Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2021/11/30
Update

韓国インディーズ映画『星はささやく』あらすじ感想と評価解説。聴覚障害とミュージカルを掛け合わせた斬新さで描く“子供たちの温かい世界”|インディーズ映画発見伝27

  • Writer :
  • 菅浪瑛子

連載コラム「インディーズ映画発見伝」第27回

日本のインディペンデント映画をメインに、厳選された質の高い秀作を、Cinemarcheのシネマダイバー 菅浪瑛子が厳選する連載コラム「インディーズ映画発見伝」

コラム第27回目では、韓国の学生映画作品からヨ・ソンファ監督の映画『星はささやく』をご紹介いたします。

聴覚障害者であるヨンヒが転校先で出会ったヨンジュン。

聴覚障害者とミュージカルという斬新さと、子供たちの温かく微笑ましい交流を描く感動作。

【連載コラム】『インディーズ映画発見伝』一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『星はささやく』の作品情報


(C)CentralPark Film Inc

【公開】
2019年(韓国映画)

【監督・脚本】
ヨ・ソンファ

【キャスト】
ジョン・ボミ、リュ・ソクホ、ソル・ジェヨン

【作品概要】
監督を務めたのは1992年生まれのヨ・ソンファ監督。韓国芸術総合学校で映画を専攻し、『戦争だ』(2012)、『サヨナラ』(2015)、『最後まで3分』(2020)などの短編を製作しました。

映画『星はささやく』のあらすじ


(C)CentralPark Film Inc

都会から傷を抱えて田舎に転向してきたヨンヒ。聴覚障害者であるヨンヒはそのことを隠したいと思っています。

隣の席になったヨンジュンは無表情なヨンヒが気になりちょっかいを出しますが、ヨンヒは無反応です。

オナラをしてしまい、クラスメートにからかわれたヨンジュンはヨンヒがオナラをしたと嘘をついてしまいますが、それにも無反応なヨンヒにヨンジュンは気になり放課後ヨンヒの後を追いかけます。

校舎の裏で迎えにきた父親と手話で話していたヨンヒは、ヨンジュンが見ていることに気づき慌てて車に乗り込みます。

手話で話していることを見られてしまったヨンヒは明日学校に行かなくていいかと両親に聞きますが……

スポンサーリンク

映画『星はささやく』の感想と評価


(C)CentralPark Film Inc

冒頭、学校に向かうヨンジュンが映し出されます。そしてポップな音楽と共に歌が始まります。いつもと同じ日が始まることを歌う生徒たち。

しかし、そこにやってきたのは聴覚障害者であるヨンヒです。

転校生がやってきたと湧き立つ生徒の前に立ったヨンヒは言葉を発することなくお辞儀をしただけです。そんなヨンヒの隣の席になったヨンジュンはヨンヒが気になってちょっかいを出すも相手にされません。

他のことは違う無表情なヨンヒが気になるヨンジュン。

一方でヨンヒは引っ越しの車の中で今度は大丈夫だよと両親に言われるも不安そうな顔をしています。

ヨンヒがどのような傷を負い、田舎の学校に転校してきたのかは劇中で語られることはありませんが、手話をしているところを見られたくないとヨンヒが感じていることから、聴覚障害と無関係ではないことが推測されます。

ヨンジュンとヨンヒ。ヨンジュンが話しかけてもヨンヒは答えません。しかし、無邪気に遊ぶ2人の様子は心が通じ合っており、マジカルな時間が流れています。

ヨンジュンがヨンヒの手に書いた言葉にはっとしたヨンヒ。自身の傷からどこか臆病になっていたヨンヒが無邪気なヨンジュンとの交流を通して前に進もうとします。

優しい子供の交流を描くだけではなく、ミュージカルとして描くことで誰しもが経験したことのあるような子供時代のマジカルな瞬間、優しい煌めきをみずみずしく映し出します。

子供を主役にしたミュージカル映画は『ANNIE アニー』(2015)、『オリバー!』(1968)、『オズの魔法使』(1954)など多くの映画が作られてきました。

しかし本作は聴覚障害者であるヨンヒが登場し、他のミュージカル映画とは違う斬新な映画になっています。

ポップでファンタジック。そして子供たちの微笑ましい世界を音楽にのせてみずみずしく映し出すことでヨンジュンとヨンヒの交流、お互いに会話がなくても心が通じ合える優しい世界を映し出す感動作。

まとめ


ヨ・ソンファ監督(C)Cinema Discoveries

聴覚障害者とミュージカルという斬新さと、子供たちの温かく微笑ましい交流を描く映画『星はささやく』。

脚本家の坂元裕二が好きだというヨ・ソンファ監督。

坂元裕二作品に出てくるような平凡でいながら、ジレンマが強烈な人物を描きたいと意識していると言います。

最初無表情で心の傷から心を開けずにいましたが、ヨンジュンと遊ぶと次第に年相応の朗らかな表情へと移り変わっていきます。平凡な人間ドラマの中にある葛藤とファンタジックな演出が感動を呼ぶ映画になっています。

シネマディスカバリーズTwitter

次回のインディーズ映画発見伝は…

次回の「インディーズ映画発見伝」第28回は、松浦本監督の『眉村ちあきのすべて』を紹介します。

次回もお楽しみに!

【連載コラム】『インディーズ映画発見伝』一覧はこちら

関連記事

連載コラム

映画『ブリタニー・ランズ・ア・マラソン』あらすじネタバレ感想と結末解説。5万人のランナーの多種多様の人種やLGBTQなどダイバーシティをも描く|Amazonプライムおすすめ映画館2

連載コラム「Amazonプライムおすすめ映画館」第2回 Amazonプライム・ビデオから最新作として配信されたオリジナル映画・ドラマの中から“大人向け・女性向け・映画ツウ向け”な作品を厳選。 Cine …

連載コラム

【ネタバレ感想】『ワンダーウーマン』映画と原作コミックとの比較解説。新たな女性ヒーローのアイコン|最強アメコミ番付評22

連載コラム「最強アメコミ番付評」第22回戦 こんにちは、野洲川亮です。 『アベンジャーズ エンドゲーム』に続いて『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』の予告がアップされましたね。 2019年公開の …

連載コラム

映画『ゴジラ対メカゴジラ(1974)』感想と評価。人気怪獣と“爆発の中野”の誕生!|邦画特撮大全26

連載コラム「邦画特撮大全」第26章 今回取り上げる作品は『ゴジラ対メカゴジラ』(1974)です。 ゴジラ誕生20周年記念作品として本作は製作されました。本作は人気怪獣メカゴジラが初登場した映画です。 …

連載コラム

映画『22ミニッツ』あらすじネタバレと感想。実話爆破テロ事件を基にしたサスペンスアクション|未体験ゾーンの映画たち2020見破録14

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2020見破録」第14回 世界各地の様々な映画が上映される「未体験ゾーンの映画たち2020」は、今年もヒューマントラストシネマ渋谷で開催。2月7日(金)からはシネ・リ …

連載コラム

映画『きこえなかったあの日』感想評価と内容解説レビュー。ろう者たちを通して見つめる311以降のコミュニケーションの在り方|だからドキュメンタリー映画は面白い58

連載コラム『だからドキュメンタリー映画は面白い』第58回 今回取り上げるのは、2021年2月27日(土)より新宿K’s cinemaほか全国順次劇場公開、オンライン配信も同時スタートされる ドキュメン …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学