Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

サスペンス映画

Entry 2020/09/23
Update

Netflix映画『キングのメッセージ』ネタバレあらすじと感想考察。チャドウィック・ボーズマンが挑んだクライムサスペンス

  • Writer :
  • ゆきむらゆきお

チャドウィック・ボーズマン主演のクライム・サスペンス!妹の行方を追う、兄の姿を熱演!

Netflix映画『キングのメッセージ』は、2020年8月28日に死去したチャドウィック・ボーズマンが主演するクライム・サスペンス。

妹からのSOSを頼りに、彼女を追う過程で衝撃の展開を迎え、その真相を追う姿を描いた作品です。


 
妹を追う兄、彼が何者なのか。南アフリカからやってきた男性が、その正体を隠したまま小さな手がかりからおぞましい結末へたどり着く様を、チャドウィック・ボーズマンが勇敢に演じています。

チャドウィック・ボーズマンが亡くなる原因となった大腸がんの病状を抱えながらも、見事に演じた勇ましい姿が必見となる、骨太なダークな世界を舞台に描いたクライム・サスペンスです。

スポンサーリンク

映画『キングのメッセージ』の作品情報

Netflix キングのメッセージ

【公開】
2017年(アメリカ・フランス・イギリス・ベルギー合作映画)

【原題】
Message from the King

【脚本】
スティーヴン・コーンウェル、オリヴァー・ブッチャー
 
【監督】
ファブリス・ドゥ・ヴェルツ
 
【キャスト】
チャドウィック・ボーズマン、ルーク・エヴァンス、テレサ・パーマー、ナタリー・マルティネス
 
【作品概要】
ベルギーの映画監督ファブリス・ドゥ・ヴェルツが演出を担当。主演は、『ブラックパンサー』(2018)のチャドウィック・ボーズマン。

ヒロインは、オーストラリア人女優で、現在ではハリウッドを中心に活躍するテレサ・パーマー。『ウォーム・ボディーズ』(2013)など多数作品でもヒロインを務めるなど、実力派の女優。悪役には、ルーク・エヴァンス。ディズニー映画の『美女と野獣』(2017)のガストン役などで知られている、イギリス人俳優。また2016年のトロント国際映画祭でプレミア上映されました。

映画『キングのメッセージ』のあらすじとネタバレ

Netflix キングのメッセージ

ジェイコブ・キングは妹からのSOSの電話を受けて、南アフリカのケープタウンからアメリカのロサンゼルスへとやってきました。

滞在予定は、5日間。ジェイコブ・キングは妹を探すため、アメリカへとやってきたのです。

まずは拠点となる安いモーテルにチェックインをし、早速、妹が住んでいたへ向かうジェイコブ・キング。隣人のトリシュに会い、妹を探していることを伝えます。

すると、妹はもういないこと、さらには結婚していて、息子がいると言う事実まで知ります。ジェイコブは、その事実を知りませんでした。

と言うのも、その息子アルマンドは夫の連れ子で妹が連れて出て行きました。妹の夫は、とっくに出て行っており、妹が息子のアルマンドのことを気にかけていたのです。

その日の晩にパーティーがあるからと、誘われるジェイコブ。妹が残して行った荷物をトリシュが持っていた為、それを預かって大家を訪ねます。

大家を訪ねると、妹の夫だった男のひどい話を聞かされます。連れて行かなきゃ追い出していたと言い、ジーコという男に連れていかれたという情報を得るジェイコブ。

ジーコは、地中海の男で危険だという。妹は、今の家にやってきた頃は上品で気立ての良い子だったけど、出ていく頃にはボロボロだったと語る大家。

ジェイコブは心配になり、直ぐにジーコの元を訪ねます。しかし、ジーコはいませんでした。家賃を支払った時に、小切手の住所になっていた洗車場を訪ねましたが、何も収穫はありませんでした。ただ、怪しい男たちが揃っていたのをのぞいては。

手がかりを得られず、ホテルに帰るジェイコブ。妹の荷物を調べると韓国マーケットの袋がある事に気がつきました。

マーケットにて、妹を知らないかと尋ねると、女性は皆韓国語でしか対応してくれませんでしたが、息子らしき男性店員は、英語を喋れるらしく、話を聞いてくれました。

そこで、母親らしき女性は、間髪入れずに話をしています。もちろん韓国語。ジェイコブは男性に何を言っているのかを尋ねると、死体安置所に入ってみったのか…と言っているのでした。

ジェイコブは、戸惑いの表情を見せるもその疑いがあるのだと感じ、死体安置所へと足を運びました。

アフリカ系の女性の遺体を見ていくジェイコブ。すると、とある女性の遺体が、気にかかります。顔は鈍器で殴られていた為、判別はしづらい状態でしたが腕にはとあるタトゥーがありました。

でも、ジェイコブは違うと言います。しかしその後、ジェイコブはゆっくりと泣き崩れてしまいます。
そう、その腕にタトゥーのあった女性の遺体は、ジェイコブの妹だったのです。

ホテルに戻ると、自室は売春専用の部屋に変えたと言われ、別の部屋が用意されていました。そこで、妹の遺品となってしまった荷物を見ていると写真が目につきます。

そこには、先ほど洗車場にいた男が写っていたのです。

おそらく妹の行方や死んでいたことを知っていたはずなのに、嘘をついていたことがわかります。ジェイコブの復讐劇が幕を開けました!

ジェイコブは、外国人渡航者扱いです。当然武器は手に入れることは困難です。

なので、ジェイコブはバイク用の太いチェーンを買って、それを武器にして洗車場でマフィア相手に立ち向かいます。

まずは末端である、洗車場にいるマフィアたちを、やっつけます。妹が殺された理由を、知りたかったのです。しかしそれは上からの指示だったと言われ、携帯を奪ってその場を去るしかありませんでした。

夜、ジェイコブはトリッシュに誘われたパーティーに行きます。そこで、薬の売人の存在を突き止め、トリッシュの携帯からその売人を呼び出します。

妹の夫だったアレックスの影響で、薬に手を出していたことが明らかになり、妹を探していることを伝えるジェイコブは、妹が死んだ理由を尋ねます。

すると、売人は外に出ていき、キングがここにいると電話をしていました。

ギャングの正体を、ようやく掴みました。ジーコのボスは、デューク。彼らの指示で妹は殺されていたのです。

でも、なぜギャングに目をつけられ、殺しの指示を下していたのか、その理由までは掴めません。

その日は調査を打ち切り、レストランで食事を取るジェイコブ。彼の元に、女性が現れます。その女性は、ケリー。

昼間のホテルの、売春婦でした。彼女は、ジェイコブにお礼を言います。「何故?」と、尋ねるジェイコブ、彼女は本番を教養されていたから助かったのだと。

しかしジェイコブは、「それも生活のためだろ?」と、理解を示していました。きっと、ジェイコブが育ってきた環境も、ひどいものだったのかもしれないと、予感させる一幕。

そんな中、彼女と談笑すると2人は自己紹介をし、少しづつ打ち解けていく様が感じ取れました。

翌朝、ジェイコブは、妹の荷物から見つけた名刺、ポール・ウェントワースという人物を訪ねます。その前に、ジェイコブは昨日の女性、ケリーの元を訪れました。彼女の部屋は、ジェイコブの隣。

そこで、荷物を預かって欲しいと、もうひとつ車を借りました。

まず訪れた場所は、トリッシュ。妹の様子を改めて聞きます。すると、ジーコに怯えていたことが判明します。そしてトリッシュに、妹が死んでいることを伝え、その場を去るジェイコブ。

ポール・ウェントワースは、歯医者でした。患者として、その歯科医の元を訪ねると、妹の紹介で来たと伝え、組織に自分の存在をアピールするジェイコブ。

その結果、ポールは動きを見せ、組織の中枢へと動き出します。ジェイコブはそれを狙って、ポールの後を尾行しました。

たどり着いたところは豪邸。妹が殺された真相には、おぞましい真実が隠されていたのです。

以下、『キングのメッセージ』ネタバレ・結末の記載がございます。『キングのメッセージ』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

 
ジェイコブ・キングの妹、ビアンカはある組織に殺されています。その組織にビアンカを殺すよう仕組んだのは、ハリウッドの大物プロデューサー、マイク・プレストン。

マイク・プレストンは、ゲイでした。しかも、小児性愛者だったのです。妹のビアンカが面倒を見ること決めた、元夫の連れ子だったアルマンドがそこに居ました。

マイク・プレストンが、アルマンドを自宅に住まわせていたのです。彼を自分のものにする為邪魔であるビアンカを殺した、というのが真相でした。

真相を知ったジェイコブですが、帰りの車中で警官に止められ、職質を受けます。

ケリーの車は、車検切れでした。黒人ということもあり、不利な立場だったジェイコブ。

しかしその状況はあまりにも、不可解なもの。捕まるわけには行かないジェイコブは、隙をついて逃げ出します。しかし結果捕まってしまい、暴行されてしまいます。

すると、警官たちの会話から驚愕の事実が飛び出します。彼らはなんと、組織からお金をもらって、ジェイコブを片付けるように言われていたのです。

殺される直前、瀕死の状態でなんとか逃げ出す事に成功するジェイコブ。ホテルの近く、ケリーと出会いギリギリのところで助けられます。

一方、マイク・プレストンからの命令で、ジェイコブを始末するように頼まれたポール・ウェントワース。警官たちに殺しを依頼したのは彼でした。

ジェイコブは、ケリーの部屋で目覚めます。こんな状況になってしまったことをケリーに説明するジェイコブ。ケリーは、その真実を知り、彼を慰めるように寄り添うのでした。

ジェイコブにも、腕にタトゥーがありました。ジェイコブは、3兄弟でした。兄弟の3人には、腕にタトゥーをお揃いで彫っていました。

見ざる、言わざる、聞かざるをそれぞれに彫って、スリーキングスだと。

死体安置所の女性に彫ってあったタトゥーは、まさしくスリーキングスの証だったのです。

ジェイコブは傷が癒えると、ついに決着を付けにマイク・プレストンの元に向かいます。

爆弾を用意し、マイクを殺した後に彼の邸宅を爆破し、アルマンドを連れて逃げました。しかしアルマンドは、ジェイコブの元から逃走してしまいました。

ジェイコブは、組織のお金を一部持っています。そのお金をケリーに渡し、彼女をこの街から逃げ出すように長距離バスに乗せ、別れを告げました。

全てが終わったジェイコブは、南アフリカへと帰国します。彼が、少ない情報から真相に辿り着けたのは、治安の悪い南アフリカ・ケープタウンで、みんなからも慕われるほどの凄腕の警官だったからでした。

帰りの車中、街の風景を眺めるジェイコブ。その光景に彼は何を見たのか、かつての自分たちを重ねて子供たちを眺め、全てが終わったジェイコブは遠くを見つめます。

 

スポンサーリンク

映画『キングのメッセージ』の感想と評価

Netflix キングのメッセージ

チャドウィック・ボーズマンの勇姿が見れる映画として、骨太なアクション・ミステリーとなっている本作

この映画を100%楽しむには、単なるミステリーでは片付けるにはあまりにも簡単すぎるほど、この映画の背景は複雑にできています。

まず、この映画で描かれている、黒幕であるマイク・プレストンの性的指向には、アメリカでまことしやかにささやかれている都市伝説が関係しています。

これは、政治的背景にも直結する話で、現在アメリカでは”Q”という謎の人物が取り立たされています。
この”Q”を支持する活動をQアノンと言いいます。

Qアノンとは、具体的にここでは言いませんが、Twitterでは”Qアノン”に関するツイートができなくなっているなど、非常にセンシティブな話題なのです。

その”Q”が提唱しているある出来事が、この映画にも関係するのです。アメリカのエンタメ業界の裏では、小児性愛者が権力を持っており、彼らが大きな影響力を有していると。

そしてそれを阻止すべく戦っているのがドナルド・トランプであるという、政治的背景が存在し一部では指示を得ているのです。

この映画『キングのメッセージ』では、そんなアメリカの政治的背景をベースに物語が作られています。

しかしこの事実は、あくまで都市伝説。アメリカではこういったことに多くの関心がされているので、一般的ないち意見として認知されていますが、我々日本人にしてみれば、都市伝説でしかありません。

そんな背景に賛同するのか、黒人であるチャドウィック・ボーズマンが主演しているというのも、何か匂わせるものを感じてしまいます。

とはいえ、そんなアメリカの背景なんて知らなくても、この映画は骨太なミステリーとして小さな手掛かりから巨悪へと近づいていく様を楽しめる作品です。

見れば見るほどに、惜しい人を亡くしてしまった…と、感じてしまいます。
 

まとめ

Netflix キングのメッセージ

映画『キングのメッセージ』は、妹を亡くしてしまった兄が、自責の念を感じその復讐を遂げるという作品です。

チャドウィック・ボーズマンのシリアスな演技が白眉とも癒えるもので、勇敢な姿がとても格好いいストーリーになっています。

しかし、これはチャドウィック・ボーズマンが兄弟、さしては家族の愛を伝えるべく、彼のメッセージだったのかもしれません。

妹のことを思うキングの姿は、それこそチャドウィック・ボーズマンが家族を想う姿を感じさせるような、愛のある表情に見入ってしまいます。

この映画『キングのメッセージ』は、そんな家族への想い、贖罪を行う様を彼の姿に捉えて、メッセージとしたものだったのかもしれません。


関連記事

サスペンス映画

映画『お嬢さん』特別版東京と大阪以外の公開は?上映期間や劇場詳細

パク・チャヌク監督のロングラン上映中の『お嬢さん』は、上映館が少ないにもかかわらず、ネットでは大きな話題となっている映画。 また、『お嬢さん』はR18+作品といこともあり、監督の妥協を許さない内容的に …

サスペンス映画

韓国映画『鬼手』感想考察とレビュー評価。囲碁棋士のリベンジ復讐談を描く『神の一手』のスピンオフ作品

映画『鬼手』は2020年8月7日(金)よりシネマート新宿、シネマート心斎橋ほかにて全国順次ロードショー! 「人生は二つに一つ。遊び場になるか、生き地獄になるか」囲碁の世界に身を投じた男たちの、生々しい …

サスペンス映画

映画『十二人の死にたい子どもたち』犯人とゼロバンの正体ネタバレ。キャストの演技評価と感想は

ベストセラー作家・冲方丁(うぶかた・とう)のミステリー小説を原作とした実写映画『十二人の死にたい子どもたち』。 舞台の作演出を手掛けてきた倉持裕が脚本を担当し、『イニシエーション・ラブ』『トリック』な …

サスペンス映画

韓国映画『暗数殺人』感想とレビュー評価。実話事件をキムユンソク×チュジフンが抜群のハマり役で演じる

映画『暗数殺人』は2020年4月3日(金)よりシネマート新宿、シネマート心斎橋ほかでロードショー。 収監された一人の殺人犯から「実は全部で7人を殺害した」と謎の告白を受けた刑事。果たしてその真実とは… …

サスペンス映画

映画『罪の声』ネタバレあらすじと感想レビュー。実在の未解決事件の真相を解き明かすミステリー!

映画『罪の声』は2020年10月30日(金)より全国ロードショーされています。 映画『罪の声』は、実際に起きた昭和の未解決事件を基にした塩田武士の同題小説の映画化。 監督は『いま、愛に行きます』『麒麟 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学