Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

東京国際映画祭2018上映作品のリポート第2弾。コンペティション部門などからピックアップ解説

  • Writer :
  • 村松健太郎

東京国際映画祭|Tokyo International Film Festival
© 2018 TIFF

10月25日から始まった第31回東京国際映画祭。

映画祭の顔といえばコンペティション部門を中心にしたオリジナルセレクション部門です。

まだ発掘されていない才能をいち早く発見する最良の機会であり、日本での劇場公開への足掛かりとしてもコンペティション部門での評価は重要です。

そんなコンペティション部門の作品を中心に、注目作品をいくつかご紹介します。

スポンサーリンク

コンペティション部門:『ホワイト・クロウ(原題)』

20018年のコンペティション部門の作品で、すでに日本の劇場公開が決まっているであろう唯一の作品がこの『ホワイト・クロウ』。

それもそのはず、『ハリー・ポッター』シリーズのヴォルデモート卿などで知られる英国のベテラン俳優レイフ・ファインズの監督・出演作品です。

物語はソ連がまだ存在していた1963年に亡命した実在のバレエダンサーのルドルフ・ヌレエフの半生を描いた物語。


(C)2019 BRITISH BROADCASTING CORPORATION AND MAGNOLIA MAE FILMS

“ホワイト・クロウ=白いカラス”とは際立った才能の持ち主、異彩を放つ存在を現す言葉ですが、まさしくこのルドルフ・ヌレエフは圧倒的なカリスマ性の持ち主である一方で、その才能故に傲慢さと自分勝手な部分もたっぷり持ち合わせたキャラクターです。

現役のバレエダンサー、オレグ・イヴェンコを主演に抜擢していることもあってバレエシーンは本物の凄みを十分に引き出しています。

また、当然といえば当然ですがソ連側の人々にはちゃんとロシア語を話させていて誠実な作りの映画になっています。

コンペティション部門:『シレンズ・コール』

2018年のトルコ映画。経済発展著しいトルコのイスタンブール。ここに住む建築家のタフシンは心底人生に疲れ果て、ある日すべてを捨ててイスタンブールからの脱出を目指します。

脱出といってもイスタンブールは別に監獄ではありませんし、紛争地帯でもないので空港にいけば脱出できるのですが、カードが無効になり、現金の持ち合わせがなくなり、携帯の充電が切れて、なぜかタフシンはイスタンブールから出ることができません。

さらに海外からの通商団がやってきたことで空港周辺の道路は交通規制が敷かれてしまい、自由と解放を求めて旅立ちたいタフシンは、その想いとは裏腹にイスタンブールという大都市に取り込まれて行ってしまいます。

『アジア三面鏡』でも描かれた急速な経済発展の陰の部分を描きながらも、テイストはストレートなコメディ。

監督も役者も誰も知らない人がほとんどの中でも劇場で大きな笑いがいくつも起きました。本作のような作品は観客の満足度が高いので観客賞を取ったりすることが多いです。

都会生活の息苦しさなんて言う部分は日本人には意外と身近なテーマかもしれませんね。

スポンサーリンク

コンペティション部門:『三人の夫』

香港映画界でもベテランになってきたフルーツ・チャン監督の最新作。

チャン監督はあの『女優霊』のハリウッドリメイク版『THE JOYUREI 女優霊』(2009)の監督をするなど海外でも活躍している監督です。

本作は性描写が多く、香港では成人映画の扱いで上映されるものの、中国では上映できないことを、チャン監督自ら映画祭の会見で語っていました。

異常に性欲の強いヒロインと三人の男の艶笑譚です。

艶笑譚といえば洒落た感じですが、実際にはかなり生々しいセックスシーンを含んだ露骨な描写が100分間続きます。

日本で劇場公開が決まってもまずR指定でしょう。

体重を約14キロも増やして文字通り体当たりで演じたクロエ・マーヤンのインパクトは強烈です。

アジアの未来セレクション:『ミス・ペク』

アジアの未来セレクションにエントリーされている、実話をもとにした韓国映画。

監督は多くの助監督経験を経て本作で監督デビューした女性監督イ・ジウォン監督が務めます。

主演はドラマ『宮廷女官チャングムの誓い』や映画『密偵』のハン・ジミン。

母親から虐待を受けた過去を持つペクが同じように虐待を受けている少女と運命的な出会いをして…。

非常に深刻なテーマを含みつつ、エンターテイメント作品としてもしっかり作り込まれた作品です。

重厚なテーマとエンターテイメントとして魅せるバランス感覚が絶妙で、これが長編デビュー作品とは考えられない完成度です。

スポンサーリンク

特別招待作品:『華氏119』

 
『ボーリング・フォー・コロンバイン』『華氏911』で知られる、突撃型ドキュメンタリー監督のマイケル・ムーアがトランプ政権に叩きつけた新作。

「911」は全米同時多発テロ事件の日付で、「119」はトランプ大統領が大統領に就任した日付。

全くの偶然ですが、こんな数字の偶然ってあるんですね。

本作は間もなく始まるアメリカ議会の中間選挙をかなり意識した時期の公開で、共和党が負けてトランプ政権にダメージ与えるために、所々かなり意図的な編集もされている作品です。

