Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

カメオ出演最多のスタン・リー死去。アメコミからアニメまでを愛し続けた作家の軌跡|最強アメコミ番付評14

  • Writer :
  • 野洲川亮

こんにちは、野洲川亮です。

2018年11月12日、『スパイダーマン』、『X-メン』などの作品を手掛けたアメコミ原作者、スタン・リーさん(95歳)が逝去されました。(以下、敬称略)

マーベル・コミックス、そしてアメコミというジャンルそのものの発展を支え、原作者、編集者として数々の傑作を生みだしていきました。

今回はコミックだけでなく、テレビアニメの製作、マーベル映画作品でおなじみとなったカメオ出演と、アメコミファンに愛されてきた“スーパーヒーローの生みの親”スタン・リーの軌跡を振り返ります。

【連載コラム】『最強アメコミ番付評』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

MCU映画に最多のカメオ出演

「アベンジャーズとか見に行くと、毎回出てくるおじいちゃんは何者?」映画ファン、アメコミファンならずとも、このように思ったことがあるかもしれませんが、それこそがスタン・リーその人です。

スタン・リーがカメオ出演した初めての作品は、テレビドラマ『The Trial of the Incredible Hulk』 (邦題:『超人ハルク’90』)で、裁判の陪審員役を演じました。

その後、アニメ版『スパイダーマン』では本人役の声優も演じており、実写映画以外にも多種多様な作品に出演しているのです。

そんなスタン・リーが出演した映画はなんと37本、テレビドラマ、アニメ、ゲームなど含めれば、50本以上になり、もはやベテランの俳優と比べても遜色ないどころか、匹敵するような数に上ります(全て2018年11月15日時点の数字)。

さらに、世界で最も多くの作品が映画化されたコミック作家で、カメオ出演した映画の興行収入が世界一の俳優として、ギネス世界記録まで持っています。

このギネス記録は、2008年にスタートし世界的な大ヒット作を連発しているMCU映画が大きく影響していますが、同時に『アイアンマン』(2008)から『アントマン&ワスプ』(2018)まで、MCU全ての作品にカメオ出演しているというシリーズ最多出演記録も、おそらく今後破られることのないものでしょう。

彼が演じる役は本人役だけでなく、エキストラ的な通りすがりから、映画の登場人物たちにジョーク、教訓を伝えるような存在感に満ちたものまで、幅広いものでした。

「今回はどこに、どんな役で登場するのか?」いつの間にかファンにとって、スタン・リーの姿をスクリーン上に探すことは、楽しみな恒例行事と化していきました。

ダンディかつキュートさを携えた風貌と、穏やかながらパワフルな語り口は、ベテラン俳優も顔負けの稀有な魅力を、我々観客に振り撒いてくれました。

コミック原作者としてのスタン・リー

スタン・リーの“俳優”としての活躍は前述した通りですが、では彼の本業であるコミック原作者としては、どのような活躍をしてきたのでしょうか?

ルーマニア系ユダヤ人で、ニューヨークのマンハッタン生まれのスタン・リーは、若い頃から文章を書くのが好きな少年でした。

17歳で後のマーベルコミック、タイムリーコミックスに入社し、『キャプテン・アメリカ』の脚本を担当します。

ちなみに多くの人が勘違いしているかもしれませんが、スタン・リーはコミックの作画は行っておらず、原作や編集のみを担当していました。

その後、編集長として数多くの作品を生み出していく中、1961年にそれまで無かった現実的要素を盛り込んだスーパーヒーローもの『ファンタスティック・フォー』を創刊します。

この作品のヒットをきっかけに、リアリティーを重視した描写、キャラクターが作られ、社会的テーマも入れ込まれていき、アメコミというジャンルそのものに大きな変化を与えていきます。

『ハルク』、『ソー』、『スパイダーマン』、『アイアンマン』、『アベンジャーズ』、『X-メン』など多くの原作の手がけ軌道に乗せた後、原作執筆の第一線から離れていきます。

1980年代から90年代にかけては、アニメ『スパイダーマン』、『X-メン』、『超人ハルク』などの製作総指揮を務めるなど、上述した“俳優業”と合わせて、コミック以外の分野での活躍も目立つようになります。

