Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2019/02/03
Update

【シネマルNEWS】カルトな映画やドキュメンタリーの連載コラムが新スタート!海外の映画情報はFILMINKと連動リンクで発信も

  • Writer :
  • Cinemarche編集部

2019年連載スタートの連載コラム&レビュー情報


©️Cinemarche

2019年の新春のCinemarcheは、寒風に咲く白梅の如し。

新たな連載企画が専門的なコラムとして、目白押しでスタート!

まずはドキュメンタリー映画に注目した連載に始まります。

そして渋谷にある映画館・ヒューマントラストシネマ渋谷から掘り出し作品を発掘すべく始まった企画まで、各ジャンルに特化した読み物が新たに開花。

そのほか、海外からの映画情報をピックアップする企画や、映画大学で実施される講義の一端を披露した、“映画を哲学する”読み物まで、幅広く展開します。

ぜひ、Cinemarcheの読者さんに、ご一読いただければと思います。

さあさあ、アナタはどれに注目しますか?

スポンサーリンク

2019年連載コラム第1弾『だからドキュメンタリー映画は面白い』

【書き手】
映画ライター:松平光冬

【人物紹介】
松平さんは豊富な映画知識の持ち主。

マスコミ試写会でいち早く鑑賞した新作映画の紹介から、貴重な過去作の掘り起こしまで行える映画の案内人です。

現在、Cinemarcheではドキュメンタリー映画に特化した連載コラム『だからドキュメンタリー映画は面白い』を執筆中。

ちょっとドキュメンタリー映画は苦手というアナタ!

ぜひ、松平さんの深い考察や、ユニークな視点からの解説を映画のおともに読んでみてはいかがでしょうか。

【松平さんの執筆コラム一覧】

【連載コラム】『だからドキュメンタリー映画は面白い』記事一覧はこちら

好評連載中です!

2019年連載コラム第2弾『未体験ゾーンの映画たち2019見破』

【書き手】
映画ライター:映画屋のジョン

【人物紹介】
映画屋のジョンさんは、自称「時代遅れの映画館主義者」。

かつては劇場に勤務され映画興行に関わっていた経験があり、映画館に赴き執筆を行うライターさんです。

大作映画よりも、味わいのあるB級のSF映画やホラー映画を“カワイイと好む傾向あり?”ということで、得意なジャンルが多く上映される「未体験ゾーンの映画たち2019」の鑑賞記録を担当しています。

掘り出し作品のシネマハンターが日々徒然に映画を語ります。

【ジョンさんの執筆コラム一覧】

【連載コラム】『未体験ゾーンの映画たち2019見破』記事一覧はこちら

「未体験ゾーンの映画たち2019」の全作品58本の制覇なるかにも注目です!

スポンサーリンク

2019年2月からも連載企画が続々登場!


©️Filmink

2019年連載企画第3弾は…

2019年旧暦の節分からスタートとなるのは、オーストラリア初の映画雑誌「FILMINK」から海外の新鮮な映画情報を紹介する、Cinemarucheとの連動企画が始まります

連載コラム第3弾は、海外在住の映画ライターが現場で感じた洋画情報をピックアップして配信していきます。

2019年連載企画第4弾は…

また連載コラム第4弾は、目玉企画!!

日本映画大学の准教授・田辺秋守氏よる「映画と哲学」という、映画を哲学で読む連載講座も開講します。

暫し待たれよ!

2019年新春のCinemarcheも、他にはない映画解説や深掘り考察が花盛りです。

ご期待くださいね!

動画配信サイトU-NEXT情報

日本最大級の動画サービスU-NEXTでは、2018年に公開されたヒット作や、注目の話題作を続々配信中です。

今なら31日間無料トライアル実施中!

