Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アクション映画

韓国映画『鬼と獣』ネタバレあらすじ感想と結末の評価解説。ノワールアクションでイワンとチョドンヒョクが激しい格闘と娘への愛を披露!

  • Writer :
  • 星野しげみ

韓国映画『鬼と獣』は血まみれで格闘する男たちを描いたアクションムービー!

韓国のキム・ヒソン監督が贈るノワールアクション『鬼と獣』。

かつて固い絆で結ばれた男2人が辿る壮絶な人生ドラマが描かれ、鮮血が飛ぶ格闘アクションが次々と展開します。

裏社会で鬼と恐れられた殺し屋・ドゥヒョンは、弟分・ヨンミンが犯した罪をかぶって収監されました。

出所後、ドゥヒョンは闇の世界から足を洗い、妻と娘を遠くから見守る日々を送っていますが、組織のトップにのし上がったものの、ドゥヒョンに対して後ろめたい思いを抱くヨンミンが、ドゥヒョンを再び惨劇に引き込みます。

過激なアクションの数々と娘への愛にあふれる本作を、ネタバレ有でご紹介します。

スポンサーリンク

映画『鬼と獣』の作品情報


(C)2022 Door E&M All Rights Reserved

【公開】
2022年(韓国映画)

【原題】
피는 물보다 진하다

【英題】
The Goblin 

【監督】
キム・ヒソン

【脚本】
チョ・チャンリョル

【音楽】
キム・スヨン

【キャスト】
チョ・ドンヒョク、イ・ワン、イム・ジョンウン、ユン・チョルヒョン、カム・ソヒョン

【作品概要】
殺し屋組織の固い絆で結ばれた男たちが、冷酷な抗争へと突き進んでいく姿を描いた韓国製ノワールアクションの『鬼と獣』。

ドラマ『バッドガイズ 悪い奴ら』(2014)のチョ・ドンヒョクが殺し屋ドゥヒョン、『ベロニカは死ぬことにした』(2005)『天国の階段』(2003)のイ・ワンが敵対するヨンミンを演じました。

「のむコレ6」(2022年11月11日~/東京・シネマート新宿、大阪・シネマート心斎橋)上映作品。

映画『鬼と獣』のあらすじとネタバレ


(C)2022 Door E&M All Rights Reserved

韓国の裏社会。拠点をおかずに暴力の身を請け負う犯罪組織・ペクジョン派の殺し屋ドゥヒョンは、残酷な殺しも平気で行い、‟鬼”と恐れられていました。

ある日、出来て間もない事務所を組織のトップの命令で、ドゥヒョンを‟兄貴”と呼ぶヨンミンと襲撃し、2人で全滅させて逃走しました。

傷を負ったヨンミンですが、電話で呼び出され、赤ん坊の娘ウンジュの心臓手術に立ち会っていました。

一方、警察はこの事件も‟鬼”が犯人と推定し、ペクジョン派に捜査官を潜入させて、調べていますが、潜入捜査もなかなかうまく行きません。

そんな頃、組織では潜入捜査官の身元がばれ、拷問が始まっていました。組織トップがなかなか白状しない捜査官の携帯電話の発信履歴から電話をかけると、捜査一課のチェ刑事に繋がりました。

動かぬ証拠を出された捜査官抹殺命令は、ヨンミンに下りました。

「兄貴助けて」と懇願する弟分を前にためらうヨンミン。見かねてか、横にいたドゥヒョンがさっとナイフで捜査官の頸動脈を斬りつけ、ミッションを終了させました。

その頃チェ刑事は容疑者の一人の家宅捜査をし、カレンダーにメモってあった文字から、「サンミ家具」をあたることにしました。

娘ウンジュの治療に大金がいるヨンミンはトップに「仕事をください」と言います。トップは自分の地位を狙う者として、ヨンミンの兄貴分のホ・ガンの名前をあげました。

ヨンミンはホ・ガンの家を訪れ、大格闘の末に命を奪います。トップに任務達成の報告をしに行ったヨンミンですが、言い争いから格闘となり、ナイフで刺して逃走しました。

そこへドゥヒョンが訪れ、身体にナイフを刺されて虫の息のトップが真犯人の名前を呟くのを聞きます。

ドゥヒョンが呆然と佇んでいると、捜査のために訪れたチョ刑事がやってきました。現場の状況から、ドゥヒョンが犯人とされ、逮捕されました。

2008年。ドゥヒョンは刑に服します。

ドゥヒョンの愛する妻・ジョンは、ドゥヒョンの仕事が嫌でなりません。「娘のイェナのためにも私たちを探さないでください」と手紙と幼いイェナの写真を送って家を出ました。

一度だけ、拘置所にヨンミンが面会に来ましたが、ドゥヒョンはそれを拒否します。その後、ヨンミンは、YMホールディングという会社を立ち上げ、裏社会の力もかりてのしあがっていきました。

2016年。ドゥヒョンは模範囚として出所し、「スチームケアサービス」という会社で働き始めます。

徐々に生活も安定してきましたが、何かと思い出すのは行方知れずの妻子のことでした。

悩むドゥヒョンはチョ刑事に妻子を捜してくれるように頼みますが、その見返りとして、怪しい仕事で上昇企業となったヨンミンの会社を捜査するのを手伝ってくれといいます。

ドゥヒョンは、「この世界から足を洗ったからできない」と断りましたが、チョ刑事はこっそりとドゥヒョンの妻子の現住所を調べてくれました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『鬼と獣』ネタバレ・結末の記載がございます。『鬼と獣』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2022 Door E&M All Rights Reserved

会社の車に乗ってドゥヒョンは妻の経営する美容院を訪れ、入り口のところで成長したイェナを見ました。

通行人とトラブルになりそうになったイェナを助け、店から驚いて出てきたジョンと再会。イェナから礼を言われ、一緒に食事をとることになりました。

イェナはとても元気な明るい少女に育っていました。一緒に撮った写真をスマホで送ってもらったドゥヒョン。

自宅としているアパートに戻って、何度も見て満ち足りた気分を味わっていました。

妻ジョンからは娘のためにもう会わないでと連絡がきて、ドゥヒョンは最後に一目会おうと学校帰りのイェナを待ちます。

イェナの姿を見たとき、ジョンの言葉を思い出してその場を去ろうしますが、学校の駐車場から走って来た車とぶつかります。

その車は、ヨンミンの娘ソンジュの送迎車でした。女王様気取りのソンジュは、学校でも何かと自分に真正面から対立してくるイェナを目の敵にしていました。

軽いけがをしたドゥヒョンは、病院で手当てを受けソンジュの車の運転手に名刺を渡して去ります。

入れ違いに事故の知らせを受けて病院に来たヨンミンは、被害者の名刺を受け取り、ドゥヒョンが出所していることを知りました。

10年以上も前のことがヨンミンを悩ませ、部下にドゥヒョンの監視を命じます。

その頃、ジョンとドゥヒョンは会っていました。長く伸びたドゥヒョンの髪をジョンがカットし、2人はわだかまりを解きます。

条件はただ一つ。「この先、何があろうともイェナをがっかりさせないこと」でした。

そんなある日、ドゥヒョンの職場に3人のヤクザが来て本社から依頼されたと言って、ドゥヒョンに暴力を振るいました。

それを知ったヨンミンは「監視するだけにしろ、と言ったはず」と自分の部下を叱りますが、ヤクザの方はドゥヒョンへの殺意を募らせました。

一方のイェナとウンジュ。また学校でもめ、イェナがウンジュに突き飛ばされて、頭から血を流して病院へ担ぎ込まれました。

学校に呼び出された、ウンジュの父親ヨンミンは、担任の先生にナイフをちらつかせて脅し、事件をうやむやにしてしまいます。

救急病院で手術を受けているイェナ。連絡を受けたドゥヒョンが駆けつけます。ジョンと共に手術の成功を祈り続け、なんとか峠をこしてホッとしました。

その後、イェナの見舞に訪れた友人から事故の詳細を聞き、学校へ出向いてウンジュから本当のことを聞こうとします。

ウンジュと向かい合って「俺はイェナの父親だ。本当のことを教えてくれ」とドゥヒョンが言った時、ドゥヒョンを監視していたヨンミンの部下のヤクザが現れ、ドゥヒョンに襲い掛かり、ウンジュを車に乗せて逃げて行きました。

