Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アクション映画

映画『キングダム』登場人物の成蟜(せいきょう)役は本郷奏多。演技力とプロフィール紹介

  • Writer :
  • YUMIKO

中国春秋戦国時代を舞台にした原泰久原作の大人気マンガ『キングダム』を実写化した映画が2019年4月19日より公開。

原作は第17回手塚治虫文化賞マンガ大賞を受賞し、累計発行部数3600万部を超える一大歴史エンターテイメント作品です。

監督は、『アイアムアヒーロー』『いぬやしき』『図書館戦争』などヒット作を数多く持つ佐藤信介

主演の山崎賢人はじめ、吉沢亮、長澤まさみ、橋本環奈、本郷奏多など豪華俳優が出演することが発表されています。

この記事では、成蟜(せいきょう)役を演じる本郷奏多(ほんごう・かなた)について詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

映画『キングダム』の作品情報


(C)原泰久/集英社 (C)2019映画「キングダム」製作委員会

【公開】
2019年(日本映画)

【原作】
原泰久『キングダム』(集英社)

【監督】
佐藤信介

【キャスト】
山崎賢人、吉沢亮、長澤まさみ、橋本環奈、本郷奏多、 満島真之介、高嶋政宏、要潤、加藤雅也、石橋蓮司、大沢たかお

【作品概要】

中国の春秋戦国時代を舞台とした歴史大作。

大将軍になるという夢を抱いた戦災孤児の信と、中華統一を目指す王のえい政(後の始皇帝)の活躍が壮大なスケールで描かれます。

山崎賢人、吉沢亮、長澤まさみ、橋本環奈、本郷奏多、 満島真之介、高嶋政宏、要潤、加藤雅也、石橋蓮司、大沢たかおなど豪華俳優陣が集結。

脚本には原作者の原泰久も参加。約2年もの時間をかけて書き上げられました。

監督はドラマ『アイアムアヒーロー』『いぬやしき』『図書館戦争』を手がけた佐藤信介が務めます。

映画『キングダム』のあらすじ

舞台は春秋戦国時代の中華西方の秦の国。

戦災孤児の少年である信と漂は天下の大将軍となることを目指して、日々剣術の鍛錬に励んでいました。

王との大臣の昌文に召し上げられた漂が王宮に入ることとなり、信と漂は別々の道を歩み始めます。

王宮では王の弟・成蟜(せいきょう)によるクーデターが発生。戦いの中で致命傷を負った漂は、なんとか信のいる納屋にたどり着きます。

お前に頼みたいことがあると言いながら、漂は血まみれの手で、ある丘に建つ小屋を示す地図を信に手渡します。

そして漂はそのまま力尽きてしまいます。

地図を握りしめて走り出す信。しかし彼がたどり着いた先で見たのは、冷静にたたずむ漂の姿でした。

それは漂ではなく、玉座を奪われて王都を追われた秦の王・えい政でした。王にうり二つだった漂は、彼の身代わりとして命を落としたのです。

激高した信は、えい政と共に行動すると決意し、王と共に王宮奪還のために立ち上がります。

しかし、それはえい政にとって、路の第一歩に過ぎず…。

スポンサーリンク

映画『キングダム』成蟜(せいきょう)役は本郷奏多(ほんごう・かなた)

参考映像:映画『GANTZ』(2011)

映画『キングダム』で成蟜(せいきょう)役を演じる本郷奏多(ほんごう・かなた)は、1990年11月15日生まれの28歳。宮城県出身。スターダストプロモーション所属。

幼稚園時代より仙台市でキッズモデルとして活動。その後、現在の事務所に移りました。

2002年映画『リターナー』で俳優デビュー。

2005年映画『HINOKIO』で14歳にして初主演。同年にドラマ『あいくるしい』でもクールな主要人物役を演じました。

そのほか映画『NANA2』『GANTZ』『闇金ウシジマくんPart3』『いぬやしき』、ドラマ『ちゃんぽん食べたか』『ラブホの上野さん』など多数出演しています。

参考映像:映画『凛ーりんー』(2019)

2019年には本作に加え、佐野勇斗とW主演している又吉直樹原作・脚本監修の映画『凛ーりんー』が公開予定。人気急上昇中の若手俳優です。

奏多という名は本名。兄の名が「遥」で、「はるかかなた」のごろ合わせでつけられたそうです。

趣味は数多く、ガンプラ、ゲーム、音楽鑑賞、テニス、ギター、写真を撮ること、ビリヤード、ダーツ。

中でもガンダムシリーズの大ファンで、ガンプラ製作では趣味の域を超える腕前の持ち主

大の甘いモノ好きで、お菓子が主食。トマトと納豆が苦手だそうです。

潔癖症ということでも有名で、常に除菌グッズを持ち歩いているとのこと。

映画『キングダム』成蟜(せいきょう)はどんな役?


(C)原泰久/集英社 (C)2019映画「キングダム」製作委員会

えい政の異母弟。

自らの血筋に誇りを持ち、臣下を道具のように扱い、鬱憤をはらすために平民を虐殺するなど暴虐な性格。

実母が王族の血を引いている自分こそ、純血で王にふさわしいと考え、クーデターを起こします。

スポンサーリンク

本郷奏多の演技力の評価は

子役時代から経験と実力を積み重ねてきた本田奏多。

演技派として知られており、役になり切れる俳優という高評価の声が聞かれます。

SFマンガを実写化した『GANTZ』では、原作でも圧倒的な存在感ある役・西丈一郎を見事に演じ、ファンから大きな支持を得て話題となりました。はまり役と認められ、この作品から知名度がアップ。

声優としても活躍中。アニメファンからもその実力を認められています。

本郷は今回の『キングダム』出演に際し、大作に関わることができてとても嬉しいとコメント。エゴイスティックな王族の役は自分と似ていると思いながら挑んだそうです。

本郷奏多の公式SNSの紹介

本郷奏多の公式SNSは残念ながらみつけられませんでした。

まとめ

中国歴史超大作映画として大きな注目を集める『キングダム』。

キャストには、山崎賢人、吉沢亮、長澤まさみ、橋本環奈、本郷奏多といった若手実力派が勢ぞろいしています。

鬼才・佐藤信介監督で、“撮影にもっともふさわしい場所”中国で撮影が敢行された本作。公開を前に期待が大きく高まっています。

子役から演技力を磨いてきた実力派・本田奏多が演じる、暴虐な弟王の成蟜(せいきょう)役も大きなみどころとなっています。

超大作歴史ロマン『キングダム』は2019年4月19日より全国ロードショーです。

関連記事

アクション映画

映画TAXi5ダイアモンドミッション|あらすじネタバレと感想。ラスト結末も 

ヒットメーカーのリュック・ベッソンが放つ大ヒット・カーアクション・エンターテイメントが11年振りに復活。 一見、平凡なタクシーが一変、超絶レーシングマシンに変身すると、今度はイタリア人強盗団を追い、マ …

アクション映画

映画『キングダム』登場人物の信役は山崎賢人。演技力とプロフィール紹介

中国春秋戦国時代を舞台にした原泰久原作の大人気マンガ『キングダム』を実写化した映画が2019年4月19日に公開されます。 原作は第17回手塚治虫文化賞マンガ大賞を受賞し、累計発行部数3600万部を超え …

アクション映画

映画『ワイルドバンチ』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

あまりにも過激なバイオレンス描写から「Bloody Sam(血まみれのサム)」との異名で呼ばれる監督のサム・ペキンパー。 彼の最高傑作とも称される『ワイルドバンチ』をご紹介します。 スポンサーリンク …

アクション映画

映画『キャノンボール』ネタバレあらすじと感想。日本人役のジャッキーとマイケルホイを筆頭にバート・レイノルズが君臨!

不朽の人気を誇る、お気楽ロードレース・コメディ映画! かつて香港を代表する映画会社であったショウ・ブラザース。そこを離れたレイモンド・チョウらが設立した映画会社ゴールデン・ハーベストです。 彼らはカン …

アクション映画

ジュマンジ/ウェルカムトゥジャングル|あらすじとキャスト。ゆうばり国際ファンタスティック映画祭上映も

映画『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』は、4月6日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー。 呪われたテレビゲーム「ジュマンジ」の猛獣だらけの危険なジャングルから現実の世界に戻るため …

映画『凪待ち』2019年6月28日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開【主演:香取慎吾/監督:白石和彌】
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
【Cinemarche独占・宇治茶監督インタビュー】映画『バイオレンス・ボイジャー』制作秘話と創作の原点を語る
【Cinemarche独占】映画『メモリーズ・オブ・サマー』映画監督アダム・グジンスキへのインタビュー【私のお手本となった巨匠たちと作家主義について】
【真宮葉月インタビュー】映画『最果てリストランテ』の女優デビューへの心がまえと学び続ける好奇心
【Cinemarche独占】映画『初恋~お父さん、チビがいなくなりました』公開記念・小林聖太郎監督インタビュー|倍賞千恵子と藤竜也が夫婦を演じた映画『初恋~お父さん、チビがいなくなりました』の魅力を語る
【Cinemarche独占】映画『岬の兄妹』公開記念・片山慎三監督インタビュー|映画『岬の兄妹』での複雑な人間関係を上質なエンタメに仕上げた映像作家に迫る
日本映画大学
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP