Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

まとめ記事

Entry 2017/03/08
Update

クリストファー・ノーラン監督映画おすすめ5選!最新作を見る前に!

  • Writer :
  • Yuko


(C)2012 Company Films LLC all rights reserved.
イギリス出身の映画監督、クリストファー・ノーラン。これまで『バットマン』シリーズや『インセプション』など、世に送り出してきた映画は名作ばかりです!

クリストファー・ノーラン監督の作品は、CGやVFXなどの最先端技術が最小限に抑えられ、人間心理を深く探求した作風で知られています。また、洗練された緊張感みなぎる映像も高い評価を受けています。

まさに天才ともいうべき映画監督、クリストファー・ノーラン監督の映画の中から厳選した5作品をピックアップしてお届けします!

スポンサーリンク

1.父と娘の愛を描いたSF映画の傑作『インターステラー』(2014)

『インターステラー』の作品概要

2014年のアメリカ映画。クリストファー・ノーラン監督によるオリジナル作品であり、実弟ジョナサン・ノーランが脚本に参加しています。

出演は、マシュー・マコノヒー、アン・ハサウェイ、ジェシカ・チャステイン、マイケル・ケインほか。

第87回アカデミー賞視覚効果賞受賞。作曲賞、美術賞など4部門にノミネート。

『インターステラー』のあらすじ

地球は荒廃し、食料不足が深刻になり人類が滅亡に迫った近未来。あるミッションの遂行者に元エンジニアの男が大抜擢されます。そのミッションとは、宇宙で新たに発見された未開地へ旅立つというものでした。

地球に残さなくてはならない家族と人類滅亡の回避、男は二つの間で葛藤します。そして悩んだ末、彼は家族に帰還を約束し、前人未到の新天地を目指すことを決意して宇宙船へと乗り込みます。

『インターステラー』のおすすめポイント

ある男が愛する家族を地球に残し、新しい居住可能惑星を探すために宇宙へと旅立つ物語です。親子の繋がりを描いたヒューマンドラマであり、リアリティを追求したハリウッドの映像表現を尽くしたSFでもあります。

ノーラン監督は、この作品でスピルバーグやルーカス作品のような驚きと感動の映画を目指したと言われています。

CGを極力使わないことで知られるノーラン監督。この映画でも最先端技術を最小限に抑え、実物大の巨大宇宙船を制作し撮影に臨みました。

約3時間の長尺ですが、繊細な映像や音楽、宇宙の壮大なストーリー、家族愛などのバランスが良いのでかなり引き込まれますし見ごたえがあります。SFがちょっと苦手…という方でも親子の愛を感じられるので、おすすめですよ。

2.時間軸をさかのぼる異色サスペンス『メメント』(2000)

『メメント』の作品概要

2000年のアメリカ映画。出演は、ガイ・ピアース、キャリー=アン・モス、ジョー・パントリアーノほか。

第74回アカデミー賞脚本賞、編集賞ノミネート。第59回ゴールデングローブ賞最優秀脚本賞ノミネート。

『メメント』のあらすじ

舞台はロサンゼルス。ある日、保険調査員のレナードの家に何者かが押し入り、妻が殺害されてしまいます。その光景を目撃したショックで、レナードは10分しか記憶を保てない前向性健忘という記憶障害に…。

レナードはハンディを背負いながらも、必死に犯人を捜し出そうとします。ポラロイド写真にメモを書き込み、事件に関するキーワードを全身にタトゥーとして彫り込み、記憶をなんとか繋ぎ合わせようとします。

しかし謎を追えば追うほど、更なる謎が広がっていきます。

『メメント』のおすすめポイント

時間軸を解体し、時間を遡って描くという斬新な設定で描いた異色サスペンスです。

この映画は製作費900万ドルという低予算ながら、大きな話題となりインディペンデント・スピリット賞にて作品賞、監督賞を受賞しました。

あまりなじみのない手法で描かれているため、一度見ただけではイマイチ理解できないという評価も多い作品です。しかしサスペンスでありながら人間の心理描写がうまく描かれていて、いつの間にか感情移入してしまう不思議な感覚を味わえる作品です。

スポンサーリンク

3.夢の中の世界を描くSFアクション大作!『インセプション』(2010)

『インセプション』の作品概要

2010年のアメリカ映画。出演は、レオナルド・ディカプリオ、渡辺謙、ジョセフ・ゴードン=レビット、マリオン・コティヤール、エレン・ペイジほか。

第83回アカデミー賞撮影賞など4部門を受賞、作品賞、脚本賞など4部門にもノミネート。第68回ゴールデングローブ賞最優秀作品賞(ドラマ)など4部門にノミネート。

『インセプション』のあらすじ

ドム・コブは人が夢を見ている最中に、その潜在意識の奥底に潜り込み相手のアイデアを盗むという危険極まりない犯罪分野において最高の技術を持つスペシャリスト。

彼は裏切りに満ちた企業スパイの世界でトップの腕前を誇っていたが、やがて国際指名手配犯となってしまいます。

そんなある日、彼に絶好のチャンスが訪れます。“インセプション”と呼ばれるその任務は、アイデアを“盗み出す”のではなく他人の潜在意識に入り込み、ある考えを“植えつける”という最高難度のミッションでした。

『インセプション』のおすすめポイント

クリストファー・ノーラン監督がオリジナル脚本で挑んだアクション・エンターテイメントです。構想に10年ほど費やしてようやく映画化が実現したこの作品は、まさにノーラン監督の才能が爆発した映画といえるでしょう。渡辺謙が出演したことや日本でも撮影されたことでも話題になりました。

夢と現実の世界が錯綜し、見る人を緊張感あふれる世界にいざないます。一度見ると誰かと話したくなる、そんな映画です。決して分かりやすい内容ではありませんが、人と話したり作品をもう1度観ることによって、また違った感覚が生まれるかもしれません。

4.ヒース・レジャーの怪演が光る傑作『ダークナイト』(2008)

『ダークナイト』の作品概要

2008年のアメリカ映画。出演は、クリスチャン・ベール、ヒース・レジャー、アーロン・エッカート、マイケル・ケインほか。

アメリカン・コミック『バットマン』を原作とした実写映画作品。『バットマン ビギンズ』に続く「ダークナイト・トリロジー」の第2作目。

第81回アカデミー賞助演男優賞受賞、他にも撮影賞、編集賞など6部門にノミネート。

『ダークナイト』のあらすじ

悪のはびこるゴッサム・シティーを舞台に、ジム警部補やハービー・デント地方検事の協力のもと、バットマンは街で起こる犯罪撲滅の成果を上げつつありました。

しかし、ジョーカーと名乗る謎の犯罪者の台頭により、街は再び混乱と狂気に包まれていきます。最強の敵を前に、バットマンはあらゆる技術を駆使しながら、信じるものすべてと戦わざるを得なくなっていきます。

『ダークナイト』のおすすめポイント

ジョーカーを演じたヒース・レジャーがこの映画の撮影直後に急逝してしまいましたが、その演技が絶賛されアカデミー賞助演男優賞を受賞しています。彼の魅せるジョーカーの圧倒的な存在感は必見です。

この映画は悪役のジョーカーをメインにした作品なのですが、正義と悪があえて不明瞭に描かれているのが印象的です。悪を前面に出しているわけではなく、正義と悪の両方で相手を混乱させ、見ているわたしたちも何が正義なのか?と考えさせられてしまいます。大迫力のアクションと練りに練られたストーリーで、大人が楽しめる映画だと思います。

スポンサーリンク

5.二人のマジシャンの対立を描くサスペンス映画『プレステージ』(2006)

『プレステージ』の作品概要

2006年のアメリカ映画。出演は、ヒュー・ジャックマン、クリスチャン・ベール、スカーレット・ヨハンソン、マイケル・ケインほか。

クリストファー・プリーストの小説「奇術師」を映画化。第79回アカデミー賞撮影賞、美術賞ノミネート。

『プレステージ』のあらすじ

19世紀末のロンドン。ボーデンはライバルであるアンジャーの瞬間移動マジックを調べるため、舞台下に侵入します。するとアンジャーはボーデンの目の前で、水槽に落ちて溺死してしまい、そばにいたボーデンはアンジャー殺害の容疑で逮捕されてしまいます。

遡ること数年前。若きアンジャーとボーデンは、ある奇術師の下で互いに修行していました。ある時、助手をしていたアンジャーの妻が水中脱出マジックに失敗し溺死。それを機に2人は決裂し、2人は互いに激しく競い合うようになり…。

『プレステージ』のおすすめポイント

この作品も期待を裏切らない作品です。映画全編にあらゆる伏線が大胆に仕込まれていてクライマックスから最後の種明かしまで、見ている私たちもまるでマジックを見ているかのようにドキドキさせられます。

また主人公の二人の対立や執着や欲望といった人間の醜い部分も重厚に描かれていて、非常にメッセージ性の強い作品になっています。

まとめ

ハリウッドの鬼才クリストファー・ノーラン監督の作品を5作品ピックアップしてお届けしましたが、いかがでしたか?

どの作品も傑作ですよね。自ら脚本を手掛けることも多くストーリーが緻密に作り込まれていますし、また人間の細かな心理も見事に映し出しています。頭を使う作品が多いですが、だからこそ何度も何度も観たくなってしまう面白さがありますよね。

これからも魅力的な映画を期待したいですね。

最新作の『ダンケルク(原題)』は2017年9月に日本公開です。

関連記事

まとめ記事

宮沢りえ映画おすすめ5選!紙の月やお風呂が舞台のあの作品も!

(C) 2016「湯を沸かすほどの熱い愛」製作委員会 今や日本を代表する実力派女優のひとりである、宮沢りえ。 『紙の月』で日本アカデミー賞最優秀女優賞など多くの賞を受賞するなど、女優として確固たる地位 …

まとめ記事

西島秀俊映画おすすめ5選!最新作のかっこいいハマり役からベストな演技のランキング紹介

西島秀俊の魅力いっぱいの作品をピックアップ! シリアスでハード、かつクールで男らしい役柄が印象深い西島秀俊。年齢を増すごとに、渋さと色気も増し、カッコよさを維持し続けている彼のおすすめ作品を振り返って …

まとめ記事

ロバート・レッドフォードおすすめ映画5選!監督代表作まとめ

俳優ロバート・レッドフォードは、端正な顔立ちで多くのファンを魅了し、映画『明日に向って撃て!』や『スティング』などに出演を果たし、役者として実績を重ねていきました。 映画『明日に向って撃て!』予告編 …

まとめ記事

広瀬すず映画おすすめ5選!ちはやふる・怒り・チアダンの他にも…

(C)2017 映画「チア☆ダン」製作委員会 いま人気・実力ともにトップの若手女優、広瀬すず。見た目の可愛らしさだけでなく演技力も高く評価されており、映画やドラマ、CMなどで大活躍しています。 広瀬す …

まとめ記事

U-NEXT無料見放題おすすめ映画を毎月5本紹介【随時更新】

U-NEXTで配信中の邦画と洋画から、あれこれと面白い映画を毎月5本紹介致します。 2017年12月は、どんな映画がありますか、さあさあ!オススメの映画をチェックしてみてくださいね。 ©︎すしぱくモデ …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学