Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アニメーション

Entry 2022/06/21
Update

アニメ『スプリガン』あらすじ感想と解説評価。続編シリーズ2を原作から予測すると共に“大友克洋版”との違いも考察!

  • Writer :
  • 糸魚川悟

人類の未来を守るため、「オーパーツ」をめぐる戦いが始まる

「アンティキティラ島の機械」や「ナスカの地上絵」など、製造されたと推測される年代の技術では実現不可能な工芸品の数々。

それらは「オーパーツ」と呼ばれ、遥か過去に現代の技術を越えるような文明があったのかもしれないと言う「超古代文明」論を指し示す要素のひとつとなっています。

今回はそんな「オーパーツ」を題材としたNetflix独占配信アニメ『スプリガン』(2022)の訴えるメッセージとシーズン2の展開を原作から紐解いていこうと思います。

スポンサーリンク

アニメ『スプリガン』の作品情報

【配信】
2022年(Netflix独占配信)

【監督】
小林寛

【原作】
たかしげ宙、皆川亮二

【キャスト】
小林千晃、阿座上洋平、子安武人、浜田賢二、伊瀬茉莉也、稲田徹、早見沙織、村瀬歩、菅生隆之

【作品概要】
1989年から1996年までの間「週刊少年サンデー」で連載され、単行本の累計発行部数が1000万部を突破した、たかしげ宙と皆川亮二による同名漫画を「Netflix」がアニメ化した作品。

映画『サマーゴースト』(2021)で主演を務めた小林千晃が主人公の御神苗優の声を演じ、アニメ「キズナイーバー」を手掛けた小林寛が監督を務めました。

アニメ『スプリガン』のあらすじ

『スプリガン』オープニング映像スペシャルver.

ある場所で発見された、現代の技術でも再現はおろか解析すら出来ない超古代文明による金属プレート。

そこに記載された「悪しき者より遺産を守れ」と言う言葉を信じ設立された、「オーパーツ」の保護・封印を目的とした組織「アーカム」。

高い戦闘力と揺るぎない使命感を持った「アーカム」の上位エージェントのことを人々は「スプリガン」と呼称。

高校生でありながら世界各国の組織が恐れる「スプリガン」の御神苗優は、世界各地で「オーパーツ」を守る戦いに奔走していました。

スポンサーリンク

現代に蘇る傑作少年漫画

「週刊少年サンデー」の低迷期とも言われた1980年代終盤に連載が始まり、藤田和日郎による「うしおととら」や西森博之による「今日から俺は!!」と共に安定期となる90年代中盤までを支えたヒット作「スプリガン」。

連載終了から26年の月日を経て、今や知る人ぞ知る漫画となった「スプリガン」が映像配信サービス「Netflix」にて全6話の連続アニメとして映像化されました。

「オーパーツ」にまつわるエピソードをそれぞれ短編から中編ほどの長さで描いた原作漫画と、1つのエピソードを1話で完結させた連続アニメとの相性は良く、ひとつの話を観るだけで壮大なスケールの物語を体験し終えたような充足感を得ることが出来ます

皆川亮二の作画が光る原作のアクションシーンも現代アニメの技術で迫力満点に再現されており、原作の面白味を映像化としてこれ以上ないほどに引き上げていました。

大友克洋による映画版との違い

『スプリガン』制作過程 第一話『炎蛇』

漫画「スプリガン」は、1998年に『AKIRA』(1988)で漫画家としても映画監督としても世界で評価される大友克洋がアニメ映画化し話題になっていました。

大友克洋による映画版では原作の人気エピソード「ノアの箱舟編」を主軸として据え、劇場映画尺としてたっぷりと「機械化小隊(マシンナーズ・プラトゥーン)」との戦いを描いています。

実はこの「ノアの箱舟編」は連続アニメ版でも第2話で取り上げられており、2作ともを鑑賞することで時代の変化や監督による特色の変化を感じ取ることが出来ます。

連続アニメ版では45分と言う丁度良い尺であることもあり、物語は原作をなぞる形でラストまで進められます。

作品のメインとなる戦闘シーンはCGとアニメーションを織り交ぜた2020年代の技術によってとにかく派手に描かれながらも、トドメとなる攻撃は意図的に全体の動きを抑えることでキメの演出を行う拘りが見えました。

一方で映画版では、制作時期が90年代と言うこともあり現代的なCGを用いた演出こそありませんが、「童夢」で漫画界に新たな表現方法を産み出した大友克洋ならではのアクション演出が光っています。

