Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

SF映画

映画『10クローバーフィールド・レーン』ネタバレ感想と結末までのあらすじ。前作HAKAISHAとの繋がりは怪獣と非対称性

  • Writer :
  • 中西翼

『クローバーフィールド/HAKAISHA』(2008)から始まった「クローバーフィールド」シリーズの第二作目。

怪獣パニックのSF映画でありながら、POVの手法で撮影された前作『クローバーフィールド/HAKAISHA』の続編でありながら、直接的な物語の続きではない、SFサスペンス映画『10クローバーフィールド・レーン』

演出を手掛けるのは、新進気鋭のダン・トラクテンンバーグ。そして脚本には、『セッション』(2014)や『ラ・ラ・ランド』(2016)のデイミアン・チャゼルが関わっています。

『夢を生きた男/ザ・ベーブ』(1991)のジョン・グッドマン、『スイス・アーミー・マン』(2016年)のメアリー・エリザベス・ウィンステッド、『ショート・ターム』(2009年)のジョン・ギャラガー・Jrが共演。

外は汚染されていると教えられ軟禁された男女が、疑心暗鬼になり、脱出を目指す様が描かれています。

スポンサーリンク

映画『10クローバーフィールド・レーン』の作品情報


(C)2016 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.

【公開】
2016年(アメリカ映画)

【原題】
10 Cloverfield Lane

【監督】
ダン・トラクテンバーグ

【キャスト】
ジョン・グッドマン、メアリー・エリザベス・ウィンステッド、ジョン・ギャラガー・Jr

【作品概要】
「クローバーフィールド」シリーズの第二作品目。新進気鋭の監督ダン・トラクテンバーグが演出の指揮をとり、『ラ・ラ・ランド』のデイミアン・チャゼルが、脚本として参加したSFサスペンス作品。また製作総指揮に『クローバーフィールド HAKAISHA』のマット・リーブスが参戦。

映画『10クローバーフィールド・レーン』のあらすじとネタバレ


(C)2016 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.

ミシェルは、婚約者のベンと同棲していました。しかし、電話で口論になり、ミシェルは酒を飲みます。そして、婚約指輪を置いて、車を走らせました。夜道を駆けるミシェルは、車と接触し、意識を無くします。

ミシェルが目を覚ますと、そこは見知らぬ部屋でした。金具に身体を縛られ、たぐり寄せた携帯も圏外の状態です。

そこに、初老の男ハワードが、食糧を持って現れます。ハワードは、ミシェルに松葉杖を渡します。ミシェルは脱出するため、ハワードを攻撃しますが、返り討ちに遭います。

ハワードはミシェルに、外の状況を説明します。核か、化学兵器か、はたまた宇宙人の襲来か、なんにせよ、外は危険な状態になり、それを救ったと語ります。ミシェルは、監禁の口実に嘘をついているのではないかと疑います。

ミシェルは部屋を出て、地下シェルターの中を探索します。そこには、若い男性のエメットがいました。エメットもまた、外からの攻撃のことを口にします。

ハワードは、ミシェルにハワードを紹介し、部屋の使い方を教えます。豚小屋には、豚の死体があり、外の攻撃に触れると死んでしまうと説明します。

ミシェルは、ハワードのことが信じられず、鍵を盗み出して脱出することを計画します。部屋の外からは、わずかに車の走るような音があり、ハワードの話す攻撃の存在を信じられませんでした。

ミシェルが鍵を盗んで、二重のドアの一つ目を開くと、外には車が見えました。車から、一人の女性が降り、扉を開けるよう、ミシェルに頼みます。

その女性は、顔が血にまみれており、ミシェルは躊躇います。女性の要求は、徐々に過激になっていき、ついには扉を頭で叩きつけます。ミシェルは、外に出ることを止めました。

戻ったミシェルに、ハワードは外気に触れている可能性を考慮し、シャワーを勧めます。ハワードは、ミシェルと事故になった原因は自分にあると認めます。

そしてそれは、攻撃に気付いてシェルターに戻ろうと焦っていたからでした。ミシェルは、ハワードの言う攻撃のことを、信じるようにしました。

ハワードは、自身の娘の話を、ミシェルにしていました。娘のメーガンは、ミシェルと同じくらいの年齢であり、離婚した妻に引き取られました。

地下シェルターには、メーガンが遊んだおもちゃが、たくさんありました。ハワードは、ミシェルに娘の写真を見せます。

ある日、シェルターの機械が故障しました。ミシェルは、換気ダクトを通り、機械の再起動を行います。その途中、天窓に「助けて」と書かれた文字がありました。

その文字は、内側から書かれた文字でした。ミシェルは再び、ハワードを疑い始めます。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『10クローバーフィールド・レーン』ネタバレ・結末の記載がございます。『10クローバーフィールド・レーン』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2016 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.

ミシェルは、エメットに相談しました。すると、ハワードが見せた娘の写真が、行方不明になった女の子のものだったと判明します。

ミシェルとエメットは協力し、脱出をはかります。以前シャワーを浴びた際に、カーテンに触れてしまったかも知れないと偽り、廃却するカーテンで、ガスに耐えうるスーツを作ります。また、ガスマスクも作り始めます。

少しずつですが、確実にマスクとスーツの完成が近づく中、ハワードは、二人の様子を不審に感じます。

ハワードは、人間でも溶かしてしまう塩化酢酸がいっぱいに入ったドラム缶を二人に見せます。

すると、エメットに、ハサミとガムテープを盗んだ理由を聞き出します。エメットは、銃を奪ってミシェルを独占したかったと、嘘をつきます。

そしてその計画に、ミシェルは関わっていないことを語ります。

ハワードは、エメットに銃を突きつけ、発砲し、遺体を塩化酢酸で溶かしました。ミシェルはそれでも、スーツの作成を止めませんでした。

スーツが完成しました。しかしその頃、ハワードにスーツの存在がバレてしまいます。

ミシェルは逃げるため、塩化酢酸のドラム缶を倒し、ハワードにぶつけます。ハワードは瀕死の状態で、ミシェルにナイフを突きつけます。

ミシェルはなんとか、脱出し、外の景色を眺めます。そこには、鳥が飛行していました。有毒な攻撃など、嘘だったと思い、ガスマスクを外します。

塩化酢酸のせいで、地下シェルターは火に襲われました。爆発し、その音に気付いた飛行物体が、ミシェルに近づきます。

それは、鳥と言うには、あまりに金属的な生き物でした。ミシェルは隠れますが、そこにさらに、大きくて歪な怪獣が現れます。

更に、巨大な宇宙船のようなものが、ガスを噴き出していました。ミシェルは慌てて、ガスマスクを装着します。

ミシェルは、怪獣に襲われます。しかし、即席で火炎瓶を作ると、怪獣の口の中に放り込みます。そして、隙を見て、車を走らせました。

車のラジオからは、軍が奪還した場所、そしてまだ、ヒューストンには生存者がいることを告げていました。ミシェルは、ヒューストンに向かいました。

スポンサーリンク

映画『10クローバーフィールド・レーン』の感想と評価


(C)2016 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.

映画『10クローバーフィールド・レーン』は、「クローバーフィールド」シリーズでありながら、前作、『クローバーフィールド/HAKAISHA』の物語とは直接的な繋がりがないところが特徴

しかしながら、ひとつの作品としてもエンターテイメント性に富んでおり、「なんだ、なんだ」と引き込まれ、疑心暗鬼渦巻く閉塞的空間のサスペンスを楽しむことができます。

ストーリーの後半、前作同様怪獣が登場しますが、それに関する説明もなく、「クローバーフィールド」シリーズの全容が捉えられません

怪獣の出現、という共通点から、同じ事象を別角度から描いたと考えられます。宇宙人らしい飛行物体が現れた点から、地球外生命であると推測できますが、目的や正体などは、謎のままです。

前作では家の中から始まり、外でのパニックを経て、恋人の家を目指していました。本作は、車で走らせているところから、地下室でのパニック、そして外を目指すという物語であり、前作とは反対に描かれ
ています。

前作からの繋がりとして、怪獣の出現という事象を別角度から描いているだけでなく、劇中の展開を、全く非対称的に描いているのです。

これにより、「クローバーフィールド」シリーズの世界は、”どういうパターンを辿っても恐怖を避けられない”という恐怖に溢れました。

また、家の中の恐怖ハワードの、サイコパス殺人鬼としての存在感は、怪獣以上のものでした。

過去に若い女性を軟禁していた描写から、ハワードは、助けを求め脱出した女性を殺し、塩化酢酸で溶かした、サイコパスであることがうかがえます。

ハワードが語る外の状況が、閉じ込めておくためのものではないかと疑うような展開は、どちらが正解かが分からなくなることで、没入感を深めています。

まとめ


(C)2016 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.

「クローバーフィールド」シリーズの第二作目である映画『10クローバーフィールド・レーン』

怪獣が現れた外の世界の恐怖のみならず、家の中で人間同士が疑心暗鬼になっていく様は、見応えのある緊張感でした。

自分を軟禁したサイコパスか否か、信じられない要素が一つでもあると、その人物が語っていたことが全て嘘だと決めつける展開は、前作同様、人間同士の分断を描いていると言えます。

一見、『クローバーフィールド/HAKAISHA』とは関係の無い物語に見えますが、怪獣の存在や展開の非対称性は、わずかに繋がりを感じることができます。

謎の多い「クローバーフィールド」シリーズですが、家の中で閉じこもり怪獣を回避することが不可能であることを、本作品は描いています。

そして、「クローバーフィールド」シリーズの世界で、逃げ場はなくなったのです。



関連記事

SF映画

映画『ヴェノム』あらすじネタバレと感想。ラスト結末に続編はあるのか⁈

スパイダーマン最大の宿敵にして、マーベルユニバースきってのダークヒーロー“ヴェノム”の単独主演映画がついに完成! 主役のエディ・ブロックを演じるのは、2代目マッドマックスことトム・ハーディ。 ファンを …

SF映画

映画『ヴェノム』のあらすじとキャスト。日本の劇場公開はいつ?

トム・ハーディ主演の『ヴェノム』2018年12月公開! 今後製作されるソニー・ピクチャーズ製作のスパイダーマンの世界観を描く「スパイダーバース」。 そして、ソニー・マーベル・ユニバースの第1弾として、 …

SF映画

LOGAN(ローガン)ネタバレと感想!ヒュー・ジャックマン演技評価も

見届けよ!最後のウルヴァリンの雄姿!2017年6月1日全国公開の映画『LOGAN ローガン』。 ヒュー・ジャックマンは17年間に渡って演じてきたウルヴァリンはこれが最後です。 『LOGAN ローガン』 …

SF映画

劇場版仮面ライダービルド2018|あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

2018年8月4日より、『劇場版 仮面ライダービルド Be The One』が全国東映系で公開。 石ノ森章太郎生誕80周年記念作にして、平成最後の夏の仮面ライダー映画。 そんな本作『劇場版 仮面ライダ …

SF映画

映画『ジュピターズ・ムーン』あらすじとキャスト。上映館はどこ?

映画『ジュピターズ・ムーン』は1月27日より全国順次公開! 何と言ってもこの作品の監督はコーネル・ムンドルッツォ!誰それと、馴染みのないと言われてしまうかも知れませんが、実は小品ながら秀逸だった『ホワ …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学