Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

SF映画

映画『十年』の太賀主演『美しい国』感想レビュー。是枝裕和監修で突きつけた問題定義とは【十年Ten Years Japan】

  • Writer :
  • 金田まこちゃ

映画『十年Ten Years Japan』は2018年11月3日(土)テアトル新宿、シネ・リーブル梅田ほか全国順次公開

是枝裕和監督が才能を認めた、5人の新鋭監督たちが描く、十年後の日本の姿。

高齢化、AI教育、デジタル社会、原発、徴兵制…。

私たちの”未来”は変えることが出来るのか。

映画『十年Ten Years Japan』のオムニバス作品の中から、太賀主演の『美しい国』をご紹介します。

スポンサーリンク

映画『十年Ten Years Japan』とは


(C)2018 “Ten Years Japan” Film Partners
香港で社会現象となったオムニバス映画『十年』を元に、新鋭監督達が自国の抱える問題点を軸に10年後の社会・人間を描く、日本、タイ、台湾の国際共同プロジェクト「Ten Years International Project」。

釜山国際映画祭2017での製作発表以来、世界中のメディアから注目され、『ブンミおじさんの森』のアピチャッポン・ウィーラセタクンが監督として参加したタイ版が、第71回カンヌ国際映画祭で特別招待作品として選出されるなど、世界から注目されている本プロジェクト。

日本版のエグゼクティブプロデューサーは、日本映画界を牽引する映画監督・是枝裕和。

杉咲花、國村隼、太賀、川口覚、池脇千鶴ら実力派俳優たちが各作品に集結しました。

是枝監督の最終ジャッジのもと、脚本のクオリティ、オリジナリティ、将来性を重視して選ばれた5人の新鋭監督たちが描く”5つの未来”を通じて、今、日本が抱えている問題、これからの私たちの未来が鮮明に見えてきます。

映画『十年Ten Years Japan』作品情報

【公開】
2018年 (日本映画)

【エグゼクティブプロデューサー】
是枝裕和

『美しい国』

【『美しい国』監督】
石川慶

【『美しい国』キャスト】
木野花、太賀

【『美しい国』作品概要】
短編作品を中心に発表し、2017年の映画『愚行録』で長編監督デビューを果たした、石川慶が監督を務め、徴兵制が義務化された10年後の日本を描く。

主演は若手実力派俳優との呼び声も高い太賀、共演に木野花。

スポンサーリンク

映画『美しい国』の主なキャスト

太賀


(C)2018 “Ten Years Japan” Film Partners
1993年2月7日生まれ、父親は俳優の中野英雄さん。

2006年にTVドラマ『新宿の母物語』で俳優デビュー、2007年に『風林火山』でNHKの大河ドラマに、初出演を果たします。

2008年に映画『那須少年記』で初主演を果たした後に、2012年の映画『桐島、部活やめるってよ』など話題作に出演します。

2016年のTVドラマ『ゆとりですがなにか』では、「ゆとりモンスター」山岸を演じ、Huluオリジナル連続ドラマでスピンオフが制作される程の、人気キャラクターになりました。

その後も、数々の作品に出演し、2018年だけでも『海を駆ける』『50回目のファーストキス』『母さんがどんなに僕を嫌いでも』『来る』などの映画に出演しています。

『母さんがどんなに僕を嫌いでも』では、母親から虐待を受けて、心を閉ざすようになった実在の人物という、難しい役柄を演じており、この作品でも木野花さんと共演しています。

木野花


(C)2018 “Ten Years Japan” Film Partners
1948年、青森県生まれ。

木野さんは、弘前大学教育学部美術学科を卒業後に、中学校の美術教師になりますが一年で退職し、演劇の世界に入りました。

1974年、「東京演劇アンサンブル養成所」時代の仲間5人と、女性だけの劇団「青い鳥」を結成し、翌1975年に旗揚げ公演を行います。

作家や演出家ではなく、作・演出を役者全員が共同で手がけるという、斬新さが注目を集め、1980年代に起きた小劇場ブームの中心的な存在となります。

1986年に「青い鳥」を退団後は女優や演出家として活躍。

近年では2013年のNHKドラマ『あまちゃん』、2014年のドラマ『三匹のおっさん』。

2014年の映画『娚の一生』2015年の映画『恋人たち』など、名脇役として数々の話題作に出演します。

2018年の映画『愛しのアイリーン』では、息子を溺愛し、周囲には牙をむく母親ツルを演じ、強烈な印象をのこしています。

舞台では、2017年12月に、イギリスの女性劇作家キャリル・チャーチルの代表作『クラウドナイン』の演出を、30年ぶりに木野さんが担当し話題になりました。

映画『美しい国』のあらすじ


(C)2018 “Ten Years Japan” Film Partners
広告代理店で働く渡邊は、日本で徴兵制が義務化された事を知らせる、広告を担当していました。

渡邊は従来のデザインから、若者に親しみやすいポスターデザインに変更するように、政府からの要請を受けます。

元のデザインを担当した、ベテランデザイナーの天達に謝罪しに行くことになった渡邊。

そこで渡邊は、天達が自分のデザインに込めた、ある思いを知ることになります。

スポンサーリンク

10年後の日本に徴兵制はあるのか?

映画『十年』は10年後の社会・人間を描くオムニバス作品ですが、10年後の日本で、徴兵制が義務化される可能性はあるのでしょうか?

2017年度で、自衛官の採用数は4年連続、計画を下回っています。

この事実を受け止め、防衛省は募集対象者の年齢上限を、26歳から32歳に引き上げました。

そして、自衛隊の募集活動として、アニメやアイドルを使用し、若者にアピールしている事実があります。

2017年度から、インターネットを通じた広報活動へ完全にシフトし、「自衛官募集ホームページ」へのアクセスは、これまでより確実に伸びているようです。

ですが、自衛隊を希望する若者が増えている訳ではありません。

もし、この状況で世界的な有事が発生したら、日本はどうするのでしょうか?

『美しい国』は現在の、日本の状況を反映させ、起こり得る未来を描いています。

『美しい国』感想と評価

『美しい国』の主役である渡邊のキャラクターは、ノリは軽いですが、仕事はそつなくこなし、状況に合わせた大人の対応も出来るという、会社や友人の中に必ず1人はいそうな、要領の良い若者です。

この渡邊を演じた太賀さんが、自然な演技を見せており「現在の若者の持つ空気」を、上手く作品に持ち込んでいます。

「徴兵制が義務化された日本」という、特異な設定のエピソードですが、最後まで日常風景を見ているような感覚で観賞できます。

渡邊は「徴兵制の義務化」を知らせるポスターを、街中に設置していきますが、渡邊にとって仕事でしかありません。

ですが、ベテランデザイナーの天達と会い、話をする事で、渡邊にとって他人事でしかなかった、戦争の空気を感じます。

そして、このエピソードのラストでは、ある出来事により、戦争が他人事では無くなります。

このラストシーンでは、過剰な演出は無く、観客に「何が起きたか」を徐々に気付かせていく展開となっており、すこし背筋が寒くなる、恐怖と悲しさが入り混じったシーンとなっています。

太賀さんは、脚本を初めて読んだ際に「途方もなく突き放された気持ち」になり、出演を即決したそうです。

日常風景を見ているような感覚から、戦争が日常を侵食している恐怖を描いた、素晴らしいバランスの作品になっています。

まとめ

『美しい国』は、監督の石川慶さんが「10年後に、戦争を語れる人達がいなくなる」という危機感から生まれた作品です。

「戦争の恐ろしさや悲劇を、次の世代にどう伝えるか?」は、戦争を体験した下の世代、つまり現在の社会で活躍している世代にかかっています。

10年後、日本と世界は「戦争反対」と言い続ける事が出来ているのか?

『美しい国』では、そんな問題提議がされています。

映画『十年Ten Years Japan』は2018年11月3日(土)テアトル新宿、シネ・リーブル梅田他全国順次公開です。

関連記事

SF映画

『ヴェノム』ネタバレ感想と評価。寄生獣と似たバディムービーを傑作洋画と割り切って楽しもう

「最悪」というキャッチコピーに強烈な牙をむいたポスタービジュアルが話題になっていますが、意外にも映倫審査ではPG12。 それもそのはず、本作『ヴェノム』は、ヴィランが残虐に大暴れする映画ではなく、悪そ …

SF映画

映画『エクスティンクション 地球奪還』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』(2014)や『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』(2017)など、数多くの名脚本を世に出したことで知られる脚本公開サイト「ブラックリスト」。 …

SF映画

パシフィックリム2アップライジング|あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

『シェイプ・オブ・ウォーター』でアカデミー賞監督となったギレルモ・デル・トロが、2013年に制作した『パシフィック・リム』の5年ぶりの続編。 新たな戦いの幕が開くアクション超大作『パシフィック・リム …

SF映画

映画『ジュピターズ・ムーン』感想。浮遊の評価とラスト結末の考察は

映画『ジュピターズ・ムーン』は1月27日より全国順次公開。 コーネル・ムンドルッツォ監督は、前作で犬たちと少女の対峙を描いた『ホワイト・ゴッド 少女と犬の狂詩曲』に引き続き、信頼をテーマに3部作の2作 …

SF映画

映画『シン・ゴジラ』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

誰しもが2014年のハリウッド版「GODZILLA ゴジラ」を観た際に、「怪獣映画」というジャンルも、ハリウッドに持って行かれたと嘆いたことでしょう。 しかし、庵野秀明監督が、初代ゴジラに並ぶ、あるい …

【完成披露試写会プレゼント】映画『空母いぶき』50組100名様ご招待(4/22東京国際フォーラム ホールA)
【Cinemarche独占】アミール・ナデリ監督インタビュー|映画『山〈モンテ〉』に込めた黒澤明監督への思いとは
【Cinemarche独占】『洗骨(せんこつ)』公開記念・水崎綾女インタビュー|映画『洗骨』のキャストとしての思いを語る。自身の経験と向き合い深めた演技と死生観
【Cinemarche独占】『LOVEHOTELに於ける情事とPLANの涯て』公開記念・三上博史インタビュー|役者魂と自身の人生観を語る。
【Cinemarche独占】映画『ウスケボーイズ』公開記念・橋爪功インタビュー|役作りと2018年の今を語る
【Cinemarche独占】映画『薄墨桜 -GARO-』公開記念・朴璐美インタビュー|役作りと2018年の今を語る
映画『斬、』塚本晋也監督インタビュー|時代劇で現代を描いた真意とは
映画『MAKI』サンドバーグ直美インタビュー|映画『MAKI マキ』女性の美しさを表現する思いを語る
日本映画大学
ニューシネマワークショップ
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP