Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

ホアキン・フェニックスの新作映画『ドント・ウォーリー』の日本版ポスタービジュアルと予告編解禁!

  • Writer :
  • 中村綾子

ガス・ヴァン・サント監督の3年ぶりの待望の新作映画『ドント・ウォーリー』は、2019年5月ヒューマントラストシネマ有楽町・ヒューマントラストシネマ渋谷・新宿武蔵野感ほか全国順次公開


© 2018 AMAZON CONTENT SERVICES LLC

今は亡き名優ロビン・ウィリアムズが演じることを熱望した、風刺漫画家ジョン・キャラハンの半生を映画化した作品が『ドント・ウォーリー』です。

その公開にあたり、日本版ポスターと予告編が解禁になりました。

スポンサーリンク

映画『ドント・ウォーリー』日本版ポスター解禁


(C)2018 AMAZON CONTENT SERVICES LLC

解禁となった日本版ポスタービジュアルには、シンボリックな赤毛のジョン・キャラハン、そして彼のイラストが配置されました。

周りの人を楽しませたキャラハンの人柄をよく表わすイラストで、“世界は意外とやさしさであふれている”というコピーとともに、本作の世界観が伝わるポスタービジュアルが完成しました。

彼の周りの人がどんなに優しさであふれていたか、またジョン・キャラハン自身がどれだけ周りを優しい雰囲気に包んでくれていていたか、映画を観てもっと知りたいと思いますね。

映画『ドント・ウォーリー』予告編

解禁された予告編の冒頭には、電動車いすで疾走するジョン・キャラハンが、歩道の段差で転倒するところから始まります。

そして3人の少年にジョンが「ヘルプ!」と助けを求めます。

すると3人をイメージして書いたガンマンのイラストが動き出して、しゃべり始めます。

日本ではあまりよく知られていないジョン・キャラハン。

彼がどのような人物であったのかを紹介しながら、自動車事故により身体が不自由となった彼の絶望と、事故後の彼をやさしく見守る人々の姿を映し出していますね。

特にジョンが生前ポートランドの通りを電気車いすに乗り、猛スピードで疾走していた姿そのままに、青い空の下でホアキン・フェニックス演じる演技は、やはり期待を持たせるものがあります。

ルーニー・マーラ演じる恋人アヌーとの車いすの2人乗りの場面は、観客に強い印象を与えてくれます。

また、ジョン・レノンが歌う“Isolation”(孤独)が、これらを包み込むように心に染み入りますね。

半身不随の役とはいえ、電動車いすを自由に乗りこなしているホアキン・フェニックスや、ルーニー・マーラ演じるアヌーの“これ以上悪くならないわね”という言葉が、とても印象的です。

スポンサーリンク

映画『ドント・ウォーリー』の作品情報


(C)2018 AMAZON CONTENT SERVICES LLC

【公開】
2019年(アメリカ映画)

【監督・脚本】
ガス・ヴァン・サント

【キャスト】
ホアキン・フェニックス、ルーニー・マーラ、ジョナ・ヒル、ジャック・ブラック、マーク・ウェバー、ウド・キア

【作品概要】

2014年に他界したロビン・ウィリアムズが熱望した、実在した風刺漫画家の半生の物語を映画化しました。

ポートランドに縁のあるガス・ヴァン・サントが、監督にと相談を受けて、企画から20年の時を経て完成しました。

本作品は、2018年サンダンス映画祭と第68回ベルリン国際映画祭に正式出品され、主演のホアキン・フェニックスは“俳優人生で最高の演技”と称賛されました。

映画『ドント・ウォーリー』のあらすじ


© 2018 AMAZON CONTENT SERVICES LLC

オレゴン州ポートランドに住むジョン・キャラハン(ホアキン・フェニックス)は、アルコールに頼りながら日々を過ごしていました。

ある時、自動車事故に逢いますが、一命をとりとめます。

しかし、胸から下が麻痺し、車いす生活を余儀なくされてしまいます。

絶望と苛立ちの中、ますます酒に溺れ、周囲とぶつかる自暴自棄な毎日を送るキャラハン。
しかし、ささいなことがきっかけから、自分を憐れむことを止め、過去から自由になる強さを得ていきます。

彼は、持ち前の皮肉で辛辣なユーモアを発揮して不自由な手で風刺漫画を描き始めます。


© 2018 AMAZON CONTENT SERVICES LLC

人生を築き始めた彼のそばにはずっと、彼を好きでい続ける、かけがえのない人たちがいてくれました。

2010年、59歳で他界した世界で一番皮肉屋な風刺漫画家の奇跡の実話です。

スポンサーリンク

映画『ドント・ウォーリー』の感想と評価


(C)2018 AMAZON CONTENT SERVICES LLC

本作『ドント・ウォーリー』に登場するジョン・キャラハン。

実在の彼を当初演じることを熱望していた名優ロビン・ウィリアムズでした。

名優の遺志を受け継いだのは、演技派俳優として世界にその名を知られたホアキン・フェニックス

惜しまれた兄リバーの死後、1995年にガス・ヴァン・サント監督の『誘う女』から本名で活動を再開した経緯があります。

その後、2005年に『ウォーク・ザ・ライン/君につづく道』や2013年公開の『her/世界でひとつの彼女』などで、ゴールデングローブ賞主演男優賞を獲得。

2012年公開の『ザ・マスター』でヴェネツィア国際映画祭男優賞受賞。また『ビューティフル・デイ』ではカンヌ国際映画祭男優賞受賞した、実力派の俳優です。

そのようなホアキン・フェニックスが、ジョンの仕草、話し方等を研究し。見事に演じきっているその姿は、ジョン・キャラハンそのものです。

またジョンの人生にやさしく寄り添い、世界に背を向けていた彼を支えていく恋人アヌー役は、ルーニー・マーラ

彼女も2015年公開の『キャロル』での演技でカンヌ国際映画祭女優賞受賞する演技派です。

そのほかジョナ・ヒル、ジャック・ブラックといったキャストも映画賞にノミネート経験のある実力派です。

本作は実際のジョン・キャラハンを主人公にしたことや、亡き名優が演じたかった役柄だけにキャスト陣は誰もが実力派の演技俳優が集結した、見応えのある作品となっています。

まとめ


© 2018 AMAZON CONTENT SERVICES LLC

2014年に他界したロビン・ウィリアムズが映画化を熱望し、ガス・ヴァン・サントが受け継ぎ描いたジョン・キャラハンの半生を描いたこの映画。

2018年のサンダンス映画祭と、第68回ベルリン映画祭に正式出品され、主演のホアキン・フェニックスはその演技を絶賛されました。

顔の印象が中南米系のわりと濃いめのホアキン・フェニックスですが、この作品のポスターを見る限りではそんな彼の面影は全くありません。

むしろ一瞬「ロビン・ウィリアムズ?」と思うほどです。

事故後にルーニー・マーラ演じるアヌーの言葉を聞いて、まるで目からうろこが落ちたかのような顔をするホアキン・フェニックス。

ジョン・キャラハン自身もきっとこんな顔をしたんだと思わせられるほど、役になりきっている印象を受けます。

おそらくジョンのイラストはどこかで見たことはあっても、その生涯や人となりを日本ではあまり知られていないジョン・キャラハン。

この映画によって彼のことを知る人が増え、たとえ人生最悪の困難な時にあっても、人は変わることができる力を秘めているんだと思わせてくれるとても前向きになれる映画です。

映画『ドント・ウォーリー』は、2019年5月 ヒューマントラストシネマ有楽町、ヒューマントラスト渋谷、新宿武蔵野館ほか全国順次公開!

ぜひ、お見逃しなく!

関連記事

新作映画ニュース

安田潤司監督2作品同時上映!『ちょっとの雨ならがまん』『ファー・イースト・ベイビーズ』予告編解禁

80年代ジャパニーズハードコア・パンクシーンの黎明期を記録したドキュメンタリー・パンク映画『ちょっとの雨ならがまん』。 東京グランギニョル、M.M.M.、テクノクラートの奇才・飴屋法水と劇団メンバーが …

新作映画ニュース

インディーズ映画★考察応援ラジオ【シネマストリーマー】配信。女優こんじゅりをMCに自主映画監督とシネマトーク!

ポッドキャスト番組「こんじゅりのシネマストリーマー」が9月よりスタート! cinemastreamer シネマストリーマー 映画感想レビュー&考察サイト「Cinemarche」は、インディペンデント映 …

新作映画ニュース

おすすめアニメ映画コンテンツを無料公開!ソニー・ピクチャーズのキッズコーナーで楽しめるお家遊び

歌って、踊って、英語の勉強にもなるアニメ映画コンテンツが盛りだくさん! ソニー・ピクチャーズ エンタテインメントが、親子で楽しむことができる「ソニー・ピクチャーズ キッズコーナー」を2020年4月28 …

新作映画ニュース

香取慎吾&リリー・フランキー映画『凪待ち』予告編解禁!白石組に再結束と男の色気

映画『凪待ち』は、2019年6月28日(金)よりTOHOシネマズ日比谷はか全国ロードショー! 白石和彌×香取慎吾の両雄が初タッグを組んで制作された映画『凪待ち』。 「3・11」を経験した宮城県石巻市を …

新作映画ニュース

映画『楽園』キャストの野上広呂役は村上虹郎【演技力の評価とプロフィール】

映画『楽園』が2019年10月18日より全国で公開。 『悪人』『怒り』など映像化が続くベストセラー作家・吉田修一。 その最高傑作と評される『犯罪小説集』が、『64-ロクヨン-』を大ヒットさせた名匠・瀬 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学