映画、ドラマ、アニメなど最新作から名作まで、140,000本以上配信していますので、きっとアナタを魅了する作品が見つかりますよ。

見放題作品90,000本、レンタル作品50,000本(2019年1月時点)というコンテンツの数量も魅力的ですね。

また、スマホ・パソコン・タブレット・テレビ、あらゆるデバイスで楽しめる動画サービスとなっています。

今回U-NEXTからオススメする洋画は、Cinemarcheの映画ライターの金田まこちゃさんのオススメの映画『リグレッション』。

『リグレッション』をオススメした金田さんの記事はコチラ

また邦画作品からは、映画ライターの西川ちょりさんオススメの映画『少女邂逅』はいかがでしょう。

『少女邂逅』をオススメした西川さんの記事はコチラ

さらに、 U-NEXTでは31日間無料トライアルの特典のキャンペーン中です。

⑴見放題作品が31日間無料で視聴可能です!

一部最新作を含む、すべてのジャンルの見放題作品を無料で視聴可能です。最新作はレンタル配信(個別課金)となります。

⑵600円分のポイントプレゼント!

DVD・ブルーレイよりも先行配信の最新作、放送中ドラマの視聴や最新コミック・書籍の購入に使用可能です。

⑶追加料金なく、70誌以上の雑誌が読み放題!

ぜひこの機会にU-NEXTをご覧になってみてはいかがでしょう。

またオススメの洋画邦画は上記の他にも、次のような人気作品もU-NEXTでは映画配信が始まっています




ぜひ、U-NEXTの動画配信をお見逃しなく!

関連記事

連載コラム

【ネタバレ感想】ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー2リミックス|家族をも超えていく仲間の絆|最強アメコミ番付評19

こんにちは、野洲川亮です。 今回は、前回の記事『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』に引き続きシリーズ第2弾となる『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス』を考察していきます。 続編で、よりパ …

連載コラム

【ネタバレ感想】『ワンダーウーマン』映画と原作コミックとの比較解説。新たな女性ヒーローのアイコン|最強アメコミ番付評22

連載コラム「最強アメコミ番付評」第22回戦 こんにちは、野洲川亮です。 『アベンジャーズ エンドゲーム』に続いて『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』の予告がアップされましたね。 2019年公開の …

連載コラム

映画『ブエノスアイレス』感想。 ドキュメンタリーから浮かぶ作品の真実とは|偏愛洋画劇場13

連載コラム「偏愛洋画劇場」第13幕 香港の映画監督、ウォン・カーウァイ。 若者たちの刹那的な青春や恋人たちの胸の痛みを繊細に描き出すカーウァイ監督の作品は、世代を超えて愛され続けています。 今回ご紹介 …

連載コラム

【6月編集後記】映画ネタバレは観察、感想評価は考察というスタンス。ときに道場主かも?

Cinemarche編集後記:2018年6月便 日差しも強くなり水無月も終われば、2018年も夏本場、映画公開も夏休みの話題作を皮切りに、いよいよ後半戦に突入です! さてみなさんは6月までの2018年 …

連載コラム

映画『響HIBIKI』感想と考察。平手の演じた鮎喰響はAI作家である|映画道シカミミ見聞録15

連作コラム「映画道シカミミ見聞録」第15回 (C)2018 映画「響 HIBIKI」製作委員会 (C)柳本光晴/小学館 こんにちは、森田です。 秋分の日を迎えれば、さまざまな“秋”がやってきますね。 …

【Cinemarche独占】アミール・ナデリ監督インタビュー|映画『山〈モンテ〉』に込めた黒澤明監督への思いとは
【Cinemarche独占】『洗骨(せんこつ)』公開記念・水崎綾女インタビュー|映画『洗骨』のキャストとしての思いを語る。自身の経験と向き合い深めた演技と死生観
【Cinemarche独占】『LOVEHOTELに於ける情事とPLANの涯て』公開記念・三上博史インタビュー|役者魂と自身の人生観を語る。
【Cinemarche独占】映画『ウスケボーイズ』公開記念・橋爪功インタビュー|役作りと2018年の今を語る
【Cinemarche独占】映画『薄墨桜 -GARO-』公開記念・朴璐美インタビュー|役作りと2018年の今を語る
映画『斬、』塚本晋也監督インタビュー|時代劇で現代を描いた真意とは
映画『MAKI』サンドバーグ直美インタビュー|映画『MAKI マキ』女性の美しさを表現する思いを語る
日本映画大学
ニューシネマワークショップ
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP