Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アクション映画

007ドクターノオ|ネタバレあらすじ解説と結末の感想評価。ショーンコネリーの代表作は敏腕諜報員と天才科学者の戦いを描く

  • Writer :
  • 秋國まゆ

大人気スパイアクション映画「007」シリーズ第1作!

テレンス・ヤングが監督を務めた、1962年製作のアメリカ・イギリス合作のスパイアクション映画『007/ドクター・ノオ』。

時代は冷戦真っ只中。アメリカの要請により、月面ロケット発射を妨害する怪電波を調査していた英国情報局秘密情報部「MI6」の諜報員が、ジャマイカの島で何者かに射殺されてしまいました。

その調査のため現地に派遣されたMI6の敏腕諜報員ジェームズ・ボンドと、その島を所有する天才科学者ドクター・ノオ博士の戦いを描いた物語とは、具体的にどんな内容だったのでしょうか。

「007」シリーズの記念すべき第1作目『007/ドクター・ノオ』のネタバレあらすじと作品解説をご紹介いたします。

スポンサーリンク

映画『007/ドクター・ノオ』の作品情報


(C) 1962 Danjaq, LLC and Metro-Goldwyn-Mayer Studios Inc. All Rights Reserved.

【公開】
1963年(アメリカ・イギリス合作映画)

【原作】
イアン・フレミングの小説『ドクター・ノオ』

【監督】
テレンス・ヤング

【キャスト】
ショーン・コネリー、ウルスラ・アンドレス、ジョセフ・ワイズマン、バーナード・リー、ピーター・バートン、ロイス・マクスウェル、ジャック・ロード、アンソニー・ドーソン、ジョン・キッツミューラー、ジーナ・マーシャル、ユーニス・ゲイソン

【作品概要】
『赤いベレー』(1953)のテレンス・ヤングが監督を務めた、アメリカ・イギリス合作のスパイアクション作品。

原作はイギリスのスパイ小説・冒険小説家のイアン・フレミングの小説『ドクター・ノオ』で、「007」シリーズ第1作目です。

日本初公開時の本作の邦題は『007は殺しの番号』でしたが、1972年に再上映された時に『007/ドクター・ノオ』に変更されました。

『ダイナミック作戦』(1961)のショーン・コネリーが主演を務め、『探偵物語』(1951)のジョセス・ワイズマンが共演しています。

映画『007/ドクター・ノオ』のあらすじとネタバレ


(C) 1962 Danjaq, LLC and Metro-Goldwyn-Mayer Studios Inc. All Rights Reserved.

時代は冷戦真っ只中。南大西洋へ発射されたミサイルが、何者かによって妨害され、ブラジルの密林へ落下しました。

これを受け、米国当局は次に狙われる月面ロケット発射という、米国初の有人宇宙飛行計画「マーキュリー計画」を妨害されることを防ぐべく、誘導ミサイルを制御する妨害電波「トップリング」の調査を、英国情報局秘密情報部「MI6」に要請しました。

ジャマイカ駐在のMI6の諜報員ジョン・ストラングウェイズと、その秘書メアリーがその調査をしていたのですが、突如2人との交信が途絶え、行方不明となってしまいました。

これを受け、MI6の部長Mは「007」こと「MI6」の敏腕諜報員ジェームズ・ボンドを緊急招集。彼に2人が消息を絶った真相を究明してほしいと命じます。

ボンドはMI6の中で、「殺しのライセンス(任務遂行中は自分の一存で容疑者を殺めても不問にされる殺人許可証)」を与えられた諜報員、「00(ダブルオー)」要員の1人でした。

アメリカの月面ロケット打ち上げを目前に控え、ジャマイカのキングストンへ飛んだボンドは、同じ目的で同地を訪れたCIAのエージェントであるフェリックス・ライターと、彼とストラングウェイズの協力者である島の漁師クオレルと知り合いました。

ボンドは2人から、「クラブ・キー」という島の所有者である中国人ドクター・ノオが怪しいのではないかと知らされます。

クラブ・キーには、近づく者は誰も無事に戻って来ることはないという「ドラゴン」の伝説があり、クオレルたち島の漁師は恐ろしくて誰も近づこうとしません。

それにドクター・ノオの見張りがあるため、クオレルとストラングウェイズは上陸することが出来なかったものの、代わりに岩の欠片に砂や水といった島のサンプルを採取に成功。

ストラングウェイズの家にあった、冶金学者デント教授の研究所のレシートは、その岩の欠片の鑑定を依頼した時のものだと推測したボンドは、デント教授にそのことを尋ねました。

しかしデント教授は、確かにストラングウェイズから岩の欠片の鑑定を依頼されたものの、どこから持ってきたものなのか知りませんでした。

挙句の果てに、その岩の欠片は何の価値もないただの鉱物だと鑑定され、デント教授が捨ててしまっていたのです。

そう言ったデント教授を不審に思ったボンド。実は彼は、ジャマイカ総領事館の主席書記官プレイデル・スミスに仲介を頼み、会員制のクラブにて、ストラングウェイズと最後に会ったインド軍出身の老将軍ポッターとデント教授と会った時からずっと、メアリーを知っていたデント教授を怪しいと睨んでいました。

ロンドンにあるMI6本部から届いた装置を使い、ボンドはクオレルの船を調べました。その結果、ストラングウェイズたちがクラブ・キーから採取した岩の欠片は、放射能を帯びていたことが判明しました。

現地での捜査を進めていくにつれ、ボンドはドクター・ノオが放った刺客に命を狙われます。

ジャマイカ総領事館の運転手に成りすました殺し屋ジョーンズ、ボンドを偵察する女ミス・ターロ、「スリー・ブラインド・マイス」と名乗る殺し屋三人組、そして毒蜘蛛タランチュラとスミス&ウェッソンの6連発式連弾銃を使うデント教授を、ボンドは次々と撃退していきました。

以下、『007/ドクター・ノオ』ネタバレ・結末の記載がございます。『007/ドクター・ノオ』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C) 1962 Danjaq, LLC and Metro-Goldwyn-Mayer Studios Inc. All Rights Reserved.

そして満を持して、ボンドはライターたちと共に、暗闇に紛れてクラブ・キーへ乗り込みます。ライターは途中まで一緒に行きましたが、万が一の時に備えるべく、島で待機することにしました。

翌日。ボンドはクラブ・キーで、マイアミで高値で売るための貝を集めていた美女ハニー・ライダーと出会います。同じ招かれざる客同士、ボンドはライダーに協力を求めました。

ですがライダーの隠れ家へ向かう途中、ドラゴンを模した戦車によってクオレルが焼殺され、ボンドとライダーは防護服を着たドクター・ノオの手下たちに捕まり、ドクター・ノオの秘密基地に連行されてしまいます。

そこでボンドたちは、知らないうちに全身を汚染していた放射線を除去した後、接待用に出された睡眠薬入りのコーヒーを飲んで意識を失ってしまいました。

しばらくして目覚めたボンドたちは、ドクター・ノオからディナーに招待されます。中国系ドイツ人の天才科学者ドクター・ノオは、中国一の犯罪組織「トング結社」の元幹部でした。

ドクター・ノオは組織から持ち逃げした1000万ドルを使い、原子力の研究をするための秘密基地を建設。表向きはボーキサイト鉱山の業者を装っていました。

ですがその代償として、ドクター・ノオは放射能によって両手を失い、金属の義手をつけていました。そう話すドクター・ノオに対し、ボンドはこう告げました。

「妨害電波の謎が分かった。既にMI6本部に報告し、お前の身辺調査をしてもらっている。この件に関してCIAも関わっているし、トング結社からお前の資料もきた」「島が包囲されるのは時間の問題だ」

これに対し、ドクター・ノオはこう答えました。「この島に未練はない。任務完了を待ち、この島を爆破して移動する、と言えば君はその詳細を知りたがるだろう」

「その期待に応えよう。君なら私の業績と目的を理解し、正しく評価してくれるだろう」

そこでドクター・ノオは、ボンドとの話に邪魔なライダーを追い払い、自らの目的を明かします。

「ミサイルや月面ロケットの発射を妨害するのは、手を失くした恨みからではなく、我々“スペクター”の力を誇示するためだ」

「“スペクター”とは、対諜報活動・テロ・復讐・搾取を専門とする巨大組織のことだ」「偉大な頭脳がある優れた世界の犯罪者が集まり、権力を操る」

「米国は私との契約を拒否した。それは東側も同じ。彼らにその過ちを償わせてやる」

それを聞いたボンドが、「世界征服が望みか。自分が絶対者だと錯覚する者が多いな」と挑発すると、ドクター・ノオは怒り、そばに置かれた金属製の置物を義手で握り潰します。

「君(ボンド)はもっと利口な男だと思っていたが、君には時間と費用を費やし、組織と誇りを傷つけられた」「だから君に興味を持った。味方にできんものかと」

ボンドがスペクターへの勧誘を断ると、ドクター・ノオはますます怒り、手下たちに命じて彼を昏倒させ、高圧電流が流れる窓がある独房に投獄しました。

ボンドは独房の通気口から脱出し、原子炉の作業員に扮して、原子炉プールを備えたドクター・ノオの管理センターへ潜入。

アメリカから月面ロケットが発射されたのを見て、ボンドは原子炉に過負荷をかけました。

これにより、原子炉の作業員は全員退避し、残ったドクター・ノオは妨害したボンドに殴りかかります。

2人は揉み合いになり、原子炉プールに降下していく昇降機に転落。なおも格闘戦を繰り広げるも、ドクター・ノオは義手が滑って梯子を掴むことができず、原子炉プールへと消えていきました。

ボンドは梯子を上り、原子炉プールから脱出。管制センターを出て、監禁されていたライダーを見つけ出し救出します。

混乱の最中、ボンドたちはドクター・ノオの手下からボートを奪い、島から脱出。その直後、ドクター・ノオの秘密基地全体が爆発し崩壊しました。

やがてボートの燃料が尽き、ボンドたちは漂泊してしまいます。するとそこへ、英国海軍の船に搭乗したライダーが現れ、ボンドたちは彼らの船にボートを牽引してもらうことにしました。

そのボートの中で、ボンドとライダーが熱いキスを交わしたところで、物語は幕を閉じました。

スポンサーリンク

映画『007/ドクター・ノオ』の感想と評価


(C) 1962 Danjaq, LLC and Metro-Goldwyn-Mayer Studios Inc. All Rights Reserved.

「007」ことジェームズ・ボンドの戦い

ジャマイカに派遣されたボンドは、空港について早々、ドクター・ノオが放った刺客に命を狙われてしまいます。

ですがボンドは、幾度となく現れる刺客たちを全て撃退。たとえそれが美女であった場合、ハニートラップに引っかかったフリをして、ちゃっかりジャマイカ総領事館に通報して、彼女の身柄を引き渡します。

どんな美女をも魅了するボンドですが、彼は鋭い洞察力と素早い判断力、相手が誰であろうと負けない戦闘力の高さを持っていて、誰もがその姿に見惚れるほど格好良いです。

また普段は冷静沈着なボンドが、デント教授が放ったタランチュラを目にした時は、さすがに動揺を隠せず冷や汗タラタラ。何度もスリッパを振り下ろした時に、それに合った効果音が鳴るため、思わずクスッと笑ってしまいます。

ミサイルと月面ロケット発射を妨害する黒幕の正体


(C) 1962 Danjaq, LLC and Metro-Goldwyn-Mayer Studios Inc. All Rights Reserved.

どこから情報が漏れたのか定かではありませんが、ミサイルと月面ロケット発射を妨害する黒幕の正体、ドクター・ノオはボンドが密命を帯びてジャマイカに来たことを知っていました。

そのためミス・ターロやデント教授ら刺客を放ち、時間や費用を費やしてでもボンドを殺そうとしてきます。

ですがそれらを全て撃退し、なおかつ自分の目的に気づいたボンドに、ドクター・ノオは興味を持ちました。それも、ドクター・ノオが所属する巨大組織「スペクター」に勧誘するほどです。

ドクター・ノオは作中、「ミサイルと月面ロケット発射を妨害するのは、スペクターの力を誇示するためだ」とボンドに語っていました。

ですがその理由の大半を占めていたのは、作中ボンドが言っていたように、ドクター・ノオの業績を評価せず契約しなかった米国や東側への逆恨みではないかと考察できます。

ただ自分の業績を世界中の人に認めて欲しかったという願いは叶わず、悲しき天才科学者ドクター・ノオは、原子炉プールの中に沈んでいきました。

まとめ


(C) 1962 Danjaq, LLC and Metro-Goldwyn-Mayer Studios Inc. All Rights Reserved.

ジャマイカで殺されたMI6の諜報員の死の真相を探るべく、現地に派遣されたMI6の敏腕諜報員ジェームズ・ボンドが天才科学者ドクター・ノオと戦う、アメリカ・イギリス合作のスパイアクション作品でした。

のちに「スパイアクション映画の金字塔」と称されるほど人気を博する、「007」シリーズ最初の作品である本作では、「007」ことジェームズ・ボンドの魅力があますことなくたっぷりと描かれています。

また、初代ジェームズ・ボンドを演じるショーン・コネリーの演技力はとても素晴らしく、ショーン・コネリーが繰り広げるアクション場面も、ショーン・コネリー自身が放つダンディズムはとても格好良いです。

それに、のちに「ボンドガール」と呼ばれる美女、スイス出身のウルスラ・アンドレスは、作中登場する他の美女たちの中で群を抜いて美しい女優でした。

ウルスラ・アンドレスとショーン・コネリーの2人が演じる、ボンドとライダーのラブロマンス場面もまた、迫力あるアクション場面の次に観ている人の胸を熱くさせます。

ダンディズムな俳優ショーン・コネリーが初代ジェームズ・ボンドを演じた、スパイの戦いと恋模様に胸が熱くなるスパイアクション映画が観たい人に、とてもオススメな作品です。

関連記事

アクション映画

007/ロシアより愛をこめて|ネタバレあらすじ感想と結末の解説評価。ショーンコネリー演じるボンドとスペクターの“熱い戦い”

大人気スパイアクション映画「007」シリーズ第2作! テレンス・ヤングが監督を務めた、1963年製作のイギリス・アメリカ合作のスパイアクション映画『007/ロシアより愛をこめて』。 「007」こと英国 …

アクション映画

映画『ザ・マミー』ネタバレと感想!ラスト結末やダークユニバース考察も

2017年7月28日より公開されたアクション・アドベンチャー超大作『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』。 ユニバーサル・スタジオの礎を築いてきたモンスターたちが蘇る「ダーク・ユニバース」という新たなシリ …

アクション映画

ジョジョ実写映画ネタバレと感想!続編はある?山﨑賢人の評価も

映画界の鬼才・三池崇史監督が漫画界の奇才・荒木飛呂彦の大人気漫画「ジョジョの奇妙な冒険」を実写映画化! 主人公・東方仗助を演じる山﨑賢人をはじめとした人気実力派キャストが、ファンから最も人気の高い第4 …

アクション映画

韓国映画『マスター/MASTER』あらすじと感想レビュー!公開日は?

韓国観客動員715万人の大ヒット!『MASTER/マスター』。2017年11月10日(金)より全国ロードショーに向け、極悪のカリスマ詐欺師に挑んだイ・ビョンホンの来日が決定! 今作では悪の権化と化すイ …

アクション映画

映画『ネイビーシールズ(2018)』あらすじとキャスト!ナチスの金塊とは?

映画『レオン』や『LUCY/ルーシー』などで知られるリュック・ベッソンが原案・脚本・製作を担当し、最強の部隊“ネイビーシールズ”に所属する、5人の金塊強奪作戦をド派手に描きます。 2018年1月12日 …

U-NEXT
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学