Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2021/03/22
Update

映画『グンダーマン 優しき裏切り者の歌』あらすじ/キャスト/公開日/上映館/予告動画。実在のミュージシャンの生涯とは

  • Writer :
  • 石井夏子

ドイツ映画賞(2019)で作品賞、監督賞を含む6部門で最優秀賞を獲得。

東ドイツの秘密警察(シュタージ)に協力していた実在のシンガー・ソングライター、ゲアハルト・グンダーマンの生涯を描き、ドイツで最も権威のあるドイツ映画賞(2019)で作品賞、監督賞を含む6部門で最優秀賞を獲得した話題作『グンダ―マン 優しき裏切り者の歌』。

映画『グンダーマン 優しき裏切り者の歌』は、2021年5月15日(土)より渋谷ユーロスペースほか全国順次公開となります。

そしてこの度、東ドイツでシュタージの協力者だったグンダーマンの苦悩や、その時代に生きる人々のリアルな姿が映し出された予告映像が完成致しました。

スポンサーリンク

映画『グンダーマン 優しき裏切り者の歌』について

(C) 2018 Pandora Film Produktion GmbH, Kineo Filmproduktion, Pandora Film GmbH & Co. Filmproduktions- und
Vertriebs KG, Rundfunk Berlin Brandenburg

ベルリンの壁崩壊に先立つ1980年代から東ドイツで活躍していた実在のシンガー・ソングライター、ゲアハルト・グンダーマン(1955~98年)。

グンダーマンは、昼間は褐炭採掘場でパワーショベルを運転する労働者ですが、仕事が終わるとステージに上がり、自ら作った曲を仲間とともに歌います。

彼の希望や夢、理想に満ちた歌は、多くの人々に感動を与え人気者になっていきました。その一方、当時の秘密警察(シュタージ)に協力するスパイとして友人や仲間を裏切っていたんです。

1990年の東西ドイツ統一後、自身も友人にスパイされていたことを知り、その矛盾を自らに問うこととなり…。

(C) 2018 Pandora Film Produktion GmbH, Kineo Filmproduktion, Pandora Film GmbH & Co. Filmproduktions- und
Vertriebs KG, Rundfunk Berlin Brandenburg

監督は、現在ドイツで最も注目されている東ドイツ出身のアンドレアス・ドレーゼン

絶大な信頼をおく脚本のライラ・シュティーラーとともに、10年の歳月をかけて、人間と国家の断末魔の叫びをユーモア溢れるリアルで繊細なタッチで掬い取り、ドイツで最も権威のあるドイツ映画賞(2019)で作品賞、監督賞含む6部門で最優秀賞を獲得しました。

東ベルリン生まれの主演俳優アレクサンダー・シェーアは、グンダーマン本人と見間違うほどの神がかり的な演技を見せ、劇中で演奏される全15曲を自らカバーして歌っています。

グンダーマンの妻コニーを演じるのは可憐なアンナ・ウンターベルガー。

本作は、2つの時代から東ドイツの過去を厳しく見つめ、問い直そうとする東ドイツ独特の“ふるさと映画”でもあります。

分断されていた国に生きた人物の複雑な生涯と、現在を生きる人々との橋渡しをするように響く哀しくも美しい歌とともに紡がれる、新しいドイツ映画であり、音楽映画の傑作が誕生しました。

映画『グンダーマン 優しき裏切り者の歌』の作品情報

(C) 2018 Pandora Film Produktion GmbH, Kineo Filmproduktion, Pandora Film GmbH & Co. Filmproduktions- und
Vertriebs KG, Rundfunk Berlin Brandenburg

【日本公開】
2021年(映画)

【監督】
アンドレアス・ドレーゼン

【脚本】
ライラ・シュティーラー

【キャスト】
アレクサンダー・シェーア、アンナ・ウンターベルガー

【日本語字幕・資料監修】
山根恵子

スポンサーリンク

映画『グンダーマン 優しき裏切り者の歌』のあらすじ

(C) 2018 Pandora Film Produktion GmbH, Kineo Filmproduktion, Pandora Film GmbH & Co. Filmproduktions- und
Vertriebs KG, Rundfunk Berlin Brandenburg

東ドイツのボブ・ディランと言われたシンガー・ソングライター、ゲアハルト・グンダーマンは、ベルリンの壁が崩壊し、東ドイツが消滅した後もカリスマ的な人気を博していました。

しかし、彼は人には言えない過去を抱えていたんです。

昼間は炭鉱でパワーショベルを運転、仕事が終わると仲間と共にステージに上がり、自作の歌で人々に感動を与えていたグンダーマン。

ですが、東西統一後、シュタージに協力した人々の多くが、その事実をひた隠し、公になることを恐れていました。

かつて、バンド仲間や友人たちの行動を報告していた過去が脳裏を過ります。そして、友人の妻となった幼なじみコニーへの諦めきれない想い。優しかった父との確執と再会。

そんなある時、かつてシュタージに協力した著名人たちが次々と告発されるのをテレビ報道で知ります。

彼は友人たちを訪ね、過去の自分とシュタージとの関わりを告白。

しかし、逆に「俺もお前を監視し、報告してた」と告げられてしまいます。

驚きと失望に苛まれながら、コニーとの間に生まれた娘リンダの前で、自分がやるべきことは何なのかに気付くグンダーマン。

そして、新しいバンドの仲間にシュタージに協力していたことを告げ、観衆の待つステージに上がってゆき……。

まとめ

(C) 2018 Pandora Film Produktion GmbH, Kineo Filmproduktion, Pandora Film GmbH & Co. Filmproduktions- und
Vertriebs KG, Rundfunk Berlin Brandenburg

失われた国、最大のスキャンダルとなった――。“東ドイツのボブ・ディラン”と呼ばれ、スパイだった男の真実の物語

多くの顔をもち、矛盾に満ち溢れたグンダーマンの人生を通して、ようやく東ドイツという国を理解することができることでしょう。

東ドイツの秘密警察に協力していた実在のシンガー・ソングライターの生涯を描いた映画『グンダーマン 優しき裏切り者の歌』は、2021年5月15日(土)より渋谷ユーロスペースほか全国順次公開です。

関連記事

新作映画ニュース

映画『るろうに剣心 最終章』キャストの高杉晋作役は安藤政信!演技評価とプロフィール紹介

大ヒットシリーズ『るろうに剣心』の完結編第2弾『るろうに剣心 最終章 The Beginning』は2021年6月4日公開 和月伸宏の人気コミックを佐藤健主演&大友啓史監督で実写映画化した大ヒットシリ …

新作映画ニュース

Netflixで海外配給決定の映画『37セカンズ』特報予告編が解禁!ベルリン映画祭最高賞受賞作の見どころ紹介

第69回ベルリン国際映画祭観客賞・国際アートシアター連盟賞受賞作。 Netflixで海外配給も決定!! 2019年2月に開催されたベルリン国際映画祭のパノラマ部門の最高賞となる観客賞と国際アートシアタ …

新作映画ニュース

映画『ベイビーティース』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。予告動画もエモいフレッシュなラブストーリー!

胸が張りさけるほど愛おしいモーメント・ラブストーリー! 第76回ヴェネチア国際映画祭にてマルチェロ・マストロヤンニ賞(最優秀新人賞)を受賞した映画『BABYTEETH』。 (C) 2019 White …

新作映画ニュース

映画『朝が来る』キャストの駒井蓮は片倉美咲役を演じる【演技評価とプロフィール】

辻村深月の原作を河瀬直美監督が映画化した『朝が来る』キャスト紹介 映画『朝が来る』は、2020年10月23日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほか全国公開。 世界で高い評価を受け、東京2020オリンピッ …

新作映画ニュース

映画『ポスト・モーテム遺体写真家トーマス』あらすじ/公開日/上映館。ガチ怖ホラーが描くハンガリーの歴史と“死んでも終わらない恐怖”

2022年アカデミー賞国際⻑編部⾨ハンガリー代表作 「遺体写真」をめぐる最上の恐怖! ホラーとしては異例の2022年アカデミー賞国際⻑編映画部⾨ハンガリー代表作に選定された『POST MORTEM(原 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学