Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

【恵比寿映像祭2023】開催場所を東京都写真美術館にて内容テーマを発表!映像とアートの国際フェスティバルを渋谷・恵比寿で開く

  • Writer :
  • 大塚まき

15回目を迎える恵比寿映像祭2023

新進気鋭の作家4名が新作映像制作に取り組む注目のプロジェクト他、詳細を公開!


「恵比寿映像祭2023」

この度15回目を迎える恵比寿映像祭2023が、2023年年2月3日(金)~2月19日(日)の15日間(※月曜を除く)で開催されることが決定しました。

開催の決定に併せ、今年の映像祭テーマ、参加作家の一部を発表するとともに、メインビジュアル1点を解禁となります。

スポンサーリンク

恵比寿映像祭2023について

恵比寿映像祭では、映像という言葉を限定的に用いるのではなく、映像をめぐる様々な選択肢に目をむけ、多様化する映像表現と映像受容の在り方を、あらためて問い直してきました。

芸術と映像が人にもたらしうるオルタナティヴな価値観(ヴィジョンズ)の生成を促し、存続させていくためのプラットフォームとして、発信を続けています。

「映像とは何か」という問いを引き続き深めていくために、15回目を迎える「恵比寿映像祭2023」からは新作制作委託事業「コミッション・プロジェクト」などいくつかの新たな試みを開始することで、継続的なプラットフォームとしての映像祭の役割をさらに強化していくことを目指します。

恵比寿映像祭2023のテーマは「テクノロジー?」

私たちが日常目にする映像技術である、写真、映画、ヴィデオやアニメーション。これら映像表現のテクノロジーは、19世紀以降、大きく発展し、今日では高解像度のイメージや、より長時間の映像を処理することができるようになりました。映像技術は、より高精細で、より情報量の多いイメージを作ることを目指して発展してきたと言っても良いかもしれません。

技術には、一般化されて広く共有され、定着していくという側面がありますが、共有されるための規範は、誰が、いつ、どのように決めるのでしょうか?

今当たり前に見ている高精細の映像が、100年後にどのようなリアリティとして受け止められるのかは誰も予測できません。

歴史を振り返ったとき、技術が思いがけない要素として、働いていた、ということを発見することがあります。

例えば、高解像度の映像の中に、あえて手作りの感触を含めることで、臨場感を高めるなど、時にアーティストの表現は、そうした技術の対話の中から生み出され、思いもよらない発見をする可能性を持っています。

「恵比寿映像祭2023」では、「テクノロジー?」というテーマを通して、多種多様な映像表現の実践を検証し、アートと技術との対話の可能性を考察していきます。

スポンサーリンク

恵比寿映像祭2023の開催概要

【名称】
日本語:恵比寿映像祭2023「テクノロジー?」
英語:Yebisu International Festival for Art & Alternative Visions 2023
Technology?

【会期】
2023年2月3日(金)~2月19日(日)《15日間》

【休館】
毎週月曜日

【時間】
10:00~20:00
※(2月3日~2月19日/ 2月19日は18時まで)
※それぞれ入館は閉館の30分前まで
※なお、コミッションプロジェクト(3F展示室)のみ、3月26日(日)まで開催
時間は、 10:00~18:00(2月21日~ 3月26日/木金のみ20:00まで)

【会場】
東京都写真美術館/恵比寿ガーデンプレイス センター広場/地域連携各所ほか

【料金】
入場無料

※詳細は、恵比寿映像祭2023「テクノロジー?」公式サイトにてご確認ください。

参加作家第1弾発表

【コミッション・プロジェクト】
国内外から選出された5名の審査委員によって審査会*が開催され、日本を拠点に活動する4名の作家による新作制作委嘱を行います。会期中、東京都写真美術館3F展示室にてお目見えします。
(*約300名の候補者から東京都写真美術館及び事務局で厳選し、1次審査を開催しました。)

荒木悠(日本)
葉山嶺(日本)
金仁淑(日本)
大木裕之(日本)

【オフサイト展示】
東京2020大会の公式エンブレムを手掛け、開会式のドローン演出を実現させた野老朝雄(ところ・あさお)氏らによる、テクノロジーとの融合による映像インスタレーションを展示します。
※本作品は、この秋10月23日に渋谷東武ホテル地下2階にオープンするシビック・クリエイティブ・ベース東京[CCBT]における「アート・インキュベーション・プログラム」のアーティスト・フェロー活動の一環として制作される予定です。

野老朝雄(日本)
平本知樹(日本)
井口皓太(日本)

スポンサーリンク

まとめ

上映や展示だけにとどまらず、トーク・セッションやパフォーマンス、イベントなどの多種多彩なプログラムを開催します。

さまざまな形式で映像文化の楽しみ方や理解を深める場をお届けする恵比寿映像祭2023「テクノロジー?」をお楽しみください。

15回目を迎える恵比寿映像祭2023は、2023年年2月3日(金)~2月19日(日)まで開催です。

関連記事

新作映画ニュース

【2019年10月4日〜5日公開】Cinemarcheおすすめ映画情報

あなたと映画の結び目。 すこしだけツウ好みな映画WEBマガジン「Cinemarche」 (C)Cinemarche モデル:蟹江まり 映画感想レビュー&考察サイト「Cinemarche(シネ …

新作映画ニュース

映画『るろうに剣心 最終章』キャスト雪代巴役は有村架純!演技評価とプロフィール紹介

大ヒットシリーズ『るろうに剣心』の完結編『るろうに剣心 最終章 The Final』は2021年4月23日公開 和月伸宏の人気コミックを佐藤健主演&大友啓史監督で実写映画化した大ヒットシリーズ「るろう …

新作映画ニュース

『クシナ』『横須賀綺譚』配信決定!ビー・ガン監督作もリビングルームシアターにて再上映

ビー・ガン監督作『ロングデイズ・ジャーニー この夜の涯てへ』『凱里ブルース』 2020年11月20日よりリビングルームシアターで再び配信! 今年、2020年5月より開設された、映画館との共存を提案する …

新作映画ニュース

大林宣彦新作『海辺の映画館-キネマの玉手箱』が東京国際映画祭2019にて上映!代表的作品の特集イベントも

第32回東京国際映画祭の特集企画第1弾が決定!! 映像の魔術師、日本を代表する映画監督の偉大な軌跡。 ©PSC 2019年10月28日(月)~11月5日(火)の9日間にて開催される第32回東京国際映画 …

新作映画ニュース

土屋太鳳映画『春待つ僕ら』あらすじとキャスト。原作あなしん漫画を実写化

雑誌デザートで大ヒット連載中の累計300万部を突破した、あなしんの漫画『春待つ僕ら』が実写映画化しました。 主演の美月役は土屋太鳳、バスケ部のイケメン四天王に北村匠ら、幼なじみの亜哉役に小関裕太と、フ …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学