Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

映画『重力の光 : 祈りの記録篇』あらすじ/公開日/上映館。ドキュメンタリーで困窮者支援を行う北九州の教会に集う人々に迫る

  • Writer :
  • 大塚まき

元極道、元ホームレス、虐待被害者、⽣きる意味に悩む⼈……
困窮者⽀援を⾏う北九州の教会に集う、傷ついた愛すべき「罪⼈」たち。

NPO法⼈抱樸(ほうぼく)の奥⽥知志が牧師を務める北九州市の東⼋幡キリスト教会に集う、さまざまなバックグラウンドを持つ⼈々が演じるキリストの受難劇と彼らの⼈⽣を織り交ぜたドキュメンタリー。

アートと映像の領域を横断してさまざまなヴィデオ作品を⼿掛けてきた⽯原海監督の最新作『重⼒の光 : 祈りの記録篇』を2022年9月3日(⼟)よりシアター・イメージフォーラムほか全国順次公開します。

併せて、本作のメインビジュアル解禁、全国共通特別鑑賞券発売、そして⽯原海監督の過去作をオンラインにて無料公開します。

スポンサーリンク

映画『重力の光 : 祈りの記録篇』について


(C)2022 Gravity and Radiance

困窮者⽀援を⾏うNPO法⼈抱樸(ほうぼく)の奥⽥知志が牧師を務める福岡県北九州の東⼋幡キリスト教会には、さまざまなバックグラウンドの⼈々が集まっています。

フィリピンで戦争を経験した⼈、5回の服役後極道から⾜を洗うも世間につまはじきにされた⼈、妻と⼦供が出ていき、⾃暴⾃棄になって多額の借⾦を背負った⼈、路上⽣活をしながらも⾷える程度の稼ぎを得ていたが、時代の流れの中でそれすらままならなくなった⼈、親や周りの⼤⼈たちに殺すぞと毎⽇⾔われ続けた⼈、⽣きるのが苦しく、「早くいなくなりたい」と願っていた⼈……本作は、教会に集う傷ついた愛すべき罪⼈である9⼈が演じるイエス・キリストの⼗字架と復活を描いた受難劇と、彼らが歩んできた苦難と現在の物語、礼拝の模様や⽀援活動、それぞれの⽇常を交差させたドキュメンタリー映画です。

監督は、ロッテルダム国際映画祭招待作品『ガーデンアパート』や英BBCテレビ放映作品『狂気の管理⼈』など、アートと映像の領域を横断して様々なヴィデオ作品を⼿がける⽯原海

北九州に移住後、東⼋幡キリスト教会に通うようになった⽯原海監督は、そこに集う⼈々と作品を作ることに。

フランスの思想家シモーヌ・ヴェイユの『重⼒と恩寵』から影響を受け、「祈ることで⼀瞬だけ重⼒から解放されてふわりと浮かぶことができる、その瞬間を祝福するように」キリストの受難劇と彼らの⼈⽣を織り交ぜ、⼈間の「⽣」の姿に迫りながら、フィクションとドキュメンタリーの間でそっと光を指し⽰すような挑戦的な作品が完成しました。

30分のインスタレーション版は「第15回 shiseido art egg」に選出、その後72分のドキュメンタリー映画として再編集された本作は「第14回恵⽐寿映像祭」にて公開、⾼い評価を受けました。

映画『重⼒の光 : 祈りの記録篇』の応援コメント

永井玲⾐(哲学研究者)のコメント

痛みと苦しみと苦痛に満ちた世界。なぜわたしたちは⽣まれてきてしまったのか。神はいるのか。愛とは何か。だが
この作品を受け取ったいま、祈らざるを得ない。わたしの苦しみをとりのぞいてしまうのではなく、弱く愚かなわた
しのまま、同じように弱く愚かな他者と共に、どうかちゃんと苦しませてください、と。

富⽥克也(映画監督/脚本家)のコメント

世界中で『神』と祀られるようになった⼈々は、キリストもムハンマドも釈迦も⽼⼦も孔⼦も、詰まるところ同じこ
としか⾔っていない。拙作『典座』でその存在を知り驚嘆した曹洞宗の⻘⼭俊董⽼⼦は、信仰とは苦しみ哀しみから
逃れるためにあるのではなく、それらを知ることでようやく信仰への“アンテナ”が⽴つのだと⾔っていた。それまで
絵空事にしか聞こえなかった⾔葉は輝きはじめ、重⼒によって今の姿を留めている私たちを照らす。私たちより先に
アンテナが⽴ち、“道”への⼊り⼝に⽴った⼈々がここには映っている。

⼩林エリカ(作家/マンガ家)のコメント

⽯原海さんは、⼈間がそれぞれ持つ苦しみや哀しみや弱さまでも、輝かしい光とともに軽やかにまっすぐ映すことが
できる⼈だと思います。
その作品をとおして、私⾃⾝の中にあるものもまた照らされてゆき、やがて私も、私たちも、世界を少しずつでも変
えていくことができるかもしれないと、信じられる気がします。

スポンサーリンク

映画『重力の光 : 祈りの記録篇』の全国共通特別鑑賞券

【⾦額】
1,500 円(税込)

【発売⽇】
2022年8⽉12⽇(⾦)

