しか残されていませんでした。

ひとりで部屋に隠れるドングンは仮面の男たちに襲撃されますが、テファやジョンスが部屋の外で仮面の男を襲撃。

ジョンスによって仮面の男のひとりが殺害されるともうひとりの男は山荘の外へと逃げていきました。

山荘にヤンが現れ、テファから山荘に死体があったことや仮面の男による襲撃があったことを聞き出します。

ヤンは負傷したジョンスのトイレを介抱するフリをしてジョンスを刺殺。ヤンは仮面の男を使いテファが強盗で奪った金を強奪を目論んでいたのでした。

ヤンは仮面の男と共にテファを襲撃しようとしますが、実はテファは金を使って仮面の男を買収しており、仮面の男はヤンを殺害。

仮面の男はテファがジョンスやソンギンすらも裏切り金を独り占めすることを目的としていることを知っており、「弟分を殺してまで金が欲しいか」と皮肉を言うと、テファの命令通り女性を殺害。

残るはドングンのみとなりますが、実はドングンは快楽殺人鬼であり、自前の仮面を被り仮面の男を殺害しました。

ドングンと対峙したテファは彼を金で買収しようとしますが、ドングンは誘いには乗らずにをテファの腹部をナイフで刺します。

追い詰められたテファは近くにあった塩酸をドングンに投げつけると、顔に塩酸を浴びたドングンは悶え苦しみその場に倒れ動かなくなります。

全員の殺害を確認したテファは山荘を離れ山道を歩きますが、腹部からの出血によってジョンスとソンギンのことを想いながら力尽きました。

その頃、地下室に転がったドングンの仮面を息を吹き返した彼が、拾い上げていました。

スポンサーリンク

映画『仮面殺人会』の感想と評価


(C)Dreamfact Entertainment

鮮血が飛び散る血みどろスラッシャー映画

性行為中の男女が仮面の男に惨殺される衝撃的な場面で物語の幕が上がる韓国産スラッシャー映画『仮面殺人会』。

その後も仮面の男たちは残忍な手口で殺人を重ねていき、死体が映らない場面が珍しいほどの地獄絵図となっていきます。

本作では殺人鬼は刃物を好んで利用するため、必然的に画面上には多くの血が飛び散ることになりますが、その想いきりの良い血液量はスラッシャー映画ファンには一見の価値があるとさえ言えます。

本作は世界でも有名な日本の映画監督・三池崇史のバイオレンス映画を彷彿とさせる、阿鼻叫喚の血みどろスラッシャー映画となっていました。

二転三転する裏切りだらけの殺人劇

恐怖が山荘を場を覆い始める中盤までは定番のスラッシャー映画と言える展開をなぞる本作ですが、終盤にかけて物語は怒涛の展開に発展

仮面の男たちは殺人を快楽ではなく仕事として行っている殺し屋であることは序盤から明らかにされますが、目的は謎のまま殺戮を続けていきます。

しかし、彼等の目的が明らかになると、山荘に集まった人間たちの隠された目的も徐々に明らかになり、様相は二転三転していくことになります。

物理的な「仮面」を題材としながらも、誰もが精神的な「仮面」を被り、自身の目的をひた隠しにしていると言う意味も込められた裏切りだらけの殺人劇映画でした。

まとめ

約1時間半で描かれる予測不能な裏切りの交差する血みどろスラッシャー映画『仮面殺人会』。

特にラスト30分の勢いは目を見張るものがあり、画面に飛び散る血の量と併せて一見の価値のある作品となっています。

弟分2人を率いて計画を完遂させながらも、警戒心高く周囲をうかがい続ける主人公のテファを演じたイ・スンジュンの繊細な演技も光る映画でした。

【連載コラム】「B級映画ザ・虎の穴ロードショー」記事一覧はこちら

配信状況などはU-NEXT公式サイトをご確認ください。



関連記事

連載コラム

ネタバレ感想|仮面ライダー平成ジェネレーションズFINALビルド&エグゼイドwithレジェンドライダー。シリーズのヒーローが総出演で魅了する【邦画特撮大全100】

連載コラム「邦画特撮大全」第100章 今回の邦画特撮大全は、映画『仮面ライダー平成ジェネレーションズFINALビルド&エグゼイドwithレジェンドライダー』(2017)を紹介します。 今年2 …

連載コラム

映画『ボイス・フロム・ザ・ダークネス』ネタバレ結末感想とあらすじ考察。青いアイリスの花言葉とヴェレーナが“飲んだもの”|B級映画 ザ・虎の穴ロードショー53

連載コラム「B級映画 ザ・虎の穴ロードショー」第53回 深夜テレビの放送や、レンタルビデオ店で目にする機会があったB級映画たち。現在では、新作・旧作含めたB級映画の数々を、動画配信U-NEXTで鑑賞す …

連載コラム

映画『エスケープルーム』ネタバレあらすじと感想。謎解きゲームには参加者の過去も重要な意味がある⁈|サスペンスの神様の鼓動30

こんにちは!「Cinemarche」のシネマダイバー、金田まこちゃです。 このコラムでは、毎回サスペンス映画を1本取り上げて、作品の面白さや手法について考察していきます。 今回ご紹介する作品は、成功す …

連載コラム

『ファーストラヴ』中村倫也と北川景子の男女バディ映画!庵野迦葉(かしょう)の淡い初恋に潜む“心の闇”に注目!|映画という星空を知るひとよ51

連載コラム『映画という星空を知るひとよ』第51回 2021年2月11日(木・祝)よりロードショーされている映画『ファーストラヴ』。 父親を殺害した容疑で女子大生・聖山環菜が逮捕されました。 事件を取材 …

連載コラム

『生まれてよかった』あらすじ感想評価と内容解説。韓国映画が大阪アジアン映画祭にて受賞“来るべき才能賞”の快挙!|OAFF大阪アジアン映画祭2021見聞録5

第16回大阪アジアン映画祭「来るべき才能賞」受賞作 『生まれてよかった』 2021年3月14日(日)、第16回大阪アジアン映画祭が10日間の会期を終え、閉幕しました。グランプリと観客賞をダブル受賞した …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学