Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アクション映画

映画『スノー・ロワイヤル』ネタバレ感想と結末までのあらすじ。ニーセン初の父子共演作!

  • Writer :
  • 奈香じゅん

映画『スノー・ロワイヤル(原題:Cold Pursuit)』は、リーアム・ニーセン主演作品。

舞台はコロラド州のスキーリゾート地で、息子を麻薬組織に殺された父親の復讐を描いた物語です。息子・カイルを演じるのは、ニーセンの実子マイケル・リチャードソン。

ノルウェー映画『ファイティング・ダディ』を再映画化したコメディ・アクション作品で、製作を務めるのは『パルプ・フィクション』のマイケル・シャンバーグです。

映画『スノー・ロワイヤル』の作品情報

【公開】
2019年(アメリカ映画)

【原題】
Cold Pursuit

【監督】
ハンス・ペテル・モランド

【キャスト】
リーアム・ニーセン、トム・ベイトマン、トム・ジャクソン、ウィリアム・フォーサイス、ラウル・トゥルヒーヨ、ローラ・ダーン

【作品概要】
本作は、ノルウェー人監督ハンス・ペテル・モランドのハリウッド映画初監督作品。『愛と革命の日々』(日本劇場未公開)でモントリオール映画祭の最優秀監督賞を受賞しています。

プロデューサーのマイケル・シャンバーグが『ファイティング・ダディ 怒りの除雪車』を観て映画化を決定しました。

映画『スノー・ロワイヤル』のあらすじとネタバレ


(C)2019 STUDIOCANAL SAS ALL RIGHTS RESERVED.

コロラド州。除雪作業員のネルソン(ネルス)・コックスマンは、模範市民に選ばれ観衆を前に壇上でスピーチをしています。

その頃、空港に勤めるネルソンの息子・カイルが作業を終えて控室に戻った所、突然スピード率いる男達に襲われます。バンの中へ押し込まれたカイルは、無理矢理薬物を注射され走る車両から投げ出されました。

警察から一報を受けたネルスと妻・グレイスは、州都デンバーへ向かいます。遺体安置所で息絶えたカイルの身元確認に立ち会った夫妻に、刑事は麻薬の過剰摂取が死因だと告げます。

麻薬などに手を出す息子ではなかったと呟くネルス。1人息子を失ったグレイスの怒りと悲しみは深く、次第に夫を遠ざけるようになります。

落ち込んだネルスは、自分のショットガンを職場に持参し、自死を図ろうとします。そこへ息子の知人だったダンテが現れ、カイルは人違いで麻薬組織に殺されたと話します。

実行犯の名前がスピードだと知ったネルスは、復讐する為クラブへ向かいました。エレベーターでスピードと2人きりになったネルスは、息子の仇と信じて叩きのめしますが、スピードはカイル殺害の指示を受けていたことを知ります。

その男の名前を聞きだした後、ネルスはスピードを絞殺。翌日、その指示を出した男が勤めるブティックを訪れ、ショットガンで脅します。すると更にその上に命令を下した麻薬の運び屋がいることが分かります。

ネルスはこの情報を聞いた後男を射殺し、遺体を網に巻いて崖の上から川へ投げ込みました。


(C)2019 STUDIOCANAL SAS ALL RIGHTS RESERVED.

除雪車で追いかけ3人目の男も襲ったネルスは、殴り疲れて雪の上に寝転がります。運び屋に爺さんと呼ばれ一緒に笑った後、ネルスは懐からショットガンを取り出して殺害。残されたブリーフケースを開けると大量の麻薬が入っていました。

ネルスは、麻薬の袋を開けて散布した後、男の車を除雪車で吹き飛ばし、死体を同じ川に遺棄します。帰宅するとグレイスが分かれも告げず家を出ていました。

ネルスは兄のブロックを訪ね、カイルが殺害されたことを打ち明けます。ブロックは、以前町を支配する麻薬王の殺し屋を請け負っていました。

その頃のコネを使い調査した結果、現在“稼業”を受け継いだ息子のトレヴァー・通称ヴァイキングの手下との揉め事にカイルが巻き込まれたことを突き止めます。

ブロックは、ヴァイキングを殺すならプロの殺し屋を雇えと助言し、通称エスキモーを紹介。ネルスは、もう既に手下3人を殺害し、犯罪小説で知った方法で遺体を捨てたことを話します。

一方、ヴァイキングは、手下と大量の麻薬が消えたことで苛ついています。先住民の麻薬王・ホワイトブルの仕業だと思い込んだヴァイキングは、手下にホワイトブルの息子を誘拐するよう命じます。

父の代にホワイトブルと手を組んで居住区に麻薬を流しビジネスは拡大。しかし、後にホワイトブルが税金を掛けたことに対しヴァイキングはずっと根に持っていました。

手下がホワイトブルの息子を拉致して拷問した後、ヴァイキングが情け容赦なく射殺。友好関係の証にホワイトブルが父に渡したペンダントを殺害した息子の首に掛け、ヴァイキングは遺体を道路標識に縛り付け見せしめにしました。

以下、『スノー・ロワイヤル』ネタバレ・結末の記載がございます。『スノー・ロワイヤル』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。


(C)2019 STUDIOCANAL SAS ALL RIGHTS RESERVED.

ネルスから5万ドルの報酬を受け取ったエスキモーは、その足でヴァイキングを訪ね全てを話してしまいます。雇い主の名前を明かす代わりに5万ドルをヴァイキングに要求。

指定口座へ送金したヴァイキングはコックスマンという名前を聞き出し、父の殺し屋をしていた男の苗字だと気付きます。

そして、取引をしておきながら裏切るエスキモーにモラルを説教した後殺害します。

軽口をたたいた手下をいきなり射殺したヴァイキングは、遺体の首を刎ねてホワイトブルに献上し、息子の殺害犯人を捕まえ内輪で対処したと伝えるよう命じました。

その後ヴァイキングはブロックの家を訪れ、何故自分の命を狙ったのか理由を尋ねます。

ヴァイキングの父親に自分の恋人を奪われたからだとブロックは嘘をつき、更に10キロの麻薬はトイレに流したとしたり顔。

その頃、1人息子を殺されたホワイトブルは、手下の前でヴァイキングの息子を狙うと訓示。

ヴァイキングの子分が持参した首に見向きもせず、息子の命にはヴァイキングの息子に支払ってもらうと睨みつけ射殺します。

兄の埋葬を済ませたネルスは、ヴァイキングの息子が通う学校を訪れ、言葉巧みに息子を誘拐します。

自宅に子供を連れ帰ったネルスは、夕食を作ってやり、寝かしつける際に本も読み聞かせます。

翌日、ネルスはヴァイキングに連絡を入れ、息子を餌に誘い出しました。


(C)2019 STUDIOCANAL SAS ALL RIGHTS RESERVED.

高台に在るネルスの職場にヴァイキング達の車両が到着。ネルスはライフルのスコープで狙いますが、手下が邪魔でタイミングを逃し反対に拘束されてしまいます。

そこへヴァイキングを追跡していたホワイトブル達が襲撃。一気に銃撃戦へ突入します。

しかし、ヴァイキングが車で逃走を図ろうとします。弾が飛び交う中様子を見ていたネルスは、重機車両に乗り込み沿道の木を切断しヴァイキングの車の上から串刺しにしました。

動けなくなったヴァイキングが降参して両手を上げた所、ホワイトブルが銃弾を浴びせます。

日が暮れ、ネルスはいつもの様に除雪車に乗り仕事へ出かけます。するとホワイトブルが扉を開けて乗り込んできます。手に銃を握り黙ったままネルスを狙うホワイトブル。

ネルスは、封鎖されたゲートを開け淡々と除雪作業を進めて行きます。

その姿を見ていたホワイトブルは、ダッシュボードの上に銃を置きました。2人を乗せた除雪車は、ヘッドライトを頼りに深い雪に覆われた漆黒の山道を走ります。

映画『スノー・ロワイヤル』の感想と評価


(C)2019 STUDIOCANAL SAS ALL RIGHTS RESERVED.

アクションは通常プロット中心に展開されますが、本作はカイル・コックスマンに始まり各派閥の手下等死亡するキャラクターで物語が進み、原作『In Order Of Disappearance』に沿った構成です。

主人公ネルソンが復讐を始めたことがきっかけで町の麻薬王ヴァイキングと先住民の麻薬王ホワイトブルを巻き込む抗争が勃発しますが、とばっちりを受けるのはそれぞれの息子達。

3人とも息子を思う父親であり、全ては勘違いで始まる復讐劇であることがストーリーの鍵となっています。

ネルソンの兄・ブロックやヴァイキングを倒すために雇うエスキモーという2人の殺し屋を挟み、個々の忠誠と裏切りが更に話を面白くさせるアイデアも見所です。

主人公ネルソン・コックスマンを演じたリーアム・ニーセンも登場人物が丁寧に描かれていたことに魅力を感じて出演を決めたと話しており、実子マイケル・リチャードソンと初の父子共演を果たしています。

ニーセンは、監督を務めたハンス・ペテル・モランドにリチャードソンをカイル役に勧めました。一方リチャードソンは、息子だからという理由でキャストしないで欲しいという意向を伝え、オーディションで役を獲得しています。

また、アメリカ先住民を重要キャラクターに置くことが少ないハリウッド映画ですが、本作の舞台となるコロラド州も遥か昔から彼等が住んでいた土地です。

ホワイトブルというキャラクターが登場したことは自然で、演じたトム・ジャクソンの風格ある存在感は印象的です。


(C)2019 STUDIOCANAL SAS ALL RIGHTS RESERVED.

まとめ


(C)2019 STUDIOCANAL SAS ALL RIGHTS RESERVED.

黙々と除雪車を走らせる一市民ネルソンがコミュニティに奉仕した功労を称えられた夜に起きる1人息子の殺人事件。

怒れる父が、麻薬組織のヒエラルキーを下から片づけて行くうちに、町を牛耳る親の七光りと1万年前から土地に住むネイティブ・アメリカンが衝突。誤解が誤解を生んだ戦闘に乗じて模範市民は復讐を果たします。

ネルソンとホワイトブルの父親の誇りを終盤に描きつつ、最後の最後に一笑を用意した『スノー・ロワイヤル』は、古今東西、誰もが共感する仇討をテーマにブラックユーモアを利かせたアクション映画です。

関連記事

アクション映画

実写映画『るろうに剣心(2012)』ネタバレ感想と結末あらすじ。キャスト佐藤健と武井咲で描く‟人斬りの生き様”を問う

和月伸宏原作の漫画を実写化した映画『るろうに剣心』 明治維新で「人斬り抜刀斎」と恐れられた刺客・緋村剣心は、維新後、斬れない“逆刃刀”を携えて流浪の旅を続けていました。 そんな頃、ふとしたことから、神 …

アクション映画

映画『ねばぎば 新世界』感想評価とレビュー解説。赤井英和×上西雄大が大阪・新世界を舞台に悪をねじ伏せる

映画『ねばぎば 新世界』は2021年7月10日(土)より、K’s cinemaより全国順次公開予定。 映画『ねばぎば 新世界』は大阪・新世界を舞台に、赤井英和が演じる村上勝太郎(通称・勝吉 …

アクション映画

007ロシアより愛をこめて|ネタバレあらすじ感想と結末の解説評価。ショーンコネリー演じるボンドとスペクターの“熱い戦い”

大人気スパイアクション映画「007」シリーズ第2作! テレンス・ヤングが監督を務めた、1963年製作のイギリス・アメリカ合作のスパイアクション映画『007/ロシアより愛をこめて』。 「007」こと英国 …

アクション映画

【映画ネタバレ】土竜の唄FINAL|感想評価とあらすじ結末解説。シリーズ完結の3作目も生田斗真のアクションで魅了!

映画「土竜の唄」シリーズのファイナルだ、みなで、バッチ来い! 監督・三池崇史×脚本・宮藤官九郎×主演・生田斗真で映画化された、高橋のぼるの人気コミック「土竜(モグラ)の唄」シリーズ第3弾。 ある日突然 …

アクション映画

ドラマ銀魂ミツバ篇(北乃きい)激辛せんべいは実際に買えるのか?

『銀魂』オリジナルドラマ版のタイトルは『銀魂-ミツバ篇-』に決まり、dTVにて配信されることとなりました。 沖田の姉ミツバは病弱でおしとやかな性格、その反面、チョコレートパフェにタバスコをかける強烈キ …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学