Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

映画『ショック・ドゥ・フューチャー』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。ホドロフスキーが熱演する青春音楽ムービー

  • Writer :
  • 石井夏子

テクノファン、エレクトロ・ミュージックファン必見の青春音楽映画!

電子音楽の黎明期にその音色に魅了され、友人たちと“未来の音楽”を作ろうと奮闘する若き女性ミュージシャンを描いたフランス映画『LE CHOC DU FUTUR』。

(c)2019NeboProductions-ThePerfectKissFilms-SogniVeraFilms

この度、『ショック・ドゥ・フューチャー』の邦題にて、2021年8月27日(金)より新宿シネマカリテ、渋谷ホワイトシネクイントほかにて公開予定となります。

あわせて日本版予告編、日本版本ポスター、追加場面写真が解禁となりました。

スポンサーリンク

映画『ショック・ドゥ・フューチャー』について

(c)2019NeboProductions-ThePerfectKissFilms-SogniVeraFilms

時はエレクトロ・ミュージックの世界的なブレイク前夜。シンセサイザーやリズムマシン、シーケンサーなどの電子楽器が普及し始め、日本でもYMO(イエロー・マジック・オーケストラ)が結成された頃。

本作は、未来的な音の響きに心躍らせる女性ミュージシャンのアナと友人たちをエモーショナルに描きます。

主演は映画監督のアレハンドロ・ホドロフスキー (『エル・トポ』)を祖父に持ち、ミュージシャンやモデルとしても活躍するアルマ・ ホドロフスキー。男性優位の音楽業界で奮闘するアナを熱演しました。

監督は音楽ユニット『ヌーヴェル・ヴァーグ』の活動でも知られるマーク・コリン。スロッビング・グリッスル、スーサイド、ディーヴォ、ザ・フューチャーakaヒューマン・リーグなど、70年代後半を象徴する楽曲の数々も聴き逃せません。

主演:アルマ・ホドロフスキーのプロフィール

映画『ショック・ドゥ・フューチャー』にて主演を務めたアルマ・ホドロフスキーは、1991年、チリ生まれ。

映画監督であり作家でもあるアレハンドロ・ホドロフスキーの孫娘。

14歳の時にフランスのテレビ映画でデビュー、2013年にアブデラティフ・ケシシュ監督の『アデル、ブルーは熱い色』で主人公アデルの友人ベアトリスを演じ話題となりました。

その後も映画出演のほか、モデルとしても 「The Coveteur」、「Vice」、「Envy」、「Marie Claire Italy」、「Emirates Woman」などの有名ファッション誌に登場。

2014年からはランコムのアンバサダーに就任、2019年にはクララ・ルチアーニのミュージックビデオ「Saint-Victoire」を監督するなど活躍の幅を広げています。

スポンサーリンク

監督:マーク・コリンのプロフィール

(c)2019NeboProductions-ThePerfectKissFilms-SogniVeraFilms

映画『ショック・ドゥ・フューチャー』を監督したマーク・コリンは、音楽ユニット“ヌーヴェル・ヴァーグ”のプロデューサーでもあります。

フランスのイヴリーヌ県・ヴェルサイユ郡で生まれ育ったマーク・コリン。

2003年にポストパンクの名作をボサノバやレゲエなどで再構成するアイデアを得て、2004年にヌーヴェル・ヴァーグとして初めてのアルバム『ヌーヴェル・ヴァーグ』をリリース。

映画音楽も数多く手がけ、ジュリー・デルピー監督・主演の『パリ、恋人たちの2日間』のサントラにも参加しています。本作で映画監督デビューをはたしました。

映画『ショック・ドゥ・フューチャー』の予告編


予告編では、カルト映画の巨匠アレハンドロ・ホドロフスキー(『エル・トポ』)を祖父に持ち、ミュージシャン・モデルとしても活躍するアルマ・ホドロフスキーが、男性優位の音楽業界で、媚びることなく自分を貫く主人公アナを軽やかに演じている様子が描かれています。

