Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

サスペンス映画

Entry 2017/09/02
Update

三度目の殺人|検察官・篠原一葵役は市川実日子!演技評価と感想

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

是枝裕和監督の映画『三度目の殺人』は、2017年9月9日(土)より東宝系劇場にて公開!

弁護士が殺人を犯した容疑者の心の奥底に潜む真意を、弁護する立場から見つめる姿により、新たな真実を想像させる法廷サスペンス。

キャストは是枝監督と2度目のタッグとなる福山雅治が弁護士を演じ、殺人犯は日本を代表する大御所の役所広司が演じます。

また、2016年夏に理系女子(リケジョ)キャラで大ブレイクした市川実日子が今度は検察官役で出演!見逃せませんね!

スポンサーリンク

1.映画『三度目の殺人』の作品情報


(C)2017 フジテレビジョン アミューズ ギャガ

【公開】
2017年(日本映画)

【原案・脚本・編集・監督】
是枝裕和

【キャスト】
福山雅治、役所広司、広瀬すず、斉藤由貴、吉田鋼太郎、満島真之介、松岡依都美、市川実日子、橋爪功

【作品概要】
『そして父になる』の是枝裕和監督と福山雅治が、ふたたびタッグを組んだ作品で、是枝監督自らオリジナル脚本で挑んだ法廷心理ドラマ。

第74回ヴェネツィア国際映画祭のコンペティション部門に正式出品。

是枝組には初参加となる役所広司が殺人犯の三隅役で福山雅治と初共演を果たしました。また、『海街diary』の広瀬すずが重要な鍵を握る被害者の娘役を演じています。

2.『三度目の殺人』の市川実日子(篠原一葵 役)

弁護士の重盛朋章に福山雅治、殺人容疑者の三隅高司に役所広司とキャスティングを聞いただけでも、この作品の密度がいかに濃いのか伺わせますよね。

その他に父親の命を奪われた娘役の山中咲江に広瀬すず。その母親山中美津江に斉藤由貴ですから、この重要な鍵となるポイントにこの2人が演じるのですから、見どころは満載です。

そして何より待っていました!検察官の篠原一葵を演じるのは市川実日子

2016年に『シン・ゴジラ』で尾頭ヒロミという理系女子役の演技で大ブレイク。

今作の彼女も尾頭ヒロミを彷彿とさせるような、テキパキ、ハキハキとした口調の検察官・篠原一葵ということですから、その魅力は変わらないでしょう。楽しみですね。

スポンサーリンク

3.市川実日子のプロフィール

こんな顔もオチャメ〜な市川実日子!!

市川実日子(いちかわ みかこ)は、1978年6月13日に東京都で生まれます。ファッションモデル、女優として活躍しています。

事務所はスールキートス所属。姉は同じくモデル出身の女優の市川実和子というから、美人姉妹としても有名です。

1998年に女優としての活躍を開始した彼女は、2003年の初主演映画『blue』ではモスクワ国際映画祭で最優秀女優賞を受賞。

2016年に『シン・ゴジラ』の尾頭ヒロミのヒロイン役で人気急上昇すると、毎日映画コンクール女優助演賞を受賞、また、第40回日本アカデミー賞優秀助演女優賞を受賞しました。

今回の市川実日子の映画のなかで、どれほどの場面に出演しているのでしょうか?実日子ファンとしては気になりますね。

しかし、少ない役回りだとしても、彼女の場合は絶対的な存在感を見せてくれることでしょう。

『三度目の殺人』の検察官の篠原一葵のハキハキとした話し方や涙袋のある愛らしい目線に注目したいですね。

4.映画『三度目の殺人』のあらすじ

法廷の弁護の勝訴にこだわりを持つ弁護士の重盛が、弁護を担当することになってしまったの容疑者の三隅。この容疑者には30年前にも殺人前科がある人物でした。

仕事を解雇された工場の社長を殺めて、その死体に火をつけた容疑で起訴された三隅。彼は犯行も自供し、死刑はほぼ確実でした。

しかし、調査を進めるにつれ、弁護士の重盛には違和感のようなものが芽生えていきます。

三隅と会うたびに動機が曖昧に変わり、なぜ殺したのか…?本当に彼が殺したのか…?謎の多い三隅に呑まれているのか…?

他人の弁護に真実などは必要ないと信じていた弁護士の重盛が、初めて容疑者の心の真実を知りたいと願うようになります。

やがて、三隅と被害者の娘の咲江に接点があることが明らかになるのです…。

スポンサーリンク

まとめ

この作品は弁護士重盛役に福山雅治、対峙する容疑者に役所広司、物語の鍵を握る被害者一家の斎藤由貴と広瀬すず。

そこに重盛の事務所に所属する若手弁護士に満島真之介も出演。

そして何よりも市川実日子が検察官で出演するのが見どころですよね。果たして容疑者は犯人なのか?冤罪なのか?

絡んだ人間模様の糸口を一つ一つ解いていった時、それまで見えていた真実がいとも簡単に変容していくようです。

是枝裕和監督の映画『三度目の殺人』は、2017年9月9日(土)より全国公開。

ぜひ、お見逃しなく!

関連記事

サスペンス映画

北川景子映画『ファーストラヴ』あらすじ感想と内容解説。容疑者役を芳根京子が体当たり演技で堤幸彦ミステリーに挑む

映画『ファーストラヴ』は2021年2月11日(木)より全国順次ロードショー! 直木賞作家、島本理生の人気原作小説を、サスペンスミステリーでは定評のある堤幸彦監督によって映画化された『ファーストラヴ』。 …

サスペンス映画

映画『オーシャンズ8』あらすじネタバレと感想。ラスト結末までサンドラブロックら豪華キャストを堪能!

スティーブン・ソダーバーグ監督が手がけ、ジョージ・クルーニーほかオールスターキャスト共演で話題を集めた「オーシャンズ」シリーズがオール女性キャストで大復活! ハイセンスなクライムエンタテインメント『オ …

サスペンス映画

映画『マスカレード・ホテル』宿泊客役は松たか子。演技力とプロフィール紹介

『容疑者Xの献身』『ガリレオ』シリーズで知られるベストセラー作家・東野圭吾原作によるシリーズ累計275万部を突破した人気小説を原作とした映画『マスカレード・ホテル』が2019年1月18日に公開されます …

サスペンス映画

『アングスト/不安』考察まとめ。映画結末までヤバイほど“シリアルキラーの狂気に密着”した作品の魅力

映画『アングスト/不安』は2020年7月3日(金)より、シネマート新宿ほか全国にて順次公開 1980年、オーストラリアで刑務所から仮釈放中の殺人犯、ヴェルナー・クニーセクが一家を惨殺するという、衝撃的 …

サスペンス映画

映画『ロスト・ボディ』ネタバレ考察感想とラスト結末のあらすじ。本格ミステリー・スリラーで描かれた“強烈な愛”

シッチェス映画祭ファンタスティックセレクション2013にて上映『ロスト·ボディ』 2012年スペインで公開された映画で、オリオル·パウロ監督ならではの興味津々な展開によって、興行的な成績が多く見受けら …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学