Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

プレゼント応募

Entry 2020/10/16
Update

【映画プレゼント応募】劇場公開パンフレット『ネクタイを締めた百姓一揆』を3名様に!上映は11月6日より

  • Writer :
  • 石井夏子

映画『ネクタイを締めた百姓一揆~新花巻駅設置を巡る14年間の物語~』は2020年11月6日(金)よりアップリンク渋谷にて公開。

東北新幹線の新花巻駅設置を巡る14年間の史実を基にした劇映画『ネクタイを締めた百姓一揆~新花巻駅設置を巡る14年間の物語~』。

地元・岩手県の5つの映画館での先行上映を経て、この度、2020年11月6日(金)よりアップリンク渋谷にて公開されます。

劇場公開を記念して、本作『ネクタイを締めた百姓一揆~新花巻駅設置を巡る14年間の物語~』(以下『ネクタイを締めた百姓一揆』)のパンフレットを3名様にプレゼントいたします。

スポンサーリンク

映画『ネクタイを締めた百姓一揆』について

本作は、実在する岩手県の新幹線請願駅「新花巻駅」の設置を巡る、14年間の物語。「請願駅」とは、地方自治体・地元住民・新駅周辺企業等の要望により開設された鉄道駅のこと。

1971年(昭和46年)10月に日本国有鉄道(国鉄)が発表した東北新幹線基本工事計画には 設置予定として名前のなかった「新花巻駅」が、市民運動の末、1985年(昭和60年)3月に開業するまでの奇跡の逆転劇を、労働組合の隆盛から国鉄分割民営化へとつながる時代を背景に描きます。

新幹線のみならず、昭和の物的インフラ整備に懸けられた想い。そこには様々な人々・地域の思惑があり、それが地域を支えてきました。

「駅」言わば「街作り」に全力を尽くした人たちの、実話に基づいた青春物語。昭和の時代に決定事項を覆した「不屈の精神」は、令和の時代を生きるための勇気の源になるはずです。

映画『ネクタイを締めた百姓一揆』の作品情報

【日本公開】
2020年(日本映画)

【原作】
渡辺勤「新花巻駅物語り~甚之助と万之助~」

【監督・脚本・編集】
河野ジベ太

【キャスト】
金野佳博、千田秀幸、城戸直行、藤原俊春、小原良猛、堀切和重、中村真澄、高橋広朗、山下正彦、穂坂栄一、高橋哲郎、熊谷義昭、佐藤正明、東海林浩英、小野智明、小岩悟

スポンサーリンク

映画『ネクタイを締めた百姓一揆』のあらすじ

東海道新幹線の大成功から、新幹線が日本中で期待の的になっていた1971年(昭和46年) 10月、日本国有鉄道(国鉄)は、東北新幹線基本工事計画を発表。

停車駅設置が有力視されていた岩手県花巻市の市民は大きく期待していましたが、市の誘致運動の結果、発表された設置予定停車駅は一関、北上、盛岡。そこに花巻の名はなく、線路も街の中心部を大きく外れています。

その時、数名の市民が立ち上がり、「東北新幹線問題対策花巻市民会議」を発足。市民総決起大会を開催し、一市民の会議ながら、国鉄に直談判に行くなど、駅設置運動を始めます。

彼らの当初目標は、「大きく街を迂回する形となった新幹線線路の路線変更」。将来的な駅設置の可能性を高めるために、まずは線路を街の中心部に持ってこなければなりません。

そのためには「線路予定地の土地を国鉄に売らないこと」。これが彼らの基本戦略でした。

ですが、地権者たちの理解を得られず、運動は空回り。

国鉄への交渉で路線変更が不可能と判明すると、「駅を、今予定されている線路に設置する」という案が浮上。交渉を重ね、市民会議は地権者たちと結託。土地の権利を盾に取り、市・県・国鉄を相手取り、体当たりで駅設置の方法を探っていきます。

一方、日本国有鉄道は赤字を抱えたまま解消できる算段もつかず、労働組合は暴走し、国民からの非難は大きくなるばかりでした。

そして勃発した「スト権スト(ストライキ権奪 還ストライキ)」。国鉄は大きな方向転換を迫られ…。

映画『ネクタイを締めた百姓一揆』のパンフレットプレゼント

映画『ネクタイを締めた百姓一揆』の公開を記念して、劇場用パンフレットを3名様にプレゼントいたします。

パンフレットプレゼントの応募受付

【応募方法】
たくさんのご応募ありがとうございました。当選は発送をもって代えさせていただきます。

【応募締切】
2020年11月8日(日)PM23:59まで

【当選者数】
3名様

【抽選・当選発表】
厳正なる抽選のうえ、当選者を決定致します。また当選者の発表は個人情報の保護のため、当選者ご本人への発送をもって代えさせていただきます。

*応募はお1人様1回に限り有効です。複数回の応募は無効となる場合がございますのでご注意ください。

スポンサーリンク

まとめ

岩手県在住の有志たちにより、地元企画・地元製作された長編映画となった本作。キャストもスタッフも大半は、映画製作初経験という状況の中、約2年をかけて完成。

映画『ネクタイを締めた百姓一揆~新花巻駅設置を巡る14年間の物語~』は、地元・岩手県の5つの映画館での先行上映を経て、2020年11月6日(金)よりアップリンク渋谷にて公開されます。

劇場公開を記念して、本作のパンフレットを3名様にプレゼントいたします。

奮ってご応募ください!

関連記事

プレゼント応募

【映画招待券プレゼント応募】『ヤウンペを探せ!』無料鑑賞チケットを抽選4名様に。全国の上映館で使用可能なムビチケを進呈

映画『ヤウンペを探せ!』は2020年11月20日(金)よりシネ・リーブル池袋ほかにて公開。 哀愁漂うおじさんたちが、憧れのヒロインのために、謎の「ヤウンペ」を探すスラップ・スティックコメディ『ヤウンペ …

プレゼント応募

【劇場鑑賞券プレゼント】映画『ぼくと、彼と、』に10名様ご招待!ドキュメンタリーの公開日は11月29日

マイノリティやLGBTQを“一つの個性”として捉えたドキュメンタリー。 国籍、家族など、さまざまな問題。ふたりで手を取り合い、乗り越えて行く。 ベトナム難民2世の青年と介護の必要な母親と暮らす日本人青 …

プレゼント応募

『となりのトトロ』オリジナルグッズプレゼント!“スタジオジブリサマー・キャンペーン”マグネットシートを抽選3名様に

「スタジオジブリ サマー・キャンペーン」開始! ウォルト・ディズニー・ジャパン(株)が、好評発売中のスタジオジブリ作品のブルーレイ、DVDソフトを購入すると“トトロのマグネットシート”がもらえる『スタ …

プレゼント応募

【一般試写会プレゼント】映画『ソン・ランの響き』5組10名様ご招待。2月6日市ヶ谷の日本シネアーツ試写室にて

世界が絶賛したボーイ・ミーツ・ボーイの物語。 孤独なふたりの男の刹那的な出会いを繊細なタッチで綴る『ソン・ランの響き』が2020年2月22日(土)より新宿K’s cinemaほか全国にて順次公開されま …

プレゼント応募

《開催中止のお知らせ》映画『ミセス・ノイズィ』完成披露試写会。4月8日渋谷ユーロライブにて開催

天野千尋監督オリジナル脚本の映画『ミセス・ノイズィ』が2020年12月4日(金)​よりTOHOシネマズ 日比谷​、ほか全国公開予定です。“隣人トラブル”からマスコミやネット社会を巻き込んで大きな騒動へ …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学