Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2018/09/05
Update

映画キミオイ世界10ヶ国で公開決定!山田裕貴&齋藤飛鳥コメント動画解禁【あの頃、君を追いかけた】

  • Writer :
  • かりごめあき

2011年に台湾で公開され、空前の大ヒットを記録した映画『あの頃、君を追いかけた』。

2018年、舞台を台湾から日本に移し、主演に山田裕貴、ヒロインに乃木坂46の齋藤飛鳥を迎え、オリジナル作品の瑞々しさを受け継ぎつつ、現代の物語として鮮やかに生まれ変わりました。

映画『あの頃、君を追いかけた』は10月5日(金) TOHOシネマズ日比谷他全国ロードショー!

この度、台湾を始め、中国、オーストラリアなど世界10ヶ国での公開が決定し、山田裕貴&齋藤飛鳥より感激の動画コメントが到着しました!

スポンサーリンク

山田裕貴&齋藤飛鳥コメント動画解禁

オリジナル版の台湾を始めとして、韓国、中国、香港、シンガポール、マレーシア、ベトナム、オーストラリア、ニュージーランドなど、10の国と地域での公開決定が発表されました。

海外での公開決定に合わせ、主演の山田裕貴、ヒロインの齋藤飛鳥より喜びの動画コメントが到着しました。

山田裕貴は、「沢山の人にこの作品が届いてくれたら嬉しいです。10ヶ国の皆さん観てください!」と熱いメッセージを送っています。

一方、齋藤飛鳥は「言葉の通じない皆様にも、この映画の良さが伝わったら良いなと思ってます」と海外公開への意気込みを語りました。

あわせて解禁されたスチール画像


©『あの頃、君を追いかけた』フィルムパートナーズ


©『あの頃、君を追いかけた』フィルムパートナーズ


©『あの頃、君を追いかけた』フィルムパートナーズ


©『あの頃、君を追いかけた』フィルムパートナーズ

オリジナル版の台湾を含む10ヶ国での公開が決定し、台湾で行われた撮影時の画像も解禁されました。

凱旋帰国となる台湾や世界各国で、キミオイが観客にどのような評価を受けるのか楽しみですね!

映画『あの頃、君を追いかけた』の作品情報


©『あの頃、君を追いかけた』フィルムパートナーズ

【公開】
2018年(日本映画)

【原作】
九把刀(ギデンズ・コー)『那些年、我們一起追的女孩』

【監督】
長谷川康夫

【キャスト】
山田裕貴、齋藤飛鳥、松本穂香、佐久本宝、國島直希、中田圭祐、遊佐亮介

【作品概要】
台湾の人気作家、ギデンズ・コーが自身の自伝的小説を自ら映画化し、大ヒットした伝説の青春映画『あの頃、君を追いかけた』(2011)の舞台を日本に移しリメイク。

主人公を、『となりの怪物くん』、『万引き家族』、『虹色DAYS』など2018年話題作への出演が続く山田裕貴が演じ、ヒロインを映画初出演となる乃木坂46の齋藤飛鳥が演じた。

スポンサーリンク

映画『あの頃、君を追いかけた』のあらすじ

©『あの頃、君を追いかけた』フィルムパートナーズ

10年前―。
水島浩介は、クラスメイトの仲間たちとつるんではバカなことばかりをして、さしたる夢や目標も分からぬまま、お気楽な高校生活を送っていました…。

そんな日々を過ごしていた浩介ですが、浩介の態度を目障りに思い激怒した教師が、クラス一の優等生である早瀬真愛を浩介のお目付け役に任命します。

教師の指示に驚きを隠せない浩介。

真面目でお堅い真愛を疎ましく思う反面、なぜか浩介の胸がザワつき始めます。

それは浩介と仲間たちにとって、真愛は中学時代から、ずっと憧れの存在だったからです。

ある日、教科書を忘れた真愛のピンチを浩介が救ったことで、2人の距離は一気に縮まっていきますが…。


©『あの頃、君を追いかけた』フィルムパートナーズ

まとめ


©『あの頃、君を追いかけた』フィルムパートナーズ

2011年、台湾で200万人を動員し、ほぼ無名のキャストながら社会現象を巻き起こすほどの空前のヒットとなった伝説の青春映画『あの頃、君を追いかけた』。

2018年、舞台を日本に移し、山田裕貴主演、ヒロインに齋藤飛鳥(乃木坂46)ほか旬の若手俳優たちでリメイクされました!

この度、オリジナル版が大ヒットした台湾や香港を始め、中国、オーストラリアなど 世界10ヶ国での公開が決定し、山田裕貴と齋藤飛鳥のコメント動画が解禁されました。

「私も実際に日本ではないところで観てみたいと思っています」と語った齋藤飛鳥。

海外で観たら、同じ映画でもまた違う感想が生まれそうですね。

現地の観客にどのように受け入れられるのか、期待が高まります!

映画『あの頃、君を追いかけた』は10月5日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー

ぜひ劇場へお出かけください。


©『あの頃、君を追いかけた』フィルムパートナーズ

関連記事

新作映画ニュース

映画『ライダーズ・オブ・ジャスティス』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。マッツ・ミケルセンのアクションムービーが日本上陸

マッツ・ミケルセン×アナス・トマス・イェンセン 北欧最強タッグが贈るリベンジ・アクション・エンターテインメント。 デンマーク・アカデミー賞最多15部門ノミネート4冠を達成した映画『RETFÆRDIGH …

新作映画ニュース

【青木柚×中尾有伽×越後はる香】舞台挨拶に登壇。映画『暁闇』初日レイト公開は満員の盛況!

映画『暁闇』は2019年7月20日(土)より渋谷ユーロスペースほかにて公開中! 「MOOSIC LAB 2018」長編部門で準グランプリと男優賞をW受賞し、韓国・全州国際映画祭でもインディーズ映画とし …

新作映画ニュース

映画『天才たちの頭の中~世界を面白くする107のヒント』はキャストに疑問を投げたドキュメンタリー!

“Why are you creative?” 「あなたはなぜクリエイティブなのですか」というシンプルな質問を30年以上問い続けてきたドイツ人監督ハーマン・ヴァスケ。 (c) 2018 Emotion …

新作映画ニュース

ルトガー・ハウアー映画『ヒッチャー』あらすじ/公開日/上映館。サイコスリラーの伝説のリマスター版がロードショー!

恐怖の殺人ヒッチハイカーからは逃げられない。 乗せたら最期、死のドライブが始まる…。 2019年7月に75歳でこの世を去った名優ルトガー・ハウアーが、謎の殺人ヒッチハイカー役として怪演し話 …

新作映画ニュース

《動画で見る深田晃司監督インタビュー》『本気のしるし 劇場版』20歳の時に出会った原作漫画で初のドラマ化に挑んだ理由

動画で見る深田晃司監督インタビュー映画『本気のしるし 劇場版』 2016年『淵に立つ』、2019年『よこがお』の劇場公開を果たした深田晃司監督。 今回の深田監督の新たなる挑戦は、星里もちるのコミックを …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学