Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

インタビュー特集

Entry 2022/10/08
Update

【髙嶋政宏インタビュー】映画『愛してる!』日活ロマンポルノ・ナウ第2作が描くあるがままの“変態紳士”の精神

  • Writer :
  • 河合のび

映画『愛してる!』は2022年9月30日(金)より全国順次公開!

アイドルの主人公がSMの世界と出会い、自分でも知らなかった本性に目覚め解放されていく姿をポップに描いた白石晃士監督の映画『愛してる!』。

日活ロマンポルノ50周年を記念し、異なる個性をもった3人の監督が作品を手がけるプロジェクト「ROMAN PORNO NOW」の第2弾作品です。


photo by 田中舘裕介

このたびの劇場公開を記念し、「髙嶋政宏」役として映画に出演したほか、映画の企画監修も務められた俳優・髙嶋政宏さんにインタビュー。

本作の脚本を初めて読まれた際に抱いた感動、自身が思う「好き」の在り方とそれがもたらしてくれる「出会い」など、貴重なお話を伺いました。

スポンサーリンク

『変態紳士』の精神が盛り込まれた映画


(C)2022日活

──本作からは、髙嶋さんがエッセイ『変態紳士』(2018、ぶんか社)でも語られていたSMやフェチへの愛が伝わってきました。

髙嶋政宏(以下、髙嶋):今回の映画のお話をいただいた時、当初は「『変態紳士』なんて、どうやって映画にするの?」と思ったんです。あくまでもエッセイな『変態紳士』は物語といえる物語がないので、それをどう劇映画として作るのかが疑問だったんです。

その何ヶ月か後、準備稿を渡された時には本当に感動しました。『変態紳士』の精神が見事に映画へ盛り込まれていて、最初からほぼ完成形に近い状態だったんです。


photo by 田中舘裕介

『愛してる!』は「フェチとは、いつ出会ってもいい」「その出会いは、人類に与えられた平等な権利だ」と描いてくれていると感じていて、それが凄くいいんです。

いつ気づいたって、いいんです。気づきを恐れないでほしいし、この『愛してる!』という映画そのきっかけになってほしい。「変態最高」というセリフもよかったですよね。

「好き」を深刻に考え過ぎない


photo by 田中舘裕介

──髙嶋さんは「好き」という感情が時にもたらす「こだわり」について、どのように捉えられているのでしょうか。

髙嶋:僕は「こだわりがない」のがこだわりといいますか、「自分が好きなものだけが好き」というのが正直なところです。

周りがスポーツなどで沸き立っていても、自分自身の中で興味がなかったら全然興味がない。ただ好きなものだけは、時を忘れてめり込む。「あるがままに」といえばいいんですかね。他人の好きに振り回されず、自分の好きを信じるんです。

ただ、あまり深刻に考え過ぎないのも大事ですね。例えば、味噌汁とご飯としゃけの朝ごはんが好きだから「朝ごはんは毎日それを食べたい」と思ったとしても、「それを毎日食べる」と固執するわけじゃない。

もちろん、毎日食べる時だってあると思います。でもある日、急にコンビニのタマゴサンドを食べる時もある。周りからは「なんだ、前は『朝はご飯と味噌汁とシャケ』と言っていたのに」と指摘されても、「今、俺の好きは変わったんだ」と答えるんです。

『変態紳士』を出した時も、「あなたの本で勇気いただきました」「自分は変態で、どうしようもない人間だと思っていたけど、この本を読んで『変態でいいんだ』と思えました」といったご感想をいただけたんですが、やっぱり深刻に考え過ぎない方がいいんです。

スポンサーリンク

何歳になっても、「好き」にしていい


photo by 田中舘裕介

──SMやフェチを含め多くの「好き」と出会ってきた髙嶋さんにとって、「出会い」とは一体何なのでしょうか。

髙嶋:「好きだ」と言ってみたら、同じものが好きな人たちがそこにいた。ただ、それだけなんですよね。

実は道を歩いていても、「この人、変態じゃないかな」となんとなく分かることがあるんです。それぐらい、自然な出会い自体はいくらでもあるけれど、世間体だとか「『これが好き!』と言ったら、相手にどう思われちゃうんだろう」という不安がよぎって、出会いを見逃してしまう。

最近、80歳代の方が書かれたエッセイを読んだんですが、その中で「人の目を気にしないで生きてくればよかった」「自分のやりたいことやればよかった」と悔やまれていたんです。

本当は何歳になっても、好きにしていいんですよ。「抑圧から解放される」なんて言うと大仰に聞こえますが、『愛してる!』の精神、『変態紳士』の精神で、自分が本当に求めているものだったら、それを信じる。自分の好きなようにすればいいんです。

映画監督だって、それに気づく時期に違いはあれど「自分の撮りたいもの」が必ずある。美食家と呼ばれる人たちも、「もう病気になってもいい」「とにかくこれが食いたいんだ」と何ヶ月も前から店に予約を入れ、食事をする。周りから「定食屋とかどうせ行かないんでしょ」なんて嫌味を言われたって関係なくて、「自分がよけりゃ、それでいいじゃないか」と答えたらいい。僕の場合は、それがフェチだったんです。

そもそも自分自身に正直になることは、大したことじゃないと思っているんです。SMやフェチの話をするようになって、みんなから「よくやったね」と言われることもありますが、逆に恐縮しちゃうんです。

他人は関係なく、自分が全て。そうやってみんなが少しずつ自由になれたら、きっと楽しいはずです。

インタビュー/河合のび
撮影/田中舘裕介

髙嶋政宏プロフィール

1965年生まれ、東京都出身。

1987年に映画『トットチャンネル』で俳優デビュー。同作と同年公開の映画『BU・SU』により、第11回日本アカデミー賞新人俳優賞、第30回ブルーリボン賞新人賞、第61回キネマ旬報新人男優賞などを受賞。以降、映画・テレビ・舞台など幅広く活躍。

近年では個性的なキャラクターを活かし、バラエティー番組にも多数出演する。2022年4月からはCXの新番組『ポップUP!』の木曜パーソナリティも務めている。

主な出演作に、映画は『野球部に花束を』(2022)、『キングダム2 遥かなる大地へ』(2022)、『劇場版ラジエーションハウス』(2022)など。またドラマは『親愛なる僕へ殺意をこめて』(2022/CX)、『わげもん~長崎通訳異聞~』(2022/NHK)、『忠臣蔵狂騒曲No.5中村仲蔵出世階段」(2021/NHK)、『ラジエーションハウスⅡ~放射線科の診断リポート~』(2021/CX)、『ソロモンの偽証』(2021/WOWOW)、『武士スタント逢坂くん!』(2021/NTV)、『裕さんの女房』(2021/NHK BSプレミアム)などがある。

映画『愛してる!』の作品情報

【日本公開】
2022年(日本映画)*R18+指定

【監督】
白石晃士

【脚本】
白石晃士、谷口恒平

【SM監修】
蒼月流

【キャスト】
川瀬知佐子、鳥之海凪紗、乙葉あい、ryuchell、髙嶋政宏

【作品概要】
日活ロマンポルノ50周年を記念し、異なる個性をもった3人の監督が作品を手がけるプロジェクト「ROMAN PORNO NOW」の第2弾作品。アイドルの主人公がSMの世界と出会い、自分でも知らなかった本性に目覚め解放されていく姿をポップに描いた。

監督は『貞子vs伽椰子』『不能犯』などホラー・サスペンスを得意とする白石晃士。

映画『愛してる!』のあらすじ


(C)2022日活

ドキュメンタリーの密着取材を受ける地下アイドルのミサは、SMラウンジ「H」のオーナーから、女王様の素質があると見込まれスカウトされる。

困惑するミサだったが、人気女王様カノンとの出会いを通して、知らなかった快感に目覚める。そして、アイドルとSMの世界双方で上を目指そうと決意をするが……。

編集長:河合のびプロフィール

1995年生まれ、静岡県出身の詩人。

2019年に日本映画大学・理論コースを卒業後、2020年6月に映画情報Webサイト「Cinemarche」編集長へ就任。主にレビュー記事を執筆する一方で、草彅剛など多数の映画人へのインタビューも手がける。


photo by 田中舘裕介



関連記事

インタビュー特集

【ツァン・ツイシャン監督インタビュー】映画『非分熟女』女性の性解放を描いた背景とその理由|OAFF大阪アジアン映画祭2019見聞録17

映画『非分熟女』ツァン・ツイシャン(曾翠珊)監督インタビュー 第14回大阪アジアン映画祭で上映された映画『非分熟女(英題:The Lady Improper)』。 本作は食と欲望を通してひとりの女性の …

インタビュー特集

【園子温監督インタビュー】映画『プリズナーズ・オブ・ゴーストランド』次への橋渡しとなったターニングポイント的作品

映画『プリズナーズ・オブ・ゴーストランド』はTOHOシネマズ日比谷ほかにて絶賛公開中! 数々の問題作を作り続け、唯一無二の個性を発揮する映画監督の園子温。以前からハリウッドで映画を撮りたいと熱望してい …

インタビュー特集

【小泉徳宏監督インタビュー】映画『線は、僕を描く』横浜流星が役柄に負けじと水墨画を自ら描く練習を重ねてくれた

映画『線は、僕を描く』は2022年10月21日全国東宝系にてロードショー 水墨画と出会った青年が、水墨画を学ぶことで自身の過去と向き合い、新たな一歩を歩み始める。映画『線は、僕を描く』は横浜流星を主人 …

インタビュー特集

【佐々木育野監督インタビュー】映画『どこへ出しても恥かしい人』友川カズキを10年みつめ続けてみえてきたもの

ドキュメンタリー映画『どこへ出しても恥かしい人』は全国順次公開中 ちあきなおみ、大島渚、中上健次ら多数の芸術家・文化人を魅了するなど、根強い人気を持つアーティスト・友川カズキ。1975年にアルバム『や …

インタビュー特集

永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる

映画『Malu 夢路』は2020年11月13日(金)よりTOHOシネマズ シャンテほか順次公開中! 『アケラット ロヒンギャの祈り』で2017年の第30回東京国際映画祭・最優秀監督賞を受賞したエドモン …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学