Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

LGBT映画

Entry 2018/12/15
Update

映画『ある少年の告白』あらすじネタバレと感想。同性愛の“矯正”治療をテーマに扱う問題作

  • Writer :
  • Moeka Kotaki

同性愛の“矯正”治療を描いた問題作『Boy Erased(原題ボーイ・イレイスド)』

今回ご紹介するのは2019年度アカデミー賞有力候補、ラッセル・クロウ、ニコール・キッドマン、ルーカス・ヘッジズという豪華俳優たちが集結したある実話に基づく映画『ある少年の告白(原題:Boy Erased)』です。

本作が取り扱う問題と内包するテーマに沿って解説していきます。

スポンサーリンク

映画『ある少年の告白(原題:Boy Erased)』の作品情報

【公開】
2018年 アメリカ映画

【原題】
Boy Erased

【監督】
ジョエル・エガートン

【キャスト】
ルーカス・ヘッジズ、ニコール・キッドマン、ラッセル・クロウ、ジョエル・エドガートン、マデリン・クライン、 チェリー・ジョーンズ、フリー、 グザヴィエ・ドラン、トロン・シヴァン、 ジョー・アルウィン、エミリー・ヒンクラー、 ジェシー・ラトゥーレット、ジョセフ・クレイグ、セオドア・ペルラン、ブリットン・セアー、マット・バーク

【作品概要】
本作はガラルド・コンリーによる回顧録『Boy Erased: A Memoir』を原作とする作品。

主人公の青年役を務めるのは『マンチェスター・バイ・ザ・シー』(2016)でアカデミー賞助演男優賞候補となり、『レディ・バード』(2017)に『スリー・ビルボード』(2017)と話題作に次々と出演している若手実力派俳優ルーカス・ヘッジズ。

主人公の母親役にはアカデミー賞やゴールデングローブ賞に何度もノミネートされ、『めぐりあう時間たち』(2002)でアカデミー賞主演女優賞を受賞しているニコール・キッドマン。

父親役には『グラディエーター』(2000)でアカデミー賞主演男優賞受賞、『ビューティフル・マインド』(2001)でゴールデングローブ賞、英国アカデミー賞ともに主演男優賞を受賞しているラッセル・クロウ。

演出は『ウォーリアー』(2011)や『華麗なるギャッツビー』(2013)に出演、『ザ・ギフト』(2015)では監督、脚本も担当しているジョエル・エガートン。

その他『わたしはロランス』(2012)や『たかが世界の終わり』(2016)でおなじみ、監督、俳優として活躍するグサヴィエ・ドランや歌手のトロイ・シヴァン、“レッド・ホット・チリ・ペッパーズ”のメンバーのフリーも出演しています。

映画『ある少年の告白(原題:Boy Erased)』のあらすじとネタバレ

19歳の青年ジャレッドは、自動車会社を営みながらバプティストの宣教師として活動する父親マーシャルと、美容師の母ナンシーの1人息子です。

ジャレッドが母ナンシーの車で送られ、同性愛矯正プログラムを行う施設に入ります。

受付で携帯や日記などを全て預け、母と別れたジャレッド。施設にはジャレッドと同年代の若者たちが集まっていました。

女性は必ずブラジャーをしなくてはいけない、男性同士肉体の接触があってはならない、スタッフの同伴なしにトイレに行ってはならない…。

他の青年たちと同様の白い服に着替えたジャレッドと若者たちに、チーフセラピストのヴィクター・サイクスは説教をします。

「同性愛が生まれつきというのは嘘だ。それは選んだものだ」ヴィクター自身もかつては同性愛者でしたが、このプログラムによって治ったというのです。

集まった青年たちはまず一家の家系図を作り、誰かアルコールやドラッグ中毒者はいるか、問題を抱えている人はいるかどうか思い起こし、書き記すよう指示されます。

彼ら自身が同性愛者である直接的な理由を探れというのです。

ジャレッドは叔父がアルコール中毒かもしれないと思いますが、しかしそれ以外に“問題”を抱えている血縁者はいないように思います。

彼はなぜ自分がゲイであると思うようになったのか、自身の記憶を振り返ります。

ジャレッドは高校時代バスケットボールの選手、ガールフレンドもいました。彼女とは大学進学時に別れたものの、彼は不自由なく幸せな生活を送っていました。

しかし大学生活の始まり、ジャレッドが寮に入居した時。

ルームメイトのハンサムな青年ヘンリーは、ジャレッドに好意的に接しますが、夜に彼をレイプしようとしました。

ヘンリーはその時ジャレッドに泣いて謝罪をしますが、のちに学校のカウンセラーになりすまし、ジャレッドの両親に同性愛をほのめかすような電話をかけます。

家に帰ることを余儀なくされたジャレッドは、怒る父と混乱する母に電話の男はカウンセラーではなく、自分を強姦しようとした男だと伝えます。

しかし少し時間が経ち、ジャレッドは「自分はゲイだと思う」と両親に認めます。

父マーシャルは他の牧師と相談し、ジャレッドの同性愛を治すために治療施設に送ることを決め、ジャレッドは今に至るのです。

以下、『Boy Erased』ネタバレ・結末の記載がございます。『Boy Erased』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

ジャレッドは、この治療施設でのセラピーは短期間と考えていましたがもっと長く通わなくてはいけないこと、大学に戻ることができないことに気がつきました。

数週間が経ち、他の参加者であるジョンは治療に熱中し男性に触れるのを拒み、またゲイリーという青年はこのセラピーでは単に元の生活に解放されるまで治療が効いているように振る舞わなければいけないと考えていました。

そんなある日、青年たちは“誰も座っていない椅子に向かい彼らの父親に話しかけ、父親を嫌っている理由を言う”という、運動をさせられることになります。

参加者の一人キャメロンは取り組もうとしますができず、ヴィクターに散々罵られます。

その日はそれでおしまいになり、宿に帰ったジャレッドは、“自分の問題の原因となった人物”をノートに書き出している最中1人の青年に突き当たりました。

彼の名前は大学時代、アートスクールで出会った青年グサヴィエ。

グサヴィエとジャレッドは彼のベッドで互いに見つめ合って横たわり、ただ静かな一夜を過ごしました。

キャメロンがヴィクターに叱咤された翌日、施設は物々しい空気に包まれていました。

職員たちはキャメロンのための偽の葬儀を執り行い、彼の家族も集まっています。

ヴィクターは家族に聖書でキャメロンを叩き、彼の中の悪魔を追い払うように指示し、家族は泣き叫ぶ彼に行います。ジャレッドは耐え消えれずにその場を飛び出しました。

翌日、ジャレッドが皆の前で自分の同性愛の体験を語る番になり、彼はグサヴィエと知り合い一緒に服を着たままただ眠ったという体験を話します。

しかし「君は自分を守るために嘘をついている、真実を話しなさい」というヴィクター。

ジャレッドは何も嘘をついていないと主張しますが、ヴィクターは椅子に向かって父親を憎んでいると言いなさいと強制します。

ジャレッドは今父親に怒っているのではなく、ヴィクターに怒っていると言い、部屋をそのまま飛び出しました。

職員が追ってきますが、ジャレッドは自分の携帯を取り返して母に電話をし、駆け付けた母と共に施設を去りました。

父マーシャルは施設に残るよう言いますが、ジャレッドは自宅に残ることを決めます。

ある夜、警察が家に訪ねてきました。それはプログラムの最中にキャメロンが自死したという知らせでした。

それから四年後。ジャレッドはニューヨークに住み、彼が経験した“同性愛変換セラピー”についての記事を書いています。

ジャレッドは家に戻り、父に記事を読んでもらい彼の行動に責任を負うべきだと説得し、ふたりは和解を始めます。

最後、原作者ガラルド・コンリーは現在ニューヨークで暮らしていること、また34の州でこの変換セラピーが合法と考えられていることが流れ、映画は終わります。

スポンサーリンク

映画『ある少年の告白(原題:Boy Erased)』の感想と評価

冒頭から「同性愛は選択だ。変態的な嗜好だ」と耳を疑うような台詞から始まる『Boy Erased(原題ボーイ・イレイスド)』

個人の性的志向を強制してしまおう、自我を否定して“普通”の状態になろう、そして“普通”ではない人は罪であり憎むべきであり罰するべきだ。そのような恐ろしい出来事を取り扱っている作品です。

それは罪ではなく、“治す”というものではないのに関わらず、無理矢理に矯正しようとする、その行為は取り返しのつかない悲劇、自死を招いてしまいます。

しかし、本作で描かれる問題は過去の出来事ではありません

エンドロールで述べられている通り、まだ多くの州では映画で描かれるコンバージョン・セラピー(性的志向を返還する治療)は合法であり、ドナルド・トランプ大統領の片腕と知られるマイク・ペンスはこのセラピーを支援しているという、今日に悲しくも根強く残る大きな社会問題です。

本作では「その言葉は、自分自身の言葉で口にしているか」というテーマが問われます。

何回も挟まれるシークエンスが、主人公ジャレッドが車の窓から手を出し空気をなでるような仕草をする、それに対して運転する母ナンシーが「危ないからやめて」と言います。

ジャレッドが「本当にこれで事故にあった人を見たことがある?」と聞くとナンシーは「ないけれど、危ないわ」と濁すのです。

施設では“神の意志”と銘打って、自分たちの自我を文字通り“Erase”消そうとされ、してもいないことを罪を背負うために嘘をつかされるのです。

ジャレッドは自分の周りを取り巻く偽られた既存の考え、信仰に疑問を持ち、閉鎖された環境を飛び出し自分ありのままに生きることを決めます。

信仰や夫の言葉に沿って生きてきた母ナンシーもまた、息子への施設の仕打ちを見て“自分は息子に対してどう接するべきか”を知ります。

ヴィクター・サイクスに向かい「Shame on you!Shame on me(恥を知りなさい!私自身も)」と叫ぶ場面は、それまで穏やかに振る舞っていたニコール・キッドマン演じるナンシーの気迫が震えるほど伝わってきます

全編を通して閉鎖的かつ物悲しい印象を与える寒食に覆われた本作。

存在を塗り替えるとばかりに着せられた白い衣服にネズミ色の施設、陰鬱な世界の中で唯一暖かい色で満たされるのがジャレッドがグサヴィエと過ごす場面

冷え切った世界の中で唯一穏やかな光で照らされるからこそ、より印象深く胸を締め付ける美しい描写になっています。

まとめ

でっち上げの“正しい事”や“普通”に強制され、ありのままの姿を消してしまう。

存在しない罪を背負わされ、暴力と憎しみの標的にされてしまう。

その言葉は、本当に自分自身の正義に沿った言葉でしょうか。

豪華な俳優陣の圧巻の演技と共に人と社会、生じる様々な問題に通ずるテーマを投げかける『Boy Erased』、ぜひご覧ください。

関連記事

LGBT映画

LGBT映画『彼が愛したケーキ職人』あらすじと感想。男女の性差を超えた愛を堪能する秀作

映画『彼が愛したケーキ職人』は、12月1日(土)よりYEBISU GARDEN CINEMAほか全国順次公開! アトナの寂しさや悲しみを取り去ってくれたのは、夫のオーレンが愛した男性トーマスだった…。 …

LGBT映画

『ハンズ・オブ・ラブ』動画無料視聴はU-NEXT!実話の感想は

25年間真面目な警官として生きてきたローレルはレズビアンであることを隠していました。 しかし、自分より若くオープンに生きるステイシーと出会ったことで生き方が変わり始めます。 大きな病と、平等を勝ち取る …

LGBT映画

『しあわせな人生の選択』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

トマスは長年の友人でスペインに住むフリアンの余命が僅かであること聞き、カナダからフリアンに会いに訪れます。 映画『しあわせな人生の選択』は余命宣告されたフリアンと、彼を取り巻く人たちの最期の4日間を描 …

LGBT映画

中川駿映画『カランコエの花』で顧みるLGBT作品の系譜と2018年の現在

中川駿監督作品『カランコエの花』 (C)2018 中川組 2018年の米アカデミー賞にノミネートされた『君の名前で僕を呼んで』『レディバード』、外国語映画賞を制した『ナチュラルウーマン』など、LGBT …

LGBT映画

今田美桜映画『カランコエの花』あらすじとキャスト。作品はグランプリ5冠へ

今田美桜主演の映画『カランコエの花』は、2018年7月14日(土)より新宿K’s cinemaにて1週間限定ロードショー。 世界的な映画の1つテーマに浸透つつあるLGBT(レズビアン、ゲイ、バイセクシ …

【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
映画『天気の子』特集
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
映画『ある船頭の話』2019年9月13日(金) 新宿武蔵野館他 全国公開
【望月歩×文晟豪インタビュー】映画『五億円のじんせい』の公開に思いを馳せる
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【阿部はりか監督インタビュー】映画『暁闇』若さが抱える孤独さに共に“孤独”でありたい
【エリック・クー監督インタビュー】斎藤工との友情の映画制作とアジア発の若き映画作家たちの育成に努めたい
映画『凪待ち』2019年6月28日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開【主演:香取慎吾/監督:白石和彌】
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP