Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

サスペンス映画

Entry 2018/08/18
Update

映画MEGザ・モンスター|あらすじとキャスト。監督ジョン・タートルトーブのプロフィール紹介

  • Writer :
  • バフィー

映画『MEG ザ・モンスター』は9月7日(金)公開!

ジョーズが可愛く思えるほどの圧倒的スケールで襲い掛かる、巨大ザメ・メガロドンに立ち向かうのは、アクション映画の常連俳優で元水泳選手でもあるジェイソン・ステイサムです。

カイジュウ映画とサメ映画が融合した、“新感覚カイジュウ映画”は、ぜひ迫力の大スクリーンで観てください!

スポンサーリンク

映画『MEG ザ・モンスター』の作品情報


(C)2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., GRAVITY PICTURES FILM PRODUCTION COMPANY, AND APELLES ENTERTAINMENT, INC.

【公開】
2018年(アメリカ・中国合作映画)

【原題】
The Meg

【監督】
ジョン・タートルトーブ

【キャスト】
ジェイソン・ステイサム、リー・ビンビン、クリフ・カーティス、レイン・ウィルソン、ウィンストン・チャオ、ペイジ・ケネディ、ジェシカ・マクナミー、マシ・オカ、ロバート・テイラー

【作品概要】
『ナショナル・トレジャー』や『魔法使いの弟子』などのヒットメーカーのジョン・タートルトーブ監督が『トランスポーター』『アドレナリン』のジェイソン・ステイサムを起用して制作したパニック・ムービー。

200万年前に生息し、今では絶滅したはずの巨大ザメ・メガロドンが現代に復活し、人々を恐怖に震え上がらせます。

体長23メートル、ジョーズの3倍以上という圧倒的スケールのモンスターに勝てる可能性はあるのでしょうか。

ジョン・タートルトーブ監督のプロフィール

ジョン・タートルトーブは、1963年8月8日生まれ、アメリカ・ニューヨーク出身の映画監督。

1988年に南カリフォルニア大学映画芸術学部を卒業し、1990年に『バーバリアン・ブラザーズのシンク・ビッグ』で映画監督デビューを果たします。

1993年に監督した映画『クール・ランニング』が興行的にヒットしたことで一躍有名になり、メジャー作の監督オファーが殺到。

1996年にはジョン・トラボルタ主演の『フェノミナン』、2000年にはブルース・ウィリス主演の『キッド』などの話題作を手掛けます。

それ以降はディズニー配給の映画を手掛けましたが、その中でもニコラス・ケイジ主演の『ナショナル・トレジャー』シリーズのヒットが彼を更に有名にしました。

2016年からスタートしたジャッキー・チェン主演映画を基にしたドラマシリーズ『ラッシュアワー』のパイロット版の監督も務めました。

スポンサーリンク

映画『MEG ザ・モンスター』の主なキャスト


(C)2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., GRAVITY PICTURES FILM PRODUCTION COMPANY, AND APELLES ENTERTAINMENT, INC.

ジェイソン・ステイサム(ジョナス・テイラー)のプロフィール

ジェイソン・ステイサムは、1976年7月26日生まれ、イギリス・イングランド出身の俳優。

水泳飛込競技の選手として活躍してましたが、1992年に引退後はファッションモデルに転向します。

モデル契約していた会社がスポンサーであったことがきっかけで、1998年『ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ』で俳優デビューを果たします。

ジェット・リー主演のアクション映画『ザ・ワン』に出演したことがきっかけで、アクション映画俳優として知られるようになり、『トランスポーター』や『アドレナリン』などのアクション映画への出演でより知名度を上げることになりました。

2010年にはシルベスタ・スタローン監督・主演作『エクスペンダブルズ』では、アーノルド・シュワルツェネッガーやブルース・ウィリスなど多数の大物俳優の中でも存在感を残し、3作すべてに主演しました。

人気のカー・アクション映画「ワイルド・スピード」の第6弾『ワイルド・スピード EURO MISSION』からデッカード・ショウ役で出演します。

このキャラクターが好評で人気が出たため、スピンオフ『ホブス&ショウ』の制作が決定しました。

次回作には『SPY/スパイ2』が待機中です。

リー・ビンビン(スーイン・ザン役)のプロフィール

リー・ビンビン は、1973年2月27日生まれ、中国・黒竜江省出身の女優。

1993年に上海戯劇学院に入学し演技を学びます。

1994年にはコメディ映画で女優デビューを果たし、その後も数々の映画やテレビに出演。2000年の主演作『ただいま』での演技が評価され、シンガポール国際映画祭最優秀女優賞を受賞します。

2008年には『雲水謡』(日本未公開)で中国金鶏百花電影奨・最優秀主演女優賞を受賞します。

同じく2008年にジャッキー・チェンとジェット・リーの念願の共演で話題となった映画『ドラゴン・キングダム』でハリウッドデビューを果たしました。

ハリウッドデビュー後も中国での女優業を中心としながら並行してハリウッド映画にも出演。

2012年『バイオハザードⅤ リトリビューション』で原作ゲームでアジア系の人気キャラクター・エイダ役を演じたことで一躍有名となります。

2014年には『トランスフォーマー/ロストエイジ』にも出演しました。

クリフ・カーティス(ジェームズ・マックライズ役)のプロフィール

クリフ・カーティスは、1968年7月27日生まれ、ニュージーランド・ロトルア出身の俳優。

ニュージーランドとスイスのドラマスクールで演技を学び、1991年テレビ映画『アンダーカバー』(日本未公開)でドラマデビュー、1993年『ピアノ・レッスン』で映画デビューを果たしました。

1998年にスティーブン・ソマーズ監督作『ザ・グリード』でハリウッドデビューを果たし、その後も名脇役として『トレーニングデイ』や『ダイ・ハード4.0』などのメジャー作にも出演し、存在感を残しました。

2015年からスタートした『ウォーキング・デッド』のスピンオフ・ドラマ『フィアー・ザ・ウォーキング・デッド』では、メインキャラクターのトラヴィス役を3シーズンに渡り熱演しました。

2020年~2025年の間に展開される大型プロジェクト『アバター2』『アバター3』『アバター4』『アバター5』にも出演予定です。

映画『MEG ザ・モンスター』のあらすじ


(C)2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., GRAVITY PICTURES FILM PRODUCTION COMPANY, AND APELLES ENTERTAINMENT, INC.

人類未踏とされるマリアナ海溝をさらに超える深海が発見され、沖合に海洋研究所を構えた探査チームが最新の潜水艇で調査に乗り出します。

幻想的な未知の生物が生きる深海の世界を発見し、心躍らせる一同でしたが、その時、巨大な「何か」が襲いかかってきました。

レスキューダイバーのジョナス・テイラーは、深海で身動きがとれなくなった探査チームの救助に向かうことになります。

そこで200万年前に絶滅したとされる、体長23メートル、体重20トンにも及ぶ巨大ザメのメガロドンに遭遇。

想像を絶する巨大なモンスターに立ち向かうジョナスに勝ち目はあるのでしょうか…。

スポンサーリンク

映画『MEG ザ・モンスター』の感想と評価


(C)2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., GRAVITY PICTURES FILM PRODUCTION COMPANY, AND APELLES ENTERTAINMENT, INC.

ジョン・タートルトーブ監督が目指したのはサメ映画の延長線でも「モンスター・パニック」ではなく、「カイジュウ映画」です。

更にサメ映画の持つ緊迫感や圧迫感も兼ね備えた、「新感覚カイジュウ映画」と言ったほうがいいのかもしれません。

『フランケンシュタインの怪物 サンダ対ガイラ』を数えきれないほど観ていて、日本特撮への愛も語っている、タートルトーブ監督ですが『フランケンシュタインの怪物 サンダ対ガイラ』に影響を受けたシーンを探してみるのも楽しいかもしれません。

ジョーズなんて可愛く感じてしまうほどのスケール感は劇場で観て体感してください。
そして、勝ち目なんて全く感じない絶望的な相手に立ち向かう、ジェイソン・ステイサムの勇士を目に焼き付けてください。

まとめ

映画『MEG ザ・モンスター』の見どころのひとつは、テレビ俳優がたくさん出演していることです。

どうしてもジェソン・ステイサムに目がいってしまうのですが…。

『アドベンチャータイム』のレイン・ウィルソン

『フィアー・ザ・ウォーキング・デッド』のクリフ・カーティス

『HEROES』『Hawaii Five-0』のマシ・オカ

『オレンジ・イズ・ニューブラック』『バットウーマン』のルビー・ローズ

『ラッシュアワー』のペイジ・ケネディ

『SIRENS』のジェシカ・マクナミーといったテレビスターが夢の共演を果たします。

これほどのテレビスターが共演する映画もあまりないため、海外ドラマファン必見の作品と言えるでしょう。

関連記事

サスペンス映画

【ネタバレ】ナイブズ・アウト2|結末あらすじと感想考察。続編“グラス・オニオン”意味と本格ミステリの見どころ⁈|Netflix映画おすすめ127

連載コラム「シネマダイバー推薦のNetflix映画おすすめ」第127回 アガサ・クリスティによる推理小説を彷彿とさせる古典的ミステリーの様相を見せながらも、現代風のノリと演出による新しさを見せたことで …

サスペンス映画

映画『ゲティ家の身代金』あらすじと感想。実話事件のラスト結末は違う?

映画『ゲティ家の身代金』は、2018年5月25日よりTOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー。 リドリー・スコット監督が秀逸な脚本に魅せられ演出を務めたのは、1973年の実話の事件。 世界一の大富豪 …

サスペンス映画

三度目の殺人|若手弁護士・川島輝役は満島真之介!演技評価と感想

是枝裕和の最新映画『三度目の殺人』が、2017年9月9日(土)に公開。 弁護士が殺人犯の心の奥底に潜む真意を、弁護する立場から見つめる姿によって、新たな真実を想像する法廷サスペンス。 キャストは是枝監 …

サスペンス映画

映画『ラプラスの魔女』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

東野圭吾の作家デビュー30周年にして、80作目となる『ラプラスの魔女』。 「これまでの私の小説をぶっ壊してみたかった」と、東野圭吾自身が語っている小説を原作に、三池崇史が豪華キャストを迎え映画化。 2 …

サスペンス映画

【ネタバレ考察解説】死刑にいたる病|ラストシーン/最後“爪”で真犯人が暴き嘲笑う“物語にすがる病”の罹患者

あなたはなぜ“大嘘吐きの殺人鬼”の言葉を、それでも信じるのか? 死刑が確定した連続拷問殺人鬼。多くの少年少女を殺害し「爪」をコレクションしてきた彼は、立件された事件のうち1件は、「冤罪事件」だと青年に …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学