特にスピード重視の戦闘スタイルであるジャン・ジャックモンドの戦闘シーンには現代に鑑賞しても色褪せない格好良さがあり、監督の特色を感じることが出来ます。

映画版を支えた森久保祥太郎や子安武人たちメインキャストの声優は連続アニメ版でも別キャラクターとして起用されており、両作を鑑賞することで声優の演じ分ける力を楽しむこともできます。

スポンサーリンク

シーズン2の展開を徹底予想

最終話となる6話では御神苗は「スプリガン」の敵対組織に属した恩師のボーマンとの一騎打ちを勝利しますが、なぜボーマンが「スプリガン」を辞めたのかについては語られることはありませんでした。

スマホやドローンなどの現代的なガジェットが登場するものの、基本的には原作に忠実に描かれた本作はシーズン2では本格的に「アーカム」の闇に切り込んでいくことになります。

強大な力を持った「オーパーツ」を軍事利用しようとする各国政府機関の横暴を許さず、「オーパーツ」の保護と封印を行う組織「アーカム」。

しかし、「アーカム」は最新鋭化する敵への対策のため「オーパーツ」の技術を用いた装備や兵器を利用します。

悪用させないための行為であるとは言え、武力を用いてまでも他者に禁ずる行為をみずから行う「アーカム」はシーズン1中でも「欺瞞に満ちている」と評されます。

動き出した「御神苗優抹殺計画」と「アーカム」の思惑が交差し、やがて迎えることになる分断と破滅へのシナリオ。

「出来る限り人を殺さないこと」を信条とする御神苗が生かして来た敵や味方が総登場するクライマックスは、原作漫画が人気な理由のひとつでもあるため今後の展開も要チェックです。

まとめ

『スプリガン』メイキングムービー Vol.1スタジオ風景

現代の技術を越えるほどの「超古代文明」が存在したとする説では、その文明は必ず最後には破滅を迎えています。

本作『スプリガン』では「いかに人類が繫栄したとしても自然による脅威には叶わない」と言う旨の言葉が各エピソードの随所で登場し、人知を越えた領域に人間が足を踏み入れることの愚かさを描いていました。

それは古代ローマから伝えられる「メメント・モリ(死を忘ることなかれ)」と言う格言にも繋がり、抗えぬ死と言う存在があるからこそ今を楽しむべきと言うメッセージと取ることも出来ます。

1980年代の漫画でありながら、古臭さを全く感じさせずに最新のアニメーション技術をふんだんに用いて映像化されたNetflix独占配信アニメ『スプリガン』。

原作に忠実な物語で現代を沸かせてくれる、必見の令和アニメです。



関連記事

アニメーション

アニメ映画『KUBOクボ/二本の弦の秘密』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

あなたの五感を刺激しながら“人が生きると強さ”と、“他者との絆”とは何かを描いた、ストップモーションアニメ『KUBOクボ/二本の弦の秘密』。 魔法の三味線と折り紙を操る独眼の少年クボ。母親の力によって …

アニメーション

劇場版マジンガーZ / INFINITYあらすじネタバレと感想。ラスト結末も

それは、神にも悪魔にもなれる――。 永井豪画業50周年記念して“元祖”にして“伝説”のスーパーロボットアニメ『劇場版マジンガーZ / INFINITY』が映画館で超復活を遂げました。 リアルタイム世代 …

アニメーション

アニメ『SAOアリシゼーション』声優キャストと放送日時は?

2012年にテレビアニメ第1期が放送開始した『ソードアート・オンライン』は大ヒットを記録。 2014年に第2期となる『ソードアート・オンラインⅡ』を放送しました。 また、2017年2月より『劇場版 ソ …

アニメーション

打ち上げ花火(アニメ映画)ネタバレ感想と評価。『君の名は』共通点考察も

原作:岩井俊二×脚本:大根仁×総監督:新房昭之 今をときめく広瀬すずと菅田将暉が声優を務めたこの夏最大の話題作! 『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』をご紹介します。 以下、あらすじや結末が …

アニメーション

映画『ルパン三世THEFIRST』あらすじネタバレと感想。宮崎駿のカリオストロの城(1979)への郷愁のオマージュ

史上初の3DCG映画『ルパン三世 THE FIRST』 不朽の名作、宮崎駿監督の1979年の『ルパン三世 カリオストロの城』から40年。史上初の3DCGによる劇場版が完成しました。 誰もが知るモンキー …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学