Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

映画『この世はありきたり』あらすじとキャスト。公開日は2020年1月4日と決定の塩出太志監督作!

  • Writer :
  • 石井夏子

塩出太志×岡田あがさ。
奇才と鬼才の狂演。

『死神ターニャ』(第26回・東京国際映画祭 日本映画スプラッシュ)、『時時巡りエブリデイ』『ロード・オブ・ツリメラ』など独自の世界観の映画を創り続けている塩出太志監督。

塩出太志監督の最新作『この世はありきたり』が2020年1月4日(土)から新宿K’s cinemaをはじめとする劇場で公開されることが決定しました。

スポンサーリンク

映画『この世はありきたり』について

(C)Grand Master Company

塩出作品にも多く出演している岡田あがさ作・演出による10年前の一人芝居『ワタシガタリ』を原案に、塩出監督と岡田あがさの二人の手で再構築された本作。

「映画」と「演劇」の垣根を超えた岡田あがさの鬼気迫る演技を強く打ち出し、観客に強いインパクトを与えるものとなっています。

本作は、2018年の「横濱インディペンデント・フィルム・フェスティバル」にて「長編部門 最優秀賞」を受賞しました。

監督:塩出太志のプロフィール

参考:塩出太志のツイッター

映画『この世はありきたり』の監督・塩出太志(しおでたいし)は1980年生まれ、兵庫県出身

第29.30期イメージフォーラム付属映像研究所を経て、ニューシネマワークショップ2期クリエーターアドバンスを卒業しました。

自身が所属する映像制作集団Grand Master Company にて精力的に映画を作り続けています。

作風は不条理で奇抜なドラマをブラックユーモア交え爽快に描き出します。

初長編『死神ターニャ』が第26回東京国際映画祭「日本映画スプラッシュ部門」にノミネートされ、新しいエンタテイメントが作れる監督と注目を集めました。

代表作として、つり目のスーパーセレブユニット「ツリメラ」を主演とした『ロード・オブ・ツリメラ』、鳥居みゆき主演の『時時巡りエブリデイ』同主演の短編『ユキの異常な体質/または僕はどれほどお金が欲しいか』など。

2019年にはOP PICTURES新人監督発掘プロジェクト2017審査員特別賞を受賞し制作した、初のピンク映画「あの世の果てでイキまくれ!」が公開

そして今回、岡田あがさを主演に迎え世にも奇妙な映画『この世はありきたり』が爆誕しました。

スポンサーリンク

原作・主演の岡田あがさプロフィール


(C)Grand Master Company

映画『この世はありきたり』の原作と主演を務めた岡田あがさは埼玉県出身、1986年9月18日生まれ

2006年より女優活動を開始。明治大学文学部文学科演劇学部中退。

強烈な存在感で正統派ヒロインから一癖も二癖もあるエキセントリックな役まで、触れ幅の多い役柄を演じ分けます。

塩出太志監督による映画『死神ターニャ』では福岡インディペンデント映画祭俳優賞受賞

主な出演作は『ロード・オブ・ツリメラ』(塩出太志監督)『金閣寺』(宮本亜門演出)『ブエノスアイレス午前零時』(行定勲演出)『三人姉妹』(赤澤ムック演出)『ザンビ』(児玉明子演出)など。

映画『この世はありきたり』の作品情報


(C)Grand Master Company

【日本公開】
2020年(日本映画)

【監督・脚本】
塩出太志

【撮影】
岩川雪依

【助監督】
田村専一、宮原周平

【小道具】
佐藤美百季

【キャスト】
岡田あがさ、星野ゆうき、田口由紀子、松本高士、田中萌、岡本裕輝、ほりかわひろき、牛丸亮、村田啓治

スポンサーリンク

映画『この世はありきたり』のあらすじ

(C)Grand Master Company

ユキは毎日考えています。

自分が「特別な存在」なのかどうかを。

それは誰もが一度は考えるありきたりなことかも知れません。

ではありきたりじゃないとはどういうことなのかなと考えれば考える程、何が起こっても世の中からしたら、いや地球からしたら、
いや宇宙から考えたら、神様の視点からすれば、ありきたりなのかな。

何にせよ、この世はまだまだ無くなりそうではないので、今日も「特別な存在」について考えてみます。

まとめ

(C)Grand Master Company

インディペンデント映画界からも多くの賛辞を受けている本作。

『叫び声』『プールサイドマン』の渡辺紘文監督は「期待値MAXで観たけれどやっぱり想像を遥かに超えて凄かった」とコメントを寄せています。

映画『この世はありきたり』は2020年1月4日(土)から新宿K’s cinemaをはじめとする劇場で公開です。

映画と演劇、夢と現(うつつ)を超えた世界を直視できるか!

関連記事

新作映画ニュース

【映画(2020)予告動画】井筒和幸監督が新作『無頼』を松本利夫×柳ゆり菜の共演で戦後日本を描く

総勢400余名の俳優たちが演じる社会のはみ出し者たち、 あぶれ者たちを通して、戦後の日本の姿を描く 『パッチギ!』『黄金を抱いて翔べ』など、デビュー作以来、社会のあぶれ者、はみ出し者を冷徹かつ共感に満 …

新作映画ニュース

夏菜映画『愛・革命』あらすじとキャスト。劇場舞台挨拶の開催日時情報【ユナイテッド・シネマ豊洲】

映画『愛・革命』は、夏菜、品川祐、でんでんら日本人キャストが多数出演し、ほぼ全編が日本語で展開される香港製アクションラブコメディです。 2015年に撮影され、2016年夏に完成した本作は、第3回新人監 …

新作映画ニュース

映画『ヘルムート・ニュートンと12人の女たち』日本公開日/上映館。シャーロットランプリングらが世界的カメラマンの素顔を語る!

ヘルムート・ニュートン生誕100周年記念。 一流ファッション誌で女性を撮り続けたファッション・フォトグラファーの世界的巨匠ヘルムート・ニュートン。 シャーロット・ランプリング、イザベラ・ロッセリーニら …

新作映画ニュース

学校や教室ではない場所で生きる子供とは何か⁈寺脇研と前川喜平が企画した映画『子どもたちをよろしく』予告編紹介

ぼくたちの叫び声が聞こえますか。 本作は企画プロデュースに寺脇研、企画協力に前川喜平の元文部科学省コンビがタッグを組み、『ワルボロ』(2007)の隅田靖監督によって、現代の子どもたちに潜む闇を繊細にか …

新作映画ニュース

日常の崩壊を予感させる映画『ある船頭の話』予告編公開!オダギリジョーが捉えた日本とは

船頭は今日も、様々な人たちの喜びと悲しみ、生と死を乗せて舟を漕ぐ。 オダギリジョー長編初監督作品『ある船頭の話』が2019年9月13日(金)より新宿武蔵野館ほかにて全国公開されます。 公開に先立ちまし …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学