また、物語の鍵となるアイテムとして登場する日本製のリズムマシン(ROLAND CR-78)は、数々の名曲を生み出してきた電子楽器の“名機”として知られており、アナと友人が宅録で曲を作る場面も登場。

予告編の最後には、DJの石野卓球からのコメントもあり、テクノファン、エレクトロ・ミュージックファンにとっても必見の作品となっています。

スポンサーリンク

映画『ショック・ドゥ・フューチャー』の作品情報

(c)2019NeboProductions-ThePerfectKissFilms-SogniVeraFilms

【日本公開】
2021年(フランス映画)

【原題】
LE CHOC DU FUTUR

【監督】
マーク・コリン

【キャスト】
アルマ・ホドロフスキー、フィリップ・ルボ、クララ・ルチアーニ、ジェフリー・キャリー、コリーヌ

映画『ショック・ドゥ・フューチャー』のあらすじ

(c)2019NeboProductions-ThePerfectKissFilms-SogniVeraFilms

1978年、パリ。若手ミュージシャンのアナは、依頼されたCMの作曲にとりかかっていたものの、納得のいく曲が作れずにいました。

ある日、アナは偶然、見たこともない日本製のリズムマシン(ROLAND CR-78)を手に入れ、その音色に魅せられます。

まとめ

(c)2019NeboProductions-ThePerfectKissFilms-SogniVeraFilms

新しい音をつかもうと手を伸ばす、主演アルマ・ホドロフスキーの魅力が弾ける、青春音楽映画が誕生しました。

エレクトロ・ミュージックの世界的な人気爆発前夜のパリを舞台に、電子楽器に魅せられた若き女性ミュージシャンと音楽業界を描いた本作をお見逃しなく。

映画『ショック・ドゥ・フューチャー』は、2021年8月27日(金)より新宿シネマカリテ、渋谷ホワイトシネクイントほか全国順次公開です。

関連記事

新作映画ニュース

アニメ映画『音楽』あらすじと声優キャスト。竹中直人らが不良を演じた特報映像も解禁!

映像化不可能と言われた漫画を自主制作で長編アニメーション化! 2020年1月より新宿武蔵野館ほか全国順次公開が決定しているアニメーション映画『音楽』(監督:岩井澤健治 原作:大橋裕之)。 ©大橋裕之・ …

新作映画ニュース

ジュラシック・ワールド 炎の王国|日本4DX映画の歴代最高記録を達成!

『ジュラシック・ワールド/炎の王国』4DX版が、公開2週間にして約17万人動員、約4億3千万円超え、日本4DX映画の歴代最高記録を達成! 公開初日からSNS口コミ率が非常に高い本作、気になる投稿の一部 …

新作映画ニュース

映画『マイ・バッハ 不屈のピアニスト』あらすじ/キャスト/公開日。実在する演奏家の実話を映像化!

バッハに愛されたピアニストが失った両腕。 不屈の実話が完全映画化。 20世紀最高のバッハの演奏家、ジョアン・カルロス・マルティンスの不屈の人生を描いた物語『João, o Maestro』。 邦題を『 …

新作映画ニュース

韓国映画『チャンシルさんには福が多いね』キャスト/日本公開日/上映館。女性監督キムチョヒ、尊敬する小津安二郎監督の国での上映に歓喜を寄せる

韓国のミニシアターで異例の2万人越えスマッシュヒット。 新風を巻き起こす女性監督たちの台頭が著しい韓国映画界。 (C) KIM Cho-hee All RIGHTS RESERVED/ ReallyL …

新作映画ニュース

映画『ドクター・スリープ』の公開日は11月29日に決定。シャイニング続編の特報映像が解禁!

『IT/イット』スティーヴン・キング最新作。 最高傑作『シャイニング』の新たな恐怖が幕を開ける。 ホラー界の帝王スティーヴン・キングが2013年に発表した小説を基に、ユアン・マクレガーが幼い頃壮絶な過 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学