Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2020/10/07
Update

映画『カムバック』感想と考察評価。スポーツの意味と人気名作パロディを描くスウェーデン製コメディ|2020SKIPシティ映画祭7

  • Writer :
  • 桂伸也

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2020エントリー・パトリック・エークルンド監督作品『カムバック』がオンラインにて映画祭上映

埼玉県・川口市にある映像拠点の一つ、SKIPシティにて行われるデジタルシネマの祭典が、2020年も開幕。今年はオンラインによる開催で、第17回を迎えました。

そこで上映された作品の一つが、スウェーデンのパトリック・エークルンド監督が手掛けたコメディー映画『カムバック』

栄光の日々にある日訪れた絶望に囚われた一人の元アスリートが、積年のわだかまりを晴らすべく奮闘する姿をコミカルに描いた、笑いと感動の物語です。

【連載コラム】『2020SKIPシティ映画祭』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『カムバック』の作品情報


(c)Gustav Danielsson /(c)2020 SKIP CITY NTERNATIONAL D-Cinema FESTIVAL Committee.All right reserved.

【上映】
2020年(スウェーデン映画)

【英題】
The Comeback(原題:Revansch)

【監督】
パトリック・エークルンド

【キャスト】
アンキ・ラーション、オッレ・サッリ、ジミー・リンドストローム、ベングト・C・W・カールソン、ピア・ハルヴォルセン、アルビン・グレンホルム

【作品概要】
原題「Revansch」とは、スウェーデン語で「復讐」の意味。このタイトルからはシリアスな復讐ドラマが想像されますが、そのイメージに反し作品はシニカルなコメディ。負け犬たちが人生における自身の復活を目指して闘志を燃やす姿には笑わされる一方で、時に涙させられる場面もあります。

監督、脚本を務めたパトリック・エークルンド監督は、2008年に短編映画『Instead of Abracadabra』でアカデミー賞短編映画賞にノミネーションされた実力者です。

また主役のアン=ブリットを演じたアンキ・ラーションは、近年話題作『ミッドサマー』にも出演した名バイプレーヤー。またアンのダメ息子マティアスを『サーミの血』、『ブリット=マリーの幸せなひとりだち』など映画、TVを問わず活躍するオッレ・サッリが担当、ラーションとの絶妙な掛け合いが物語を盛り上げます。

パトリック・エークルンド監督のプロフィール


(c)2020 SKIP CITY NTERNATIONAL D-Cinema FESTIVAL Committee.All right reserved.

スウェーデン出身。脚本家・監督であるパトリック・エークルンドの作品は、各国から評価を受け、『Seeds of the Fall』(2009)がカンヌ映画祭批評家週間の最優秀短編映画賞を受賞。また『Instead of Abracadabra』(2008)では、アカデミー賞短編実写映画賞にノミネートされました。

主にTVジャンルで活躍している一方で、長編デビュー作『フリッカー』(12)はスウェーデン映画祭や日本の沖縄国際映画祭で上映。

スポンサーリンク

映画『カムバック』のあらすじ


(c)Gustav Danielsson /(c)2020 SKIP CITY NTERNATIONAL D-Cinema FESTIVAL Committee.All right reserved.

かつて将来を嘱望される優秀なバドミントン選手だったアン=ブリットでしたが、彼女は1983年、スウェーデン選手権決勝の試合に敗れた瞬間から、奈落の底に突き落されることに。

試合の敗戦が審判のミスジャッジによるものだと確信している彼女にとって、35年が経った現在でもその敗戦は忘れ難く、決して許すことのできないトラウマとなって彼女を酒とともに最悪の人生を歩ませていました。

しかしアンの精神科医に妻を寝取られ仕返しに明け暮れる一方のダメ息子マティアスは、そんな母を裏で気づかい、1983年の試合で判定を下した元審判員ボッセとの対面をセッティング。そこでアンが耳にしたのは……。

映画『カムバック』の感想と評価

スポーツに対する向き合い方を考えさせる物語

この物語は、1983年という時代におけるスポーツのある一場面に対するわだかまりへの挑戦を描いた物語です。

近年のプロスポーツ至上主義は、オリンピックの在り方などと合わせてさまざまな問題、課題が多く取り上げられている部分でもあります。

その意味で今人々はスポーツに対してどのように向き合っていくべきかを考えさせられる物語であり、さらに時代が人々の人生を飲み込んでいく危惧を改めて叫んでいる作品でもあります。

一方で近年、世界ではアメリカと中国の対立が大きく騒がれているところでありますが、そういった部分はまさしくかつての東西分断という面にオーバーラップするようにも見え、物語のテーマ事態としても現在、非常に響いてくるテーマでもあります。

作品が発表された2019年は、ドイツの「ベルリンの壁」崩壊後30周年となる記念すべき年でありました。

これ以後、「東西」と表現された社会主義、資本主義の対立は終焉を迎え、社会主義は崩壊していきました。

崩壊以前においてスポーツは、ある意味対立のための武器でもあります。東側では先進的なスポーツ科学で競技力の発展を進め、西側はこれに対応すべく職業アスリート、いわゆるプロスポーツという思想を進めていきました。

その意味で当時のアスリートには、現在のプロアスリートとはまた違うプライドを持ち、それぞれの競技に向き合っていました。特にヨーロッパではそういった傾向が強く見られたようです。

この作品ではそんな激動の選手時代を送り、後にその生活から解放されながらも目標を見失い、落ちぶれてしまった一人の女性の姿をユーモアとともに描いています。

スポーツという一つの大きな渦に巻き込まれ、過去のわだかまりやその試合に関係した人々を憎み続け、絶望の人生を歩んだアン。

その姿は単に自身の苦い過去というだけでなく、時代の波に飲み込まれ、自分の人生を台無しにされたという情景も見えてきます。

またアンと過去に対戦した選手も、勝ちはしたもののダメ息子とともにパッとしない人生を送った様子が浮かんできます。

こういった面は、かつて日本の女子バレーボールの栄光を描いた漫画『アタックNo.1』などの物語とは180度異なる視点でもあり、非常に興味深いところです。

パトリック・エークルンド監督インタビュー動画

「バドミントンは世界中で最速のスポーツと考えられていますが、これまでこのスポーツをテーマにした映画は作られていませんでした。この作品は、1983年のスウェーデン選手権の決勝によって人生を狂わせたアン=ブリット・ラーションが、30年以上が過ぎてから壮大な復讐を計画する物語です。このロッキー・バルボアの魂を持ったダーク・コメディーが、SKIPシティ国際Dシネマ映画祭で上映されることを嬉しく思います。このような時代に、オンラインという方法によって映画祭の魂を絶やさなかったのはとても素晴らしいことです。」

テレビドラマ的効果を生かしたシンプルで鮮烈なイメージ

またこの作品は2019年に作られた作品ですが、本国スウェーデンでは同時期に10本の短編で構成された同キャストによる同タイトルのテレビドラマシリーズが発表されています。

この作品との関連性に関して言及されている資料はありませんが、ストーリーの構成や作品のボリューム感からは、この作品自体がテレビドラマ版からの再構成、あるいはこの作品をもとにテレビドラマ版へ再構成を行ったものと思われます。

もともとこの作品も5つの章で構成されたもので、物語自体には起承転結のように明確な境目が感じられます。

その意味では展開としてここに短いテーマの小作品を直列つなぎにしたような構成ででもあり、非常にシンプルで理解しやすいものとなっています。

そういった構成の中でたとえばアンが酒に飲んだくれ酔いつぶれている姿や、奮闘し走りまわるモンタージュ的な映像の構成に、エークルンド監督ならではの個性を感じさせるユニークな画をうまくちりばめその印象を強くしており、表現に対してテレビドラマを多く手掛けている監督ならではのキャリアやセンスが感じられます。

スポンサーリンク

まとめ


(c)Gustav Danielsson /(c)2019 SKIP CITY NTERNATIONAL D-Cinema FESTIVAL Committee.All right reserved.

インタビューでもエークルンド監督ご自身が明かされていますが、シルベスター・スタローン主演の映画『ロッキー』やミッキー・ローク主演の『レスラー』の影響を多分に受けたという本作。

物語中では『ロッキー』の“あの”有名なシーンをパロディーにした、思わずクスっと笑ってしまう場面もある一方で、ユーモアを感じさせながらもなかなかおゲレツ感もふんだんに盛り込まれ、スウェーデン、北欧のコメディーらしさをうかがわせます。

半面、単に物語をパロディーで終わらせず、展開に『ロッキー』や『レスラー』への敬意を表した、あるいはその物語に共感した様子もみられました。

ハッピーエンドという格好ではなく、ちょっと残念な結末としていますが、何かホロっと微笑ましく感じさせる部分には、競技に人生を賭けるアスリートたちへのエールも感じさせます。

そういった意味では、今年コロナウィルス感染拡大の影響で中止になったオリンピック東京大会2020、その晴れ舞台を目指しながらも出鼻を挫かれた数々のアスリートたちのように、複雑な状況に置かれた人たちへ、何か明日への希望になるようなメッセージも受け取れることでしょう。

【連載コラム】『2020SKIPシティ映画祭』記事一覧はこちら

関連記事

連載コラム

映画『アメリカン・アニマルズ』あらすじと感想。実話の強盗事件を本人も登場させて描く青春サスペンス|銀幕の月光遊戯 31

連載コラム「銀幕の月光遊戯」第31回 何かが起こる日を俺たちは待っていた! 大学図書館が所蔵する時価12億円を超えるヴィンテージ本を狙った、 普通の大学生が起こした普通じゃない強盗事件を描く『アメリカ …

連載コラム

特撮ドラマ『怪奇大作戦』考察と評価。ショッキングな怪奇現象の裏にある社会背景とは|邦画特撮大全20

連載コラム「邦画特撮大全」第20章 今回取り上げる作品は2018年に初放送から50周年をむかえる特撮ドラマ『怪奇大作戦』(1968)です。 すでに来年2019年3月6日に新たにブルーレイボックスの発売 …

連載コラム

講義【映画と哲学】第12講「愚か者とその愚行:映画に愚行の魅力を見る。」

講義「映画と哲学」第12講 日本映画大学教授である田辺秋守氏によるインターネット講義「映画と哲学」。 (C) 1994 by Paramount Pictures. 第12講では、J. S.ミル『自由 …

連載コラム

『チェリー・レイン7番地』あらすじと感想レビュー。映画監督ヨン・ファンが反英デモで揺れる香港を甘美な映像で描く【ティーチイン収録】|TIFF2019リポート6

第32回東京国際映画祭・ワールドフォーカス上映作品『チェリー・レイン7番地』 2019年にて32回目を迎える東京国際映画祭。令和初となる本映画祭がついに2019年10月28日(月)に開会され、11月5 …

連載コラム

『ゴジラ対ヘドラ』カルト映画として再評価される内容と解説。坂野義光が監督デビュー作品に秘めた真意とは|邦画特撮大全25

連載コラム「邦画特撮大全」第25章 先月11月はゴジラの誕生月という事で、ゴジラシリーズを特集しました。 しかしたった4回の連載で「ゴジラ」シリーズの魅力を語り尽くすことは出来ません。そのため今月12 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学