Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

佐藤快磨映画『歩けない僕らは』あらすじとキャスト。リハビリテーション病院を舞台にした人間ドラマ

  • Writer :
  • 石井夏子

映画『歩けない僕らは』は2019年公開予定!

2019年6月に香港にて開催された第13回Fresh Wave International Short Film Festivalでワールドプレミアを行った映画『歩けない僕らは』。

本作は、栃木県最南端の野木町にある「リハビリテーション花の舎(いえ)病院」から、取材協力・脚本監修・現場監修の全面協力を得て製作されました。

ジャパンプレミアとなったSKIPシティ国際Dシネマ映画祭2019では国内コンペティション短編部門の観客賞を受賞し、劇場公開が待たれます。

2019年内に劇場公開予定の映画『歩けない僕らは』をご紹介します。

スポンサーリンク

映画『歩けない僕らは』について


©映画『歩けない僕らは』

本作は、回復期リハビリテーション病院の新人理学療法士と、彼女を取り巻く人々を描きます。

岩井俊二プロデュースの連続ドラマ『なぞの転校生』(2014)、 映画『罪の余白』(2015)ほかで女優として活躍中の宇野愛海(なるみ)が理学療法士・宮下遥役を演じます。

『桐島、部活やめるってよ』(2012)『おっさんずラブ』(2016)の落合モトキが左片麻痺患者・柘植篤志役に挑みました。

そのほか、NHK連続テレビ小説『なつぞら』門倉番長役の板橋駿谷、『空(カラ)の味』(2016)主演で第10回田辺・弁慶映画祭の女優賞を受賞した堀春菜、PFFアワード2016の観客賞受賞作『ヴァニタス』(2016)主演の細川岳、『いだてん~東京オリムピック噺~』の門田宗大、『運命じゃない人』(2005)の山中聡、本年逝去し、本作が遺作の1つとなった佐々木すみ江が出演しています。

監督は、初の長編映画『ガンバレとかうるせぇ』(出演:堀春菜、細川岳)がPFFアワード2014で映画ファン賞と観客賞をW受賞し、釜山国際映画祭ニューカレンツ・コンペティション部門に
正式出品された佐藤快磨(たくま)
です。

回復期リハビリテーション病院とは


©映画『歩けない僕らは』

回復期リハビリテーションとは、脳卒中や大腿骨頸部骨折などの急性期を過ぎた患者に対して、1日2~3時間の集中的なリハビリを実施して、能力を回復させた状態での自宅や社会復帰を目的とした医療です。

疾患ごとに国から60日〜180日間とそれぞれリハビリ期間が決められてしまっているため、退院までの時間内でベテラン療法士と同じ成果を出せず、責任・プレッシャーを感じる、回復期リハビリ担当の新人の理学療法士(Physical Therapist、略してPT)と、彼女が初めて入院から退院まで担当する患者さんと、2人を取り巻く人々の人間ドラマを描きます。

回復期リハビリ病院は、片麻痺(半身不随)になったり、場合によっては失語になったりと、食事や入浴やトイレに行くなどの普通の生活ができなくなり、元の職場に復帰できなくなるなど人生が急に変化した患者が多いそう。

身体的なサポートはもちろん、精神的にもサポートが必要な患者さんを担当するのは、並大抵のことではありません。

2000年に医療保険で創設され、近年新たに開院した病院も多く、どこの病院も新卒など若いスタッフが多くを占めている現状を反映した作品となっています。

スポンサーリンク

映画『歩けない僕らは』の作品情報

©映画『歩けない僕らは』

【日本公開】
2019年(日本映画)

【監督・脚本・編集】
佐藤快磨

【キャスト】
宇野愛海、落合モトキ、板橋駿谷、堀春菜、細川岳、門田宗大、山中聡、佐々木すみ江

【作品概要】
回復期リハビリテーション病院を舞台に、新人理学療法士の主人公・遥と、彼女を取り巻く人びとを描いた短編映画。

主人公の遥役をアイドルグループ“私立恵比寿中学”の元メンバー宇野愛海、患者の柘植役を『桐島、部活やめるってよ』(2012)『笑う招き猫』(2017)の落合モトキが演じます。

