Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2018/08/08
Update

ホラー映画とゲームの身体性の映画体験についての考察|SF恐怖映画という名の観覧車9

  • Writer :
  • 糸魚川悟

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile009


(C)2008 by PARAMOUNT PICTURES. All Rights Reserved.

8月2日に日本版が発売されたゲーム、『フライデー・ザ・サーティーンス:ザ・ゲーム』。

この作品はアメリカ3大ホラーの1つである名作スラッシャー映画『13日の金曜日』シリーズを題材にしたもので、先月は実際に7月13日が金曜日であったことも重なりかなりの話題となりました。

映画で話題となった作品をゲーム化する風潮は以前からありましたが、近年では特に映画ファンから愛されるゲーム化が多く、「映画」と「ゲーム」は切っても切れない関係となってきています。

今回は、そんなゲーム化された映画の中でも、ジャンルを「ホラー」に絞って紹介し、技術の発展がもたらした、「体験する映画」としての「ゲーム」について考えていこうと思います。

【連載コラム】『SF恐怖映画という名の観覧車』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

『デッド・バイ・デイライト』

2016年にPC版が発売された『デッド・バイ・デイライト』は、車の故障から森に取り残された男女が殺人鬼に追われるオープニングムービーから、既にホラー映画ファンにはたまらない作品なのですが、映画のゲーム化作品と言うわけではありません。

ですが、様々なアップデートによる内容の改善と、長く楽しめるゲーム性が人気を得て、2017年には家庭用ゲーム機版が発売されただけでなく、数多くの「ホラー映画」ともコラボをすることとなります。

『悪魔のいけにえ』からレザーフェイス、『エルム街の悪夢』からフレディ、『ハロウィン』からブギーマン、『SAW』からアマンダなど、ホラー映画界でも人気の高い殺人鬼の登場や、その殺人鬼に関連した生存者たちがゲストとして登場し、操作出来ることからホラー映画好きからも熱い支持を受けることになりました。

『フライデー・ザ・サーティーンス:ザ・ゲーム』と『デッド・バイ・デイライト』から見る「映画体験」

冒頭でも紹介させていただいた『フライデー・ザ・サーティーンス:ザ・ゲーム』と『デッド・バイ・デイライト』は、非対称型対戦ゲームと呼ばれるオンラインでのマルチプレイをメインとしたゲームです。

両者とも参加したプレイヤーは殺人鬼と生存者に別れ、殺人鬼は生存者の全滅、生存者は安全圏への脱出を目標として行動します。

生存者は生き残っている他の人間を”おとり”として使い、自分だけが逃げれるようにしたり、時には味方のために自らが犠牲になったりとプレイの仕方は千差万別です。

一方で、殺人鬼側では映画内で常に「敵」として描かれてきた恐るべき殺人鬼を操作し人間を追い詰める感覚を、その身で味わうことになります。

いかに最強の殺人鬼でも、プレイヤーが未熟だと生存者に良いようにあしらわれてしまい、映画のような恐るべき「敵」としての活躍が出来ず、苦虫を嚙み潰したような気持ちになるときもありますが、逆に生存者を全滅出来た時には達成感に包まれます。

このように、それぞれの立場からプレイできるこのゲームたちの最大の魅力は、同じマップ内にいる「敵も味方も生きた人間が操作している」と言う部分であり、友人とプレイしたり、インターネットで顔も知らない相手とプレイしたりと、用意された脚本がない中で毎回違う自分だけの「ホラー映画」の体験が出来る部分だと言えます。

インターネットの普及率は今や全国で8割を越えています。

家で友人とゲームをしたり、ゲームセンターで見知らぬ人とゲームをするのではなく、家で1人でプレイしながらも相手はコンピュータではなく「生きた人間」とゲームをできる昨今。

舞台は「ホラー映画」でありつつも、自分以外の「生きた人間」の行動によって脚本のない「リアルな映画体験」が簡単に出来る羨ましい時代となっていることが再確認できる作品です。

『エイリアン アイソレーション』

2015年に日本で発売された『エイリアン アイソレーション』は、名作SFホラー『エイリアン』(1979年)と『エイリアン2』(1986年)の間を繋ぐ物語を描いた作品です。