【販売場所】
シアター・イメージフォーラム(東京)、KBCシネマ(福岡)、シネ・ヌーヴォ(⼤阪)、東⼋幡教会(北九州)ほか

【特典】
オリジナルステッカー(数量限定・先着順)

⽯原海監督過去作をオンラインにて無料限定上映

本作の公開を記念し、⽯原海監督の過去作をオンラインにて無料限定上映します。

恵⽐寿映像祭で上映した1作を含む3作をオンラインにて10⽇間ずつ無料で限定公開。

【上映スケジュール】
『忘却の先駆者』2022年8月5日〜

『アシッド鳩』2022年8月15日〜

『狂気の管理⼈』2022年8月25日〜

【限定公開】

スポンサーリンク

映画『重力の光 : 祈りの記録篇』の作品情報


(C)2022 Gravity and Radiance

【日本公開】
2022年(日本映画)

【監督】
⽯原海

【キャスト】
菊川清志、⻄原宣幸、村上かんな、下別部為治、奥⽥伴⼦、川内雅代、藤⽥信⼦、⽯橋福⾳、奥⽥知志

映画『重力の光 : 祈りの記録篇』のあらすじ

困窮者⽀援を⾏うNPO法⼈抱樸(ほうぼく)の奥⽥知志が牧師を務める福岡県北九州の東⼋幡キリスト教会には、様々なバックグラウンドの⼈々が集まっています。

フィリピンで戦争を経験した⼈、5回の服役後極道から⾜を洗うも世間につまはじきにされた⼈、妻と⼦供が出ていき、⾃暴⾃棄になって多額の借⾦を背負った⼈、路上⽣活をしながらも⾷える程度の稼ぎを得ていたが、時代の流れの中でそれすらままならなくなった⼈、親や周りの⼤⼈たちに殺すぞと毎⽇⾔われ続けた⼈、⽣きるのが苦しく、「早くいなくなりたい」と願っていた⼈…。

教会に集う傷ついた愛すべき罪⼈である9⼈が演じるイエス・キリストの⼗字架と復活を描いた受難劇と、彼らが歩んできた苦難と現在の物語、礼拝の模様や⽀援活動、それぞれの⽇常を交差させたドキュメンタリー。

まとめ


(C)2022 Gravity and Radiance

30分のインスタレーション版が「第15回 shiseido art egg」に選出、その後72分のドキュメンタリー映画として再編集された本作は「第14回恵⽐寿映像祭」にて上映され⾼い評価を受けました。

その後、全国公開を⽬指して実施したクラウドファンディングで400万円を達成した話題作が、いよいよ劇場で公開となります。

「⽣きること」という重⼒から解放される瞬間を祝福する。⼈間の「⽣」の姿に迫りながら、フィクションとドキュメンタリーの間でそっと光を指し⽰す。これまで愛、ジェンダー、個⼈史と社会を主なテーマに映像制作をしてきた⽯原海のあらたなる挑戦です。

⽯原海監督の最新作『重⼒の光 : 祈りの記録篇』は、2022年9月3日(⼟)よりシアター・イメージフォーラムほか全国順次ロードショーです。

関連記事

新作映画ニュース

宇佐卓真&小西詠斗『追いかけてキス』シーズン2が配信中!亀山睦実監督の胸キュン必至なショートムービー

『追いかけてキス』第2シーズンは 2019年6月1日(土)よりTwitter公式アカウントほかにて随時配信中! 2019年のバレンタインデーからホワイトデーにかけて、全5話の短編ドラマをYouTube …

新作映画ニュース

ダコタ・ファニング映画『500ページの夢の束』あらすじとキャスト。日本公開決定!

映画『500ページの夢の束』は、9月7日(金)より新宿ピカデリーほか全国ロードショー。 人気女優ダコタ・ファニングと、『JUNO/ジュノ』や『マイレージ、マイライフ』のプロデューサーが贈る、人生をあき …

新作映画ニュース

吉本芸人くっきーと河本準一が映画『ある船頭の話』にキャスト出演。オダギリジョー監督とは幼馴染の仲!

ヴェネチア映画祭出品作にまさか過ぎる追加キャスト! 文明の波がひたひたと押し寄せ、新しいものが古いものに取って代わろうとしている山奥の村を舞台に、「本当に人間らしい生き方とは何か」を世に問う問題作が完 …

新作映画ニュース

映画『サン・ラーのスペース・イズ・ザ・プレイス』あらすじ/公開日/上映館。革新的SF作品が日本初上陸!

土星から降臨した宇宙音楽王、サン・ラーの革新的・暗黒SF! 半世紀を経て突如日本初公開。 独自の宇宙哲学と作曲、パフォーマンスで知られるサン・ラー。 その超現実的宇宙音楽王サン・ラーが、地球人に警鐘を …

新作映画ニュース

韓国映画『工作 黒金星と呼ばれた男』あらすじとキャスト。日本公開オリジナルポスターのビジュアル解禁!

カンヌ国際映画祭執行委員長も称賛! 第71回カンヌ国際映画祭ミッドナイトスクリーニングに公式招待された韓国映画『工作 黒金星(ブラック・ヴィーナス)と呼ばれた男』が2019年7月19日(金)よりシネマ …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学