Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

まとめ記事

Entry 2023/01/01
Update

【年始のご挨拶】2023年も「Cinemarche」を何卒よろしくお願いいたします!

  • Writer :
  • Cinemarche編集部

皆様、新年あけましておめでとうございます

2020年以降に劇的に変化した社会の生活様式も、「新たな生活様式」として定着しつつあった2022年。

2023年は、そうした新たな生活様式を生きる人々のために模索された、「新たな映画の楽しみ方」が解禁される年なのかもしれません

2023年へと到達し、映画の転換期をリアルタイムで生きる皆様のためにも、編集部・シネマダイバー(専属映画ライター)一同も「観て/見て/視て、書く」という行為によって、これからの映画界を盛り上げていきたいと存じます

本年もどうぞ、日本映画・洋画・アジア映画・インディーズ映画などなど、さまざまな映画のお供に「Cinemarche」をご贔屓いただけますと幸いです。

引き続き「Cinemarche」を、何卒よろしくお願い致します

《Cinemarche編集部 河合のび》

サイトに関するご感想をお送りくださいませ!

Cinemarche編集部・シネマダイバー一同の日々の励みとなりますので、サイトや記事、各シネマダイバー陣についてのご感想・応援のメッセージをぜひお送りください。

関連記事

まとめ記事

【天気の子】ラストシーンロケ地・撮影場所は田端駅の坂!陽菜のアパート情報も

映画『天気の子』は2019年7月19日(金)より全国公開! 2019年7月19日より、全国一斉公開された、新海誠監督の『天気の子』。 (C)2019「天気の子」製作委員会 実在の場所をアニメーション世 …

まとめ記事

スカーレット・ヨハンソン映画おすすめ5選!圧倒的な美しさを堪能!

(C)2013 Don Jon Nevada, LLC. All Rights Reserved. 〝世界で最もセクシーな女性“に選ばれたこともあるスカーレット・ヨハンソン。同じ女性から見ても、彼女の …

まとめ記事

2021年夏の新作韓国映画おすすめ5選!ソンガンホ『王の願い』やイ・ビョンホン『白頭山大噴火』など話題作を紹介

注目の新作韓国映画おすすめ5選! ソン・ガンホが、独自の文字創製のため命を懸けた世宗大王を演じた史劇エンターテインメント『王の願い ハングルの始まり』が、2021年6月25日(金)より、シネマート新宿 …

まとめ記事

2017年2月公開の洋画メジャー&ミニシアター系おすすめ映画4選!

(C)Shayne Laverdière, Sons of Manual 2017年2月公開のお薦めの洋画作品を、Cinemarche 編集部のスタッフが、ズバリ!満足度間違いなしの4作品をピックアッ …

まとめ記事

U-NEXTなら映画・ドラマ・アニメの動画無料視聴のほかにも、雑誌や漫画も読むことができる!【サービス内容のご案内】

最新作の映画のみならず、過去の名作、傑作、珍作まで豊富にあり、そのほか、ドラマ、アニメを合わせて14万本以上のコンテンツが見られるのが【U-NEXT】の最大の特徴。 しかし、意外に知られていないのが、 …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学