Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

サスペンス映画

映画『マスカレード・ホテル』宿泊客役は松たか子。演技力とプロフィール紹介

  • Writer :
  • YUMIKO

『容疑者Xの献身』『ガリレオ』シリーズで知られるベストセラー作家・東野圭吾原作によるシリーズ累計275万部を突破した人気小説を原作とした映画『マスカレード・ホテル』が2019年1月18日に公開されます。

監督は『HERO』『本能寺ホテル』などのヒット作を手掛けた鈴木雅之。主演は木村拓哉と長澤まさみが務めます。

この記事では、宿泊客の一人を演じる女優・松たか子について詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

映画『マスカレード・ホテル』の作品情報


(C)2019 映画「マスカレード・ホテル」製作委員会 (C)東野圭吾/集英社

【公開】
2019年(日本映画)

【原作】
東野圭吾『マスカレード・ホテル』(集英社)

【監督】
鈴木雅之

【キャスト】
木村拓哉、長澤まさみ、小日向文世、濱田岳、前田敦子、笹野高史、高島政宏、菜々緒、生瀬勝久、松たか子、渡部篤郎

【作品概要】
直木賞受賞作『容疑者Xの献身』をはじめ、『秘密』『ガリレオ』シリーズなどで知られる大人気作家の東野圭吾によるベストセラー小説シリーズが原作。シリーズ第一作発売から7年を経て、待望の実写映画化。

出演には木村拓哉、長澤まさみ、小日向文世、濱田岳、前田敦子、笹野高史、高島政宏、菜々緒、生瀬勝久、松たか子、渡部篤郎ら実力派俳優がそろいました。

脚本は『ライアーゲーム・ザ・ファイナルステージ』『信長協奏曲』の岡田道尚。

監督はドラマ『HERO』『本能寺ホテル』などを手がけた鈴木雅之が務めます。

映画『マスカレード・ホテル』のあらすじ

都内で3件の殺人事件が発生。現場にはいずれも不可解な数字の羅列が残されていたため、殺人事件として捜査が開始されます。

警視庁捜査一課のエリート刑事である新田浩介は、その数字が次の犯行場所を予告していること、また高級ホテル・コルテシア東京が4件目の犯行場所となることを突き止めます。

警察はコルテシア東京での潜入捜査を決断。新田がホテルのフロントクロークとして潜入します。

彼の教育係となったのは優秀なフロントクラークの山岸尚美。

次々に犯人逮現れる素性の知れない宿泊客を前に、捕を第一に掲げる新田と、客の安全を第一優先とする尚美は水と油の関係。

しかし次第に共にプロとしての価値観を認め合うようになり、二人の間には不思議な信頼関係が芽生え始めます。

そんな中、事件は急展開を迎え、警察とホテルは追い込まれていき…。

スポンサーリンク

映画『マスカレード・ホテル』宿泊客役は松たか子

参考映像:映画『来る』(2018)

映画『マスカレード・ホテル』宿泊客役を演じる松たか子は、1977年6月10日生まれの41歳。東京都出身。

日本アカデミー賞最優秀主演女優賞、読売演劇大賞。最優秀主演女優賞等を受賞する日本を代表する女優です。

日本舞踊松本流名取、初代松本幸華(まつもと・こうか)の名を持ちます。

父は歌舞伎俳優・九代目松本幸四郎。

1993年歌舞伎座の『人情噺文七元結』で初舞台。

1994年NHK大河ドラマ『花の乱』でテレビドラマ初出演。

1995年NHKドラマ『藏』で主演。以降数多くのドラマ・舞台・映画に出演を重ねます。

今回の映画主演の木村拓哉とはドラマ『ラブジェネレーション』『HERO』などで共演し、高視聴率を記録。

ほかドラマ『運命の人』『カルテット』など多数出演。

1996年には史上最年少の19歳でNHK紅白歌合戦の司会に抜擢されました。

1997年に歌手デビュー。

2011年に個人事務所を設立して独立。

2014年に声優としてディズニー映画『アナと雪の女王』エルサ役で主演。歌唱担当した同作の劇中歌『レット・イット・ゴー』は一大旋風を巻き起こす大ヒットとなりました。

父の主演するミュージカルや、蜷川幸雄演出『ハムレット』、野田秀樹、串田和美作品などにも出演。

参考映像:映画『ヴィヨンの妻~桜桃とタンポポ~』(2009年)

映画『ヴィヨンの妻~桜桃とタンポポ~』で日本アカデミー賞最優秀主演女優賞、『告白』『夢売るふたり』で優秀女優賞受賞。

そのほか『東京タワー~オカンとボクと、時々、オトン~』『四月物語』『小さいおうち』など多くの映画に出演しています。

2018年にはホラー映画『来る』で個性ある霊媒師役を怪演。

CM『山崎製パン』『富士フィルム』などに出演。

松たか子の演技力評価は

参考映像:映画『告白』(2010)

映画『ヴィヨンの妻~桜桃とタンポポ~』日本アカデミー賞最優秀主演女優賞、『告白』『夢売るふたり』で優秀女優賞を受賞した松たか子。

誰もが認める人気と実力を兼ね備えた現代日本を代表する名女優です。

大ヒット映画『告白』では、松たか子の黒い演技に恐怖し戦慄を覚えた観客が続出。

メガホンをとった厳しい現場と女優泣かせで知られる中島哲也監督が「難しいこの役ができるのは、この世代では松たか子しかいない」と強く希望してキャスティングしたそうです。

『アナと雪の女王』エルサ役を演じ、挿入歌『レット・イット・ゴー』を歌った松たか子。彼女の高い歌唱力が『アナ雪旋風』に大きく一役を買ったことは間違いありません。

セリフを歌うミュージカル要素が強く、難易度の高い役エルサ。松の優れた能力を認められての大抜擢となりました。歌唱力は海外でも高い評価を受けています。

View this post on Instagram

オンエア情報📺⚡ 日本テレビ系「ウチのガヤがすみません!」に出演します🙏 #岡田准一 & #松たか子 がウチのガヤ参戦👀✨ ㅤ なんと❗️松たか子さんが阿佐ヶ谷姉妹とネタコラボしますよ~🤩❗️ 本日12/4(火)23:59~オンエアです🤚🤚🤚 ㅤ #映画来る #岡田准一 #黒木華 #小松菜奈 #松たか子 #妻夫木聡 #来る #12月7日公開 #中島哲也 #川村元気 #太賀 #柴田理恵 #青木崇高 #伊集院光 #映画 #映画化 #映画館 #映画鑑賞 #新作映画 #最恐エンターテインメント #あれの名を呼んではならない #人の心の闇に来る

映画『来る』公式さん(@kuru_movie)がシェアした投稿 –

2018年12月公開の『来る』では、ストレートロングヘアに顔に大きな傷を持つ異形の日本一の霊能者・比嘉琴子役を熱演しています。

比嘉琴子役のコスチュームの格好良さも話題でしたが、今回の『マスカレード・ホテル』では、”宿泊客”役ということしか発表されておらず、謎だらけの人物となっています。

女優として映画の役柄によって衣装の変化のみならず、ファンを驚かせる演技力を見せる松たか子だけに、公開を前に期待が高まっています。

マスカレード・ホテル』では、どんなことに女優として挑むのか、要注目です。

スポンサーリンク

松たか子の公式SNSの紹介

残念ながら松たか子の公式SNSはみつけられませんでした。

まとめ

大人気シリーズ小説の待望の実写化として期待が高まる『マスカレード・ホテル』。

キャストには木村拓哉、長澤まさみ、小日向文世、濱田岳、高島政宏、菜々緒、生瀬勝久、松たか子、渡部篤郎という豪華絢爛な顔ぶれがぞろり勢ぞろい。

名女優・松たか子が演じるのは宿泊客の一人。それ以外の情報は全く公開されておらず、どんな役どころを演じるのか謎のベールに包まれています

だからこそ、興味を引かれてやみません

ミステリーサスペンス映画『マスカレード・ホテル』は2019年1月18日より全国ロードショーです。

スポンサーリンク

関連記事

サスペンス映画

デスノートLight up the NEW worldあらすじネタバレと感想!ラスト結末も

11月17日に地上波「金曜ロードSHOW!」にて放送される、前作から10年のときを経て製作された、正統な映画『デスノート』続編。 一見無謀のようにも思える、この続編の制作。果たして原作ファンの期待に答 …

サスペンス映画

映画レッド・スパローあらすじとキャスト。ジェニファー・ローレンス紹介も

映画『レッド・スパロー』は3月30日(金)よりTOHOシネマズ他全国映画館にてロードショー! 映画『ハンガー・ゲーム』シリーズでタッグを組んだフランシス・ローレンス監督とジェニファー・ローレンスのWロ …

サスペンス映画

オゾン映画『2重螺旋の恋人』あらすじと感想。マリーヌ・ヴァクトに見る二項対立の考察

フランソワ・オゾン監督の『2重螺旋(らせん)の恋人』は、8月4日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国公開。 オゾン監督はセクシャル・マイノリティの立場から、同性愛や出産などをモチーフにした …

サスペンス映画

映画『ブレインゲーム』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

映画『ブレイン・ゲーム』は10月6日から新宿武蔵野館ほか全国順次上映中です。 完全犯罪と思われた連続殺人事件に、FBIが捜査協力を依頼したのは、特殊能力を持つ医師のジョン・クランシー博士でした。 主人 …

サスペンス映画

映画『ミスミソウ』あらすじと感想レビュー。内藤瑛亮監督の代表作と自負⁈

人気漫画家の押切蓮介の代表作で、トラウマ必須と評された『ミスミソウ】が映画化。 押切作品初の映像化に挑んだのは、『先生を流産させる会』『パズル』『ライチ☆光クラブ』と大胆なテーマを描き続ける内藤瑛亮。 …

【Cinemarche独占】映画『ウスケボーイズ』公開記念・橋爪功インタビュー|役作りと2018年の今を語る
【Cinemarche独占】映画『薄墨桜 -GARO-』公開記念・朴璐美インタビュー|役作りと2018年の今を語る
映画『斬、』塚本晋也監督インタビュー|時代劇で現代を描いた真意とは
映画『MAKI』サンドバーグ直美インタビュー|映画『MAKI マキ』女性の美しさを表現する思いを語る
【Cinemarche独占】映画『キラキラ眼鏡』主演・池脇千鶴インタビュー|役作りや撮影現場での思い出を語る
日本映画大学
ニューシネマワークショップ
国内ドラマ情報サイトDRAMAP