現代の美しいグラフィックで、映画公開当時の未来像である宇宙船が完全に再現されていて、それだけでも原作のファンから評価の高い作品ではあるのですが、今作が人気となった理由はどこまでも恐ろしい「エイリアン」の存在にあります。

技術の発展がもたらした「見つかる恐怖」

今作の敵である「エイリアン」はどんな武器でも完全に倒すことは出来ず、見つかることは非常に危険な存在です。

そのため、基本的には「見つからないこと」を意識しながら、足を進めていく必要があります。

このような作品は以前から多く、「ステルスゲーム」と呼ばれたりする1つのジャンルなのですが、この作品は類似の作品とは違う点があります。

今までのゲームの敵は、あらかじめ決められたパターンの行動を繰り返していたり、ある行動に対する反応が決められていたりと、分かってしまえば対策を練ることが出来ました。

しかし、今作の「エイリアン」には高度なAIが搭載されており、ざっくりと言ってしまえば「エイリアン」側がプレイヤーの行動を学習して対策を練ってくるのです。

そのため陽動や撃退などの行動は、複数回繰り返すと「エイリアン」に対して無力となり、最善手を重ねていても追い詰められていく感覚を味わうことになります。

ある程度プレイに慣れてきても「エイリアン」の動きは一定ではなく、また同じ行動を取ればあっさり殺されてしまう恐怖感は、映画の中で描かれていた「エイリアンのいる宇宙船内を歩く」ことに対するハラハラ感が見事に再現されています。

「AIの思考はプログラムされたものだから予測可能」と今まで高をくくって生きていましたが、このゲームをプレイするだけで学習する相手に対する「恐怖」を教え込まれた気分になれる作品でした。

スポンサーリンク

次回の「SF恐怖映画という名の観覧車」は…

いかがでしたか。

次回のprofile010では、8月17日公開予定の最新映画『ペンギン・ハイウェイ』(2018年)から、日本SF大賞とその受賞作品が物語る、時代ごとのSFの歩みについて紐解いていこうと思います。

8月11日(土)の掲載をお楽しみに!

【連載コラム】『SF恐怖映画という名の観覧車』記事一覧はこちら

関連記事

連載コラム

『500ページの夢の束』感想レビュー。自己表現としてのSF物語|SF恐怖映画という名の観覧車12

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile012 人の作る「物語」には不思議な力があります。 それは時に誰かに「夢」や「希望」を与えたり、道を進んでいく動力源にもなれる、ドラマや映画など …

連載コラム

連載コラム「映画と美流百科」はじまります。映画とアート/ファッションの読本【編集なかじきり】

連載コラム「映画と美流百科」書き手:篠原愛 2018年6月より、Cinemarcheのヘビーユーザー向けにスタートした「連載コラム」シリーズ。 盛夏を迎えた7月より、 Cinemarcheライターの篠 …

連載コラム

映画『ひとくず』あらすじと感想レビュー。監督・主演の上西雄大が描く虐待する側が抱える問題と守るということ|銀幕の月光遊戯 56

連載コラム「銀幕の月光遊戯」第56回 映画『ひとくず』が、2020年3月14日(土)より渋谷ユーロスペース、3月28日(土)より名古屋シネマスコーレ、2020年4月17日(金)よりテアトル梅田、京都み …

連載コラム

映画『エスケープルーム』ネタバレあらすじと感想。謎解きゲームには参加者の過去も重要な意味がある⁈|サスペンスの神様の鼓動30

こんにちは!「Cinemarche」のシネマダイバー、金田まこちゃです。 このコラムでは、毎回サスペンス映画を1本取り上げて、作品の面白さや手法について考察していきます。 今回ご紹介する作品は、成功す …

連載コラム

映画『探偵なふたり:リターンズ』あらすじと感想レビュー。クォン・サンウが恐妻家のホームズを演じる|コリアンムービーおすすめ指南8

祝!探偵事務所オープン! シャーロック・ホームズに心酔する推理オタクとハミ出し刑事がコンビを組んで難事件に挑んだ『探偵なふたり』(2015/キム・ジョンフン監督)。 あのコンビが本物の探偵となって再び …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』TOHOシネマズ シャンテほか近日公開予定
映画『朝が来る』TOHOシネマズ 日比谷ほか近日公開予定
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP