Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

サスペンス映画

Entry 2021/07/22
Update

映画『15キリングス』ネタバレあらすじ感想と結末の解説評価。サイコパスの殺人遍歴と人知れない“彼の苦悩”

  • Writer :
  • 秋國まゆ

脳科学者が連続殺人犯の過去と犯行動機を暴くサスペンス・ホラー

ジョン・ドラコスが監督・脚本を務めた、2019年製作のアメリカのサスペンス・ホラー映画、『15キリングス』。

何が彼を、殺人に駆り立てているのか。シリアルキラーの心に潜む闇とは何か。

15人もの人間を殺害し、投獄された連続殺人犯の脳内プロセスを、脳科学で明らかにしていく物語とは、具体的にどんな内容だったのでしょうか。

連続殺人犯と脳科学者の心理戦によって、連続殺人犯の過去を暴き、その本質と恐怖を紐解いていくサスペンス・ホラー映画、『15キリングス』のネタバレあらすじと作品情報をご紹介いたします。

スポンサーリンク

映画『15キリングス』の作品情報


(C)2019 A JOHN DRACOS PRODUCTION AN ATLAS PRODUCTIONS LLC PRODUCTION ALL RIGHTS RESERVED

【公開】
2019年(アメリカ映画)

【監督・脚本】
ジョン・ドラコス

【キャスト】
スティーヴ・ボンジャールノ、マリア・オルセン、コディ・ベーレンズ、アンドリュー・ジェイコブス、エリース・サントロ、JT・リチャードソン、アダム・S.フォード

【作品概要】
ジョン・ドラコスが監督・脚本を務めた、アメリカのサスペンス・ホラー作品です。

スティーヴ・ボルジャールノが主演を務め、『リメインズ 死霊の棲む館』(2016)のマリア・オルセンや、ゴディ・ベーレンズ、アンドリュー・ジェイコブスらが共演しています。

映画『15キリングス』のあらすじとネタバレ


(C)2019 A JOHN DRACOS PRODUCTION AN ATLAS PRODUCTIONS LLC PRODUCTION ALL RIGHTS RESERVED

15人を殺害し、投獄された連続殺人犯ノリス・ジェンセンの元に、脳科学者J(ジュリア)・ケンティル博士がやって来て、あるお願いをします。

それは、「あなたの脳を調べさせて欲しい」というものでした。ノリスの脳をスキャンし、脳波(EEG)を調べ、何がノリスを殺人に駆り立てるのか調べるためです。

ケンティル博士は、ノリスが何人もの人を殺してしまう理由は、彼の過去に問題があるのではないかと考えていました。

ケンティル博士はまず、ノリスが感情が一部欠如した精神病室者「サイコパス」ではないか確かめるため、20世紀の心理学者たちが、サイコパスの特徴をリストにまとめた「サイコパシー(精神病質)・チェックリスト」に基づいたテストを行います。

ケンティル博士はノリスに、サイコパスの特徴である責任感の欠如や他人への非寛容、少年期の非行、少年期の問題行動がないかという特徴がないか尋ねました。

するとノリスは、責任感の欠如に関しては、刑務所で25年服役していることから、罪を償っているといるので否定。

しかし、少年期の問題行動に対しては、否定しませんでした。何故ならノリスは、少年期の時に野良猫1匹を公衆トイレで絞殺し、学校のボランティアで捜索し発見した、行方不明の高齢男性が死んでいるところをずっと眺めていたことがあったからです。

そしてケンティル博士は、莫大な自意識があることや、非現実的な目標を抱いてしまうことを特徴に挙げました。

莫大な自意識があるか、非現実的な目標を抱いてしまうかについても、ノリスに該当する特徴です。

ノリスは、バーで知り合った男性ダニーを言葉巧みに自宅に連れ込んでは、映画祭に出す映画を作る映画監督の如く、男性に厳しい演技指導を行っていました。

7つ目のサイコパスの特徴は、挙動不審であること。ノリスは飼い犬に恫喝したかと思えば、すぐさま態度を変え、何度も謝罪し抱きかかえています。


(C)2019 A JOHN DRACOS PRODUCTION AN ATLAS PRODUCTIONS LLC PRODUCTION ALL RIGHTS RESERVED

8と9つ目のサイコパスの特徴は、虚言癖があることと寄生的な暮らし。ノリスは軍隊に入隊し、その後警察官になるなど、その内部に侵入し寄生したことがありました。

さらにノリスは、自身を同性愛者だと言い嫌悪する兄ヴォンの恋人に、恋人の有無を尋ねられ、平気な顔をして嘘の恋人をでっち上げたこともあったのです。

10個目の特徴は、見境のない性衝動。ノリスはこの頃、ダニーと一緒に暮らしており、それでもバーで知り合った女性と一夜限りの関係を築くこともありました。

ノリスと女性の激しい性行為を、ドア越しに聞いて悲痛な表情を浮かべるダニーは後日、寝泊まりしていたノリスの家を出ていってしまうのです。これがノリスに該当する、11個目の特徴「短期的な関係」でした。

ダニーが出ていったことで、ノリスは自暴自棄になってしまったのでしょう。ノリスはダニーや女性と知り合った同じバーで、若い青年コリンに声をかけて家に連れ込みます。

そしてノリスは、ベッドに寝転がったコリンの背後から自身のネクタイで首を絞め、さらに水を入れたバケツにコリンの顔を突っ込み窒息させ、殺してしまうのです。

翌朝、ノリスが飼い犬の散歩に出かけると、彼の隣に住む女性が声をかけてきました。「昨夜大きな物音がしたのですが、模様替えでもしたのですか?」と。

ノリスは平然とした顔で、模様替えをしたと言って誤魔化します。その後、ノリスはスーツに着替え、職業安定所で仕事を行いました。

その夜、ノリスはリビングに放置したままのコリンの死体を白い布に包み、リビングの床下に細工を施して埋めました。

しかしそれでは、飼い犬が嗅ぎつけてしまうほどの腐敗臭がしてしまいます。そこでノリスは、腐敗臭を何とかすべく、コリンと一緒に入浴して匂いを消そうとしました。

そしてノリスが、次に標的にしたのは、同じバーで知り合った中国人男性です。広東語・英語・スペイン語を話せる男性は、ノリスと互いに縛り合ったまま性行為に及ぶ気満々でした。

しかしノリスは、金欠だという男性に金をちらつかせ、油断させた彼の靴紐を解いて、そのまま背後から首を絞めます。

ところがここで予想外なことが起きました。それはノリスに首を絞められた男性が、何とか自力で抜け出し、ノリスの家を飛び出し警察署に駆け込んだのです。

しかし男性は何故か、ノリスを告訴することを躊躇います。翌日、ノリスは同僚のロンの誕生日を祝い、彼との親睦を深めて自宅に招き入れました。

外国から1人で仕事のために引っ越してきたロンにとって、知り合いがおらず心細かったので、地元民のノリスの親切心溢れるおもてなしは、本当に嬉しいことでした。

しかしノリスは、音楽好きなロンにヘッドフォンを着けて音楽を聴くよう促し、その背後から彼を襲い、ヘッドフォンのケーブルを使って絞殺したのです。

ノリスはコリン同様、ロンの死体と一緒に入浴し、彼を身綺麗にしてから隣のソファーに座らせ、一緒に映画を鑑賞します。

後日、ノリスは常連客と化したバーで、別の男性に接触。ノリスは、言葉巧みに男性を自宅に招き、ソファーで酔って眠ってしまった彼の首を、彼が着けていたネクタイで絞めました。

しかし、目が覚めた男性が強い力でノリスに抵抗し、彼の手から逃れて、近くの公衆電話から警察署に通報。「イカレた男に急に襲われた、一瞬で人が変わったんだ。ローズ通りの123番に早く来てくれ」

男性の通報により、ノリスの家に1人の男性警官が訪ねてきました。ノリスは平然とした顔で、「性的な遊びだ」と言うと、警官から「男性がお前を告訴する気でいる」と聞かされます。

男性の告訴を受理する前に、事情聴取にやってきた警官は、襲っていないと言うノリスの主張を鵜吞みにし、厳重注意と召喚状だけにとどめることにしました。

そして警官は帰り間際、ノリスの家から漂う異臭に気づき、彼をマークすることにしました。

ここで場面は、ノリスの殺人遍歴から取調室に戻ります。ケンティル博士はノリスに、脳のどの部分で酸素が消費されているか画像化することが出来る方法「fMRI」でスキャンした、人間の脳の画像を見せながらこう説明しました。

ケンティル博士が言う、カイル博士という人物はこの「fMRI」を使って、500人以上ものサイコパスの囚人の脳を比較検証したのです。

「被験者に単語を見せていくの。“死”“殺す”“憎悪”など感情的な単語から、“机”“椅子”“窓”など無機的な単語まで」

「普通の人間の脳は、感情的な単語に強く反応する。でも研究によると、サイコパスの反応は弱いの」

以下、『15キリングス』ネタバレ・結末の記載がございます。『15キリングス』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2019 A JOHN DRACOS PRODUCTION AN ATLAS PRODUCTIONS LLC PRODUCTION ALL RIGHTS RESERVED

召喚状だけで事なきを得たノリスは、雪が降り積もった路上でナンパしてきた青年に、「寝る場所と食事が欲しいなら提供するよ」と言い、自宅に招き入れます。

画家志望の青年に、ノリスはスケッチブックに描いた、死んだ人間を抱える裸の男性の絵を見せます。その絵を称賛してくれた青年を、ノリスはベッドの上で絞殺。

ノリスはリビングに青年の死体を運び、コリンやロンたち同様、リビングの床下に布でくるんだ青年の死体を入れて隠しました。

さすがに3人の死体が隠されたノリスの家は、腐敗臭が漂い過ぎて、隣人女性のみならず、近所に住む男性も気づくほど最悪でした。

このままでは衛生局に通報されてしまう。そう思ったノリスは、コリンたちの死体の上に消臭剤を置いたり散布したりして、腐敗臭を何とかしようとします。

翌日、ノリスは退社後、バーでまた違う男性に声をかけました。ノリスは、その男性も慣れた手つきで自宅で絞殺。

そしてノリスは、仕事帰りに路上で見かけた、生活に困っている男たちに次々と声をかけ、自宅に招き入れます。

ノリスは、その内の1人の長髪の男性を絞殺し、てんかんを患う男性には救急車を呼んで助けました。

淡々と家に連れ込んだ男性を殺していくノリス。そんな彼に、ある危機が訪れます。

それは、ノリスが5か月連続家賃を滞納したことと、近隣住民から異臭がするという苦情が殺到したことによる、仲介業者ハーディからの立ち退き勧告です。

退去まであと10日。ノリスは、隠していた遺体を切断し、黒いゴミ袋に入れて燃やしました。

そしてノリスは、遺体を処理後、ハーディから受け取った立ち退き料を使い、彼が紹介した家へ引っ越しました。

そこでノリスは、親切に話しかけてきた隣人ハリスから、彼が恋人のドリーと一緒に住んでいること、向かいにはミシェルとマリーという住人が住んでいることを聞きました。

その新居でも、ノリスは若い青年を連れ込んでいました。ノリスの家に泊まった青年は、息苦しさから目を覚ますと、自身の首に何者かに絞められた跡があることに気づきます。

その青年は翌日、病院へ診察に行きましたが、気分が悪く頭が上手く回らず、医者に尋ねられても犯人に心当たりがありません。

一方ノリスは、その青年を見送った後、以前職場に相談に来た男性、主婦受けする幼児グッズを販売しようとする起業家志望のジミーとバーで再会。

これまでと同じように、ノリスはソファーで酔って眠ってしまったジミーの首を絞めます。

しかし、これまでの男性よりも生命力があったジミーは、一度死んだかと思ったけれど息を吹き返したのです。

ノリスは、ジミーの首を再び絞め、今度こそ彼を殺害。ただ誤算だったのは、ノリスたちが争った物音を、隣人のハリスとドリーに聞かれてしまったのです。

翌日、平然とした顔で仕事をするノリスは、自身に好意を寄せる同僚の女性に、仕事帰りの行動を告白しました。

ノリスは退社後、電車で帰宅し、飼い犬を散歩させた後にバーに行きます。そのバーでノリスは色んな人と出会い、彼らの夢や希望を聞きながら酒に溺れるのです。

その後、ノリスはバーで知り合った若い男性を家に連れ込み、手料理を振舞います。そしてノリスは、これまで同様、寛ぐ男性の首を絞めて殺害。

ノリスはその真実は告げず、「その後は帰宅して、また犬を散歩させる」「時々家に人を連れ込むことはあるけど、関係は長続きしない」と同僚の女性に話しました。

さらにノリスは、麻薬を吸う青年も自宅に招き入れ、絞殺。彼は殺した死体を切断し、トイレに流せるものは流し、流せないものは鍋に煮て処理をしました。

しかしノリスに、またしても予想外な危機が訪れます。それは、ノリスが死体の一部をトイレに流し続けたせいか、彼が住むアパートはトイレの排水トラブルに見舞われたのです。

実際、隣人のハリス宅ではトイレの水を流しても、水が溢れてきてしまう事態が発生しており、ドリーはアパート全体のトイレを点検してもらおうとします。

ノリスは帰宅後、トイレに流した死体の一部を回収しようとしますが出来ず、代わりに配管業者のトンプソンにある手紙を書きました。

「トンプソンさん、この家の状態は最悪です。廊下は暗く電球が点かず、トイレを流すと階下のトイレが水で溢れます」

「とても不快な異臭が、建物全体に漂っています」と。それに対しトンプソンは、配管に異常がないのを見て、マンホールを点検することに。

そして彼はアパートの住民全員に、「おそらく腐った肉が、建物全体に漂う異臭の原因であり、灰色の塊が下水管に詰まっていた。それと同じ物が、この家の配管から流れている」と報告。

さらにトンプソンは、「30~40個ほど散らばった肉片の正体が分からないので、警察にはまだ言いません。明るい時の点検が必要なので、朝にまた点検に伺います。このアパートに住む誰かの仕業なのは確かです」と、ノリスたちに告げました。

ハリスたち、アパートの住民は皆、最近引っ越してきたばかりのノリスに、疑いの目を向けました。

気味が悪いノリスを追い出すべきだ、警察を呼ぶべきだ。ハリスたちのその言葉は、先に帰ろうとしていたノリスの耳にも届いていました。

このままではマズい、そう思ったノリスは深夜、トンプソンが調べたマンホールの中に入り、持ってきたバケツに肉片を回収。

しかし、そこから帰ってきた彼の姿を、鉄の棒を持ったハリスに見られてしまいます。翌朝、トンプソンは上司と一緒に、マンホールを再点検。

当然ながら、ノリスが肉片を全て回収した後なので、発見できませんでした。トンプソンたちは、ハリスの元を訪ねると、彼から「(マンホールの中を掃除した奴を)見た」との証言が。

トンプソンたちとハリスは、マンホールの中を再度点検すると、昨夜トンプソンが見たものと似た肉片が1つ発見されました。


(C)2019 A JOHN DRACOS PRODUCTION AN ATLAS PRODUCTIONS LLC PRODUCTION ALL RIGHTS RESERVED

詰めが甘かったノリスは退社後、自宅の前で待ち構えていた、殺人課のノートンと警官1人に呼び止められてしまいます。

「死体はどこだ」そう尋ねるノートンたちに、ノリスは素直に死体の隠し場所を明かしました。

そしてノリスは、自宅から死体と解体に使った凶器を発見されたことにより、逮捕されました。ノートンたちは、凶器と死体を回収。

警察署まで連行する道中、ノリスを尋問したところ、彼は「死体は15、いや16あるかも」と告白したのです。

そのノリスの告白に、驚愕し素直に信じられないノートンたち。彼らは休憩中、ノリスを、「全ての死体を自分で処理した上に、殺した相手も覚えていないあいつは異常者、サイコパスだ」と言いました。

それよりもノートンたちは、犠牲者の身元が特定された時、遺族に何て説明すればいいか悩んでいました。

逮捕されたノリスは、今後自分がどうなるかよりも、保健所に引き取られることになった飼い犬の今後を心配していました。

同じ刑務所に収容された囚人からのいじめと、最悪な環境下で牢獄生活を余儀なくされるノリス。

ケンティル博士はそんな彼に、脳の仕組みや機能を説明した後、こう告げます。「サイコパス傾向のある者は、傍辺縁系や海馬やへんとう体の灰白質が、常人なら加齢とともに増幅するはずが、減少しているのよ」

「あなたの脳は、他とは違うのよ」そこで、面会時間の1時間が経ってしまいました。

ケンティル博士はノリスに、最後に「脳も筋肉のように委縮する。それを解明したい、だから研究するの」と伝えます。

ノリスはケンティル博士に、「また(話を)聞かせてくれ」と告げ、刑務官に連れられて牢屋へ戻りました。

刑務所での生活に戻ったノリスは、ノートにこう書き綴っていました。「犠牲者に哀れみはない、何も感じない」

「でも愛犬は別だ、彼女は僕の聖母だったのに、助けられなかった」

ノリスのその言葉通り、彼の愛犬は保健所の職員に薬を注射され、そのまま職員の腕の中で静かに息を引き取りました。

スポンサーリンク

映画『15キリングス』の感想と評価


(C)2019 A JOHN DRACOS PRODUCTION AN ATLAS PRODUCTIONS LLC PRODUCTION ALL RIGHTS RESERVED

脳科学者ケンティル博士により、サイコパスと診断された連続殺人犯ノリス。彼は愛犬だけは、可愛がっていました。

そんなノリスが、まるで息をするように淡々と、家に15人の男性を連れ込み殺害した場面は、観ているこちらがゾッとしてしまうほど恐ろしいです。

サイコパスのノリスは、おそらく少年期に見た、行方不明の認知症を患った高齢男性の死体がきっかけで、他者の死というものに興味を持ってしまったのでしょう。

それからノリスは、平然とした顔で普通の生活を送りながら、野良猫から始まり、バーで知り合った男性を次々と殺していく殺人鬼へと変貌します。

どうして他者を殺してしまうのか、ノリスの口から明かされる描写は劇中にはありません。またノリスは、普通に誰かを愛し結婚する生活を、「凡人のすること」として一切興味を持ちません。

ノリスの過去を回想する場面では、彼が行く場のない若い男性を絞殺するという2つの共通点だけが明かされています。でも逮捕された時のノリスは、どこか逮捕されたことに安堵していたように見えたのが不思議です。

普通の生活を送れないことを、心のどこかで渇望しつつも諦めてしまったノリス。そんなノリスの殺人遍歴と彼の人知れない苦悩こそ、本作の見どころです。

まとめ


(C)2019 A JOHN DRACOS PRODUCTION AN ATLAS PRODUCTIONS LLC PRODUCTION ALL RIGHTS RESERVED

15人の男性と猫一匹を殺害した、連続殺人犯ノリスの恐るべき殺人遍歴と本質を、脳科学の観点で紐解いていくアメリカのサスペンス・ホラー作品でした。

サイコパスなシリアルキラー、ノリス。彼はバーや路上で知り合った男性たちを、平然とした顔で淡々と絞殺していきます。

人を殺し、死体を解体するノリスの姿は勿論恐ろしいです。また殺人後、まるで殺人なんてしていないかのように日常生活に戻る彼とのギャップに、また違った恐怖を体感できます。

エンドロール前、「現代では、150人に1人がサイコパスと診断されている。彼らは“苦悩する魂”である」というテロップが流れました。

もしかしたらノリスのように、普通に生きることが難しく、殺人衝動が抑えられないサイコパスなシリアルキラーは、その「苦悩する魂」を持つ者なのでしょう。

苦悩する魂を持つ連続殺人犯の殺人遍歴に恐怖しつつ、彼の本質を視聴者と一緒に、脳科学の観点で紐解いていくサスペンス・ホラー映画が観たい人に、とてもオススメな作品です。

関連記事

サスペンス映画

映画『9人の翻訳家』ネタバレ感想と結末まで考察解説。実際に文学界で起きた事件“囚われたベストセラー”の犯行動機を解説

実話に基づく前代未聞の翻訳作業。 文学の自由を守るため、立ち上がった人物とは。 映画『9人の翻訳家 囚われたベストセラー』は、ダン・ブラウン著書のベストセラー小説『インフェルノ』の出版秘話を基に描かれ …

サスペンス映画

台湾映画『目撃者 闇の中の瞳』あらすじと感想。ラスト事件の真相は?

台湾映画『目撃者 闇の中の瞳』は、2018年1月13日(土)より新宿シネマカリテほか、全国順次公開! いよいよ台湾映画界の新星チェン・ウェイハオ監督の作品が日本上陸されます。 この戦慄の体感型サスペン …

サスペンス映画

映画『聖なる鹿殺し』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も【ヨルゴス・ランティモス監督作品】

映画『聖なる鹿殺し』は、ヨルゴス・ランティモス監督が観客のあなたに見せる“死のメタファー”。究極の選択を前に、あなたならどうしますか? 自尊心の強い心臓外科医のスティーブンは幸せに家庭とともに暮らして …

サスペンス映画

映画『告白小説、その結末』あらすじとキャスト。上映館情報も

フランスで今もっとも注目されている作家デルフィーヌ・ド・ヴィガンの小説「デルフィーヌの友情」を巨匠ロマン・ポランスキー監督が映画化! 『告白小説、その結末』は6月23日(土)より、ヒューマントラストシ …

サスペンス映画

映画『スリービルボード』あらすじとキャスト。マーティン・マクドナー紹介も

2月1日(木)全国ロードショーの映画『スリー・ビルボード』。 第75回ゴールデングローブ賞作品賞ら4冠、トロント国際映画祭観客賞、ベネチア国際映画祭脚本賞、数多くの賞を受賞した今年大注目の作品です。 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学