Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2020/10/20
Update

映画『ペリカン・ブラッド』あらすじと感想評価レビュー。心理サスペンスとミステリーの手法で社会問題に提起|2020SKIPシティ映画祭11

  • Writer :
  • 桂伸也

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2020エントリー・カトリン・ゲッベス監督作品『ペリカン・ブラッド』がオンラインにて映画祭上映

埼玉県・川口市にある映像拠点の一つ、SKIPシティにておこなわれるデジタルシネマの祭典が、2020年も開幕。今年はオンラインによる開催で、第17回を迎えました。

そこで上映された作品の一つが、ドイツのカトリン・ゲッベ監督が手掛けたサスペンス映画『ペリカン・ブラッド』。養子、幼児虐待などといったさまざまな社会問題を、サスペンスエンタテインメントを織り交ぜて描いたドラマです。

【連載コラム】『2020SKIPシティ映画祭』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『ペリカン・ブラッド』の作品情報


(c)2019 Junafilm/Miramar Film, SWR & ARTE /(c)2020 SKIP CITY NTERNATIONAL D-Cinema FESTIVAL Committee.All right reserved.

【上映】
2020年(ドイツ、ブルガリア合作映画)

【英題】
Pelican Blood

【監督】
カトリン・ゲッベ

【キャスト】
ニーナ・ホス、カテリーナ・リポフスカ、アデリア=コンスタンス・ジョヴァンニ・オクレッポ、ムラタン・ムスル

【作品概要】

一人の孤児を養子として受け入れる女性に巻き起こる姿を通して、「母性」についての深い考察を描いた物語。

本作はゲッベ監督の長編2作目となる作品で、第76回ヴェネツィア国際映画祭オリゾンティ部門のオープニングとしてワールド・プレミアがおこなわれ、トロント国際映画祭ほか、数多くの映画祭で上映されました。

主人公ヴィープケを演じたニーナ・ホスは、『東ベルリンから来た女』(12)で一躍ドイツを代表する女優となり、『あの日のように抱きしめて』(14)、『男と女、モントーク岬で』(17)などで主演を務めるなど、活発な活動を展開しています。

カトリン・ゲッベ監督のプロフィール


(c)2020 SKIP CITY NTERNATIONAL D-Cinema FESTIVAL Committee.All right reserved.

ドイツ出身。初長編映画となった『Nothing Bad Can Happen』(13)はカンヌ映画祭ある視点部門でワールド・プレミアがおこなわれ、ドイツ映画批評家賞、バイエルン映画賞、AFI映画祭の新人映画監督部門批評家賞などさまざまな賞を受賞しました。

長編デビュー作の発表以前にも、ハンブルグメディアスクール在学中に撮った短編映画が受賞を果たしました。ほかにも、オランダのビジュアルアーツ&デザインアカデミーとアメリカのボストン美術館附属学校で実験的映画を撮影しています。

スポンサーリンク

映画『ペリカン・ブラッド』のあらすじ


(c)2019 Junafilm/Miramar Film, SWR & ARTE /(c)2020 SKIP CITY NTERNATIONAL D-Cinema FESTIVAL Committee.All right reserved.

ヴィープケと養女ニコリーナは、警察が業務で使用する馬を育てる牧場で、穏やかな暮らしを送っていましたが、長きに渡りニコリーナに妹をと願っていたヴィープケは、ついに新たな養女ラヤを迎え入れることとなります。

ラヤの無邪気な表情に、当初は幸せを感じていたヴィープケでしたが、ほどなくして二コリーナの態度などから、ヴィープケはおとなしかったラヤが時に恐ろしいまでに攻撃的で、自身と他人に危険を及ぼす存在であることに気づいていくのでした。

映画『ペリカン・ブラッド』の感想と評価

世への問題意識に目を向けさせる手法

この物語は一部虚構的な側面の中で社会的な問題に大きく触れる部分があります。当然その事実性の面で大きな説得力が必要なものでありますが、その面で不自然さを感じさせない裏取りの周到さ、リサーチの徹底ぶりが強く感じられます。

そのポイントの取り上げ方としては孤児、養子、シングルマザーといった非常にピンポイントなテーマですが、だからこそといえる問題意識の明確化が図られているようでもあります。

例えばゲッペ監督は、主人公の行動を「キリスト教の宗教画に書かれたペリカン」になぞらえ描いていますが、献身的という意思が必ずしも正義ではないものに見えるその展開には、いい意味で「嫌な気持ち」にさせられます。

養子を得るという意識に関して単に「恵まれない孤児を養子にとる」という行動には、単なる憐れみのような意識になりがちなケースも想定されます。

この物語では、そんな憐れみを超えた、自身の強い家族欲ともいえる思いを覚悟する女性の姿として描きつつ、「自身の思いだけでその行動を起こすことが正しいかどうか?」などといったポイントに展開し問題、課題の提起をおこなっています。

一方でこういった家族の形成の仕方はある意味新しい形として今後さまざまなケースも考えられますが、その難しさというものを養子のラヤを見る主人公ヴィープケの目線に、彼女に思いを寄せる同僚の男性、さらにもう一人の養子二コリーナとの複雑な心理関係を交えて、うまくまとめ上げています。

本作には非常に普遍的なテーマに深く切り込んでいる姿勢が強く感じられ、ミステリーというジャンルに強く引き込まれながらも単に物語の怖さ、神秘性を味わえるだけでなく、映画から見えるショッキングなポイントを多岐に展開させています。

それは世に存在する不条理に注意を向けさせる向心力を持ったものであり、世界にある普遍的な問題への意識に対して、巧みな問いの投げかけ方をおこなっているといえるでしょう。

カトリン・ゲッベ監督インタビュー

「この作品は、親であろうとすることの悪夢を描いています。タイトルは、母親のペリカンが亡くなった子を蘇らせるためにその子に自分の血を与えるさまを描いたキリスト教の宗教画を元にしており、献身的な愛と信念を象徴しています。

主人公のヴィープケも無情な娘の心を治すために自己犠牲的な行動をとります。怪しい治療を試すことから始まり、彼女自身のジレンマの解決策を探すことにどんどん取り憑かれていきます。

当時は大きな映画に挑戦するにはまだ充分な状態ではありませんでしたが、私の中に眠っていた、物語を伝えたいという意識が蘇りました。その結果、自分の意志に反し今までで最も自叙伝的な作品を書くことになりました。」

虚構性、エンタテインメント性との絶妙なバランス感

また、この作品は社会的な深い闇の部分に切り込んでいる一方で、非常にエンタテインメント的な要素をうまく入れているところにも光る特徴があります。これは物語の後半部分に登場するエピソードですが、物語の前半、後半という境界で明確なコントラストを形成しています。

どちらかというとある意味ドキュメンタリー的でもある前半に比べ、神話的な部分に触れる後半。あくまで現実離れするシーンは存在しないのですが、それでも「どうにもならない」現実を突きつけられ絶望感すら漂う前半に比べ、何か飛躍的なポイントが現れる後半ではある意味期待を裏切られるような浮遊感を覚えるでしょう。

それはまさしく「あれ、何でこんな感じになるんだっけ?」と不思議な気持ちになるものです。そしてラストでは結果的に結論が示されず「果たして、問題は解決したのだろうか?」と完全に判断を見る側に任せる展開となっていますが、その後を引く映画の中で感じられる問題意識は、まさしくこの展開で何倍も強く感じさせるものとなっています。

まさしくそのフィクション、ファンタジー的な要素の絡め方は非常に巧みで、映画を見せるという点、見せなければ伝わらないという課題を熟考しよく煮詰めた、という印象があります。

スポンサーリンク

まとめ


(c)2019 Junafilm/Miramar Film, SWR & ARTE /(c)2019 SKIP CITY NTERNATIONAL D-Cinema FESTIVAL Committee.All right reserved.

作品が幕を開け、平穏な家庭に一人の女の子が養子としてやってくる。そして新たな生活が始まり…と、その展開は2009年のサスペンスホラー映画『エスター』を思わせるところもあります。

そういったエンタテインメント面において本作は作品に目を向けさせる力など、単にメッセージをどう作品に込めるかというだけでなく、非常にビジネスという面でも映画の必要な要素を汲んだ、非常に間口の深い作品であるともいえるでしょう。

逆にクリエイターが作品に対して自分の訴えたいメッセージ、描きたいテーマを込めるかという課題に対してどのような要素、思惑が必要なのか、そんな点においても深く考えさせられるものでもあります。

【連載コラム】『2020SKIPシティ映画祭』記事一覧はこちら

関連記事

連載コラム

映画『シンクロニック』ネタバレ感想と結末評価のあらすじ。タイムトラベルSF映画のユニークな設定を解説|未体験ゾーンの映画たち2021見破録12

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2021見破録」第12回 様々な事情で公開の危ぶまれた、中には実力ある映画もお届けする「未体験ゾーンの映画たち2021見破録」。第12回で紹介するのは、アンソニー・マ …

連載コラム

中川奈月映画『彼女はひとり』あらすじと感想レビュー。福永朱梨が演じた「嫌い」がもたらす苦痛の物語|ちば映画祭2019初期衝動ピーナッツ便り6

ちば映画祭2019エントリー・中川奈月監督作品『彼女はひとり』が3月31日に上映 「初期衝動」というテーマを掲げ、2019年も数々のインディペンデント映画を上映するちば映画祭。 そこで上映された作品の …

連載コラム

韓国映画『群山:鵞鳥を咏う』あらすじと感想レビュー。中国朝鮮族への言及と飛び交う様々な言語|OAFF大阪アジアン映画祭2019見聞録14

連載コラム『大阪アジアン映画祭2019見聞録』第14回 3月8日から17日まで10日間に渡って催された第14大阪アジアン映画祭も無事閉幕。 アジア圏の様々な国の多種多様な作品51本が上映され、グランプ …

連載コラム

『キャプテンマーベル』映画解説。MCU初の女性ヒーロー主演はアベンジャーズへ繋がる物語|最強アメコミ番付評26

連載コラム「最強アメコミ番付評」第26回戦 こんにちは、野洲川亮です。 今回は3月15日公開となるMCUシリーズ第21作、『キャプテン・マーベル』の作品情報を公開前に解説していきます。 MCU初の女性 …

連載コラム

映画『シェイクスピアの庭』ケネス・ブラナー監督インタビュー【シェイクスピアは真に主観的だ】FILMINK-vol.12

オーストラリアの映画サイト「FILMINK」が配信したコンテンツから「Cinemarche」が連携して海外の映画情報をお届けいたします。 映画『All is True』 「FILMINK」から連載12 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学