監督・脚本は、初長編作『ガンバレとかうるせぇ』が、ぴあフィルムフェスティバル・PFFアワード2014で映画ファン賞と観客賞を受賞した佐藤快磨。

映画『歩けない僕らは』のあらすじ

©映画『歩けない僕らは』

宮下遥(宇野愛海)は、回復期リハビリテーション病院1年目の理学療法士。

まだ慣れない仕事に戸惑いつつも、同期の幸子(堀春菜)に、彼氏・翔(細川岳)の愚痴などを聞いてもらっては、共に励まし合い頑張っています。

担当していたタエ(佐々木すみ江)が退院し、新しい患者が入院してきました。

©映画『歩けない僕らは』

仕事からの帰宅途中に脳卒中を発症し、左半身が不随になった柘植(落合モトキ)。

遥は初めて入院から退院までを担当することになりました。

「元の人生には戻れますかね?」と聞く柘植に、何も答えられない遥。

日野課長(山中聡)と田口リーダー(板橋駿谷)の指導の元、現実と向き合う日々が始まり…。

スポンサーリンク

まとめ

映画:映画『歩けない僕らは』の公式ツイッター

実際のリハビリテーション病院での取材を重ね、実際の療法士の監修を受けながら、丁寧に作り上げて行った本作。

SKIPシティ映画祭での観客賞受賞が、さらに広く知れ渡るきっかけになったはず。

悩みながら本作を作って行ったという佐藤監督でしたが、「この映画を撮ってよかったと心から思うことができました。自分自身、この映画と共に一歩前へ進めた気がしています」と、初めての国内上映・そして観客賞受賞に手ごたえを感じたコメントを寄せました。

映画『歩けない僕らは』は2019年に劇場公開予定。ご期待下さい。

©映画『歩けない僕らは』

関連記事

新作映画ニュース

【新宿K’s cinema】ドキュメンタリー映画『99歳 母と暮らせば』公開日決定!谷光章監督が幸せな介護を描く

老老介護のリアルな姿を描いたほのぼのドキュメンタリー 認知症を患う99歳の母と自身も71歳の映像作家・谷光章監督が介護をする姿をほのぼのと描いたドキュメンタリー『99歳 母と暮らせば』が6月8日(土) …

新作映画ニュース

映画キミオイ世界10ヶ国で公開決定!山田裕貴&齋藤飛鳥コメント動画解禁【あの頃、君を追いかけた】

2011年に台湾で公開され、空前の大ヒットを記録した映画『あの頃、君を追いかけた』。 2018年、舞台を台湾から日本に移し、主演に山田裕貴、ヒロインに乃木坂46の齋藤飛鳥を迎え、オリジナル作品の瑞々し …

新作映画ニュース

映画祭『夏のホラー秘宝まつり2019』が8月に東京・名古屋・大阪で開催!上映作品情報も

観客参加型ホラー映画祭が全国へ感染拡大! 『ホラー秘宝』は、キングレコードが贈る人気のホラー映画レーベル。そのセレクションの質は、ホラーファンや映画ファンから一目を置かれる存在です。 ©2019キング …

新作映画ニュース

ルネ・クレール監督映画『巴里祭』『リラの門』が4Kデジタル・リマスター版で蘇る!

巨匠ルネ・クレール監督 生誕120周年記念 優しい笑いで人々を包み込み、映像と音楽の素晴らしい調和を生み出した巨匠ルネ・クレール監督。 チャップリン、小津安二郎など、世界の映画作家にも多大な影響を与え …

新作映画ニュース

ワン・シャオシュアイ映画『在りし日の歌』あらすじとキャスト。ベルリン国際映画祭で2冠達成の作品とは

第69回ベルリン国際映画祭にて最優秀男優賞と女優賞を受賞。 第69回ベルリン国際映画祭にて最優秀男優賞と女優賞の2冠に輝いたワン・シャオシュアイ監督最新作『SO LONG, MY SON(英題)』。 …

【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
映画『ある船頭の話』2019年9月13日(金) 新宿武蔵野館他 全国公開
【望月歩×文晟豪インタビュー】映画『五億円のじんせい』の公開に思いを馳せる
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【阿部はりか監督インタビュー】映画『暁闇』若さが抱える孤独さに共に“孤独”でありたい
【エリック・クー監督インタビュー】斎藤工との友情の映画制作とアジア発の若き映画作家たちの育成に努めたい
映画『凪待ち』2019年6月28日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開【主演:香取慎吾/監督:白石和彌】
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP