Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2019/02/03
Update

【シネマルNEWS】カルトな映画やドキュメンタリーの連載コラムが新スタート!海外の映画情報はFILMINKと連動リンクで発信も

  • Writer :
  • Cinemarche編集部

2019年連載スタートの連載コラム&レビュー情報


©️Cinemarche

2019年の新春のCinemarcheは、寒風に咲く白梅の如し。

新たな連載企画が専門的なコラムとして、目白押しでスタート!

まずはドキュメンタリー映画に注目した連載に始まります。

そして渋谷にある映画館・ヒューマントラストシネマ渋谷から掘り出し作品を発掘すべく始まった企画まで、各ジャンルに特化した読み物が新たに開花。

そのほか、海外からの映画情報をピックアップする企画や、映画大学で実施される講義の一端を披露した、“映画を哲学する”読み物まで、幅広く展開します。

ぜひ、Cinemarcheの読者さんに、ご一読いただければと思います。

さあさあ、アナタはどれに注目しますか?

スポンサーリンク

2019年連載コラム第1弾『だからドキュメンタリー映画は面白い』

【書き手】
映画ライター:松平光冬

【人物紹介】
松平さんは豊富な映画知識の持ち主。

マスコミ試写会でいち早く鑑賞した新作映画の紹介から、貴重な過去作の掘り起こしまで行える映画の案内人です。

現在、Cinemarcheではドキュメンタリー映画に特化した連載コラム『だからドキュメンタリー映画は面白い』を執筆中。

ちょっとドキュメンタリー映画は苦手というアナタ!

ぜひ、松平さんの深い考察や、ユニークな視点からの解説を映画のおともに読んでみてはいかがでしょうか。

【松平さんの執筆コラム一覧】

【連載コラム】『だからドキュメンタリー映画は面白い』記事一覧はこちら

好評連載中です!

2019年連載コラム第2弾『未体験ゾーンの映画たち2019見破』

【書き手】
映画ライター:映画屋のジョン

【人物紹介】
映画屋のジョンさんは、自称「時代遅れの映画館主義者」。

かつては劇場に勤務され映画興行に関わっていた経験があり、映画館に赴き執筆を行うライターさんです。

大作映画よりも、味わいのあるB級のSF映画やホラー映画を“カワイイと好む傾向あり?”ということで、得意なジャンルが多く上映される「未体験ゾーンの映画たち2019」の鑑賞記録を担当しています。

掘り出し作品のシネマハンターが日々徒然に映画を語ります。

【ジョンさんの執筆コラム一覧】

【連載コラム】『未体験ゾーンの映画たち2019見破』記事一覧はこちら

「未体験ゾーンの映画たち2019」の全作品58本の制覇なるかにも注目です!

スポンサーリンク

2019年2月からも連載企画が続々登場!


©️Filmink

2019年連載企画第3弾は…

2019年旧暦の節分からスタートとなるのは、オーストラリア初の映画雑誌「FILMINK」から海外の新鮮な映画情報を紹介する、Cinemarucheとの連動企画が始まります

連載コラム第3弾は、海外在住の映画ライターが現場で感じた洋画情報をピックアップして配信していきます。

2019年連載企画第4弾は…

また連載コラム第4弾は、目玉企画!!

日本映画大学の准教授・田辺秋守氏よる「映画と哲学」という、映画を哲学で読む連載講座も開講します。

暫し待たれよ!

2019年新春のCinemarcheも、他にはない映画解説や深掘り考察が花盛りです。

ご期待くださいね!

動画配信サイトU-NEXT情報

日本最大級の動画サービスU-NEXTでは、2018年に公開されたヒット作や、注目の話題作を続々配信中です。

今なら31日間無料トライアル実施中!

映画、ドラマ、アニメなど最新作から名作まで、140,000本以上配信していますので、きっとアナタを魅了する作品が見つかりますよ。

見放題作品90,000本、レンタル作品50,000本(2019年1月時点)というコンテンツの数量も魅力的ですね。

また、スマホ・パソコン・タブレット・テレビ、あらゆるデバイスで楽しめる動画サービスとなっています。

今回U-NEXTからオススメする洋画は、Cinemarcheの映画ライターの金田まこちゃさんのオススメの映画『リグレッション』。

『リグレッション』をオススメした金田さんの記事はコチラ

また邦画作品からは、映画ライターの西川ちょりさんオススメの映画『少女邂逅』はいかがでしょう。

『少女邂逅』をオススメした西川さんの記事はコチラ

さらに、 U-NEXTでは31日間無料トライアルの特典のキャンペーン中です。

⑴見放題作品が31日間無料で視聴可能です!

一部最新作を含む、すべてのジャンルの見放題作品を無料で視聴可能です。最新作はレンタル配信(個別課金)となります。

⑵600円分のポイントプレゼント!

DVD・ブルーレイよりも先行配信の最新作、放送中ドラマの視聴や最新コミック・書籍の購入に使用可能です。

⑶追加料金なく、70誌以上の雑誌が読み放題!

ぜひこの機会にU-NEXTをご覧になってみてはいかがでしょう。

またオススメの洋画邦画は上記の他にも、次のような人気作品もU-NEXTでは映画配信が始まっています




ぜひ、U-NEXTの動画配信をお見逃しなく!

関連記事

連載コラム

講義【映画と哲学】第4講「喜劇的な行為について:ヘーゲルの喜劇論と映画」

講義「映画と哲学」第4講 日本映画大学教授である田辺秋守氏によるインターネット講義「映画と哲学」。 第4講では、ヘーゲルの喜劇論とともに、1895年にリュミエール兄弟が上映した『水をかけられた水撒き人 …

連載コラム

映画『メッセージマン』あらすじネタバレと感想。ジョン・ウィックと「犬」の酷似性と相違点|未体験ゾーンの映画たち2019見破録46

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2019見破録」第46回 ヒューマントラストシネマ渋谷で開催の“劇場発の映画祭”「未体験ゾーンの映画たち2019」。今回はインドネシアを舞台に、引退したはずの殺し屋が …

連載コラム

映画『NETFLIX世界征服の野望』感想レビュー評価。動画配信企業のドキュメンタリーが送る観客への“挑戦状”|シニンは映画に生かされて22

連載コラム『シニンは映画に生かされて』第22回 2020年12月11日(金)よりヒューマントラストシネマ渋谷、池袋シネマ・ロサ他にて全国ロードショーされる映画『NETFLIX/世界征服の野望』。 世界 …

連載コラム

森達也映画『A』『A2』オウム真理教事件から見えた『万引き家族』の類似性|映画道シカミミ見聞録5

連載コラム「映画道シカミミ見聞録」第5回 こんにちは、森田です。 最新の映画ばかりが新しい話題を提供してくれるわけではありません。 過去の映画も「いま」を考察する手立てとなる、今回はそういった映画の力 …

連載コラム

映画『サクリファイス』あらすじと感想。青木柚×五味未知子×半田美樹らキャストが演じた心境とは【壷井濯監督と出演陣のQ&A収録】2019SKIPシティ映画祭8

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2019エントリー・壷井濯監督作品『サクリファイス』が7月20日に上映 埼玉県・川口市にある映像拠点の一つ、SKIPシティにて行われるデジタルシネマの祭典が、2019年 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学