Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アニメ映画

Entry 2019/05/19
Update

映画『海獣の子供』あらすじネタバレと感想。人気漫画が原作の圧倒的映像スペクタクル!

  • Writer :
  • 村松健太郎

アニメ映画『海獣の子供』は、2019年6月7日(金)より全国ロードショー。

独自の世界観でファンを魅了し続ける五十嵐大介の初長編漫画『海獣の子供』が長編アニメーションとして映画化。

本作のアニメーション制作を担ったのは『鉄コン筋クリート』などで知られるSTUDIO4℃

映画音楽は『風立ちぬ』『かぐや姫の物語』以来6年ぶりとなる久石譲が担当し、主題歌は誰もがその新曲を待ち焦がれていた米津玄師が担当しました。

スポンサーリンク

映画『海獣の子供』の作品情報


(C)2019 五十嵐大介・小学館/「海獣の子供」製作委員会

【公開】
2019年6月7日(金)(日本映画)

【原作】
五十嵐大介

【監督】
渡辺歩

【キャラクターデザイン・総作画監督・演出】
小西賢一

【音楽】
久石譲

【キャスト】
芦田愛菜、石橋陽彩、浦上晟周、森崎ウィン、稲垣吾郎、蒼井優、渡辺徹、田中泯、富司純子

【主題歌】
米津玄師 『海の幽霊」

【作品概要】
その独自の作風と世界観で多くのファンを持つ漫画家・五十嵐大介の初の長編作『海獣の子供』を原作とする長編アニメーション映画。

自然世界に対する畏敬を根底に映し出しながらも、“14歳の少女”琉花と“ジュゴンに育てられた兄弟”海と空のひと夏の出逢いを描きます。

アニメーションを制作したのは、映画『鉄コン筋クリート』で知られ、現在の日本アニメーション界の一角をも担っているSTUDIO4℃。本作が最新作となります。

メインキャストには、テレビドラマ『Mother』での名演やハリウッド作品への出演、直近では連続テレビ小説『まんぷく』にて史上最年少の“語り”に起用されるなど、今もなお女優としての活躍の場を広げ続けている芦田愛菜をはじめ、映画『リメンバー・ミー』の主人公ミゲルの日本語吹き替えを担当した石橋陽彩、NHK大河ドラマ『真田丸』にて真田幸村の嫡男・大助を好演した浦上晟周、スティーブン・スピルバーグ監督の映画『レディ・プレイヤー1』にて大抜擢された森崎ウィンと、劇中キャラクターの年齢に近い等身大のキャスティングが実現しました。

そんな彼らを支えるのが、稲垣吾郎、蒼井優、渡辺徹、田中泯、富司純子といった実力派俳優陣です。

また本作の音楽を担うのは、世界的作曲家にして映画音楽界の巨匠・久石譲。長編アニメーション映画を手掛けるのは、スタジオジブリ制作の『風立ちぬ』『かぐや姫の物語』以来6年ぶりとなります。

映画『海獣の子供』のキャラクターとキャスト


(C)2019 五十嵐大介・小学館/「海獣の子供」製作委員会

安海琉花(芦田愛菜) 
女子中学生。自分の気持ちを素直に伝えるのが苦手。

(石橋陽彩)
ジュゴンに育てられた少年。海の中で暮らしてきました。

(浦上晟周)
ジュゴンに育てられた少年。海の兄で物事を見透かしたような態度をとります。

ジム・キューザック(田中泯)
海と空を保護し研究をしてきた学者。

アングラード(森崎ウィン)
ジムの弟子ではあるものの、違う考えを持つ部分もあります。

デデ(富司純子)
自称海の便利屋。海の子供たち、誕生祭のことなどに精通しています。

安海正明(稲垣吾郎)
琉花の父親。水族館でスタッフとして働いています。

安海加奈子(蒼井優)
琉花の母。想いを伝えるのが苦手で現在は休職中。時には酒に奔ってしまうことも。

スポンサーリンク

映画『海獣の子供』あらすじとネタバレ


(C)2019 五十嵐大介・小学館/「海獣の子供」製作委員会

中学生の琉花はハンドボール部で活躍していますが、人に気持ちを伝えることが苦手で、部員ともトラブルを起こしてしまいます。

夏休み初日だというのに部活で揉め事を起こしてしまった琉花は、もう来なくていいと言い渡されてしまいます。

居場所を亡くした琉花が向かったのは、父親の正明が働いている水族館でした。そこは彼女にとって、まだ家族の仲が良かった頃、よく連れてきてもらっていた思い出の場所でした。

水族館にやってきた琉花は、そこで海という少年に出会います。そして正明から、彼がジュゴンに育てられ、これまで海中で生活してきた少年だと聞かされます。海はその成長過程もあって、常に水に触れていなくてはいけない特異体質でした。

海は琉花を誘って、“人魂”を見に行こうと言い出します。人魂とは隕石のことでした。

海には空という兄がいて、彼らを発見し保護している学者のジムによって精密検査を受けていました。

やがて琉花は空とも出会いますが、空の総てを見透かしたような物言いに、琉花は抵抗感を感じてしまいます。

ところが、台風の夜、嵐と共に海に入った空は姿を消します。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『怪獣の子供』ネタバレ・結末の記載がございます。『海獣の子供』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2019 五十嵐大介・小学館/「海獣の子供」製作委員会

空が姿を消したことで周りの大人たちは大騒ぎになりますが、空の存在を感じとった海は琉花と共にある浜辺に向かいます。

そこにはジムの助手のアングラードと海の何でも屋デデがいて、空を保護していました。

砂浜でひと時を過ごした琉花と空と海。その夜、空は隕石を琉花に託すと海へと消えていきました。

海のモノたちが先導するザトウクジラと共に、海のとある一点を目指して集結しだします。

“誕生祭”と呼ばれる海と宇宙と生命の大きな光のうねりが始まります。

その中には琉花と海の姿がありました。琉花の両親、ジム、デデ、アングラートたちがその場に集まってきます。

琉花の夏休みに大きな結末が訪れるのでした。

映画『海獣の子供』の感想と評価


(C)2019 五十嵐大介・小学館/「海獣の子供」製作委員会

クライマックスの映像の奔流は『2001年宇宙の旅』か?『新世紀エヴァンゲリオン』か?

『海獣の子供』の見どころは、なんといってもクライマックスの“誕生祭”の壮大な映像の奔流です。

さながら『2001年宇宙の旅』のいわゆるスターゲートのシーンや『新世紀エヴァンゲリオン』のサードインパクトのシーンを思い起こさせる一大映像スペクタクルに仕上がっています。

富司純子演じるデデの解説が時々挿入されていて、イメージの補完をしてくれていますが、これはあくまでも補完要素なだけで、やはり見た人が身体で映像を浴びて、感じるというのが正解なんだと思います。

「不器用な少女が夏休みに不思議な少年たちと出会って…」という典型的なジュブナイル的な導入部分から、一気に壮大な物語に展開していくので、やや面食らう部分もありますが、日本のアニメーションの底力を感じる場面でもありました。

スポンサーリンク

まとめ


(C)2019 五十嵐大介・小学館/「海獣の子供」製作委員会

圧倒的な映像のスペクタクルによって、誰も見たことがない海の世界、未知の世界へと、劇場に訪れた観客たちを引き込んでいくであろうアニメーション映画『怪獣の子供』。

宮崎駿監督の再始動宣言などもありましたが、スタジオジブリが活動を縮小した現在、才能が各所に散らばり、新しい拠点を築き始めつつあります

そのような状況下で、今後どのような長編アニメーションの傑作が誕生するのかそんな楽しみを感じさせてくれる作品です。

関連記事

アニメ映画

映画『塔の上のラプンツェル』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も【コロナ王国で“隔離”されたお姫様の運命とは】

映画『塔の上のラプンツェル』は ディズニー初の「3Dで描かれるプリンセスストーリー」 映画『塔の上のラプンツェル』は、グリム童話の『ラプンツェル(髪長姫)』を映画化したもの。ウォルト・ディズニー・スタ …

アニメ映画

Netflix映画『生きのびるために』ネタバレ感想と結末までのあらすじ。“物語の持つ力”は現実を生きる勇気となる

Netflix映画『ブレッドウィナー/生きのびるために』配信中 タリバン政権下のアフガニスタンで暮らす、ある家族を描いた長編アニメーション映画。 2001年のアフガニスタン、両親と姉、幼い弟と暮らす少 …

アニメ映画

『劇場版ハイスクールフリート』ネタバレあらすじと評価・感想。“晴風”が直面する新たな危機とは⁈

満を持して、新生「晴風」出港! 仲間と一緒なら、どんな危機(ピンチ)も乗り越えられる。 圧巻の海上戦と重厚な艦船描写、そして海に生きる少女たちの青春を描き人気を博したアニメ『ハイスクール・フリート』が …

アニメ映画

劇場版「フリクリ プログレ」あらすじと感想!ヒドミとオルタナのカナブンの比較で映画をより楽しむ

第1弾となる劇場版「フリクリ オルタナ」は、9月7日(金)公開中、そして第2弾の劇場版「フリクリ プログレ」は、9月28日(金)公開! 普通な日常を過ごしているヘッドフォンをつけた少女ヒドミ。彼女があ …

アニメ映画

『鬼滅の刃 無限列車編』ネタバレ感想と考察。劇場版アニメ映画と漫画の「6つの違い」を比較解説

映画『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』は2020年10月16日よりロードショー! 2019年4月から9月にかけて放送されたテレビアニメ『鬼滅の刃』。 テレビアニメの続編となる本作『劇場版 鬼滅の刃 無限 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP