Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

インタビュー特集

Entry 2020/06/16
Update

【西条みつとし監督インタビュー】映画『HERO〜2020〜』舞台から描き続ける父への想いと“物語”を紡ぎ続ける理由

  • Writer :
  • Cinemarche編集部

映画『HERO〜2020〜』は2020年6月19日(金)よりシネ・リーブル池袋ほかにて全国順次公開

《2年間限定の恋》とその秘密をめぐる涙と笑いの大騒動を描いた、切なくも心温まるコメディ映画『HERO〜2020〜』。

放送作家・コント作家・劇作家など多岐に渡って活躍し、齊藤工の初長編『blank13』の脚本を手がけたことでも知られる西条みつとしが、自身が主宰する劇団「TAIYO MAGIC FILM」の人気舞台を映画化。本作が西条監督の長編映画監督デビュー作となります。


写真提供:登山里紗

このたび本作の劇場公開を記念して、西条みつとし監督にインタビューを敢行。本作に込められた想いや様々な形で「物語」を描き続ける理由など、貴重なお話を伺いました。

スポンサーリンク

父への想いを作品に


(C)「HERO」〜2020〜製作委員会

──本作の原作にあたる舞台作品は西条監督の実の父に対する思いによって制作されたとお聞きしました。

西条みつとし監督(以下、西条):僕は色々な『想い』があって生きています。『HERO』を作るにあたって、僕の中にあるどの『想い』を作品に出したいのかなと、自問自答しました。その結果、当時33歳の僕は「お父さんへの想い」を込めた作品を作りたいとなりました。

何で、そうなったんでしょうね。決断のキッカケは8年前なので、覚えていません(笑)。特に、お父さんとの具体的な出来事があったわけではりませんが、お父さんに育ててもらったお礼を言った事がないなぁと気づき、この先も、照れ臭くて、絶対に言えないだろうなと想像出来たので、「では、その想いを舞台の作品にし、父に見てもらう事で伝えよう」と考え作りました。

映画としてのリアリティを


(C)「HERO」〜2020〜製作委員会

──「舞台」として制作された作品を「映画」という異なる表現形式で描くにあたって、西条監督が特に意識されたこととは何でしょうか?

西条:リアリティは、意識しました。舞台では、大きい劇場での公演なので、席によって、顔の表情であったり、細かい芝居までは、見えません。でも、だからと言って、心情や内容が伝わらないままで良いわけではないので、リアルではないエンタメとしてお客様に伝えるための演出をしたり、伝える為のお芝居をつけたりして、心情や内容を伝えた部分が、舞台版にはありました。しかし、映画では、リアリティを求め、そこに意識を置きました。

スポンサーリンク

何でもないことに「夢」を見る


(C)「HERO」〜2020〜製作委員会

──本作はいわゆる「コメディ」にあたる作品ですが、コント作家としての一面も持つ西条監督にとって、「コメディ」が持つ意味または役割とは何でしょうか?

西条:「笑い」は、人を「幸せ」にすると思います。逆に、「幸せ」だと笑顔になり、「笑い」が生まれます。世界の幸せのために、人間の幸せのために、「笑い」は、絶対に必要なので、コメディというジャンルのエンタメ作品は、この世に必要なんではないでしょうか。

──もしかしたら「コメディ」の意味・役割にも通ずるものかもしれませんが、西条監督にとって「物語」とは一体何でしょうか?

西条:夢です。ワクワクです。例えばなんですが、もし道端に手袋が落ちていたとします。皆さんは、気づいても、見向きもしないでしょう。それはそうです。その手袋には、なんの価値もないからです。でも、その手袋は、30年ぶりに再会する娘の為に、刑務所から出て来た母親が、心を込めて作った手袋だとしたら、そんな物語があったとしたら、なんの価値もないのでしょうか。

興味がないものでも、そこに物語を作ってあげる。そうする事で、なんでもないモノに価値が出来上がる。「瞬間」で見ると、自分の人生に関係のないことやモノや人だとしても、そこに「物語」があれば、人は興味を惹きます。なので、何でもない事に、どんな物語をつけてあげようと考えた時、ワクワクして、夢が広がります。

誰かを幸せにするために


写真提供:登山里紗

──それでは、西条監督がこれまでに多くの物語を紡ぎ続けてきた理由、そして今後も物語を紡ぎ続けていく理由や原動力とは何でしょうか?

西条:綺麗事に聞こえるかもしれませんが、自分が生きている間は、一人でも多くの人を幸せに出来たらいいな〜と思っています。それは、自分が苦しい時代、助けてくれた人たちがいてくれたおかげで、今、僕は幸せに過ごせているからです。

ですので、今度は、僕が、苦しかったり、辛かったり、人生に疲れている人に、何かしてあげられる事があるのであれば、もし、その何かが、僕の作品を通して幸せを与えられる事なのであれば、と思い、作品を作り続けて来ました。誰かの人生の幸せの為に僕の作品がなると信じれば、苦しくても物語を考え作り続ける事が出来ています。


(C)「HERO」〜2020〜製作委員会

──最後に、本作をご覧になる方に向けてメッセージをお願いいたします。

西条:コメディだけど、コメディだけでは終わらない。笑って勇気を貰える作品になっていると思います。あっという間の100分のはずです。

「コロナ」の影響で映画界も大変です。映画界を少しでも盛り上げられる作品になれば。そして、観ていただいたお客様の人生の幸せに繋がれば。

西条みつとし監督プロフィール

1978年生まれ、千葉県出身。お笑い芸人として活躍後、放送作家へと転向。バラエティ番組の構成を手掛ける一方でお笑いコンビ・バイきんぐなどのコント作家としても活躍。

更に劇作家としても活動し、2012年5月より自身の劇団TAIYO MAGIC FILMを主宰、定期的に舞台公演活動を続けている。劇団公演以外にも、活躍の場を広げ、2020年2月にはKis-My-Ft2主演舞台の『○○な人の末路』の演出・脚本を担当するなど、これまでに70本以上の舞台を手がけている。

近年では、映像作品にも脚本や監督として参加。映画では、ゆうばり国際映画祭2017で作品大賞を受賞した齊藤工初監督作品『blank13』(2017)の脚本を担当したほか、『ゆらり』(2017)『関西ジャニーズJr.のお笑いスター誕生!』(2017)でも脚本を担当している。またドラマでは『下北沢ダイハード』1話(2017)などの脚本を手がけ、『面白南極料理人』(2019)では脚本と監督を担当し、ギャラクシー賞奨励賞を受賞。監督・脚本を手がけた短編映画『JURI』は、SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2019に正式出品された。

著書「笑わせる技術〜世界は9つの笑いでできている〜」が光文社新書から発売されている。

スポンサーリンク

映画『HERO〜2020〜』の作品情報

【公開】
2020年公開(日本映画)

【原作】
「TAIYO MAGIC FILM」第1回公演『HERO』

【監督・脚本】
西条みつとし

【キャスト】
廣瀬智紀、北原里英、小松準弥、前島亜美、小早川俊輔、小築舞衣、中村涼子、米千晴、小槙まこ、加藤玲大、後藤拓斗、双松桃子、飛鳥凛、伊藤裕一、根本正勝、今立進、松尾諭、斎藤工

【作品概要】
放送作家・コント作家・劇作家など多岐に渡って活躍し、齊藤工の初長編『blank13』の脚本を手がけたことで知られる西条みつとしが、自身が主宰する劇団「TAIYO MAGIC FILM」の人気舞台を映画化。本作が西条監督の長編映画監督デビュー作となる。

舞台版キャストが映画でも同役にて出演。主人公・広樹を演じるのは「弱虫ペダル」シリーズなどの舞台作品をはじめ、『刀剣乱舞-継承-』『貴族降臨 -PRINCE OF LEGEND-』などの映像作品でも活躍する廣瀬智紀。広樹の恋人・浅美役には、AKB48グループを卒業後も劇作家・つかこうへいの舞台に出演、映画『サニー/32』にて主演を務めるなど、女優として活躍し高い評価を受けている北原里英。また舞台版キャストの他に松尾諭と斎藤工が重要な役どころを演じている。

映画『HERO〜2020〜』のあらすじ


(C)「HERO」〜2020〜製作委員会

2年間限定の約束で始まった広樹と浅美の恋。広樹には、こんな約束を言い出さなければならない“秘密”の理由があった。

そして2年後、運命の日。怪我で入院中の広樹を見舞った浅美は、彼の別れの決意が変わらないことを知って沈み込む。そんな時、ふたりの幸せを願う広樹の妹・真菜の行動が、入院患者から“死神”まで巻き込んで、とんでもない大騒動に! 

果たして広樹の“秘密”とは? 


関連記事

インタビュー特集

【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは

映画『太陽の家』は2020年1月17日(金)より、TOHO シネマズ 日比谷ほか全国公開! 優しく寛容である男の信念と苦悩を、人々との繋がりを通して描きあげた長渕剛主演の『太陽の家』。 一本気で気立て …

インタビュー特集

【荻颯太郎監督インタビュー】新人映画作家が2018年の今をどう生きているのか

2016年度の立命館大学映像学部の卒業成果作品『地球がこなごなになっても』では、卒業制作の域を超える実力を覗かせた期待の新人作家・荻颯太郎監督。 他作品に於いてもインパクトのある、独自性を発揮した映画 …

インタビュー特集

【イ・スジン監督インタビュー】映画『悪の偶像』権力者や他者の言葉への盲信はびこる社会で自らに定めた“問い”

映画『悪の偶像』は2020年6月26日(金)よりシネマート新宿、シネマート心斎橋ほかでロードショー予定 韓国で実際に起きた集団少女暴行事件を映画化した『ハン・ゴンジュ 17歳の涙』(2013)で長編デ …

インタビュー特集

【ジョゼ・パジーリャ監督インタビュー】映画『エンテベ空港の7日間』弱き者の言葉にも耳を傾ける意義はある

映画『エンテベ空港の7日間』が、2019年10月4日(金)よりTOHOシネマズ シャンテほかにて全国公開! ブラジルの麻薬組織と警察の闘いを描いた「エリート・スクワッド」シリーズ(2007~2010) …

インタビュー特集

【今村圭佑監督×水間ロン×山中崇インタビュー】映画『燕Yan』台湾・日本をつないだ撮影現場と3人からみた“兄弟”の姿

映画『燕 Yan』は新宿シネマカリテ、アップリンク渋谷、アップリンク吉祥寺にて公開中。以降、全国順次公開! 2020年3月に開催された第15回大阪アジアン映画祭「特別招待作品」部門にて上映され、ついに …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』TOHOシネマズ シャンテほか近日公開予定
映画『朝が来る』TOHOシネマズ 日比谷ほか近日公開予定
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP