Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アニメーション

Entry 2021/10/10
Update

アニメ『神在月のこども』ネタバレ結末と評価考察。宗教に属する神の世界へ向かう少女の成長を描く

  • Writer :
  • さくらきょうこ

新しいカタチでの映画制作『神在月のこども』が2021年10月8日(金)に公開。

オリンピック・パラリンピックや万博等の国際的イベントを見据え、世界に向けて日本を知ってもらうために企画された『神在月のこども』。2020年10月の東京国際映画祭でのスタートアップイベントから一年、ついに公開された本作をご紹介します。

私たちの生活に根付いている八百万の神々への信仰。世界の人々の知らない日本の姿を、少女の成長物語とともに描くこの『神在月のこども』。

現代の日本に暮らす私たちにとっても、忘れがちななにかを思い出させてくれる作品です。

スポンサーリンク

『神在月のこども』の作品情報

(C)2021 映画「神在月のこども」製作御縁会

【公開】
2021年(日本映画)

【監督】
四戸俊成(原作・コミュニケーション監督)
白井孝奈(アニメーション監督)

【キャスト】
蒔田彩珠、坂本真綾、入野自由、柴咲コウ、井浦新、神谷明、新津ちせ、永瀬莉子、高木渉、茶風林

【作品概要】
エンターテイメントと地方や企業を結ぶ数々の企画を実現させてきたcretica universalの四戸俊成が、島根県生まれのプロデューサー三島鉄兵、祖母が島根にいるアニメーターの白井孝奈とともに、クラウドファンディングでアニメーション映画制作を立ち上げたことで始まったプロジェクト。

「名探偵コナン」シリーズのプロデューサーである諏訪道彦をスーパーバイザーに迎え、制作の過程を随時発信しながら段階的に支援を募り、結果的に多くの一流スタッフや有名声優・俳優が参加することになりました。

毎年旧暦10月に出雲の国(島根県)でおこなわれるという「神議(かみはかり)」を題材に、そこへ行くことを義務付けられた少女の葛藤と成長を描く本作は、自分の国のことをまだよく知らない子どもたちにこそ見てほしい内容にもなっています。

『神在月のこども』キャラクター紹介

(C)2021 映画「神在月のこども」製作御縁会

まず簡単にキャラクターと声の出演者を紹介します。ちなみにこの作品では“人々は俳優、神々は声優”というルールのもと、一切オーディションなしでキャスティングがおこなわれたそうです。

葉山カンナ/蒔田彩珠

母の死がトラウマとなり、大好きだった走ることを避けるようになってしまった12歳の女の子。本来は明るく活発な性格だが、現在は母を失った悲しみを抱えて父親との関係もギクシャクしています。

演じるのは若手女優の蒔田彩珠。2020年公開の映画『朝が来る』で数々の助演女優賞を受賞しています。今回、監督たちからのオファーで声優に初挑戦しました。

神使の兎・シロ/坂本真綾

カンナが小学校で可愛がっている白ウサギの姿で現れる神の使い。神議の席で供される馳走(食べ物)を各地の神々から集める役割を担う韋駄天のサポートをしています。

ナタリー・ポートマンの吹き替えや『エヴァンゲリヲン 新劇場版』(2021)の真希波・マリ・イラストリアス役など美女の印象が強い坂本真綾がめずらしく小動物を演じています。

鬼の少年・夜叉/入野自由

大昔の因縁から韋駄天の一族を憎み、勝負して勝つことを使命として育てられた鬼の一族の末裔。かつてはその鬼も神の一員だったそうです。

カンナにつきまとい競走を挑んできますが…。夜叉役の入野自由はヒット作に欠かせない人気声優で、最近はティモシー・シャラメの吹き替えも担当しています。

葉山弥生/柴咲コウ

一年前に亡くなってしまったカンナの母。幼いカンナに走る楽しさを教え常に明るく引っ張ってくれていた、カンナにとって自慢の母でした。身につけていた勾玉が仏壇に供えられています。

作品のキーパーソンである弥生を演じる女優・柴咲コウは、『名探偵コナン 絶海の探偵』以来約8年ぶりの声優挑戦となります。

葉山典正/井浦新

父ひとり娘ひとりとなってしまい、カンナとどう向き合っていけばよいのか悩む不器用な父親。サイズ違いの靴を買ってきたり、カンナの友だちのお母さんにグイグイあいさつしに行ったりとカンナにとっては少々ウザい存在。

そんなちょっと気弱な父を、モデル、デザイナー、そして俳優として活躍する井浦新が演じています。

大国主/神谷明

出雲大社の祭神で日本神話に登場する代表的な国津神。神議の主宰神で、カンナが馳走を届けるべき神様。演じるのは声優界のレジェンド、神谷明です。

龍神/高木渉

大国主の子で諏訪大社に祀られている祭神。自分も二度と親である大国主に会えないことから母と死別してしまったカンナに理解を示します。

「名探偵コナン」で小嶋元太や高木刑事役の高木渉が迫力満点の龍神を演じます。

恵比寿/茶風林

松江の美保神社の祭神でこちらも大国主の子。ゴール直前のカンナたちに、釣り上げたばかりの鯛を渡してくれます。

ほっこりする恵比寿様を演じるのは「サザエさん」で磯野波平(二代目)の声を担当している茶風林。

スポンサーリンク

『神在月のこども』のあらすじとネタバレ

(C)2021 映画「神在月のこども」製作御縁会

幼いころ、母の弥生とよく競走していたカンナ。負けず嫌いのカンナは追いつけなくても「まだ本気出してない!」とあきらめませんでした。

12歳のカンナ。間近に迫った校内マラソン大会の練習をサボり、友人のミキが心配しています。一年前のマラソン大会の日、見に来ていたカンナの母の病状が悪化して、そのまま帰らぬ人になってしまったからです。

夕食の買物をして帰宅したカンナは遺影の前に座り、母がいつも身につけていた勾玉を手に取ります。父の典正が帰ってきたのであわててそれをポケットに入れるカンナ。

父はマラソン大会用に新しいスニーカーを買ってきましたが、サイズが小さすぎたので「今のでいい」とカンナはそれを返します。

大会当日。男子の雨乞いもむなしく曇天のもと、マラソン大会はスタートしました。出遅れてしまったカンナですが、先頭集団で校庭へと戻ってきました。ミキが一位でゴール、カンナも三位が狙える位置にいましたがゴールの前で座り込んでしまいます。

かけ寄った父のなぐさめの言葉に反発するカンナ。母の言葉を引き合いに出され思わず「わかったようなこと言わないで!」と降り出した雨の中、校庭から外に出ていってしまいます。

いつも寄り道している牛島神社の境内で転んだカンナは、ポケットから落ちてしまった勾玉をあわてて拾うと左手首に巻きつけました。するとその瞬間、降っていた雨が水の玉となって空中に浮かび、目の前に巨大な黒い牛が現れたのです。

驚くカンナの前にフードをかぶった少年が割って入り、助かったと思ったのもつかの間、「その腕輪をはずせ!」と少年は勾玉を奪おうと近寄ってきます。そこに立ちふさがったのは小学校で飼っているウサギのシロでした。

「その腕輪ははずさないで!」としゃべったシロは韋駄天に仕える神徒だといいます。

カンナの母は韋駄天という神の血を引く一族の末裔で、神在月に出雲でおこなわれる神議(かみはかり)に向けて各地の留守神様から馳走(食べ物)を預かって届ける役目を果たしていたというのです。

後継者であるカンナに今すぐ出発してもらわないと間に合わないとシロは言いますが、カンナは急にそんな事言われてもと断ります。するとシロは、お母さんがどんな思いでこれをやっていたか、その足跡をたどって知りたくないか?と言ってきました。

もしかしたら死んだお母さんに会えるかもしれない、と勘違いしたカンナは行くよ!と返事します。

時間は止まっているわけではなくゆっくり進んでいます。カンナたちは自分の足で東京から出雲(島根)まで走らなければなりません。途中、有力な神々の社に寄って馳走も預からなければならず、今夜7時に間に合わなければこの国が大変なことになってしまうというのです。

出発したカンナはまず牛島神社でさっきの黒い牛から餅を預かると、小さいころから見守られていたことを知ります。シロの持つひょうたんに馳走を入れると次の愛宕神社ではホオズキを、蛇窪神社では清らかな水を、須賀神社では酒を託されました。

丸一日走り通しのカンナとシロが橋の下で仮眠をとり、目覚めるとあとをつけてきたあの少年にひょうたんを奪われてしまいます。

彼は鬼の一族で、かつては神だったが韋駄天に悪事をとがめられて追放されてしまったといいます。以来韋駄天を逆恨みし勝負を挑んでくるのですが、一度も勝てたことがありません。

夜叉というその少年はカンナに競走で勝負しなければひょうたんを返さないといいます。仕方なく勝負しあっさり負けたカンナに出雲までついていくと言い出す夜叉。神々の前で再度勝負するのだとやる気満々です。

シロも夜叉がいた方が行程が早く進むと考え一羽とふたりの旅が始まりました。途中だれかに見られている気がするとカンナは気にしていましたが、シロは神の気配を感じませんでした。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『神在月のこども』ネタバレ・結末の記載がございます。『神在月のこども』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

(C)2021 映画「神在月のこども」製作御縁会

諏訪大社で龍神を呼び出したカンナは、韋駄天の資格があるか試練を与えられてしまいます。空中に浮かぶ足場を伝って奥の社にたどり着かなければならず、先に進んでいた夜叉が落ちそうになるのをとっさに助けたカンナは代わりに落ちてしまいます。落下中のカンナを助けたのはほかならぬ龍神でした。

もう目の前で誰かが死ぬのを見たくない、というカンナ。二度と親に会えない悲しさに共感した龍神はカンナに米を託して送り出します。

松江までやってきたカンナたちは恵比寿様から鯛を受け取ると、海辺で最後の休憩をとります。母の夢を見ていたカンナは自分のせいで母が死んだのだという気持ちを募らせ、最近まわりに出現していた黒い影に魅入られてしまいます。

自分を呼ぶ母の声に誘われてカンナはひとり歩き出します。谷間の水辺へとやってきたカンナの目の前には母の姿がありました。母はもう頑張らなくていい、自分のことだけを考え、ここでふたり一緒に暮らそうと言ってきます。

カンナはそれが本物の母ではないと薄々わかっていながら、その誘惑に身を委ねようとします。そして、心配して駆けつけたシロと夜叉の姿はカンナの目には化け物のように映ってしまいます。

夜叉はケガを負わされながらも影を撃退します。でもシロの言うようにそれは退散しただけで、人間の負の感情を察知してはあっという間に取り付いて飲み込んでしまうのです。

偽の母を奪われたカンナはもうどうでもいい、と役目を夜叉に押し付け勾玉をはずしてしまいます。その瞬間、シロと夜叉の姿は消えカンナは台風接近中の大雨に打たれるのでした。

もう時間がありません。夜叉はひょうたんを拾うとケガした足をひきずって稲佐の浜に向かいます。しかしそこでの神事は終わっているようです。

あとは直接出雲大社に行くしかありません。倒れてしまった夜叉の代わりにシロがひょうたんを背負いますが、疲れ切ったウサギの足ではどうにもなりません。

するとそこへ髪を結んだカンナが現れたのです。姿は見えていないようですが、夜叉とシロの声は届いています。それはカンナの髪に勾玉が結び直されていたからです。

あのあと、雨に打たれていたカンナの耳に、かつての幼かった自分の足音とそれを追う母の声が聞こえてきたのです。決して今のカンナに触れることはできませんが、それは紛れもなくかつてのカンナと母の姿でした。

走ることが大好きだという気持ちを取り戻したカンナは、再び役目を全うする道を選んだのです。ひょうたんを拾い上げるとカンナはひとり、出雲大社へと向かいます。

鳥居をくぐり中にはいると上の宮へと続く階段が現れました。そこを登り扉を開けると、中は真っ暗です。

「間に合わなかった…」カンナが泣き崩れると、髪からはずれて落ちた勾玉が光り出し、まばゆい光の中から大国主や他の神々が姿を現しました。

無事に役目を終えたカンナの目には、紫色の高貴な雲の上に参集する八百万の神々と、遅れてやってきたシロと夜叉の姿が映りました。

その後、大国主にねぎらいの言葉をかけてもらったカンナはここでのんびりせずにすぐ帰ると言います。

するとシロが無理を承知で大国主に、カンナと死んだ母親を会わせてほしいと頼み込みました。もちろんその願いは聞き入れられるものではありませんでしたが、カンナは「もう会った気がする」と微笑むのでした。

翌年の春。早朝、父に朝食と伝言を残しランニングにでかけるカンナ。

笑顔で走るその姿を、満開の桜の木の上でシロと夜叉が見守っていました。

『神在月のこども』の感想と評価

(C)2021 映画「神在月のこども」製作御縁会

この映画は、図らずも自分探しの旅をすることになった少女の成長物語です。母を失い、その死が自分のせいだと思いこんでしまった主人公のカンナ。

彼女は神がかり的な力を手にしたことで、死んだ母に会えるかもしれないという希望を抱いてしまいます。カンナと行動とともにする神の使いシロは、それが叶わぬことだと知りながら半ばだますような形でカンナに韋駄天の役目を押し付けます。

カンナにしてみれば、いきなり神の血を引く一族の末裔でお役目を全うできなければこの国が危うい、などと急に言われて選択肢もないのです。

しかもいくら時間が超ゆっくりになっているとはいえ東京から出雲まで回り道しながら走るのです。考えただけで大変そうです。

でもカンナはやり遂げました。気づかなかったけれど知らぬ間にだれかに気にかけてもらっていたり、知らずに恨まれていたり、悪意の塊のような黒い影につきまとわれていたり…。

短い間にずいぶんといろいろな経験をして、半強制的に自分を見つめ直すことができたのです。

母親に会う目的で始まったこの旅で、カンナは自分を見つけることができました。そして夜叉とのふれあいの中で、敵対していた相手との歩み寄り方のようなものも感じ取れたのです。

これは私たちの生き方にもヒントを与えてくれる気がします。時の流れ、代替わり…。長年のネガティブな感情も、時間をかけ新たな関係を築き直すことで改善できる、そんな光明がここにはあります。

人々の負の感情。それをこの映画はわかりやすく可視化してくれました。それがどんな化け物に変貌してしまうのか、幸い劇中では最悪の事態には至りませんでしたが、この黒い影のようなものはいま日本中、世界中にあふれています。

それに囚われないでどう生きていくか。それを考えさせられる作品でした。

スポンサーリンク

まとめ

(C)2021 映画「神在月のこども」製作御縁会

東京から出雲への道中、さまざまな土地の神様を巡るロードムービーでもあるこの作品。

罰当たりを覚悟で言うとそれぞれにキャラの立った神様の表現が面白く、この国の八百万の神への信仰は自然に根付いた豊かな実りあってこそだと改めて感謝したくなります。

日本を再発見し、人と人との“縁”に思いを馳せる、そんな良質なエンターテイメント作品になっています。ぜひ家族で、特に子どもたちに見てほしい作品です。

関連記事

アニメーション

映画サイコパス2期(2019)ネタバレ感想と結末までのあらすじ【PSYCHO-PASS Sinners of the System Case.2】

『Case.2 First Guardian』は2019年2月15日(金)ロードショー 人気SFアニメシリーズ『PSYCHO-PASS サイコパス』の新プロジェクト『PSYCHO-PASS Sinne …

アニメーション

【アーヤと魔女】ネタバレ結末感想とあらすじ考察。ジブリアニメのヒロインは悲壮感ゼロの“愛されキャラ”

スタジオジブリ初のフル3DCGアニメーション『アーヤと魔女』 この作品は、『レッドタートル ある島の物語』以来4年7か月ぶりとなるスタジオジブリの劇場公開作品です。 『ハウルの動く城』の原作者ダイアナ …

アニメーション

【ネタバレ感想】名探偵コナン紺青の拳フィスト2019|最新作は怪盗キッドとコンビで事件解決!

名探偵コナン劇場版23作目。舞台は、日本を飛び出し海外へ! パスポートがない江戸川コナン君。まさかの密入国!? 「平成のシャーロック・ホームズ改め、令和のシャーロック・ホームズになります」の宣言も飛び …

アニメーション

映画キミコエ(NOA/三森すずこ)試写会鑑賞券プレゼント!あらすじも

“コトダマって、あるんだよ。”  映画『きみの声をとどけたい』の8月25日(金)公開を記念して、試写会&劇場鑑賞券をプレゼントがはじまりました。 今回は映画キミコエの試写会&劇場鑑 …

アニメーション

映画『塔の上のラプンツェル』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も【コロナ王国で“隔離”されたお姫様の運命とは】

映画『塔の上のラプンツェル』は ディズニー初の「3Dで描かれるプリンセスストーリー」 映画『塔の上のラプンツェル』は、グリム童話の『ラプンツェル(髪長姫)』を映画化したもの。ウォルト・ディズニー・スタ …

U-NEXT
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学