Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

まとめ記事

Entry 2024/01/01
Update

【年始のご挨拶】2024年も「Cinemarche」を何卒よろしくお願いいたします!

  • Writer :
  • Cinemarche編集部

皆様、新年あけましておめでとうございます

今年の漢字に「税」の一文字が選ばれたように、増税をめぐっての多くの議論が巻き起こり、人々の今後の生活に対する不安も高まってしまった2023年。

人々の「心の余裕」があってこそ成り立つ娯楽である映画にとって2024年は、コロナ禍以降に確立された「映画の新たな鑑賞方法」も相まって、さらなる「試練の年」となるかもしれません。

しかし映画情報サイト「Cinemarche」はこれからも、不安の中であっても映画を楽しみたい皆様のため、編集部・シネマダイバー(専属映画ライター)一同が「観て/見て/視て、書く」という行為によって、映画界の「試練の年」を乗り越えていきたいと存じます。

本年もどうぞ、日本映画・洋画・アジア映画・インディーズ映画などなど、さまざまな映画のお供に「Cinemarche」をご贔屓いただけますと幸いです。

本年も「Cinemarche」を、何卒よろしくお願い致します

《Cinemarche編集長 河合のび》

サイトに関するご感想をお送りくださいませ!

Cinemarche編集部・シネマダイバー一同の日々の励みとなりますので、サイトや記事、各シネマダイバー陣についてのご感想・応援のメッセージをぜひお送りください。

関連記事

まとめ記事

映画監督になるには。演出や批評を学問として学ぶ日本映画大学

CC:Forsaken Fotos あなたは今日、どんな映画を観ましたか? 毎日のように映画館に通ったり、動画配信サイトのHuluやU-NEXTなどで映画を観ていたのならこんな思いを抱いたことはありま …

まとめ記事

【ゴールデンウィーク映画2021】新作公開ファミリー・キッズ向けおすすめランキング!コナンやデニーロ主演作まで

おうちでも、劇場でも、映画で豊かな時間を。 凍てつく冬が終わり、暖かい春の訪れに、心も軽くなりますね。 そして一年に一度の大型連休「ゴールデンウィーク」がやってきます。 でも……遠出はむずかしい、人混 …

まとめ記事

小説を映画化したオススメ邦画5選。原作との違いはここ!

人気のベストセラー作家として知られる東野圭吾や角田光代など、彼らが執筆した原作を基に映画化された作品はいくつもあります。 今回は動画配信サービスで、今すぐ見られるオススメの邦画を5作品ピックアップして …

まとめ記事

オーランド・ブルーム映画おすすめ5選!名作を最新作の前に

(C)2013 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND METRO-GOLDWYN-MAYER PICTURES INC. 数多くの人気映画に出演しているオーランド・ブ …

まとめ記事

有楽町で映画を駅前でお薦め見るなら角川シネマ有楽町!

My週末映画館角川シネマ有楽町(No.010) 【組子さんの鑑賞した映画】 『牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件』(4Kレストア・デジタルリマスター:2017度版) *上映作品は劇場までお問い合わせく …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学