Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

『運命は踊る』ヴェネチア映画祭が評価したダンス場面は必見!兵士の魅惑な踊りとは

  • Writer :
  • かりごめあき

2017年、第74回ヴェネチア国際映画祭審査員グランプリ受賞した、サミュエル・マオズ監督の最新作『運命は踊る』。


© Pola Pandora – Spiro Films – A.S.A.P. Films – Knm – Arte France Cinéma – 2017

映画『運命は踊る』は9月29日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー

ヴェネチア国際映画祭が大絶賛し、世界中を釘付けにした“運命のステップ”。

兵士がフォックストロットを踊る本編特別映像が公開されました。

スポンサーリンク

映画『運命は踊る』兵士が踊る本編映像公開

本作『運命は踊る』は、ギリシャ悲劇を彷彿とさせる三部構成で物語が展開します。

公開された映像は、第二部の兵役に就いている息子ヨナタンの赴任先が舞台で、何もない土地にぽつんとある補給路の検問所が映し出されます。ごくたまに車とラクダが通過するような、どこかシュールな空間です。

戦場でありながら間延びした時間を過ごし、暇を持て余しているヨナタンに同僚の兵士が語りかけます。

“フォックストロット”の意味を?こうやるんだ。前へ 前へ 右へストップ。後ろ 後ろ 左にストップ

三部構成のそれぞれのパートで登場人物らが語るフォックストロットのステップ。「前へ、前へ、右へ、ストップ。後ろ、後ろ、左へ、ストップ」どうあがいても、いくら動いても同じところへと帰って来るこのステップは、動き出した運命は変えることができないということなのでしょうか。

しかし、映像では突如ステップが切り替わり、兵士は夢の女を抱くように銃を抱え、空想の音楽に合わせてマンボを踊りだします。

コンテンポラリーダンスが盛んで、世界中からダンサーや演出家が集うイスラエル。本作でマンボを踊る兵士役のイタイ・エクスロードも実はイスラエルのダンサーなのです。

しなやかでキレのあるダンスに、ヴェネチア国際映画祭での上映時、世界中がスクリーンに釘付けになったに違いありません。

フォックストロットのステップはイスラエル社会の象徴


© Pola Pandora – Spiro Films – A.S.A.P. Films – Knm – Arte France Cinéma – 2017

「ホロコースト」「終わらない戦争」「人々の心に刻まれた傷」トラウマを抱えた国イスラエル。

サミュエル・マオズ監督は、現状がどうであれ、いまだ癒えないトラウマは世代から世代へと受け継がれて、我々は常に実存的な脅威と戦っていると思いこんでいるのだと語ります。

「この世代ではトラウマのループを抜けて大きくステップを踏み出すんだと思っても、結局元のところに戻ってきてしまう。原題となったフォックストロットのステップはそんな我々の社会の象徴です」

さらに、個人レベルでもトラウマは受け継がれていると話すサミュエル・マオズ監督。

「私もホロコーストを体験した母に育てられたので、『ホロコーストの体験に比べたらなんてことはない。文句を言ってはいけない』と抑圧され、辛さを封印して生きてきました」

抑圧されていた感情を爆発させるように突如マンボを踊りだす兵士のように、本作ではフォックストロットから抜けて大きくステップを踏み出そうと、登場人物らはある行動をとります。

果たしてこの不条理なトラウマの無限ループから抜け出すことはできるのでしょうか。それとも…。かすかな愛の光が彼らを照らし出します。

スポンサーリンク

映画『運命は踊る』の作品情報


© Pola Pandora – Spiro Films – A.S.A.P. Films – Knm – Arte France Cinéma – 2017

【公開】
2018年(イスラエル・ドイツ・フランス・スイス合作映画)

【原題】
Foxtrot

【監督・脚本】
サミュエル・マオズ

【キャスト】
リオール・アシュケナージー、サラ・アドラー、ヨナタン・シライ

【作品概要】
監督は、デビュー作『レバノン』で第66回ヴェネチア国際映画祭(2009)金獅子賞に輝いた、イスラエルの鬼才サミュエル・マオズ。

2017年、長編2作目となる本作『運命は踊る』で、再びヴェネチア国際映画祭で審査員グランプリを受賞し、2作連続で主要賞を受賞する快挙を成し遂げ、その後も各国の映画祭で数々の賞を受賞。

サミュエル・マオズ監督自らの実体験を基に、運命の不条理さを巧みな構成でミステリアスに描き出したヒューマンドラマ。

映画『運命は踊る』のあらすじ


© Pola Pandora – Spiro Films – A.S.A.P. Films – Knm – Arte France Cinéma – 2017

イスラエル・テルアビブのアパートで暮らすミハエルとダフナ夫妻のもとに、息子のヨナタンが戦死したことを知らせに軍の役人が訪ねて来ます。

ショックのあまり気を失うダフナ。ミハエルは平静を装うも取り乱し、夫妻は悲しみに打ちひしがれました。

しかし、ヨナタンの戦死は誤報であり、生きていることがわかります。

安堵するダフナとは対照的に、ミハエルは怒りをぶちまけ、息子を呼び戻すよう要求します。

一方、戦う相手もいない前哨基地の検問所で、ヨナタンは間延びした時間を過ごしていました。

ある日、若者たちが乗った車がやって来ます。いつもの簡単な取り調べのはずが…。

父、母、息子。遠く離れたふたつの場所で、3人の運命は次第に交錯し、そしてすれ違います。まるでフォックストロットのステップのように。

スポンサーリンク

まとめ


© Pola Pandora – Spiro Films – A.S.A.P. Films – Knm – Arte France Cinéma – 2017

監督自らの実体験をベースに、運命の不条理さを巧みな構成で描き出した映画『運命は踊る』。

まるでギリシャ悲劇を思わせる緻密で独創的なストーリーが、スタイリッシュな映像、圧倒的で流れるようなカメラワークと相まって、ミステリアスに展開します。

本作を読み解くキーポイントともなるダンス場面を、まるまる堪能できる本映像は必見です。

映画『運命は踊る』は9月29日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー


© Pola Pandora – Spiro Films – A.S.A.P. Films – Knm – Arte France Cinéma – 2017

関連記事

新作映画ニュース

映画『クローゼット(2020)』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。実話をもとに現代日本の孤独を描く人間ドラマ

ソーシャルディスタンス時代の今だからこそ。 孤独を抱え、SOSを出せない大人たちの必見ドラマ。 若い女性が歌舞伎町のビルで飛び降り自殺した実話をもとに、「日本駆け込み寺」や毎日聞記者等に綿密な取材を重 …

新作映画ニュース

映画『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』あらすじとキャスト。ファティ・アキンが実在の事件を描く

「こんばんは、マダム」。 殺人鬼はすぐ隣にいる…。 第69回ベルリン国際映画祭コンペティション部門正式出品、70年代ドイツに実在した連続殺人鬼の物語をファティ・アキン監督が描いた映画『屋根裏の殺人鬼フ …

新作映画ニュース

韓国映画『ザ・バッド・ガイズ』あらすじ/公開日/上映館。マ・ドンソク最新作はクライムアクション・エンターテインメント!

マ・ドンソクの原点にして最強進化系!韓国大ヒット作が日本上陸。 『新感染 ファイナル・エクスプレス』で強烈なインパクトを与え、その後も『犯罪都市』、『無双の鉄拳』、『悪人伝』、夏に日本公開を控えるイ・ …

新作映画ニュース

【東京国際映画祭2020】オンラインイベントの参加方法を紹介!会場でおうちで楽しむTIFFのすすめ

今年ならではのオンライン企画決定! 2020年10月31日(土)~11月9日(月)に開催される第33回東京国際映画祭。。 今年ならではの新たな試みとして、オンラインを利用したトーク企画が複数用意されま …

新作映画ニュース

ニコール・キッドマン&ラッセル・クロウの演技力を原作者も絶賛!映画『ある少年の告白』で見せる実力とは

オスカー俳優の演技力 俳優のジョエル・エドガートンが『ザ・ギフト』(2016)に続き監督を務め、『マンチェスター・バイ・ザ・シー』(2017)で一躍その名を世界に知らしめたルーカス・ヘッジズが初主演を …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学