Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ホラー映画

Entry 2021/05/25
Update

『グレートホワイト』ネタバレあらすじとラスト結末の感想評価。サメ映画の元祖ジョーズから続く弱肉強食のスリラー

  • Writer :
  • 星野しげみ

美しい海を舞台に人間と巨大サメとの戦いを描いたサバイバルスリラー

深海パニックスリラーとしてヒットした2017年の『海底47m』の製作総指揮チームが再集結し、サメ映画の真骨頂を見せつける映画『グレートホワイト』。

監督・脚本は、マーティン・ウィルソンが務め、カトリーナ・ボウデン、アーロン・ジャクベンコら実力派のキャストが揃いました。

巨大な人食いサメが出現する大海原に漂流する救命ボート。遭難した5人は陸地を目指そうと奮闘しますが、生死を懸けたモンスターとの戦いにストレスは募り、人間同士のいざこざも勃発。

何処から襲ってくるのかわからない敵に対して、緊張するシーンが続出します。

美しい海を舞台に、人間と巨大サメとの戦いを描くサバイバルスリラー『グレート・ホワイト』を、ネタバレありでご紹介します。

スポンサーリンク

映画『グレート・ホワイト』の作品情報


(C)2020 Great White Holdings Pty Ltd

【公開】
2019年(オーストラリア映画)

【原題】
Great White

【脚本・監督】
マーティン・ウィルソン

【キャスト】
カトリーナ・ボウデン、アーロン・ジャクベンコ、キミエ・ツカコシ、ティム・カノ、タチアナ・マリアノヴィッチ、テ・コエ・トゥハカ

【作品概要】
映画『グレート・ホワイト』は、マーティン・ウィルソン監督が手掛けたオーストラリアのサバイバル ホラー映画。

2017年に公開された『海底47m』の製作総指揮チームが再集結し、サメ映画の真骨頂を見せつけています。

出演は、カトリーナ・ボウデン、アーロン・ジャクベンコ、タチアナ・マリアノビッチ、キミエ・ツカコシ、テ・コエ・トゥハカ。

映画『グレート・ホワイト』のあらすじとネタバレ


(C)2020 Great White Holdings Pty Ltd

水上飛行機の愛好家でありオペレーターでもあるキャズ・フェローズ(カトリーナ・ボウデン)とパイロットのチャーリー・ブロディ(アーロン・ヤクベンコ)は仲の良いカップルです。

ある日、2人は水上飛行機の乗客である水上城二(ティム・カノ)、妻のミシェル(塚越公恵)、そして料理人のベニー(テ・コエ・トゥハカ)を水上飛行機に乗せて、絵のように美しいヘルズリーフ島へ飛び立ちました。

島に着陸すると、サメ​​による襲撃の疑いのある死体に遭遇。彼らはそれを沿岸警備隊に報告します。亡骸が手にしていた携帯電話には女性と写る写真が残っています。

ベニーとチャーリーは、彼女が生き残った場合を考え、他のメンバーにもカップルが乗っていたヨットを捜すと告げました。

城二は彼らに「それはばか者のすることであり、危険にさらされる」と言います。それでも、キャズたち5人は、行方不明のヨットを捜して飛び立ちました。

やがて、彼らは海上でヨットが転覆しているのを見つけました。ベニーは女性がいるかもと、ヨットの中を調査するために飛び込みます。

ヨットの中で彼が見つけたのは、女性の傷ついた死体でした。

ベニーは慌てて水上飛行機に戻りますが、その時ホオジロザメが現れて、水上飛行機を攻撃します。

水上飛行機が沈み始めたので、5人は飛行機の救命ボートを海に浮かべ、それに向かって泳ぎまました。

なんとか全員、無事に救命ボートに辿り着き乗ることに成功しました。

潮の流れで漂流するボートの上で、チャーリーは備え付けの貧弱なコンパスとオールを使って、陸の方角を定め大海原を漕ぎ出しました。

オールは2本。全員で交代で漕ぐことにします。

ミシェルと城二がいかだを漕ぐシフトの時、疲れてつい眠り込んだミシェルが、オールの1つを手から放してしまいます。

オールを失っては大変。キャズはホオジロザメがいるかもしれない海に飛び込み、オールを回収しました。

ベニーと城二はイライラが募り、小競り合いが始まりました。城二はベニーを力いっぱい押します。

ベニーは海に落​​ち、ホオジロザメに襲われて殺されます。その後、サメはボートを攻撃し、転覆させました。

全員海に投げ落とされ、慌ててボートに戻りますが、泳ぎの苦手な城二はボートに戻ろうともがきながら、サメの餌食となりました。

以下、『グレート・ホワイト』ネタバレ・結末の記載がございます。『グレート・ホワイト』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