ドゥヒョンの出方に怒ったヨンミンは、イェナが入院している病院へ行き、まだ昏睡状態で眠ったままのイェナがいる病室を占拠します。

家に帰ったドゥヒョンを待ち伏せ、ヤクザがイェナの病室で待機している様子をスマホの動画で見せます。

眠るイェナのベッドの足元には、気を失ったジョンの姿も映し出されていました。「家族に手を出すな!」。怒ったドゥヒョンは、ヤクザたちに次々と襲い掛かり、倒していきます。

そのままイェナのいる病院へ行きましたが、病室にはジョンが倒れたままで、イェナは連れ去られた後でした。

イェナを取り戻したい一心のドゥヒョンは、チェ刑事に「人はやはり変わらないのです」とメールを打ちます。

その足でヨンミンの家へ行ったドゥヒョンは、親戚の家に向かおうとしていたウンジュを発見。ウンジュの護衛をするヤクザたちを、「本当の鬼を見せてやる」と、かたっぱしから倒していきます。

イェナはサンミ家具工場にいると聞き出し、ドゥヒョンが行くと、そこにいたヨンミンと対峙。

「娘のウンジュはどこだ?」問い詰めるヨンミンに、ドゥヒョンは「人に預けた。もうすぐ来る」とだけ言いました。

実はドゥヒョンはウンジュを保護し、電話があったらこの娘を指定する所に連れてきてくれと、会社の先輩に頼んでいたのです。

ヨンミンの前にまたしてもヤクザたちが立ち塞がります。ドゥヒョンは死に物狂いで戦い、ヤクザを全て倒しました。

ついにヨンミンがドゥヒョンに襲い掛かります。無傷のヨンミンと血だらけになりながらも互角に戦うドゥヒョン。

「イェナはどこだ」と問うドゥヒョンに、「ウンジュが先だ。娘無しでは生きていけない」とヨンミンは答えます。

「いや、イェナが先だ」「ウンジュだ」と、娘たちの居所を一歩も譲らないで問いただす2人。

その時、ドゥヒョンの先輩がウンジュを連れて来ました。

「パパ、大丈夫」駆け寄るウンジュを抱きしめるヨンミンに、「イェナはどこにいる?」とさらにドゥヒョンは尋ねました。

しぶしぶヨンミンが指さすドアの向こうには、毛布にくるまれて寝かされているイェナがいました。

そこへサイレンの音がし、チェ刑事とジョンが駆けつけ、イェナはすぐに救急車で病院へ搬送されます。

チェ刑事は、傷だらけのドゥヒョンとヨンミンのために、新たに救急車の出動命令を出しました。

娘の無事を見届けたドゥヒョンは、救急車の到着を待たずに倒れ込みます。

その記憶に浮かぶのは、遠い昔の出来事……。仕事のあと、傷だらけのヨンミンに手を差し出して2人で歩き出したことでした。

スポンサーリンク

映画『鬼と獣』の感想と評価


(C)2022 Door E&M All Rights Reserved

息つく間もないアクションが展開する『鬼と獣』。殴る、蹴る、刺す。拳銃以外のありとあらゆる暴力、アクションシーンに思わず目を覆うことも……。

暴力と殺人を仕事とする殺し屋たちが主人公ですから、その闘いぶりは激しく、おまけにスピード感もある凄まじいものです。

弟分の罪をかぶって服役した‟鬼”と呼ばれる凄腕殺し屋のドゥヒョンと、彼に対して後ろめたさを感じながらも自分の地位を護ろうとする‟獣”のようなヨンミン。

敵対する2人ですが、2人にはそれぞれに愛娘がいました。愛する娘たちまで巻き込んで闘争は一段と激しくなり、ラストまで目が離せません。

『鬼と獣』という恐ろしさを象徴する言葉が並べられたタイトル通りに、鬼畜の争いが巻き起こるノワールアクションですが、その根底にあるのは殺し屋たちの娘への愛でした。

収監されて妻子は行方知れずとなり、愛娘のイェナと離れ離れになったドゥヒョン。10年という年月がこの父娘の間を隔てます。

実父の顔を知らないはずのイェナは、初めて会ったドゥヒョンに言い知れぬ安心感と包容力を感じています。隠そうとしても隠せない、父娘の強い絆の深さがそこにはありました

片や、身体の弱いウンジュを溺愛するヨンミン。娘にとっては親のエゴとも取れる愛し方かもしれませんが、これもまた、娘を愛する父の真実の姿だったのです

裏社会の闘い同様に娘への愛し方も極端な2人の父。同じ男性なのに、なぜこうも違っているのでしょう。

本作は、女性のキム・ヒソン監督が手がけました。冷酷極まりない殺し屋の男たちが持つ意外な家族愛を、監督が女性らしい細やかなセンスで描きだし、興味深く鑑賞できます

まとめ


(C)2022 Door E&M All Rights Reserved

最初から最後まで血のニオイがするノワール映画『鬼と獣』。

ドラマ『バッドガイズ 悪い奴ら』(2014)のチョ・ドンヒョクと『ベロニカは死ぬことにした』(2005)『天国の階段』(2003)のイ・ワンが主役の殺し屋たちを演じて、血だらけの格闘シーンで熱演しています。

裏社会の厳しい抗争と恐ろしい掟ばかりが表に出ますが、その裏にはそれぞれが抱える家庭の事情がありました。

殺し屋が意外なほど自分の娘を愛していることに驚き、その親心にホロリとさせられることでしょう。

命がけの血まみれ格闘の中に娘への愛が交錯する、ちょっと切ないアクション映画でした。

関連記事

アクション映画

『ボルケーノパーク』ネタバレ感想と結末までのあらすじ。パニック映画の主題歌をジェイチョウが提供

パニックアクション映画『ボルケーノ・パーク』は2020年11月20日(金)よりヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国公開。 サメや猛獣に蘇った恐竜、はたまた大自然の驚異…。様々な危険を伴うスリルを観光の …

アクション映画

映画『バッドボーイズ』あらすじネタバレと感想。ウィル・スミス×マーティン・ローレンスのコミカルな掛け合い

誰も俺たちを止められない! マイホームパパ、マーカスと金持ちプレイボーイ、マイクの刑事コンビが難事件に挑む…! はずが、証人保護のために二人は入れ替わることに!? マーティン・ローレンスとウィル・スミ …

アクション映画

スパイ・レジェンド|ネタバレあらすじ結末と感想評価。スパイ映画の“どんでん返し二転三転”にピアース・ブロスナンが挑む!

引退した凄腕スパイが復讐のため動き出すスパイアクションムービー 1994年から2002年まで4作品でジェームズ・ボンドを演じたピアース・ブロスナン。 演技派としてミュージカルからサスペンスまでジャンル …

アクション映画

イラン映画おすすめ『ダマスカス』あらすじと感想レビュー。戦争アクション作品で描かれたものは⁈

世界各国から集めた選りすぐりの危険な映画たち。個性的かつハイクオリティ・スリリングな5作品が一挙上映と、挑発的な宣伝文句で公開された特集上映。 「モースト・デンジャラス・シネマ・グランプリ2018[M …

アクション映画

映画ミッドウェイ(2020)考察|太平洋戦争の真実を描く海戦描写と見どころ必見3点を深堀り紹介!

映画『ミッドウェイ』は2020年9月11日(金)より、TOHOシネマズ日比谷他全国ロードショー 太平洋戦争の転機となった激戦、ミッドウェイ海戦。何度も映画化された題材です。 その戦いを開戦前から真珠湾 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学