現代へ通じるスタン・リーが生み出した新しいヒーロー像

アメコミ界に革新をもたらしてきたスタン・リーの作家性は、当時としては画期的なものでした。

その最たる例が『スパイダーマン』で描かれた、主人公ピーター・パーカーのキャラクターです。

それまでのスーパーヒーロー、キャプテン・アメリカ、スーパーマンやバットマンはいわゆる筋骨隆々、マッチョで男らしいキャラクターとして描かれることがほとんどでした。

しかし、スタン・リーは最初に描かれたスパイダーマンを見て「これは違う」と言って、別の漫画家にスパイダーマンを描かせます。

そして、出来上がってきたスパイダーマンは顎、首の細い、弱々しく貧弱な姿かたちになっていました。

これは、スパイダーマンの正体であるピーター・パーカーが、貧乏で気の弱いオタク高校生というキャラクターであり、そのイメージのヒーロー像に合わせたものでした。

この“より現実的な”スパイダーマンの姿は、読んだ読者たちからの共感を得る、自己投影の対象という、全く新しいヒーロー像を作りだします。

その後当たり前になっていく“等身大のヒーロー”を作りだしたスタン・リーは、スパイダーマンでも戦いだけでなく、ヒーローの日常を描くことで作品に奥行きを与えていきます。

ピーター・パーカーはスパイダーマンを続けていく中で、稼ぎに苦労し、身内に秘密を抱え、家庭を持つことに悩み苦しんでいきます。

この徹底したリアリズム描写は、映画版スパイダーマンでもその一端を垣間見ることが出来ます。

他にも、リアリティに満ちた現実描写だけでなく、『X-メン』では政治、社会情勢を下敷きに作劇を行いますが、こういった方向性をアメコミに持ち込んだ革新性が、今日に至るまでスタン・リーが評価されている所以なのです。

また、ユダヤ系移民であり、親戚がホロコーストで虐殺された過去を持つスタン・リーは、“Excelsior”という決め台詞を掲げていました。

これは、彼がかつて原作や編集を担当したコミックに書いた、編集後記の締め言葉として使っていたもので、「上へ行け、前へ行け」という意味で、「世の中にある差別、偏見や憎悪といった欲望の下へは行くな」、そんな思いが込められていました。

この精神は、現在もMCU作品、マーベルコミックに継承されており、私たちを魅了するスーパーヒーローたちの多くは、スタン・リーそのものであると言えるのかもしれません。

スポンサーリンク

次回の「最強アメコミ番付評」は…

いかがでしたか。

次回の第15回戦では、『ダークナイト ライジング』を考察していきます。

Excelsior!

【連載コラム】『最強アメコミ番付評』記事一覧はこちら

関連記事

連載コラム

NETFLIXおすすめ映画『アイ・アム・マザー』ネタバレ感想と結末までのあらすじ|SF恐怖映画という名の観覧車54

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile054 海外には「ブラックリスト」という脚本公開サイトが存在します。 『エクスティンクション 地球奪還』(2018)の記事でもご紹介させていただ …

連載コラム

佐藤泰志の原作とともに映画『きみの鳥はうたえる』を味わう|映画と美流百科7

連載コラム「映画と美流百科」第7回 今回ご紹介するのは、2018年9月1日(土)から新宿武蔵野館、渋谷ユーロスペースなど全国にて公開予定の『きみの鳥はうたえる』です。 こちらの映画は、函館の映画館シネ …

連載コラム

映画『河童の女』感想評価と内容考察レビュー。結末で描かれた意味をテレンスマリック監督の『地獄の逃避行(1973)』との比較から読む|映画道シカミミ見聞録49

連載コラム「映画道シカミミ見聞録」第49回 こんにちは、森田です。 今回は7月11日(土)より新宿K’s cinemaほかでロードショー公開予定の映画『河童の女』を紹介いたします。 ここで …

連載コラム

【青木まさとインタビュー動画】シアターモーメンツ新作『#マクベス』劇団で果たす役割とは| THEATRE MOMENTS2019⑤

連載コラム『THEATRE MOMENTS2019』第5回 ©︎Cinemarche 「日本発のワールドスタンダード演劇」をモットーに、これまで精力的な取り組みを展開してきた劇団シアターモーメンツ。 …

連載コラム

映画『エセルとアーネスト ふたりの物語』あらすじと感想レビュー。スノーマンで知られるレイモンド・ブリッグズが両親を描いた心温まるストーリー|銀幕の月光遊戯 40

連載コラム「銀幕の月光遊戯」第40回 映画『エセルとアーネスト ふたりの物語』が、2019年9月28日(土)より、岩波ホール他にて全国順次公開されます。 『スノーマン』、『風が吹くとき』などの名作が世 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP