Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2019/04/04
Update

亀山睦実映画『恋はストーク』あらすじと感想レビュー。福永朱梨が演じた“ひとすじに好き”の物語|ちば映画祭2019初期衝動ピーナッツ便り5

  • Writer :
  • Cinemarche編集部
  • 河合のび

ちば映画祭2019エントリー・亀山睦実監督作品『恋はストーク』が3月31日に上映

「初期衝動」というテーマを掲げ、2019年も数々のインディペンデント映画を上映するちば映画祭。

そこで上映された作品の1つが、第2回岩槻映画祭の短編コンペティション部門にて審査員特別賞を獲得した亀山睦実監督の短編映画『恋はストーク』です。


©︎『恋はストーク』

躊躇いなく「好き」を追求してゆく少女が辿り着いた結末とは?

5分という短い時間の中に凝縮された、危険な「好き」の物語です。

【連載コラム】『ちば映画祭2019初期衝動ピーナッツ便り』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『恋はストーク』の作品情報

【公開】
2014年(日本映画)

【脚本・監督】
亀山睦実

【キャスト】
福永朱梨

【作品概要】
「好き」を追い求め、「好き」に執着してゆく少女の末路を描いた短編映画。

監督は、初監督作『好きなんかじゃない!』で第一回池袋映画祭準グランプリを、『ゆきおんなの夏』でTOKYO月イチ映画祭グランプリ、第十回田辺・弁慶映画祭入選を獲得した亀山睦実。

そして「好き」に執着する主人公を、同じくちば映画祭2019で上映された中川奈月監督の映画『彼女はひとり』でも主演を務めた、女優の福永朱梨が演じました。

本作は第2回岩槻映画祭の短編コンペティション部門にて、審査員特別賞を受賞しました。

映画『恋はストーク』のあらすじ

「ある日ふと、あなたのことを想い出したら、こんなところまで来てしまいました…」

少女の恋のドキドキときらめきと、その末路…ーー

(*監督本人によるYouTube公開中の『恋はストーク』のあらすじから引用)

亀山睦実監督のプロフィール


©︎Cinemarche

東京都葛飾区生まれ、日本大学芸術学部映画学科卒業。

主な作品は、『好きなんかじゃない!』(2012)、『恋はストーク』(2014)、『ゆきおんなの夏』(2016)、『何度でも大好きだって君に言うよ』(2017)、MV『人生の美しさfeat.DOZAN11』などです。

卒業後は映像ディレクターとして、ウェブCM・TV・MV・イベント映像など様々な映像作品を監督・企画し、2018年5月には、西尾維新原作の人気小説『十二大戦』の舞台化作品で映像演出等を担当しました。

2019年には、「キス」をテーマにした全5話のショートムービー・シリーズ『追いかけてキス』を監督し、作品はYouTubeにて動画配信されました。現在は新作の長編映画を準備中です。

スポンサーリンク

映画『恋はストーク』の感想と評価

映画冒頭から怒涛とも言える勢いで綴られてゆく主人公のモノローグは、止めどなく溢れて出てくる「好き」という感情、或いはありきたりな表現ではありますが、「恋に恋する少女」の心情そのものを観客たちに伝えようとします。

自身で抑えることのできない「好き」を、不安を感じることもなく、ひたすら楽しげに話す主人公の様子は、観客たちに「可愛らしい」という印象を抱かせつつも、主人公に対する仄暗い不安、言い換えれば「翳り」を感じさせます。

主人公の明るさ、可愛らしさから垣間見える、彼女の「翳り」。

それは、アレンジの施されたショパンの名曲『ワルツ第6番』、通称『子犬のワルツ』の明るい曲調と共に語られる「気づけば彼のアパートに辿り着いていた」「どの部屋に住んでいるのかは知らない」という言葉によって見えてくる、主人公と「彼」の関係にも表れています。

そして『子犬のワルツ』が鳴り止み無音と化した時、映画『恋はストーク』は、ただ可愛らしい少女の恋を描いた物語ではないということに確信を持たせてくれます。

その後ある事実を知ったことで、主人公の「好き」はそれとは全く真逆の、けれども双子の姉妹のようにそっくりな、「嫌い」へと変質します。

その瞬間を示す主人公の一言に、観客たちは「この映画は恋愛映画ではなく、ホラー映画だったのか」と困惑する程の恐怖を味わうでしょう。

それは、人によっては「嫌い」どころか、それ以上の、例えば「憎しみ」や「殺意」に変質したのではないのかとさえ考えさせてしまう程の恐怖です。

亀山監督は福永朱梨扮する一人の少女を通して、危険を孕み、もはや暴走しつつある「好き」という感情をポップに描きながらも、その「好き」が一瞬にして「嫌い」へと変質する、まさに戦慄の瞬間をも描いたのです。

まとめ

5分という短い時間の中で、「好き」という感情の危うさ、「好き」と「嫌い」という二つの感情の関係性、そして実際に「好き」が「嫌い」へと変質する瞬間までも描き切った亀山監督の技量には、驚嘆の言葉しかありません。

本記事にもその動画を掲載していますが、映画『恋はストーク』はYouTubeにある亀山監督自身の動画チャンネルにて全編が公開されており、鑑賞することが可能です。

危険な「好き」、そしてその裏にある「嫌い」の影を描いた濃密な物語に興味を持たれた方は、是非一度ご鑑賞下さい。

【連載コラム】『ちば映画祭2019初期衝動ピーナッツ便り』記事一覧はこちら

関連記事

連載コラム

映画『運び屋』ネタバレ感想と評価解説。クリント・イーストウッドが実在の“伝説の運び屋”に挑む|サスペンスの神様の鼓動14

こんにちは、映画ライターの金田まこちゃです。 このコラムでは、毎回サスペンス映画を1本取り上げて、作品の面白さや手法について考察していきます。 今回取り上げる作品は、実在した“伝説の運び屋”をモデルに …

連載コラム

映画『よこがお』ネタバレ解説と考察。深田晃司は“真のカタルシス”をどのように描いて見せたか|シニンは映画に生かされて12

連載コラム『シニンは映画に生かされて』第12回 はじめましての方は、はじめまして。河合のびです。 今日も今日とて、映画に生かされているシニンです。 第12回にてご紹介する作品は、『ほとりの朔子』『淵に …

連載コラム

クシシュトフ・キェシロフスキ【トリコロール三部作】感想と内容解説。映画という夢の世界からの呼びかけ|偏愛洋画劇場19

今回の連載でご紹介するのは、クシシュトフ・キェシロフスキ監督による「トリコロール三部作」です。 『トリコロール/青の愛』の予告 フランスの国旗トリコロールをモチーフに、『青の愛』『白の愛』『赤の愛』そ …

連載コラム

Netflix映画『ベルベットバズソー 血塗られたギャラリー』ネタバレ感想。ラスト結末までのあらすじ紹介も|SF恐怖映画という名の観覧車36

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile036 様々な配信サービスが世の中に登場するとともに、生き残り競争も激化し始めた2019年。 配信サービスごとに、各々違った強みを持っているため …

連載コラム

香港映画『私のプリンス・エドワード』あらすじと感想レビュー。男女の差異と結婚に対する意識の相違|OAFF大阪アジアン映画祭2020見聞録7

第15回大阪アジアン映画祭上映作品『私のプリンス・エドワード』 毎年3月に開催される大阪アジアン映画祭も今年で15回目。コロナウイルス流行の影響により、いくつかのイベントや、舞台挨拶などが中止となりま …

【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
映画『ある船頭の話』2019年9月13日(金) 新宿武蔵野館他 全国公開
【望月歩×文晟豪インタビュー】映画『五億円のじんせい』の公開に思いを馳せる
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【阿部はりか監督インタビュー】映画『暁闇』若さが抱える孤独さに共に“孤独”でありたい
【エリック・クー監督インタビュー】斎藤工との友情の映画制作とアジア発の若き映画作家たちの育成に努めたい
映画『凪待ち』2019年6月28日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開【主演:香取慎吾/監督:白石和彌】
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP