Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

SF映画

映画『メイズ・ランナー3 最期の迷宮』あらすじとキャスト。前作の内容も合わせて紹介

  • Writer :
  • 若松れん

待望のシリーズ完結作『メイズ・ランナー最期の迷宮』は、6月15日(金)TOHOシネマズほか全国順次公開

本作は、2014年の『メイズ・ランナー』、2015年の『メイズ・ランナー砂漠の迷宮』に続く第3弾!

記憶を無くし巨大な迷路に放り出された若者たちが、命を掛けた脱出に挑むSFアクションです。

前作から続く主人公の若者たちと、謎の集団WCKD(ウィケット)との最後の戦い。今回は戻れる保障のない逆侵入で若者たちが果敢に攻め込む!ついに完結を迎えたシリーズ第3弾。彼らのなかで生き残れるのは…!?

スポンサーリンク

映画『メイズ・ランナー最期の迷宮』の作品情報


(C)TM and (C)2017 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved. Not for sale or duplication.

【公開】
2018年(アメリカ映画)

【原題】
Maze Runner: The Death Cure

【監督】
ウェス・ボール

【キャスト】
ディラン・オブライエン、カヤ・スコデラリオ、キー・ホン・リー、トーマス・ブロンディ=サングスター、ローサ・サラザール、ジャンカルロ・エスポジート、ナタリー、エマニュエル、エイダン・ギレン、ウォルトン・ゴギンズ、バリー・ペッパー、ウィル・ポールター、パトリシア・クラークソン、デクスター・ダーデンジェイコブ・ロフランド、キャサリン・マクナマラ

【作品概要】
『メイズ・ランナー最期の迷宮』は、アメリカの小説家ジェームズ・ダシュナーのSF小説を原作とした映画シリーズの3作目。

1作目は高いコンクリートの壁に囲まれた巨大迷路から決死の脱出に挑み、2作目は脱出した若者たちと秘密組織WCKDによる砂漠での戦い。そして完結となる本作では、ガラスと鋼鉄をテーマにした最終決戦に突入します。

巨大迷路脱出から3年。囚われた仲間を救うため、そして自分たちが狙われる理由を探すため決死の覚悟で逆侵入を決意するのですが…。

レジスタンス仲間を率いる主人公トーマス役はディラン・オブライエン。また、テレサ役は『パイレーツ・オブ・カリビアン最後の海賊』でヒロインを演じたカヤ・スコデラリオ、ニュート役を『ラブ・アクチュアリー』で注目を浴びたトーマス・ブロディ=サングスターが演じるなど、期待の若手俳優たちが顔を揃えています。

映画『メイズ・ランナー最期の迷宮』キャスト紹介


(C)TM and (C)2017 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved. Not for sale or duplication.

ディラン・オブライエンのプロフィール

ディラン・オブライエンは、「メイズ・ランナー」シリーズで初主演を手にした期待の若手俳優。

撮影中の大怪我により『最後の迷宮』の撮影が一時中断。しかし、人類存続の鍵を握る重要な主人公トーマス役で完全復活した姿を見せてくれることでしょう。

カヤ・スコデラリオのプロフィール

カヤ・スコデラリオは『メイズ・ランナー』でハリウッドデビューした若手女優。

2017年公開の『パイレーツ・オブ・カリビアン最後の海賊』では、海賊バルバロッサの娘カリーナ役を演じ注目されました。

トーマス・ブロディ=サングスターのプロフィール

『ラブ・アクチュアリー』でリーアム・ニーソン演じるダニエルの息子役でデビューしたトーマス・ブロディ=サングスターは、同番組に出演していたヒュー・グラントの血縁者。

またドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』に出演したり、アニメ声優を務めるなど幅広い分野での活躍も期待されています。

スポンサーリンク

これまでの「メイズ・ランナー」シリーズのあらすじ

第1作『メイズ・ランナー』のあらすじ


(C)2014 Twentieth Century Fox Film

コンクリートの高い壁で囲まれたグレードという広い場所で、記憶を無くした若者たちがコミュニティを作って生活していました。

壁の中は巨大かつ複雑な迷路になっていて、唯一の扉は朝に開くものの夜には閉じてしまうのです。

しかも、中にはグリーバーという化け物も生息し、迷路も決して同じ道順を示さないため、脱出は不可能とされていました。

そこへ、同じく記憶を無くしたトーマスという青年が仲間入りします。

トーマスは、余計なことはしないで欲しいというリーダーと対立してまでも、何度も迷宮脱出を試みました。

そして、ついに脱出となるキーを見つけ、仲間を率いて巨大迷路脱出をクリアするのです。

第2作『メイズ・ランナー2 砂漠の迷宮』のあらすじ


(C)2015 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved.

途中で仲間を失いつつも、巨大迷路脱出に成功したトーマスたちでしたが、今度はWCKDという謎の組織に捕まってしまいます。

トーマスたちはたくさんの仲間が捕らえられた組織の施設で、フレアという感染病の治療薬を作るため、若者を実験台にしているという衝撃の真実を目の当たりにします。

トーマスは、ニュートやミンホ、そして施設で知り合った仲間たちと施設を脱出。

砂漠化した大地の中、フレアに感染して凶暴化したクランク(元人間)の攻撃を交わしながらレジスタンスの元を目指すのです。

シリーズ完結『メイズ・ランナー3 最後の迷宮』のあらすじ


(C)TM and (C)2017 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved. Not for sale or duplication.

レジスタンスと合流したものの、テレサの裏切りによって自分たちの居場所が知られ、攻撃されてしまいます。多くの仲間が殺害され、ミンホを初めたくさんの仲間がWCKDに連れ去られてしまいました。

トーマスたちはミンホが乗っているであろう列車の一部を切り離しましたが、そこにはミンホの姿はなかったのです。

その頃、フレア感染者の急増により、急務でワクチン開発をしなくてはならなかったWCKDは、ラストシティにある隔離施設でまさに今ミンホを実験台しようとしていました。

トーマスは反対する仲間を振り切り、ニュートとフライパンを伴いラストシティに向かいます。

しかし、施設は何重もの高い壁が立ちはだかり侵入は不可能。トーマスたちは、緻密な計画を立て侵入を試みるものの、その先には予期せぬ敵が待ち受けていた…。

スポンサーリンク

映画『メイズ・ランナー最期の迷宮』の感想と評価


(C)TM and (C)2017 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved. Not for sale or duplication.

『メイズ・ランナー』はシリーズ2作品視聴し、ありがちな設定かと思いましたが、いざ観てみるとこれまでにはない世界観が楽しめました。

壁の中のコミュニティの原始的な生活、迷路の中のグリーバー、そして近未来機器の相反する設定が非常に面白いと感じます。

特に、迷路の構造はよく作りこまれていると思いました。

同じ道順は決してできないという理由は、最後のシーンで迷宮がアップになったときにわかって頂けるはずです。

こんなに凄い迷路だったのか!というパンチを貰えます。2作目は砂漠全体が迷路のようになっていますが、ある意味WCKDの施設内もまさに迷路状態。

1作目のように明らかな迷路というのが無くても、目的にたどり着くまで迷路の中にいるというような意味ではないかと思いました。

キャラクターもそれぞれ個性的で、トーマス本人がWCKDの関係者だったという意外性、トーマスの恋人だったテレサの裏切りなど、各俳優たちがそれぞれの持ち味を生かしたいい演技をしていると感じます。

まとめ


(C)TM and (C)2017 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved. Not for sale or duplication.

6月15日の公開を前に、前作までの総復習の振り返りとして、キャストやあらすじと、最新作『メイズ・ランナー最期の迷宮』の紹介をいたしました。

人類存続の犠牲となるのか、他に治療法が見つかるのか全ては完結編で描かれます。

まだ観ていない方も是非、独特な世界観をお楽しみいただきたい作品です!

関連記事

SF映画

ワンダーウーマン公開日とあらすじ!主演女優ガル・ガドット紹介も

2017年8月25日公開の『ワンダーウーマン』が凄すぎる! あなたはこの美しすぎる予告編を目にしているだろうか。 スポンサーリンク CONTENTS1.映画『ワンダーウーマン』の作品情報2.映画『ワン …

SF映画

『地球に落ちて来た男』ネタバレあらすじ感想と結末の考察解説。美しいデヴィッドボウイが迫害される異星人を演じる“名作カルトSF決定版”

ロックのカリスマ、デヴィッド・ボウイの映画初主演作 『赤い影』(1983)のニコラス・ローグ監督による地球に生きる異星人の愛と葛藤を描くSFカルト作品。 グラムロックの貴公子と呼ばれ人気を博したデヴィ …

SF映画

【ネタバレ】ジュラシックワールド3|あらすじ結末感想と解説評価。最後の完結で天才スピルバーグが描いた“世界のあり方”とは⁈

『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』で『ジュラシック』シリーズは完結 1993年、スティーブン・スピルバーグが『ジュラシック・パーク』を発表してから29年。監督や主人公を変えながら続いてきたこの …

SF映画

『オブリビオン』ネタバレ結末感想と評価考察。近未来SFにトム・クルーズが挑んだ“荒廃した地球で見つけた敵”との壮絶な戦い

人気俳優 トム・クルーズ主演のSF大作『オブリビオン』 『トップガン』(2022)シリーズのハリウッドの大スターであるトム・クルーズが主演を務める、『トロン:レガシー』(2010)のジョセフ・コジンス …

SF映画

映画『コズミック・シン』ネタバレあらすじ感想と結末の評価解説。ブルース・ウィリスとフランク・グリロが挑む宇宙戦争“回避”ミッション

人類の存亡を懸けた極秘ミッションを描いたSFバトルアクション! エドワード・ドレイクが脚本・監督を務めた、2021年製作のアメリカのSFバトルアクション映画『コズミック・シン』。 人類が火星への入植に …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学