Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2019/02/03
Update

【シネマルNEWS】カルトな映画やドキュメンタリーの連載コラムが新スタート!海外の映画情報はFILMINKと連動リンクで発信も

  • Writer :
  • Cinemarche編集部

2019年連載スタートの連載コラム&レビュー情報


©️Cinemarche

2019年の新春のCinemarcheは、寒風に咲く白梅の如し。

新たな連載企画が専門的なコラムとして、目白押しでスタート!

まずはドキュメンタリー映画に注目した連載に始まります。

そして渋谷にある映画館・ヒューマントラストシネマ渋谷から掘り出し作品を発掘すべく始まった企画まで、各ジャンルに特化した読み物が新たに開花。

そのほか、海外からの映画情報をピックアップする企画や、映画大学で実施される講義の一端を披露した、“映画を哲学する”読み物まで、幅広く展開します。

ぜひ、Cinemarcheの読者さんに、ご一読いただければと思います。

さあさあ、アナタはどれに注目しますか?

スポンサーリンク

2019年連載コラム第1弾『だからドキュメンタリー映画は面白い』

【書き手】
映画ライター:松平光冬

【人物紹介】
松平さんは豊富な映画知識の持ち主。

マスコミ試写会でいち早く鑑賞した新作映画の紹介から、貴重な過去作の掘り起こしまで行える映画の案内人です。

現在、Cinemarcheではドキュメンタリー映画に特化した連載コラム『だからドキュメンタリー映画は面白い』を執筆中。

ちょっとドキュメンタリー映画は苦手というアナタ!

ぜひ、松平さんの深い考察や、ユニークな視点からの解説を映画のおともに読んでみてはいかがでしょうか。

【松平さんの執筆コラム一覧】

【連載コラム】『だからドキュメンタリー映画は面白い』記事一覧はこちら

好評連載中です!

2019年連載コラム第2弾『未体験ゾーンの映画たち2019見破』

【書き手】
映画ライター:映画屋のジョン

【人物紹介】
映画屋のジョンさんは、自称「時代遅れの映画館主義者」。

かつては劇場に勤務され映画興行に関わっていた経験があり、映画館に赴き執筆を行うライターさんです。

大作映画よりも、味わいのあるB級のSF映画やホラー映画を“カワイイと好む傾向あり?”ということで、得意なジャンルが多く上映される「未体験ゾーンの映画たち2019」の鑑賞記録を担当しています。

掘り出し作品のシネマハンターが日々徒然に映画を語ります。

【ジョンさんの執筆コラム一覧】

【連載コラム】『未体験ゾーンの映画たち2019見破』記事一覧はこちら

「未体験ゾーンの映画たち2019」の全作品58本の制覇なるかにも注目です!

スポンサーリンク

2019年2月からも連載企画が続々登場!


©️Filmink

2019年連載企画第3弾は…

2019年旧暦の節分からスタートとなるのは、オーストラリア初の映画雑誌「FILMINK」から海外の新鮮な映画情報を紹介する、Cinemarucheとの連動企画が始まります

連載コラム第3弾は、海外在住の映画ライターが現場で感じた洋画情報をピックアップして配信していきます。

2019年連載企画第4弾は…

また連載コラム第4弾は、目玉企画!!

日本映画大学の准教授・田辺秋守氏よる「映画と哲学」という、映画を哲学で読む連載講座も開講します。

暫し待たれよ!

2019年新春のCinemarcheも、他にはない映画解説や深掘り考察が花盛りです。

ご期待くださいね!

動画配信サイトU-NEXT情報

日本最大級の動画サービスU-NEXTでは、2018年に公開されたヒット作や、注目の話題作を続々配信中です。

今なら31日間無料トライアル実施中!

映画、ドラマ、アニメなど最新作から名作まで、140,000本以上配信していますので、きっとアナタを魅了する作品が見つかりますよ。

見放題作品90,000本、レンタル作品50,000本(2019年1月時点)というコンテンツの数量も魅力的ですね。

また、スマホ・パソコン・タブレット・テレビ、あらゆるデバイスで楽しめる動画サービスとなっています。

今回U-NEXTからオススメする洋画は、Cinemarcheの映画ライターの金田まこちゃさんのオススメの映画『リグレッション』。

『リグレッション』をオススメした金田さんの記事はコチラ

また邦画作品からは、映画ライターの西川ちょりさんオススメの映画『少女邂逅』はいかがでしょう。

『少女邂逅』をオススメした西川さんの記事はコチラ

さらに、 U-NEXTでは31日間無料トライアルの特典のキャンペーン中です。

⑴見放題作品が31日間無料で視聴可能です!

一部最新作を含む、すべてのジャンルの見放題作品を無料で視聴可能です。最新作はレンタル配信(個別課金)となります。

⑵600円分のポイントプレゼント!

DVD・ブルーレイよりも先行配信の最新作、放送中ドラマの視聴や最新コミック・書籍の購入に使用可能です。

⑶追加料金なく、70誌以上の雑誌が読み放題!

ぜひこの機会にU-NEXTをご覧になってみてはいかがでしょう。

またオススメの洋画邦画は上記の他にも、次のような人気作品もU-NEXTでは映画配信が始まっています




ぜひ、U-NEXTの動画配信をお見逃しなく!

関連記事

連載コラム

『ファイブ・ウォリアーズ』ネタバレ感想レビュー。異色ウェスタン映画は南アフリカから颯爽と登場!|未体験ゾーンの映画たち2019見破録42

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2019見破録」第42回 ヒューマントラストシネマ渋谷で開催中の“劇場発の映画祭”「未体験ゾーンの映画たち2019」。今回は、南アフリカを舞台に描かれた西部劇が登場し …

連載コラム

映画『探偵なふたり:リターンズ』あらすじと感想レビュー。クォン・サンウが恐妻家のホームズを演じる|コリアンムービーおすすめ指南8

祝!探偵事務所オープン! シャーロック・ホームズに心酔する推理オタクとハミ出し刑事がコンビを組んで難事件に挑んだ『探偵なふたり』(2015/キム・ジョンフン監督)。 あのコンビが本物の探偵となって再び …

連載コラム

『華氏119』ネタバレ感想。マイケル・ムーアが映画でトランプの真実を暴く|だからドキュメンタリー映画は面白い1

『ボウリング・フォー・コロンバイン』や『華氏911』といったドキュメンタリー映画で、アメリカ社会が抱える歪みをアポなし取材で徹底的に追究してきた監督マイケル・ムーア。 そのムーア監督の最新作『華氏11 …

連載コラム

映画『マローボーン家の掟』あらすじと感想。結末まで青春とホラーの新感覚が織り成す後味とは|SF恐怖映画という名の観覧車43

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile043 以前、「ホラー映画は嫌い」と言っていた知人がいました。 その理由を詳しく訪ねてみると、ドキッとさせられる描写が苦手なのかと思いきや、ホラ …

連載コラム

映画『君の名は。』から新海誠の「セカイ」を輪郭を読む|新海誠から考える令和の想像力1

連載コラム「新海誠から考える令和の想像力」第2回 序章では「セカイ系」の定義(特徴)をひとまず「ひとり語りが激しい=自意識」という点と「きみとぼくの関係が世界の危機に直結する」という点に求めました。 …

映画『天気の子』特集
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
映画『ある船頭の話』2019年9月13日(金) 新宿武蔵野館他 全国公開
【望月歩×文晟豪インタビュー】映画『五億円のじんせい』の公開に思いを馳せる
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【阿部はりか監督インタビュー】映画『暁闇』若さが抱える孤独さに共に“孤独”でありたい
【エリック・クー監督インタビュー】斎藤工との友情の映画制作とアジア発の若き映画作家たちの育成に努めたい
映画『凪待ち』2019年6月28日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開【主演:香取慎吾/監督:白石和彌】
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP