Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

インタビュー特集

Entry 2019/05/18
Update

【チェン・ホンイー(陳宏一)監督インタビュー】台湾の恋愛映画『台北セブンラブ』の日本公開に寄せて

  • Writer :
  • 西川ちょり

”この映画は他の映画とは少し違う台湾映画です”

陳宏一(チェン・ホンイー)監督の長編第三作目にあたる映画『台北セブンラブ』(2014/原題:相愛的七種設計)が5月25日(土)からアップリンク吉祥寺と大阪・第七藝術劇場で公開されます。

企業コマーシャルやミュージッククリップなどの監督としても知られる、チェン・ホンイー監督の長編劇映画は本作が日本初公開。クラウドファンディングで上映が決まったことでも話題になりました。

2019年4月20日(土)から5月10日(金)まで開催された、東京・新宿のK’s cinema での特集上映“台湾巨匠傑作選2019~恋する台湾~”の一本として先行上映され、3回の上映が全て満員御礼の大ヒット。

建築ラッシュに沸く台北のデザイン事務所を舞台に、個性的な男女7人のデザインに対する熱い想いとそれぞれの恋愛模様が斬新なタッチで生き生きと描かれています。

現在チェン・ホンイー監督は台湾で新作を準備中。お忙しい中、インタビューに答えていただきました。

スポンサーリンク

映画監督を志したきっかけ


(C)Red Society Films

──陳宏一監督の作品は、この『台北セブンラブ』が日本初上映ということで、まず監督ご自身のことをお聞かせください。映画監督を志したきっかけはどのようなものだったのでしょうか。

チェン・ホンイー監督(以下、ホンイー):映画鑑賞が好きで、初めは試しに実験映画を撮影していました。

その後はMVやCM広告を制作するようになりましたが、結果的に映画が一番大きな挑戦であり、最も楽しい表現と気付きました。

気付いたら5編の長編映画を撮っていましたね。(笑)

──影響を受けた作品や監督を教えていただけますか。

ホンイー:私がずっと影響を受けてきた監督は、フランスのヌーヴェルヴァーグ映画の監督、ジャン=リュック・ゴダールです。

映画の舞台になった都市「台北」


(C)Red Society Films

──『台北セブンラブ』は、「台北三部作」の最終章ということですが、台北という都市にどのような想いをもっておられますか?

ホンイー:台北で生活して三十数年、台北に対しては、愛憎の念が入り混じっています。

いつでも台北は私に違ったインスピレーションを与えてくれます。それらのことから映画を制作していくことで、自分が考えることの整理をすることが出来ます。

──台北という都市が実に魅惑的に撮られていますが、特別な機材を使用するなど、特別な工夫をされた部分はありますか?

ホンイー:全て一般的な機材です。きっと鑑賞方法や角度の違いだと思いますよ。

参考映像:監督作品『消失打看 Honey PuPu』(2011)

──デザイナーを主役にし、“デザイン”をテーマにしようと思ったきっかけはなんだったのでしょうか?

ホンイー:前作『消失打看 HONEY PUPU(原題)』(2011)で、台北の消失を描き、この都市では多くのものが失われ、多くの新しいものが模倣により作られていることを痛感しました。

この頃、台湾では、創作やデザインに対する熱気が非常に高まっていました。自分自身でも関心が高い“デザイン”をテーマに映画を作ってみたいと思いました。

スポンサーリンク

7人のユニークなキャラクター


(C)Red Society Films

──登場するデザイナーたちはそれぞれデザインに理想を持っており、デザインを信じていますが、商業主義との折り合いに悩んでいます。これは監督が映画を撮る際にも感じられることでしょうか?

ホンイー:私もまた、同じような悩みを感じたからこそ、この映画を撮ろうと触発されたのです。

──キャラクターが皆、とても生き生きしていて実に魅力的に描かれていますが、7人もの人物を描こうとした理由はありますか?

ホンイー:もし7人の違う観点がなければ、私の表したいデザインの後ろにあるそれぞれの考え方を、映画で討論するのは難しかっただろうと思います。

──『目撃者 闇の中の瞳』(2017)のアン・シュー(許瑋甯)、『台北に舞う雪』(2009)のモー・ズーイー(莫子儀)ら、日本でも馴染みのある俳優が多くキャスティングされています。キャスティングにあたって特に気をつけたことはありますか?

ホンイー:俳優との仕事は時に縁です…、お互い合うか合わないかが最も重要なことですね。

恋愛映画を演出することについて


(C)Red Society Films

──恋愛を描くことの面白さ、難しさについてお聞かせください。

ホンイー:面白いのは、愛の喜びも苦しみもどちらも美しくできること。難しいのは、どうやって新しいラブストーリーを新しい方法で語るかを考え出すこと。そのように考えています。

──冒頭に台本が出てきたり、物語の中盤にオフショットのようなやり取りが出てきたりというユニークな構成になっていますが、どこまでが演技でどこまでが俳優の素なのか戸惑いながらも不思議と違和感なく観ることができました。これも映画の“デザイン”ということでしょうか。

ホンイー:その通りです!(笑)

──登場人物に寄り添うような音楽が印象に残ります。音楽を担当された 張午午さんについて教えてください。

ホンイー:ご一緒するのは長編映画で2回目ですが、音楽をお願いすることは、特に精神上の共鳴に近いので、このことを言葉で表すのは、とても難しいですね。

スポンサーリンク

日本の観客へのメッセージ

──最後に日本で『台北セブンラブ』を見る観客たちにメッセージをいただけますか。

ホンイー:この映画は他の映画とは少し違う台湾映画です。普通とは少し違うコメディ映画であり、恋愛映画です。

もしあなたが他人と少し違うことが好きならば、是非ご覧下さい!

陳宏一(チェン・ホンイー)監督のプロフィール

1967年2月14日生まれの台灣高雄出身。

高雄市立高雄高級中學、国立台湾大学哲学科卒業。500本以上のテレビCMと300本以上のMVを手掛けるディレクター・映画監督。

【長編映画】
花吃了那女孩 Candy Rain(原題)』 (2008)
第45回金馬奨 最優秀スタイリスト賞受賞
第23回イタリア・レバンテ映画祭 最優秀撮影賞、最優秀編集賞受賞

消失打看 Honey PuPu(原題)』(2011)
第25回スイス・フリブール映画祭(FIFF) 審査員特別推薦賞受賞
第13回台北映画祭 最優秀監督賞、最優秀主演女優賞、最優秀撮影賞、最優秀音楽賞受賞

台北セブンラブ』(2014)
第48回ヒューストン国際映画祭 最優秀作品賞受賞
第51回金馬奨 最優秀新人賞、最優秀視覚効果賞ノミネート

自畫像 The Last Painting(原題)』(2017)
第10回スペイン・グラナダ国際映画祭 最優秀作品賞受賞
第2回ロサンゼルス華語映画祭 インディペンデント・スピリット賞受賞

映画『台北セブンラブ』のあらすじ

2014年、台北市が<2016 年世界デザイン首都>に選ばれ、デザイン業界は沸き立っていました。

エマは提出したアイデアがクライアントから全否定されておかんむり。

そんな彼女を同じデザイン事務所のバーズは女王と呼びますが、新しい女性デザイナーが入所すると聞き、エマに対抗心が生まれます。

新しくやってきたデザイナーはドロシーという美しい女性でした。

実は彼女はバーズが上海の事務所で働いていたときの同僚で元恋人。今回、バーズに誘われ、台北にやってきたのです。

バーズはドロシーにまだ未練たらたらで、彼女が事務所に現れた途端、口説き始めます。彼はドロシーとやり直したくてたまらないのですが、ドロシーは全くその気がありません。

若手デザイナーの阿強(アーチャン)と棋子(チーズ)は恋愛のようなそうでないような曖昧な関係を続けていました。

そんな彼らを統括しているのが、事務所の所長アンドリューで、バーズは彼の大学時代の後輩にあたります。

彼らは、バーズがとってきたデザインホテルのリノベーションプロジェクトに知恵をしぼります。

ホテルのデザインテーマは“愛”に決まりますが、ホテルの代表であるマークもドロシーに夢中になっていました。

果たして無事に“愛”はデザインできるのでしょうか。そして彼らの愛の行方は?

まとめ

映画『台北セブンラブ』は、5月25日(土)からアップリンク吉祥寺と大阪・第七藝術劇場で公開される他、6月1日(土)からは京都シネマでの公開も決まっています。

この機会を是非お見逃しなく!

関連記事

インタビュー特集

【ヘザー・レンズ監督インタビュー】映画『草間彌生∞INFINITY』水玉の奥から草間彌生を発見したアメリカ人女性監督

映画『草間彌生∞INFINITY』は2019年11月22日(金)より、渋谷PARCO8F WHITE CINE QUINTOほか全国ロードショー! 70年以上に渡り、水玉を用いた独自の絵画、彫刻、パフ …

インタビュー特集

【石橋蓮司×岸部一徳インタビュー】映画『一度も撃ってません』キャストの世代超えた共演と二人の“音楽家”の呼応

映画『一度も撃ってません』は2020年7月3日(金)より全国順次ロードショー! 日本映画界において欠かすことのできない一人であるベテラン俳優・石橋蓮司の18年ぶりとなる映画主演作『一度も撃ってません』 …

インタビュー特集

映画『阿吽』楫野裕監督インタビュー。デジタル撮影には映らないアナログ映像だから見えてきた主張

映画『阿吽』は2019年4月13日(土)〜4月26日(金)アップリンク吉祥寺にてレイトショー公開 『胸騒ぎを鎮めろ』(2006)『SayGoodbye』(2009)など、自主製作映画を多く製作する楫野 …

インタビュー特集

【外山文治監督インタビュー】映画『ソワレ』村上虹郎×芋生悠演じる若い男女を通じて“現在”を想像以上に描く

映画『ソワレ』は2020年8月28日(金)よりテアトル新宿ほかにて全国ロードショー公開! 映画『ソワレ』は和歌山県を舞台に、暗い過去を持つ若い女性・山下タカラが、ある罪を犯したことで偶然出会った俳優志 …

インタビュー特集

【ルカ・ミニエーロ監督インタビュー】映画『帰ってきたムッソリーニ』で描いた現代イタリアの現実と混迷

映画『帰ってきたムッソリーニ』は、2019年9月20日より全国ロードショー! 日本ではこれまで公開の機会がなかったものの、イタリアでは喜劇映画の名手として知られるルカ・ミニエーロ監督。 東京・有楽町朝 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学