一方で、妥協し続けた民主党批判、オバマ大統領批判もたっぷりと込められています。

トランプ政権が誕生する以前に同じく企業家がトップに立ったミシガン州を、その縮小版として紹介して大企業・利益優先政策の犠牲になった市民の姿を描いています。

終盤ではナチスドイツとトランプ政権を重ねていて、ここまで強烈なイメージ操作にはさすがに賛否が分かれそうですが、これぞマイケル・ムーア節といった作品です。

まとめ

コンペティション部門にエントリーした時点では、邦画をのぞく大半の映画が日本での劇場公開が決まっていない状態です。

そんな中、東京国際映画祭が賞という形で背中を押すことにより、劇場公開に繋がる作品も少なからずあります。

2015年は当たり年で、結果的にコンペティション部門16作品のうち、半分ほどの作品が劇場公開されました。

東京国際映画祭の過去の受賞作品・受賞者から名前を拾っていくと『牯嶺街少年殺人事件』や『オープン・ユア・アイズ』、『アモーレス・ペロス』などがあげられます。

一番の快挙とになったのは2006年にグランプリを取った『OSS 117 私を愛したカフェオーレ』のミシェル・アザナヴィシウス監督ではないでしょうか。

この監督がこの作品の次に撮った映画が2011年にアカデミー賞戦線の中心に登場したあの『アーティスト』です。

また、東京国際映画祭がアジア映画により重点を置いていくという方針を出して10年が経ちました。

これは実はとても重要なことでもあります。

日本は基本的にどんな映画でもよっぽどのことがない限り上映できる恵まれた環境にあります。

もちろん暴力的シーン・性的シーンの多さによって年齢制限はありますが、政治的、宗教的な条件で上映ができなくなることはまずありません。

他の国では政治的・宗教的な事情で映画の上映が禁止されることが結構あります。いわゆる検閲的なものです。監督の自国で上映できないという話も珍しくありません。

そのような作品を幅広く認知してもらい、上映にこぎつける為にも、東京国際映画祭は渡し舟として、重要な役割を担っていることも確かです。

次回もバラエティに富んだ作品をご紹介します。お楽しみに!

関連記事

新作映画ニュース

韓国映画『ラブ・アゲイン2度目のプロポーズ』あらすじ/キャスト/公開日。クォン・サンウが笑えるラブコメに主演!

クォン・サンウ主演の待望のラブコメ復帰作。 2004年から日本で放送されたテレビドラマ『天国の階段』で“涙の貴公子”と称され大変な人気を博したクォン・サンウ。 (C)2019 KTH & L …

新作映画ニュース

ダコタ最新作『500ページの夢の束』あらすじ。キャストのビジュアル追加解禁

映画『500ページの夢の束』は、9月7日(金)より新宿ピカデリーほか全国ロードショー。 人気女優ダコタ・ファニングと、『JUNO/ジュノ』や『マイレージ、マイライフ』のプロデューサーが贈る、人生をあき …

新作映画ニュース

岩田剛典×杉咲花映画『パーフェクトワールド 君といる奇跡』あらすじ。ポスター解禁!

大人気漫画『パーフェクトワールド』が、岩田剛典、杉咲花のW主演で実写映画化されました。 映画『パーフェクトワールド 君といる奇跡』は、2018年10月5日(金)より全国公開です。 この度、甘くて切ない …

新作映画ニュース

貫地谷しほり映画『夕陽のあと』あらすじとキャスト。鹿児島長島町が撮影地の人間ドラマは11月公開決定!

選択と決断の狭間で生まれる希望“家族”とは何か。 養子縁組と血のつながり、悲願と現実を描き出すドラマが誕生しました。  ©2019長島大陸映画実行委員会 『海辺の生と死』(2017)も記憶に新しい越川 …

新作映画ニュース

ドキュメンタリー映画『血筋』劇場公開日は2020年3月14日【カナザワ映画祭2019「期待の新人監督」グランプリ受賞作品】

カナザワ映画祭2019「期待の新人監督」グランプリ受賞作。 とある一家族から映し出される、中国朝鮮民族の「今」。 「中国朝鮮民族」の一家族を追ったドキュメンタリー映画『血筋』が、2020年3月14日( …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP