Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2021/06/23
Update

映画『オキナワ サントス』内容/公開日/上映館/予告動画。日系移民強制退去事件を松林要樹が追ったドキュメンタリー

  • Writer :
  • 石井夏子

『花と兵隊』『祭の馬』松林要樹監督最新作。
第21回東京フィルメックス・コンペティション部門正式出品。

2020年の「東京フィルメックス」コンペティション部門で上映されたドキュメンタリー映画『オキナワ サントス』。

(C)玄要社

2021年7月31日(土)より沖縄・桜坂劇場での先行上映、8月7日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかでの劇場公開が決定しました。

本作は『花と兵隊』『祭の馬』で知られる松林要樹監督の待望の最新作。第二次世界大戦中にブラジルのサントスで起きた「日系移民強制退去事件」をめぐるドキュメンタリーです。

公開日決定にあわせ、予告編とポスタービジュアルも解禁されました。

スポンサーリンク

映画『オキナワ サントス』について

(C)玄要社

サントス「日系移民強制退去事件」の真実を、戦後70年以上を経て明してゆく本作『オキナワ サントス』

日本とブラジル、大和と沖縄の間に埋もれ、戦後70年以上も語られることのなかった移民史の暗部(タブー)に迫ります。

この歴史の深い闇に挑むのは、『花と兵隊』で戦後もタイ・ビルマに留まった「未帰還兵」たちの今に迫ったドキュメンタリー映画監督の松林要樹

(C)玄要社

発見された「名簿」から、強制退去させられた日系585世帯の6割が沖縄からの移民だった事実に注目した松林は、ブラジル沖縄県人会の協力を得て、生存者たちを訪ね、日本とブラジル、大和と沖縄の間に埋もれた史実を明らかにしていきます。

異国で知られざる「戦争」と「戦後」を生き抜き、晩年を迎えた人々の証言。彼らが自らの人生を語る言葉は、ヘイトクライムや難民問題など、今まさに共に生きることの難しさに直面している私たちに道しるべのように響きます。

映画『オキナワ サントス』のポスターヴィジュアル

(C)玄要社

ポスターヴィジュアルのデザインは『人生フルーツ』や大島渚監督『戦場のメリークリスマス 4K 修復版』『愛のコリーダ 修復版』などの宣伝美術も手がけるグラフィックデザイナーの成瀬慧が担当しました。

スポンサーリンク

映画『オキナワ サントス』の予告編

予告編のディレクションは『沖縄スパイ戦史』『群衆 セルゲイ・ロズニツァ〈群衆〉ドキュメンタリー3選』などの遠山慎二

予告編では「日系移民強制退去事件」を経験し、晩年を迎えた人々の証言が綴られます。

当時まだ幼い子どもだったかれらは、日本にルーツをもつというだけで「スパイ野郎」と呼ばれたといいます。

また、ある男性は「あの強制退去事件について他人に話したことはありません…」と重い口を開いきました。

なぜ人々は口を閉ざし続けてきたのか? いったい何が起きていたのか?ーーその答えを映画でぜひ知ってください。

松林要樹監督のメッセージ


©琉球新報 撮影:ジャン松元

東京オリンピックが開催されようとしているが、今も世界各地で移民や難民の排除が起きている。具体例を挙げるまでもなく、日本政府はもちろん、一般のいわゆる日本人が難民や移民に対して決して寛容だとは思えない。この映画の撮影を開始した2016年には、今のようなパンデミックな世の中になっていることは予想すらできなかったが、不寛容な社会になっていることは想像できた。戦時中、地球の裏側のブラジルで起きたことは、日本がアジアでとった軍事行動の裏返しだったと考えるようになった。時として戦争の加害者と被害者とが表裏一体になることがあると思う。だから戦時中に日系ブラジル人が経験したことは、遠い国の昔の話ではなくて、現代にも通じる普遍的な教訓になる出来事だと信じている。

松林要樹監督のプロフィール

(C)玄要社

松林要樹(まつばやし・ようじゅ)は、本作で監督・撮影・編集を兼任したドキュメンタリー映画監督。

1979年福岡県生まれ。日本映画学校(現・日本映画大学)で原一男、安岡卓治が担任するゼミに参加。

戦後もタイ・ビルマ国境付近に留まった未帰還兵を追った『花と兵隊』(2009)で、第1回田原総一朗ノンフィクション賞〈奨励賞〉、第26回山路ふみ子映画賞〈福祉賞〉を受賞。森達也、綿井健陽、安岡卓治と共同監督した『311』(2011)が、山形国際ドキュメンタリー映画祭 2011、第 16回釜山国際映画祭で上映される。

地震と津波と放射能汚染の被害を受けた福島県南相馬市を取材した『相馬看花 第一部 奪われた土地の記憶』(2011)が、山形国際ドキュメンタリー映画祭2011、第36回香港国際映画祭で上映される。

津波から奇跡的に生還したある馬の数奇な運命を描いた『祭の馬』(2013)は、2013年ドバイ国際映画祭〈ドキュメンタリー・コンペティション部門 最優秀作品賞〉を受賞、第14回東京フィルメックス・コンペティション部門、2013年アムステルダム国際ドキュメンタリー映画祭など多くの国際映画祭で上映される。

世界17カ都市を旅しながら反射する世界を撮った『Reflection』(2015)が、第34回バンクーバー国際映画祭で上映される。

2016年に文化庁新進芸術家研修制度でブラジル・サンパウロに滞在。著書に「ぼくと『未帰還兵』との2年8カ月」(同時代社)、「馬喰」(河出書房新社)など。現在は沖縄在住。

スポンサーリンク

映画『オキナワ サントス』の作品情報

(C)玄要社

【日本公開】
2021年(日本映画)

【英題】
OKINAWA/SANTOS

【監督・撮影・編集】
松林要樹

【カラーコレクション】
中谷駿吾 (ムーリンプロダクション)

【取材協力】
ブラジル沖縄県人会、サントス日本人会

映画『オキナワ サントス』のあらすじ

(C)玄要社

第二次世界大戦前夜から戦中のブラジル。高まるナショナリズムを背景にヴァルガス独裁政権は、約20万人の日系移民に対し、日本語新聞の廃刊、日本語学校の閉鎖、公の場での日本語の使用禁止などを命じました。

そして1943年7月8日、事件は起きます。南東部の港町サントスで暮らす日系とドイツ系の移民に、24時間以内の退去命令が下されたんです。

家財や土地を残したまま、ある者は収容所へ送られ、ある者は家族と生き別れ、コミュニティは離散。

しかし戦後70年以上にわたり、「日系移民強制退去事件」は長らくタブーとされ、この悲惨な出来事がブラジルの日系人社会で公に語られることはありませんでした。

なぜ人々は口を閉ざし続けてきたのか? いったい何が起きていたのか?

まとめ

(C)玄要社

異国で知られざる「戦争」と「戦後」を生き抜いた人々の物語は、ヘイトクライムや難民問題など、共に生きることの難しさに、今まさに直面している私たちの道標になるはずです。

映画『オキナワ サントス』は2021年7月31日(土)より沖縄・桜坂劇場で先行上映、8月7日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかで劇場公開

関連記事

新作映画ニュース

映画『スケート・キッチン』あらすじとキャスト・公開日も。実在の女性ボーダー達が出演!

マンハッタンの“いま”をスタイリッシュに駆け抜ける いま世界が注目するガールズスケートクルー「スケート・キッチン」。 彼女たちを主演に迎えた話題の映画『スケート・キッチン』が2019年5月10日(金) …

新作映画ニュース

スクリーンX映画館情報『アクアマン』あらすじと公開日。劇場にいながら海底バトルを体感!

映画『アクアマン』を3面マルチスクリーン「ScreenXシアター」にて、2019年2月8日より公開決定。 人類未体験の海中バトル・エンターテイメント『アクアマン』が2019年2月8日より全国のScre …

新作映画ニュース

映画『リル・バック ゲットーから世界へ』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。ドキュメンタリーで世界的ダンサーの人生を追う

全米有数の犯罪多発地域メンフィスのゲットーから世界へ。 ジャネール・モネイのMVでも知られる世界的ダンサー、リル・バック。 (C)LECHINSKI その驚異的なダンスの秘密と彼が育った街メンフィスを …

新作映画ニュース

映画『ベル・エポックでもう一度』あらすじ/キャスト/上映館。ダニエルオートゥイユ最新作は6月公開!

第72回カンヌ国際映画祭正式出品作品セザール賞3部門受賞作。 “大切なあの日”が再現された映画撮影セットで、生涯忘れられない出来事を再体験して見つけたものとは―!? フランス映画界のトップに立ち続ける …

新作映画ニュース

ドキュメンタリー映画『山懐に抱かれて』公開決定!室井滋ナレーションで紡ぐ酪農家族の24年に渡る記録

ドキュメンタリー映画『山懐に抱かれて』が2019年4月27日(土)公開決定!! 地元ローカル局が丹念に追った“酪農大家族の24年”の記録。 岩手県の山あいで、酪農を営む大家族の24年を追いかけたドキュ …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学