Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

土屋太鳳映画『春待つ僕ら』あらすじとキャスト。原作あなしん漫画を実写化

  • Writer :
  • 石井夏子

雑誌デザートで大ヒット連載中の累計300万部を突破した、あなしんの漫画『春待つ僕ら』が実写映画化しました。

主演の美月役は土屋太鳳、バスケ部のイケメン四天王に北村匠ら、幼なじみの亜哉役に小関裕太と、フレッシュな俳優陣が顔を揃えました。

『ROOKIESー卒業ー』(2009)を代表作に持つ平川雄一朗監督によって、バスケットボールを通した爽やかな青春ドラマが描かれる本作。

バスケ、友情、そして恋。この冬、誰もが胸を熱くする青春映画の誕生です。

映画『春待つ僕ら』は2018年12月14日に全国ロードショーです。

スポンサーリンク

映画『春待つ僕ら』の作品情報


©あなしん/講談社 ©2018映画「春待つ僕ら」製作委員会

【公開】
2018年(日本映画)

【原作】
あなしん『春待つ僕ら』(講談社)

【監督】
平川雄一朗

【キャスト】
土屋太鳳、北村匠海、小関裕太、磯村勇斗、杉野遥亮、稲葉友、泉里香、佐生雪、緒川たまき

【作品概要】
『僕だけがいない街』(2016)の平川雄一朗監督が、あなしん原作の同名人気コミックを土屋太鳳主演で実写映画化した青春ラブストーリー。

土屋太鳳演じる“ぼっち”の美月。4人のバスケ男子との出会いによってキラキラと輝きだす運命を、瑞々しく描き出します。

キャスト陣には人気若手俳優が集結し、いつも美月を見守る永久を『君の膵臓をたべたい』の北村匠海、再会した美月に猛アプローチする亜哉を『曇天に笑う』の小関裕太がそれぞれ演じます。

映画『春待つ僕ら』のあらすじ


©あなしん/講談社 ©2018映画「春待つ僕ら」製作委員会

ずっと周囲に溶け込めず一人ぼっちだった美月は、高校入学を機に自分を変えて本当の友達を作り“脱ぼっち”を目指すもうまくいきません。

そんなとき偶然バイト先で、学校でも有名なバスケ部のイケメン四天王(永久、恭介、竜二、瑠衣)と出会い、気に入られる美月。


©あなしん/講談社 ©2018映画「春待つ僕ら」製作委員会

突然、平凡だった美月の日常が振り回され始めます。

少しずつ心を許して行く美月と、「大事なものがきっと見つかるよ」と美月を励ます永久。

お互いが気になり始めたある日、美月はアメリカ帰りで有名高校バスケ選手の小学校時代の幼なじみ・亜哉に再会します。


©あなしん/講談社 ©2018映画「春待つ僕ら」製作委員会

高校バスケ界の期待の星に成長していた亜哉に「僕の気持は変わらない」と告白され、揺れる美月の心。

全国大会で、永久と亜哉の全てを賭けた大勝負の幕が開けます。

美月は複雑な気持ちを抱えながら、弱い自分に打ち勝とうとある挑戦をしますが…。


©あなしん/講談社 ©2018映画「春待つ僕ら」製作委員会

スポンサーリンク

原作漫画『春待つ僕ら』とは

原作漫画『春待つ僕ら』は、2014年より『月刊デザート』にて連載中、最新10巻までで累計300万部突破したコミックです。

原作者あなしんは、三重県尾鷲市出身。

美容専門学校を卒業後、漫画家としての夢を叶える為に働きながら漫画を描いていました。

優秀賞以上でデビュー出来る第26回デザート新人まんが大賞で、佳作を受賞。

2010年『デザート20』(講談社)に掲載の『ナナナキハチワライ』でデビューします。

あなしん”というペンネームは飼っている3匹の猫、アン・ナナ・シンの名前からつけられたそうです。

原作漫画『春待つ僕ら』あらすじ

シャイで内気で勉強も苦手な春野美月は、小4の頃に作文で一番になりクラスの代表に選ばれることになります。

そのことで美月はクラスメイトから仲間外れに。

落ち込む美月は通学路にあるバスケットコートで“あやちゃん”と出会い、意気投合。

その後も頻繁にあやちゃんとバスケットコートで遊ぶようになります。

かっこよくて優しく包み込んでくれるあやちゃんと楽しいひと時を過ごす美月。

しかしあやちゃんは父親の仕事でアメリカに行くことになってしまいました。

あやちゃんと離れたことでまたぼっちになった美月ですが、あやちゃんを心の支えにして過ごして行きます。

清凌高校に入学した美月は本気で友達を作ろうとし頑張りますが、未だ成果はゼロ。

そんな美月の唯一の憩い場はバイト先のカフェ。

マスターと、看板娘のナナとの時間は美月の癒しでした。

ところがカフェにバスケ部のイケメン四天王永久・瑠衣・竜二・恭介が現れ事態は急変。

美月はナナと間違われて竜二に告白され、あげく逆切れされてしまいます。

翌日に永久と同じクラスだと判明。

美月は永久に改めて瑠衣たち四天王を紹介され、次第に永久のことが気になり惹かれ始めます。

そんな美月に同じクラスのレイナという初の友達が出来ました。

レイナは四天王に対しては理性がきかなくなるという困った癖の持ち主。

でも永久は恋愛対象じゃないとレイナから言われ、安心する美月でした。

永久と一緒に過ごす時間もメールでのやり取りも増え、ますます惹かれて行きます。

そんな中、清凌のバスケ部と他校との練習試合が行われ、美月はお手製のクッキーを持ってレイナと応援に。

清凌が見事に勝利を決め、美月は大喜びして四天王にクッキーを渡そうとしますが、永久へのクッキーが見当たりません。

慌てて探しに行く美月を見つけた永久に、試合の勝利を祝う美月。

永久と一緒に帰ることになり、自分の恋する気持ちを心の中の“あやちゃん”に報告します。

と、その時「久しぶり、美月」とクッキーを持った髪の長い男性に声を掛けられました。

「俺だよ『あや』覚えてないの?」

“あやちゃん”は女の子ではなく男だったんです。

それからあやちゃんは美月に猛アタックを開始!

永久も美月を奪われないよう、必死に抗戦します。

バスケの優勝インタビューを受けていたあやちゃんは記者からの質問に「早く大事なコに会いたい」と答えます。

美月は男のあやちゃんと決別しようとしますが、男だと打ち明けられなかった当時の苦しい思いを口にしたあやちゃんに、抱きしめられてしまいます。

あやちゃんの苦しい思いを知った美月は、本気の告白をされ、心が揺れ始めます。

後日、永久たちと花火を楽しんでいた美月。

席を外しいつまで経っても帰って来ない永久を心配して美月は探しに行きます。

探しに来てくれた美月に一緒にいてほしいと告げる永久。

永久は美月の手をギュッと握り美月を抱き寄せます。

こうして距離を縮めた2人の夏休みが終わり、あやちゃんのいる鳳城高校と清凌のバスケ合同練習が決定!

そして合同練習当日を迎え、永久を指名したあやちゃんと永久が1on1の一騎打ちになります。

一方美月は1時間だけバイトを手伝ってほしいとナナに頼まれ、試合の応援を抜けてしまいました。

美月が戻って来ると永久が目の前に倒れ込みます。

駆け寄る美月に、何も答えない永久。

倒れた永久に手を差し伸べたあやちゃんは「よかったね。見られてなくて」と永久の耳元で囁きます…。

スポンサーリンク

まとめ


©あなしん/講談社 ©2018映画「春待つ僕ら」製作委員会

あなしんによる大人気漫画を、『ROOKIESー卒業ー』(2009)を代表作に持つ平川雄一朗監督によって実写映画化した『春待つ僕ら』

友達のいないヒロイン美月を土屋太鳳、彼女の心を惑わすイケメンバスケ男子に北村匠海、小関裕太

健気な女の子を演じさせたら日本一の女優、土屋太鳳が、愛らしい美月にどう挑むのか、目が離せません。

北村匠海、磯村勇斗、杉野遥亮、稲葉友らバスケットボール経験者たちが魅せる白熱の試合シーンや、連載中のコミックでは描かれていない三角関係の結末にも注目です。

映画『春待つ僕ら』は2018年12月14日に全国ロードショーです。こうご期待!


©あなしん/講談社 ©2018映画「春待つ僕ら」製作委員会

関連記事

新作映画ニュース

映画『朝が来る』公開日/特報予告編/追加キャスト。“ひかり”と家族の葛藤を描くヒューマンドラマ!

辻村深月×河瀨直美が家族の絆を描く!血のつながりか、魂のつながりか… 直木賞・本屋大賞受賞作家:辻村深月のヒューマンミステリーを、『あん』『光』の河瀨直美監督が実力派キャストを揃えて映画化した『朝が来 …

新作映画ニュース

韓国映画『スタートアップ!』あらすじ/キャスト/公開日。動画でマ・ドンソクの謎の料理人役を紹介!

マ・ドンソク史上、最もミステリアスで最もラブリーな強烈キャラクター誕生。 すべての世代へエールを贈る、笑いと感動の痛快コメディ! 『それだけが、僕の世界』『狩りの時間』のマ・ドンソクを主演に迎え、社会 …

新作映画ニュース

ファティ・アキン監督が映画試写会『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』のトークイベントに登壇!

ファティ・アキン監督がサプライズ登壇。 今後の展望…観客に明かされる映画の裏側を明かす。 第69回ベルリン国際映画祭コンペティション部門正式出品、ファティ・アキン監督最新作『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホ …

新作映画ニュース

映画『モンスター・ハント 王の末裔』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。人気シリーズ2作目はトニーレオンが主演!

豪華絢爛、空前絶後! 2015年に製作された、実写と3DCGアニメの融合したアクションファンタジー『モンスター・ハント』。 この度、シリーズ2作目である『モンスター・ハント 王の末裔』が、2020年1 …

新作映画ニュース

『東南アジア映画の巨匠たち』有楽町スバル座にて開催!7月3日より文化交流の祭典【響きあうアジア2019】の関連イベント情報

ワールドクラスの巨匠監督が集結! 国際交流基金アジアセンター主催、公益財団法人ユニジャパン(東京国際映画祭)共催で、2019年7月3日(水)から10日(水)まで、躍進が目覚ましい東南アジアの巨匠にスポ …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学