ミシェル、キャズ、チャーリーは、ひっくり返されたためにオールが1つになったボートに乗り、手で漕ぎ出そうとします。

サメはボートの周りを行ったり来たりしています。チャーリーは恐ろしいことに、複数のサメがいることに気がつきました。

キャズはボートが揺れたはずみで、海に投げ出されますが、無事にボートに戻ることができました。

翌日、ミシェルは陸地を発見しましたが、乗っているボートは穴があき収縮し始め、このままでは沈んでしまうという状況です。

チャーリーとキャズは、このままでは皆確実に2匹のサメの餌食になると思いました。ミシェルだけでも陸に逃がそうとし、サメの気をそらす決意をします。

チャーリーとキャズはミシェルに泳いで陸に行くように言い、2人で海に飛び込みます。サメはすぐに2人の側に来ました。

キャズはなんとか発光弾でサメの1匹を殴り、チャーリーがナイフで目と脳を突き刺して殺しました。

その間に、ミシェルは何とか沈み始めたボートから、陸地近くに頭を出している錆びた難破船に泳いで移ることができました。

水中では、彼がキャズを抱きしめている間、キャズは近づいてくる残りのサメを見つけました。

チャーリーは2番目の発光弾をリロードしてから、そのサメをやっつけようとしますが、失敗し、サメに襲われて殺されます。

ショックを受けたキャズですが、なんとかミシェルのいる所まで逃げました。

ホオジロザメは、2人の女性を水に落とそうと近づきます。キャズはもう一度ミシェルを陸に向かって泳がせ、その間にサメの気をそらそうとしました。

サメが攻撃すると、キャズは損傷した難破船に隠れ、金属柱に捕らえられます。酸素ボンベも手から離れ、キャズの意識は遠のきます。

しかし、彼女が意識を完全になくす前に、陸へ向かったはずのミシェルが戻ってきて、口から口へと酸素を送り、キャズを復活させました。

キャズは、構造物の一部をなんとか利用して、サメを突き刺して殺しました。

キャズとミシェルの2人は無事に岸に泳ぎ着き、今までのサメとの戦いを振り返ります。

スポンサーリンク

映画『グレート・ホワイト』の感想と評価


(C)2020 Great White Holdings Pty Ltd

迫り来るサメの恐怖

映画『グレート・ホワイト』は、ホラー映画界のエースとも言える「サメ」映画です。

深海パニックスリラーとしてヒットした「海底47m」シリーズの製作総指揮チームが再集結し、北オーストラリアの美しい海を舞台に製作にあたりました。

美しいビーチで無残に食いちぎられた死体を発見し、残りの遭難者捜しに出た5人は、それがサメの仕業とわかっていました。

逃げ出したい気持ちに反し、自分たちも乗ってきた水上飛行機を壊され、救命ボートで漂流することになります。

太陽に照らされる昼の青い海と、暗闇に閉ざされた漆黒の夜の海。

自然の美しさを満喫する間もなく、主人公たちは、昼夜を問わずに襲いまくるサメの獰猛さにおののきます。

スクリーン一杯に広がる青い海にポツンとシミのように浮かぶいかだが一つ。

何回も写るこのシーンは、限りなく広がる海を見せることで、サメの住処から逃げられない恐怖をまじまじと見せつけています。

襲い掛かるサメをやっつけなければ、反対に餌食となります。次に誰が犠牲者となるのでしょう。

絶え間なく頭に浮かぶ恐怖と闘いながら、生きて帰りたいという気持が、キャズやミシェルを強くしていきました。

強くなる人がいる反面、弱い人もいるのが人間です。

救命用のボートという狭い空間でサメとの闘いを強いられているうちに、5人の中もいざこざがおきます。

キャズの夫の城二は、水が嫌いなこともあり、最初から他のメンバーとあいませんでした。

窮地に陥った場合の協力性が欠けているように見える城二。人間たちが困難に立ち向かう時には、多かれ少なかれ、城二のような人物は登場してきます。

その人物が辿る行く末もまた興味深いところですが、本作では、やはり……という結末になったのが残念です。

スリラーの伏線

ところで、サメ映画の特徴でもある海中シーンは、本作でも美しく撮影されています。

キャズを演じるカトリーナ・ボウデンが救命ボートに戻ろうと必死に泳ぐシーンは、白くて長い足が水の中でダンスをするかのように、優雅に動きます。

サメがまず足から食いつくのもわかるような構図で、緊張感あふれる場面なのですが、妖しい美しさを秘めていました。

そして、あちこちに散りばめられたモンスターの恐怖の伏線。

真っ赤に染まる青い海に猛スピードで引きずり込まれる咥えられた人間。

海中から浮かび上がる不気味な黒い三角形の背びれ。

突然浮かび上がってくる、小島が丸々ひとつ飲み込まれそうなサメの大きな口には、見る人誰もが驚くことでしょう。

海の持つ美しさばかりでなく、海中に潜む恐怖のモンスターとの闘いをリアルに描いた本作は、どこから襲ってくるのかわからないシチュエーションに全く気が抜けません。

最初から最後まで、ハラハラドキドキするサバイバルスリラーと言えます。

まとめ

ホラー映画界のエースの「サメ」映画『グレート・ホワイト』をネタバレありでご紹介しました。

『JAWS/ジョーズ』(1975)から始まり、『ロスト・バケーション』(2016)、「ディープ・ブルー」(1999)シリーズ、『MEG ザ・モンスター』(2018)、『シャークネード』(2013)など数々のヒット作品が生み出され、ホラーファンも魅了してきた‟サメ映画”。

サメの姿を出すか出さないかの違いはありますが、どの作品もサメとのサバイバル対決の凄まじさやどこからくるのかわからない恐怖に、ひきつけられます。

本作は、サメの姿があまり出ない部類の作品ですが、モンスターの影と大海原のダイナミックさでサメの恐怖を余すところなく演出していると言えます。

海に遊びに行く時は、サメなど海中に潜むモンスターへの注意を忘れないよう心掛けたいものです。



関連記事

ホラー映画

『バイバイマン』あらすじネタバレと感想!実話って本当?ラスト考察も

7月8日より東京・ヒューマントラスト渋谷ほかで上映中のホラー映画『バイバイマン』。 その謎の存在の名を知るだけで呪われると言う異色ホラーは全米公開初登場第2位獲得!バイバイマンとは一体何者なのか? 考 …

ホラー映画

映画『エヴォリューション』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も【SFホラー秀作】

子どもの頃に観た映画の中には、ストーリーは覚えていなくとも、”ある不気味さのショック”をいつまでも体内の奥底に埋め込まれたかのように、その後の人生観を育む核を残して影響をあたえるものがあります。 例え …

ホラー映画

映画『サマーオブ84』ネタバレ感想と結末までのあらすじ。ラスト10分のトラウマ必至な演出と脚本力

映画『サマー・オブ・84』は2019年8月3日公開。 フランソワ・シマール、アヌーク・ウィッセル、ヨアン=カール・ウィッセルら、カナダの映像制作ユニット「RKSS(ROADKILL SUPERSTAR …

ホラー映画

映画『マーダー・ミー・モンスター』あらすじと感想レビュー。ホラーを愛するアレハンドロ・ファデルがアンデス山脈で描いたモンスターとは

映画『マーダー・ミー・モンスター』は2019年11月15日(金)よりヒューマントラストシネマ渋谷にて、【WEC2019ワールド・エクストリーム・シネマ2019】作品としてロードショー! ヒューマントラ …

ホラー映画

デッド・ドント・ダイ|内容考察と映画解説。ゾンビパニックに込めた現代社会への警告コメディとは

ジム・ジャームッシュ監督ゾンビを撮る。映画『デッド・ドント・ダイ』の魅力 アメリカの田舎町に突如現れたゾンビと、町にいるたった3人の警察官の戦いを軸に、群像劇が展開される映画『デッド・ドント・ダイ』。 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学