Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ホラー映画

映画『怪怪怪怪物!』ネタバレ感想と結末までのあらすじ紹介。学園ホラーをギデンズ・コー監督のオリジナル脚本で描く

  • Writer :
  • 田中比奈

“怪物”が学校にやってきた!いじめられっ子のリンはいじめっ子達の悪事に巻き込まれ、ひょんな事から怪物を捕まえます。

怪物を中心に少しずつ変わっていく彼らの日常。果たしてリンはいじめっ子と和解できるのか!?

グロ・喜劇・ホラー・そして青春…多彩な展開がミラーボールのようにきらめく台湾映画『怪怪怪怪物!』をご紹介します。

スポンサーリンク

映画『怪怪怪怪物!』の作品情報


(C)2017 Star Ritz International Entertainment

【公開】
2017年(台湾映画)

【原題】
報告老師!怪怪怪怪物! (Mon Mon Mon Monsters)

【監督】
ギデンズ・コー

【キャスト】
トン・ユィカイ、ケント・ツァイ、ユージェニー・リウ、チェン・ペイチー、ジェームズ・ライ

【作品概要】
日本でリメイク版も製作された大ヒット青春映画『あの頃、君を追いかけた』を手がけた台湾の人気作家、ギデンズ・コー監督のオリジナル脚本による学園ホラー。

主人公のいじめられっ子リン・シューエイがいじめっ子達とともに怪物を捕獲し、怪物を中心に物語が展開していく青春ホラー映画です。

2017年の第30回東京国際映画祭ワールド・フォーカス部門、シッチェス映画祭で上映されました。

第30回東京国際映画祭ワールド・フォーカス部門の Q&A

映画『怪怪怪怪物!』のあらすじとネタバレ


(C)2017 Star Ritz International Entertainment

ある廃墟のようなアパートに、仲の良い小さな怪物と大きな怪物が住んでいました。
二人はゾンビのような容姿を持ち、人を食べながらひっそりと暮らしています。

一方、台湾のとある高校。

高校生・リンはボス格であるドアンを筆頭に、クラス中からいじめを受けていました。特にドアンのいじめは苛烈で、リンは何度も命の危機に晒されています。担任教師はいじめを認めずにリンを厄介者扱いです。

ある日、リンは学級費を盗んだ濡れ衣を着せられ、独居老人のアパートでのボランティアを命じられます。盗んだ真犯人はドアンとその取り巻きです。しかし、リンのパートナーとして彼らもボランティアに同行しました。

当然ボランティア先でもドアン達は老人をいじめます。それどころか老人が財産を溜め込んでいないかと、無理矢理リンを連れ夜のアパートに侵入。

しかし、そのアパートは怪物達が住むアパートでした。リン達は突然怪物に襲われ、肝を潰します。

ところが、小さい怪物がドアン達を追ってアパートを出た途端、車に轢き逃げされてしまいました。

気絶した怪物がここで死ねば、窃盗もバレるかもしれない。そう案じたドアンは怪物を学校に運び、廃プールの地下室に閉じ込めました。

その時日光が怪物の弱点と分かり、捕獲は意外と簡単だと判明します。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『怪怪怪怪物!』ネタバレ・結末の記載がございます。『怪怪怪怪物!』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

それからはドアンのガールフレンド・ウーも加わり、怪物への凄まじい虐待が始まりました。

リンは抵抗を感じつつも、暴力の矛先が自分に向くのを恐れて何もできません。

いつのまにかリンへのいじめは止み、リンはドアン達のグループに加わりつつありました。

リンは怪物の研究も進め、二人の怪物が実は姉妹であり、元は降頭師=虫を操る呪術者の娘であった事を突き止めます。

つまり彼女らは虫の呪いに侵されてしまった人間。

リンはそれをドアンに伝えますが、ドアンは動じません。人間だろうが化物だろうがドアンの玩具には違いないのです。

リンはいつか怪物を逃がしてやろうと決めます。「僕はあいつらとは違う。善人だ」という思いを抱えながら。

ある日、リンをいじめたクラスメイトをドアンが病院送りにしてしまいました。

リンをかばったというより、自分の持ち物であるリンに手を出され怒ったのです。

保護者が怒鳴り込んできたものの反省しないドアンに担任は怒り、彼の父親は受刑者だと職員室で暴露し侮辱します。

さすがに教師は殴れず、怪物を痛めつけて八つ当たりするドアン。

その時、怪物から流れた血を担任の水筒に入れようと思いつき、実行します。

水筒を飲んだ担任はなんと体から発火し、全校生徒の前で焼死しました。

ドアンを始め、生徒達は燃えさかる担任を嘲笑い、誰一人助けようとしませんでした。

次は自分の番ではないか。そう恐れ、またドアン達と距離を置こうとするリン。

ウーはずっと煮え切らない態度のリンを、善人ぶっているのに怪物を逃がす事もできない口先だけの奴だ、と罵ります。

一方、姉の怪物は担任教師の焼死事件を知り、事件の起きた高校で妹の血が利用されていると確信。夜の街で高校生を無差別に殺し始めます。

更に下校中のスクールバスにも乗り込んで中の生徒を皆殺しに。そのバスにはウーも乗っていました。

ウーが死んだ事で逆上したドアンは、リンや仲間を集めて怪物を殺す作戦を立てます。

まず妹の怪物から絞った血で道しるべを作り、血の臭いを辿ってきた怪物を妹がいる地下室までおびき寄せます。
そして姉妹もろともガソリンで焼いてしまうのです。

作戦でのリンは、怪物を地下室に閉じ込める危険な役目でした。

どさくさに紛れて姉妹を逃がせないかと考えたリンは、地下室に脱出口を作ります。

決行の夜、仲間の一人に問いかけるリン。

「どうして学級費を盗んで僕のせいにした?」仲間は「面白いから」と答えます。

その言葉をきっかけに、リンは今までの仕打ちを思い出します。

ドアン達に友情を感じた時もありました。

しかしリンは、今夜彼らを殺す事を決心します。

ドアンはいつでもリンを殺せますが、リンがドアンを殺せるチャンスは今だけです。

姉の怪物が現れた時、リンは自分だけ地下室に逃げドアン達を見殺しにしました。

そしていよいよ地下室に辿り着いた姉に、妹を助ける代わりに自分を殺さないよう請います。しかし怒り狂う姉は話など聞きません。

襲われたリンは夜が明けた事に気づき、自分で作った脱出口を開け怪物達に朝日を浴びせます。

怪物達は塵になって消滅し、リンだけが生き残りました。

結局リンは善人になれず。いじめも、クラスの状況も、何も変わりませんでした。

リンは翌日、クラスの給食のスープに怪物の血を入れます。しかし彼は、一人の生徒にだけスープを渡しませんでした。

「君は僕たちとは違う」と。

それはリンより酷いいじめを受けながら、彼を気にかけていた心優しい女子生徒でした。

何も知らずスープを飲み、次々と火だるまになる生徒たち。

阿鼻叫喚のクラスを後にするリン。そしてリン自身もまた、激しく燃え始めました。

スポンサーリンク

映画『怪怪怪怪物』の感想と評価

『あの頃、君を追いかけた』との対比


(C)2017 Star Ritz International Entertainment
リンが学級費を盗ったとクラス中から弾劾される冒頭の場面。

ギデンズ・コー監督の前作『あの頃、君を追いかけた』を観た方はピンと来るかもしれません。

これは『あの頃』の主人公のクラスで学級費が盗まれ、クラスの仲間達が「友達を疑いたくない」と訴える場面と対になっています。

このシーンを始め、『あの頃』と対比されるような人物描写・展開が『怪怪怪怪物!』では多く見られます。

前作が青春の光なら今作は青春の闇。まるでコインの裏表のようです。

監督はこの二作品を撮る事で、どちらにも転びうる十代の危うさを描いたのではないでしょうか。

かと言ってただ鬱々とした物語が続くのではなく、過去の中国怪奇映画のオマージュから始まり、徐々にリンの心の闇に迫るスピーディな展開は観客を翻弄し続けます。

そして『あの頃』と同様、ラストに置かれたカタルシスとそこに至るまでの構成に監督の手腕が光ります。

『怪怪怪怪物!』は青春ホラーであると同時に、手に汗握るスリリングなエンターテインメントです。

本当の怪物は誰だ


(C)2017 Star Ritz International Entertainment
利己的で暴力を振るうドアン。いじめの尻馬に乗るクラスメイト。それを傍観する大人達。

彼らは怪物の姉妹よりも恐ろしい怪物でした。

その怪物性を協調する為か、ペンキを顔に塗って武装するドアン達が終盤に登場します。

まるでゴールディングの『蠅の王』の、化け物に扮し理性を失った少年達のようです。

ではリンは何だったのでしょうか?

ドアン達を「僕はあいつらと違う」と否定し続けたリンは、誰にもなれない男の子でした。

それでも正しくあろうとあがくリンの前に怪物が現れる事で、彼の自意識は少しずつ狂い始めます。

生き延びる為に怪物を盾にし、利用し、最も密に怪物と関わっていたのがリンです。リンは自らの怪物性を、怪物の姉妹に投影していたとも言えます。

怪物のおかげで担任も、いじめっ子達も死に、最後にはその怪物さえも殺して、リンは自分が「何者か」を自覚したのかもしれません。

それはラストでいじめられっ子に向けた「君は僕たちと違う」という言葉からも読み取る事ができます。

話は飛びますが、映画に出る降頭術はアジアではポピュラーであり、近いものに同じく虫を扱う“蠱毒”があります。

蠱毒は小動物や虫を争わせて、唯一生き残った者を呪いに使う有名な呪術。リンを取り巻く環境そのものが蠱毒だった、とは言えないでしょうか。

作中では怪物を死なせない為にリンが血を与える場面がありますが、これも呪術めいた儀式のように見えます。

まさに「人を呪わば穴二つ」。

敵を全て倒し怪物の力を手に入れた時、彼の目に世界はどう映ったのか。

これはぜひ、観て確かめて頂きたいと思います。

まとめ


(C)2017 Star Ritz International Entertainment
良い意味で予想を裏切られた作品でした。

タイトルからは想像もできないほど壮絶な展開が繰り広げられる『怪怪怪怪物!』。“怪物”を中心に据え、十代のアンバランスさ、青春時代の息苦しさをポップかつグロテスクに描いています。

『あの頃、君を追いかけた』では「恋愛ものは苦手・・・」と敬遠していた方も、この作品がギデンズ・コー監督の世界観に触れる良い機会になるかもしれません。

「何でもいいからスカッとしたい!」という方、自分の中の怪物性にどっぷり浸りたいという方にお勧めです。

ただし、浸かりすぎて主人公のように溺れないようご注意を・・・。

関連記事

ホラー映画

浅川梨奈映画トウキョウ・リビング・デッド・アイドル|あらすじとキャスト。

映画『トウキョウ・リビング・デッド・アイドル』は、6月9日(土)よりシネマート新宿ほか全国順次ロードショー! SUPER☆GiRLSの2期メンバーとして活躍する浅川梨奈。彼女が演じる役は人気アイドルユ …

ホラー映画

映画『ITイット』2017リメイクあらすじネタバレと感想!ラスト結末も

本国アメリカでホラー映画歴代興行収入ナンバーワンを記録! スティーヴン・キングの原作小説を映画化した話題作がいよいよ日本上陸。 ただのホラーにあらず! その溢れる80年代愛に驚くなかれ。 『IT/イッ …

ホラー映画

『来る』ネタバレ感想と考察。ホラー映画に登場したアレの正体を解説【オムライスのくにへいってみたいの意味も】

独特の美意識であるスローモーションと美しいCGの作風で人気を誇る中島哲也監督が、「第22回日本ホラー小説大賞」を受賞した澤村伊智の原作『ぼぎわんが、来る』を映画化。 主人公のジャーナリスト野崎役に『海 …

ホラー映画

『イット・フォローズ』動画無料視聴はHulu。ネタバレ感想と考察

「ずっと、ずっと、ついてくる・・・」 派手に脅かせるわけでもなく、派手に肉体が損壊するわけでもない・・・なのに、じわじわと、真綿で首を絞められるような新しい怖さがここにあります・・・。 今回は、斬新な …

ホラー映画

『死霊館』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も【ホラー映画】

映画『死霊館』は、アメリカの実話を元にしたホラー映画「死霊館」シリーズの第1作目。 「死霊館」シリーズはファンも多く、9月21日にはスピンオフ作品の『死霊館のシスター』が公開されます。 累計興行収入は …

映画『凪待ち』2019年6月28日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開【主演:香取慎吾/監督:白石和彌】
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
【Cinemarche独占】映画『メモリーズ・オブ・サマー』映画監督アダム・グジンスキへのインタビュー【私のお手本となった巨匠たちと作家主義について】
【真宮葉月インタビュー】映画『最果てリストランテ』の女優デビューへの心がまえと学び続ける好奇心
【Cinemarche独占】映画『初恋~お父さん、チビがいなくなりました』公開記念・小林聖太郎監督インタビュー|倍賞千恵子と藤竜也が夫婦を演じた映画『初恋~お父さん、チビがいなくなりました』の魅力を語る
【Cinemarche独占】映画『岬の兄妹』公開記念・片山慎三監督インタビュー|映画『岬の兄妹』での複雑な人間関係を上質なエンタメに仕上げた映像作家に迫る
【Cinemarche独占】アミール・ナデリ監督インタビュー|映画『山〈モンテ〉』に込めた黒澤明監督への思いとは
【Cinemarche独占】『洗骨(せんこつ)』公開記念・水崎綾女インタビュー|映画『洗骨』のキャストとしての思いを語る。自身の経験と向き合い深めた演技と死生観
【Cinemarche独占】『LOVEHOTELに於ける情事とPLANの涯て』公開記念・三上博史インタビュー|役者魂と自身の人生観を語る。
日本映画大学
ニューシネマワークショップ
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP