Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2019/09/03
Update

映画『エセルとアーネスト ふたりの物語』あらすじ。実話を基に描く大人のためのアニメーション

  • Writer :
  • 石井夏子

猫好き必見!
40年間、ある夫婦に連れ添った猫がいました――。

『スノーマン』『風が吹くとき』のレイモンド・ブリッグズ原作、ポール・マッカートニーがエンディング曲を書き下ろした話題のアニメーション映画『エセルとアーネスト ふたりの物語』。

本作『エセルとアーネスト ふたりの物語』が、2019年9月28日(土)より岩波ホールほか全国順次公開となります。

この度、劇中の重要なキャラクターである“黒猫”登場シーンを集めた本編映像を初公開いたします。

スポンサーリンク

映画『エセルとアーネスト ふたりの物語』とは

© Ethel & Ernest Productions Limited, Melusine Productions S.A., The British Film Institute and Ffilm Cymru Wales CBC 2016

『スノーマン』『風が吹くとき』などでイギリス人なら知らない人はいない国民的絵本作家レイモンド・ブリッグズが、自身の両親の人生を愛情込めて描いた原作を映画化

1928年、ロンドン。牛乳配達のアーネストとメイドのエセルが恋に落ち、結婚。

戦争を乗り越え、戦後の新しい時代を生き、ふたりが世を去る1971年までを感動的に描くとともに、激動の20世紀を生きた市井の人々の歴史が浮かび上がる大人のためのアニメーション映画です。

© Ethel & Ernest Productions Limited, Melusine Productions S.A., The British Film Institute and Ffilm Cymru Wales CBC 2016

原作者から全幅の信頼をえて本作を作りあげたのは、『スノーマンとスノードッグ』の監督ロジャー・メインウッド

声優陣は、母エセルに、『秘密と嘘』でカンヌ国際映画祭女優賞に輝いたブレンダ・ブレッシン

父アーネストに、『アイリス』『パディントン』などのアカデミー賞俳優ジム・ブロードベント

成長したレイモンドの声は『ボブという名の猫 幸せのハイタッチ』のルーク・トレッダウェイが担当しました。

世界的作曲家カール・デイヴィスが手がけた、それぞれの時代を彩る多彩な音楽も魅力です。

またエンディング曲を、ブリッグズの大ファンだというポール・マッカートニーが、自身の母への想いを込めて曲を書き下ろし、自ら歌い演奏しています。

“黒猫”登場シーンを集めた本編映像

エセルとアーネストのふたりの人生にそっと寄り添うように存在するのが、黒猫の“スージー”

エセルとアーネストが結婚し、新居に引っ越した日に現れた黒猫は、ブリッグズ家と戦中戦後の暮らしを共にします。

戦後、スージーが横切る庭先で、新聞を読みながら「同性愛を合法化するらしい」と話すアーネストに「同性愛って何?」と聞き返すエセル。

時代の変化はふたりの会話のなかにも表れています。

やがて、エセルの亡き後は、アーネストの話し相手となるスージー

© Ethel & Ernest Productions Limited, Melusine Productions S.A., The British Film Institute and Ffilm Cymru Wales CBC 2016

原作者のブリッグズは、黒猫をエイジレスな(=年齢のない)ものとして登場させていて、エセルとアーネストが年老いていき、息子レイモンドも成長していくなかで、およそ40年間にわたり、唯一の変わらない存在として物語に寄り添っています。

実際のブリッグズ家は、何代か黒猫を飼っていましたが、作品で描かれる40年寄り添った猫は<不思議な力を持った者>として描かれているのです。

このたび解禁となった黒猫スージーの登場シーンを垣間見るだけでも、エセルとアーネスト夫妻の豊かな時の流れに想いを馳せることができるはず。

スポンサーリンク

映画『エセルとアーネスト ふたりの物語』の作品情報

© Ethel & Ernest Productions Limited, Melusine Productions S.A., The British Film Institute and Ffilm Cymru Wales CBC 2016

【日本公開】
2019年(イギリス・ルクセンブルク合作映画)

【原題】
Ethel & Ernest

【原作】
レイモンド・ブリッグズ(バベルプレス刊)

【監督】
ロジャー・メインウッド

【音楽】
カール・デイヴィス 

【エンディング曲】
ポール・マッカートニー

【日本語字幕】
斎藤敦子

【声のキャスト】
ブレンダ・ブレッシン、ジム・ブロードベント、ルーク・トレッダウェイ

映画『エセルとアーネスト ふたりの物語』のあらすじ

© Ethel & Ernest Productions Limited, Melusine Productions S.A., The British Film Institute and Ffilm Cymru Wales CBC 2016

1928年ロンドン。牛乳配達のアーネストとメイドのエセルは恋に落ち、結婚。

最愛の息子が誕生し、第二次世界大戦、戦後の発展と時代の変化、そして静かに忍び寄る老い…。ですがいつもエセルの横にはアーネストがいました。

激動の20世紀を生きた庶民の歴史を、暖かなまなざしで描いた感動の物語。

スポンサーリンク

まとめ

© Ethel & Ernest Productions Limited, Melusine Productions S.A., The British Film Institute and Ffilm Cymru Wales CBC 2016

激動の時代を懸命に生きた、ごく普通の夫婦の40年にわたる心暖まる本当の物語。

絵本作家レイモンド・ブリッグズが自身の両親を描いた感涙必至の大人のためのアニメーションです。

映画『エセルとアーネスト ふたりの物語』は2019年9月28日(土)より岩波ホールほか全国順次公開

関連記事

新作映画ニュース

新作アニメ『Tokyo 7thシスターズ-僕らは⻘空になる』2020年夏に期間限定上映!キャラの楽曲を織り交ぜ感動の物語に

アイドル育成リズム&アドベンチャーゲーム『Tokyo 7th シスターズ』が満を持して完全新作アニメ化︕ アイドル育成リズム&アドベンチャーゲーム『Tokyo 7th シスターズ』待望の完全新作アニメ …

新作映画ニュース

韓国映画『スタートアップ!』あらすじ/キャスト/公開日。動画でマ・ドンソクの謎の料理人役を紹介!

マ・ドンソク史上、最もミステリアスで最もラブリーな強烈キャラクター誕生。 すべての世代へエールを贈る、笑いと感動の痛快コメディ! 『それだけが、僕の世界』『狩りの時間』のマ・ドンソクを主演に迎え、社会 …

新作映画ニュース

ポン・ジュノ映画『パラサイト 半地下の家族』あらすじとキャスト。2020年1月に日本公開決定!

第72回カンヌ国際映画祭“最高賞”パルムドール受賞! 第72回カンヌ国際映画祭最高賞パルムドールを受賞したポン・ジュノ監督最新作『PARASITE』(英題)の日本公開タイトルが『パラサイト 半地下の家 …

新作映画ニュース

映画『21世紀の資本』予告編と場面写真紹介。難しい読破不能な原作をわかりやすく映像化!

人はなぜ、働いても豊かになれないのか? フランスの経済学者トマ・ピケティによる300万部の世界的大ベストセラー『21世紀の資本』。 (C)2019 GFC (CAPITAL) Limited &amp …

新作映画ニュース

ブルース・リーが『イップ・マン 完結』日本版映画予告編でドニー・イェンと⁉︎シリーズのおさらいも

10年に渡る「イップ・マン」シリーズの集大成。 その拳は伝説となる…。 宇宙最強ドニー・イェンが詠春拳の達人イップ・マンを演じる“イップ・マン”シリーズ最新作にして完結版となる『イップ・マン 完結』。 …

U-NEXT
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学